ミキモト 社長。 【逗子崖崩れ】元ミキモト社長春日豊彦の顔画像・経歴や事故現場や原因は?|yuyu自適

春日豊彦さん(ミキモト元社長)の顔画像と結婚した妻(嫁)や子供は?逗子市小坪4丁目海岸の土砂崩れの原因(理由)や現場は大崎公園の崖?

ミキモト 社長

スポンサーリンク 春日豊彦さん ミキモト元社長 の顔画像と結婚した妻 嫁 や子供は?逗子市小坪4丁目海岸の土砂崩れの原因 理由 や現場は大崎公園の崖? 春日豊彦さんが土砂崩れに巻き込まれた死亡事故の経緯 まずは今回の事故で、春日豊彦さんが死亡してしまった経緯を、報道されている内容から確認してみましょう。 24日午後2時ごろ、神奈川県逗子市小坪4丁目の海岸で男性が土砂に埋まり、死亡しているのを県警逗子署員が発見した。 逗子署などによると、土砂崩れに巻き込まれたとみられる。 県は同日、亡くなったのは同市小坪の春日豊彦さん(74)だと発表した。 春日さんは宝飾大手のミキモトの社長を1993年から2003年まで務めた。 県は3月に地域防災計画を修正し、自然災害の死者や安否不明者について、県警などから情報が届き次第、氏名を速やかに公表すると決めており、今回が初の適用例になった。 逗子署や逗子市消防本部によると、春日さんが見つかった場所は崖下で、崖の一部が縦約6メートル、幅約4メートルにわたって崩れていた。 春日さんは20日夕、犬の散歩に出かけて行方がわからなくなり、県警や消防が捜索していた。 春日豊彦さんは犬の散歩をしている時に、土砂崩れに巻き込まれたと見られているので、春日豊彦さんにとっては、至って普通のルーティンの中で事故にあってしまったということだと思います。 ですので、まさか土砂が崩れてくるといったことは、予測していない範囲だったのでしょう。 一応2月に発生した、女子高生が犠牲になってしまった土砂崩れの事故も振り返っておきましょう。 この土砂崩れ後の対策としては、崩れた斜面を補強するために応急的な工事をし、斜面に金属製の網を敷き、その上からモルタルを吹き付けて補強したり、高さ4メートルの防護柵を設置して通行止めが続く道路で、まずは歩行者が通行できるようにしたそうです。 【神奈川県で起きた事件・事故に関する記事】 スポンサーリンク 春日豊彦さん ミキモト元社長 の顔画像 まずは、今回の土砂崩れで残念ながら死亡してしまった春日豊彦さんはどんな顔なのか?という疑問。 これに関しては、ミキモトの元社長ですので、すぐに確認できました。 時期がいつごろの画像かは分かりませんが、元社長だけあって風格を感じますね。 春日豊彦さんに結婚した妻や子供はいた? 次に、春日豊彦さんは結婚していたのか?つまり妻や子供はいたのか?という疑問。 これに関しては、結婚していました。 しかも結婚相手がすごい方で、後にミキモトの社長になるキッカケとなった女性のようです。 春日豊彦さんが結婚したのは、当時のミキモトの社長だった本間利章さんの娘の本間香さんという女性のようです。 その後、美隆さん澄子さん夫婦の養子となり、この期間は姓を御木本に改めています。 さらに本間利章さんの打診でミキモトに入社することになり、ニューヨークなどで活躍することになります。 こういった経緯があり、1993年から2003年の間、ミキモトの社長に就任したというわけです。 御木本家の系図を見た方が分かりやすいかもしれませんね。 澄子さんの姪と結婚し、御木本家に入った元ミキモト会長の春日豊彦氏から御木本姓を取り上げ、その関係を断ち切ったのもその一例だろう。 澄子さんが実の子どものように可愛がっていた姪の香さんの死後わずか1年で、春日氏が再婚したためだ。 ミキモトがどんな歴史を歩んできたのか?これに関しては、ミキモトのホームページを見れば分かると思いますので、気になった方はご覧になってください。 スポンサーリンク 春日豊彦さんが土砂に巻き込まれてしまった原因は何? 次になぜ春日豊彦さんは土砂崩れに巻き込まれてしまったのでしょうか? 土砂が崩れた原因と一体何だったのでしょうか? 土砂が崩れる原因については、 地震で起こりうる土砂災害には天然ダムの決壊、山体崩壊、地震後の豪雨被害などが考えられます。 天然ダムとは土砂などで川がせき止められ、徐々に水がたまってダムのようになっている場所です。 人工のダムと違い水をためていられるようにしっかり固定しているわけではないので、余震などの揺れで崩れてしまうことがあります。 などがあるようです。 そして逗子では、4月18日に雨が降っていたとされていますので、もしかしたらこの時の雨が原因だったのかもしれません。 雨による土砂崩れは、降り始めてからの雨量が100ミリをこえると、起きやすいとされているみたいです。 4月18日の逗子の雨量までは分かりませんでしたが、もしかしたら土砂が崩れるくらいの大雨だったのかもしれませんね…。 春日豊彦さんが土砂に巻き込まれてしまった現場は大崎公園下の崖? 次に、春日豊彦さんはどこで土砂崩れにあってしまったのでしょうか? 報道では、 神奈川県逗子市小坪4丁目の海岸 とありました。 この辺りには大崎公園という公園があり、この付近の崖では?とされています。 今日4月24日午後2時頃の崖崩れでミキモト元社長が亡くなった場所はここ。 逗子マリーナから見える大崎公園の崖下。 地層に空いた穴は海蝕洞ではなく、横須賀海軍鎮守府の大崎洞窟陣地。 戦争遺構です。 眼下に逗子マリーナを、天気が良い日は江の島越しに富士山も望めます。 大崎公園には駐車場がありませんので、披露山公園の駐車場(無料)へ停めて歩くか、小坪漁港から階段を登って公園へ行くかのどちらかになります。 といった逗子を代表する公園のようです。 春日豊彦さんは事故現場付近に住んでいるとされているので、日常的なお散歩コースだったように思います。 因みにこの区域は、土砂崩れの危険地域には指定されていなかった区域のようです。

次の

御木本家(ミキモト創業者・御木本幸吉の子孫・家系図)

ミキモト 社長

【パーソン】ミキモト社長 中西伸一さん 伝統を柱に新たなチャレンジを 日本の宝飾文化をけん引すると共に、世界各地にビジネスを広げ、グローバルブランドとして成長を続けるミキモト。 クラシカルなスタイルを重んじるイメージを持つ一方で、20年春夏に「コムデギャルソン」と協業し、男性が真珠のネックレスを着用するという斬新な提案でも話題を集めた。 昨年11月に中西伸一社長が就任。 創業時からの伝統や技術の継承、そして真珠を育む自然環境への配慮にも重点を置きながら、新たな課題にトライしていく。 まず、ブランドがグローバルに認知されており、富裕層の方々や、とりわけ年配の方たちには非常に良く知られています。 また、生産から販売まで一貫した完全な体制をとり、オリジナリティーのある商品を作ってきました。 加えて、世界で一番ではないかと思うほどのクオリティーコントロールを歴史的に続け、非常に高い品質という点で消費者を裏切ったことが無いという自負があります。 これは最大の強みですね。 現在の日本の消費の中心層は60~80歳くらいの裕福な方たちです。 そこには既に圧倒的な強みがあります。 一方で、より若い、ミレニアル世代やその次に連なる、いわゆるデジタル世代へのアピールが、今のミキモトは弱いのではないかという懸念があります。 この世代の生活や消費文化には変化が起きています。 新しい感覚で物を見て、買っている。 従来と同じ手法では通じなくなり、これが5年後、10年後、課題になってくるはずです。 そこを良い方向に持っていくことが、このタイミングで社長に就任した私の最大の任務ではないかと思っています。 基本的な品質や伝統的なデザインのスタイルは、今後も継承し続けなければならない、一つの柱です。 ただ、ミレニアル世代は品質を訴えても、興味が無ければ振り向きません。 彼らのハートを動かすようなアピールができることが重要です。 SNSをはじめ、新しいデジタルツールを使い、コンタクトできる頻度をどう増やすかが重要です。 商品制作においても、新しい表現力が必要となります。 ミキモトという日本を代表するジュエラーとしての伝統をベースに、非常に新しい感性やヨーロッパのセンスというものを入れていければと。 その一環として、数年前から〝ミキモトMコレクション〟〝レペタルプラスヴァンドーム〟といったグローバルに展開するコレクション群の幅をどんどん広げています。 ハイジュエリーだけでなく、比較的手の届く価格帯の商品も揃え、こうしたコレクションラインを中心とした商品構成に切り替えていっている最中です。 これは非常にうまくいっています。 特に、中国からのお客様は情報のキャッチと反応のスピードがとても速い。 会社としてもそのスピード感に応えながら、物作りとアピールをグローバルに切り替えていきます。 手応えを感じています。 ゆっくりと投入を始めているアイテムでありながら、とても反応が良く、既に売れてしまって追加しなければならないものも出てきました。 本店でも、エッジのきいたファッションを好まれる若い男性の医師が協業アイテムを買って下さっていました。 これまで当社に全然アクセスしていなかったような方たちからの反応も多いですね。 ジェンダーレスというのは今、消費のキーワードとなっています。 女性だけの商品だったものを、男性にも広げることになり、業界的にも市場の拡大につながるのではないでしょうか。 今回の協業と直接リンクするものではありませんが、ブランド初となる香水のリリースにおける販促ビジュアルにも、男性がパールのネックレスを身に着けているシーンを混ぜ、新たな方向性に向けたイメージを発信しました。 新しい感性に対して、誰も気づいていないことを先駆けて形作る。 そうしたところにこそ、新しいマーケットが生じます。 当社としても、いろいろなところにアンテナを張り、今までならばやらなかったことにもチャレンジしていこうという考えです。 国内は直営が6店、百貨店店舗は61カ所(1月20日現在)あります。 この30年間、地方都市含め、地域一番の百貨店への出店を続けてきましたが、今、百貨店自体が厳しい時代に入り、館自体撤退されるケースも出てきています。 これからの出店は、どうすべきか、少し検討が必要となるでしょう。 ECは、売り上げにおけるシェアは低いですが、今後、どれだけお客様がこういうものもネットで買うということになるか見極めたいですね。 海外には36店があります。 中でも、まだ進出してからの年月が浅い中国本土への出店は、ここ数年の一番大きなテーマとしてきました。 現在9店。 人口1000万人以上の大型都市で、物件と条件が合えば出ていく方針ですが、今いったん、コストの配分、進捗(しんちょく)状況を見て小休止しています。 米中貿易摩擦のようなものが解決し、中国の成長性が高くなれば、また再開していいと考えています。 世界的に見ればアメリカやシンガポール、タイなどは、物件が古くなったり、よりいい条件のところがあれば変わるという戦略で見ています。 特に、4拠点あるアメリカは生き物のように躍動感のある市場です。 エリア自体が形骸化することもありますから、今一番ビビッドなところはどこか、情報のネットを張り、動くチャンスを見ています。 宝飾のビジネスは、常にお金が動くところを見ていないといけません。 同じところにずっと立脚して、お客さん来なくなったねと言っていたって、それはそこにお金が動いていないということを示しているわけですから。 ただ、現に今もそうですが、海外はやはり不安定なところがあり、ビジネスとして、リスクはあります。 既に我々はある種グローバル企業になっているとは思いますが、どこまでアクセルを踏み込むかは、出店している国の勢いや経済性、人口動態、成長性を見ながら決定する考えです。 品質一番と標榜(ひょうぼう)している以上、そこに対する検査や技術の継承は、個人的にもここまでやるかと感じるほど、非常に厳しい基準で取り組んでいます。 そしてミキモトでしかできない技術、作品というものがあります。 そういったオーダーが入った場合は、通常の生産ラインとは違うスペシャルなチームを組み、スペシャルな部屋を与えて、特別な生産体制に入ります。 宝飾品の製造を担う関連会社、ミキモト装身具の中でも、トップランクの技能を持つ職人を中心としたチームとなります。 そこには必ず若い伸び盛りの人も入れて、ベテランの技を見せながら作業を進める。 それが一番の技術の伝承かなと思っています。 本社所属のデザイナーは、美大、芸大系が多く、基本的な作図能力はトップクラスではないかと思います。 ただ、当社のクリエイションは個々勝手にやっているわけではなく、会社としてのマーケティングに基づいて、次はこれでと方向性を決めてオーダーを出し、最終的に選考会で選ばれデザインが決まっていきます。 入ってからが、デザイナーたちもなかなか大変だと思います。 サステイナブル(持続可能な)デベロップメントに関しては、かなり深く立ち入っています。 三重県と、九州の博多の沖合にある相島に自社の真珠養殖場を持ち、伝統的に受け継ぐ自社の育成貝を大事に守りながら育てています。 この養殖場では、「資源」「漁場」「貝の健康」の三つを守る事を柱に真珠研究も行ってきました。 その中で特に注力しているのが、100%資源を使いきる事です。 真珠養殖の過程で排出される貝殻や貝肉などを全て有効利用するゼロ・エミッション型の真珠養殖を行っています。 真珠を取った貝肉からは、化粧品に使用されるエッセンスが取れます。 貝殻はカルシウム剤といった健康食品やたい肥などに。 捨てるところがありません。 養殖ではありますが、真珠は大切な資源です。 こうした取り組みを徹底して続けることは、ミキモトの誇りでもあると言えるでしょう。 なかにし・しんいち 1955年兵庫県生まれ。 78年同志社大学文学部卒業。 渡米し、宝石鑑定士の資格(GIAGG)を取得。 1982年ミキモト入社。 01年大阪支店長、05年本店営業第一部長、07年取締役本店長に就任。 15年取締役営業本部長兼本店長、17年取締役商品本部長、19年11月代表取締役社長に就任。 99年銀座に日本初の真珠専門店「御木本真珠店」を開設する。 1913年のロンドン支店開設を皮切りに、ニューヨーク、パリなど国際事業を展開。 製造面では、07年に御木本金細工工場(現ミキモト装身具)を開設し、生産から販売までの一貫体制を築く。 現在、売上高263億円(19年8月)、国内店舗数67、海外店舗数36を持つ。 17年には銀座4丁目の本店をグランドオープンした。 また、観光事業を主とする株式会社御木本真珠島、化粧品の製造、販売を行う御木本製薬株式会社などと共にグループとしての幅広い活動も行っている。 【記者メモ】 当時、日本ではまだ取得者の少なかったGIAGGの資格を米国で得て入社。 「てっきりバイヤーになれると楽しみにしていたら、向いているから営業をやれと」。 営業畑で着実に実績を残してきた。 数年前に夢がかない、商品本部での仕入れ業務に携わる事に。 社長就任後も商品本部長を兼務し、今年の米国ツーソンでのジェムショーのバイイングにも同行。 「トップが同行する事で、金額の大きな品も即決できる」と笑う。 川下から川上までの現場を知り、グローバルな感覚を持つ点は、製販一貫し、世界に拠点を広げる総合ジュエラーのトップにふさわしい。 ブランドアイデンティティーである真珠においては、御木本幸吉氏が若き日に抱いた「天然真珠採取のための乱獲で減少した地元のアコヤガイを守りたい」という思いのもと、創業時から資源や環境を守る研究、取り組みを続けてきた。 自然を相手に事業を行う難しさは常にある。 しかし、連綿と続けるその活動が今、物質的な美しさへだけではない高い評価につながっている。 (中村維).

次の

【リーダーの素顔】一度辞めた会社で社長に ミキモト社長異色の経歴(4/4ページ)

ミキモト 社長

潮が引くとどうよら人が歩ける道が現れるようです。 しかし切り立った崖、そのうえ水を吸って崩れやすい地盤だったのでしょう。 そんな道を歩いている際に運が悪く土砂崩れのに遭遇…亡くなられたようです。 愛犬との散歩のルートだったのでしょうか? スポンサーリンク 「御木本豊彦」とは? 亡くなる前の性は「春日 豊彦(かすが とよひこ )」だったようです。 御木本の性は元社長の娘さんとの結婚を機に養子縁組を組んだからです。 その後はミキモトでの勤務を経て社長への就任もされている。 実業家としても優れていたそうで、仕事をバリバリにこなしていたようです。 前妻が亡くなり他家より後妻をとる事をきっかけに御木本との養子縁組を解き春日の性に戻りました。 スポンサーリンク ミキモトとはどんな会社? 「ミキモト」という会社に聞き覚えはないでしょうか? 女性ならご存知かもしれませんね! では会社の詳細を紹介しましょう。 Wikipedia そうミキモトは「真珠のミキモト」で有名な宝飾品の販売店です。 御木本豊彦さんはその会社の一時とはいえ社長を務められたお方です! 引退された後の余生を過ごしている中での事故…とても残念ですね。 スポンサーリンク まとめ 今回亡くなられた「御木本豊彦」さんはミキモトの元社長であり、実業家でもありました。 まだ今後もあったでしょうに土砂崩れで亡くなられてしまったは非常に残念なことです。

次の