アウディ tt rs。 価格.com

アウディTT RS

アウディ tt rs

パワーも価格も最高の一台 ETC車載機の場所を聞いて、ドアを閉め、エンジンをかけようとしたら、始動ボタンが見当たらない。 歩道に出たアウディのスタッフが環八通りのクルマを止めて、手招きをしている。 アセる。 いつものようにセンターフロアの上を探しても、ない。 と思ったら、発見! 真っ赤なスターターボタンが小径ハンドルのスポーク右側に付いていた。 フェラーリか。 TTクーペのトップガン、RSもフォルクスワーゲン グループのMQBプラットフォームベースの新型に生まれ変わった。 TTシリーズが3世代目の現行型に切り替わったのは2014年。 アウディのレース部門、アウディスポーツGmbHが手塩にかけた別格高性能モデルの登場は、それからまる3年待たされたことになる。 6年ぶりに刷新されたTT RSだが、2. 5リッター5気筒ターボというスペックは受け継がれた。 といっても、中身は新設計で、ブロックはアルミ化され、クランクシャフトからオイルポンプまで軽量化が施されて、エンジン単体で26kg軽くなった。 最高出力は340psから400psに向上している。 そのほか、くわしい内容はをお読みいただくとして、新型RSが史上最強のTTであることは間違いない。 価格も史上最高で、TT RSクーペは962万円。 1000万円級のTTクーペに成長した。 タウンスピードでも楽しめる いいクルマは、動きだした途端からいい。 1490kgの車重はアルミスペースフレーム時代の先代より10kg軽くなったが、乗り心地や身のこなしは、もっと軽くなった印象だ。 TT RSというよりも「TTライトウェイト」と名乗ったほうが、乗り味をよく表すと思う。 20バルブの5気筒エンジンも軽いが、4気筒のようにサラッと滑らかではなく、ちょっとイビツなビートがある。 乾いた排気音もいい。 ギアボックスはパドルシフト付きの7段Sトロニック。 今回から、生産されるのはこの2ペダル変速機モデルのみになった。 TT RSのようなライトウェイト感覚があると、タウンスピードで普段使いしていても楽しいし、楽しめる。 とはいえ、全力加速は禁断の蜜の味だ。 フルスロットルでスタートダッシュを試みると、フルタイム四駆のクワトロなのに、一瞬、フロントが浮いたかと思うほどのロケット加速をみせる。 ゼロヒャクが4秒をきるとスーパーカーだというのが個人的な認識で、4秒台前半の「」や「」に明確な差をつける。 ただ、試乗車はスロットルのオンオフで変速機からコツコツと音が出がちだった。 同じパワーユニットを搭載する「」にはまだ乗ったことがないが、コンフォートよりも加速性能を取った結果としてこういうものなのか。 試乗車だけの問題であれば幸いだ。 デートに使って問題なし エンジン、変速機、磁性流体ダンパー、電動パワーステアリングなどの特性をひとまとめに変えられるアウディドライブセレクトは、コンフォート、オート、ダイナミックの3種類。 スイッチはスタート&ストップボタンと対称のハンドルスポークに備わる。 アウディで一番ドライブセレクト機能を使いやすいクルマである。 計器盤はアウディバーチャルコックピットにアップデートした。 アナログ計器を全廃した高精細液晶の電子メーターだ。 RSの新趣向はパワー/トルクメーターで、出力とトルクがリアルタイムに表示される。 0~100のパーセンタイル表示なので、わかりやすい。 平たんな高速道路を7速トップの1800rpmで巡航していると、パワーは7%、トルクは22%。 せいぜいそんなものである。 400psのうち30psも使っていないのかと知って、愕然(がくぜん)とする。 ある意味、宝の持ち腐れメーターである。 一方、両方のメーターに100を出すような運転は、あくまでサーキット限定にしたほうがいい。 ただ、RSらしい使い方をしていても、決してモンスター的なアナーキーさは見せない。 ダイナミックモードでもマグネティックライドの乗り心地は快適さを失わないし、エンジンや変速機が度過ぎてレーシングライクになるわけでもない。 十分、デートカーになる。 そのへんは、最近のアウディRSに共通のしつけである。 実用的なレーシングカー。 GTIだってもちろんGTIだが、TT RSクーペをたっぷり味わった直後に乗ると、エッ、こんなに鈍重だっけ!? と感じ、TT RSは実用レーシングクーペだと思った。 TTクーペでふと忘れがちなのは、ボディーの実用性の高さである。 後席は大人が座る用としては使えないが、物入れとしては広い。 クーペといってもテールゲート付きで、しかもガバッと広い開口面積で開き、後席の背もたれを倒して床をフラットにすれば、荷車としても侮れない。 ルーフが低いため、嵩(かさ)モノは無理だが、27インチのロードバイク(自転車)が寝かせて積める。 ミドエンジンの718ケイマンや、テールゲートのないM2クーペにはできない芸当だ。 なにより、400psの四駆という濃厚なメカを感じさせない乗り味の軽さが、TT RSクーペの魅力だと思う。 3リッター(ハイオクガソリン) 参考燃費:8.

次の

アウディ新型TT RSクーペ・ロードスターが日本初登場!価格と性能は?

アウディ tt rs

Audi Sportが放つTTのハイパフォーマンスモデル「Audi TT RS Coupe」の広報車両を試乗しました。 今年の初夏でカタログモデルより外れてしまいましたが、その並外れた性能をチェック。 Audi Sport GmbH(アウディ スポーツ社)が手がけるビジネスには、「Audi R8 LMS」や「Audi RS 3 LMS」といったカスタマーレーシングカーの制作や「Audi exclusive」と呼ばれる車両のカスタマイズプログラム、そして、「Audi R8」やRSモデルの企画・制作があります。 RSモデルのなかで、コンパクトスポーツとして生まれたAudi TTに、Audi Sport伝統の直列5気筒ターボを与えたAudi TT RSは、ひときわ強い存在感を示しているモデルです。 Audi TT RS Coupeには、そのエクステリアからしてただならぬオーラを感じることができます。 シングルフレームグリルにはハニカムメッシュが施され、また、マットシルバーのフレームにはquattroのデカール。 リヤスポイラーは可動式から固定式のウイングタイプに改めら一気に迫力が増しました。 もちろん、一番の見どころはボンネット下に潜む2. 5 TFSIエンジン。 横置きエンジンのRSモデルにのみ許される珠玉の2. 5L直列5気筒ターボエンジンは、最高出力400ps/5850-7000rpm、最大トルク480Nm(48. 9kgm)/1700-5850rpmを誇り、これは旧型Audi TT RSに対して60psのパワーアップとなります。 組み合わされるトランスミッションは7速Sトロニックのみで、ハルデックスカップリングを用いるquattroにより、2. 5 TFSIのトルクを余すところなく4輪に伝えます。 7秒とまさにスーパーカー級。 なにしろ1440kgの重量に400PSエンジンの組み合わせだから、ウェイト・パワーレシオは3. ドアを開けると、Audi R8同様、2つのサテライトスイッチを備えるステアリングホイールがドライバーを迎え入れてくれます。 右下の赤いボタンでエンジンをスタート/ストップ、左下はドライブセレクトのスイッチです。 赤のボタンを押すと、2. 5 TFSIエンジンが、腹に響く野太い咆哮で目覚めます。 この領域では思いのほかジェントルな2. 5 TFSIですが、アクセルペダルに載せた足に軽く力を加えるだけでスッと加速する感じは、まるで6気筒あるいは8気筒エンジンを操るような滑らかな感覚です。 その一方で、多少ザラッとした感触がなんとも5気筒らしいです。 (筆者もその昔アウディ90クアトロに乗っていましたので5気筒エンジンの懐かしさを感じました。 ) 高速道路に入ったところでアクセルペダルを深く踏み込むと、Audi TT RS Coupeはその本性を現します。 密閉性の高いキャビンに腹に響く野太いエキゾーストノートと不協和音と例えられる独特のエンジンサウンドを放ちながら、一気にスピードを上げていく様はまさにスーパーカー。 カタログ上は1700rpmから5850rpmまで、480Nmの最大トルクを発揮する2. 5 TFSIエンジン。 その強大なトルクをquattroがしっかりと受け止めるためか、恐怖感とは無縁ですが、瞬きをしている間に制限速度に到達してしまうので、グラフィカルなスピードメーターから目を離すのは禁物です。 20インチのタイヤを履いていながらも乗り心地は良好で、GTカー的な要素も持ち合わせてします。 ワインディンぐでは、鋭い切れ味のハンドリング特性を示すAudi TT RS Coupeは、quattroによる絶大なトラクション性能を味方にコーナーからの素早い立ち上がりが可能で、5気筒エンジンの息づかいを感じながらコーナーを抜けるのが楽しくてならないです。 スーパーカーレベルの性能を持ち合わせながらも、新車時で1000万円を切り、現在では700万円代から手に入る同車はリーズナブルといっても過言ではありません。 初のドイツ車。 知り合いにアウディを勧められ、嫁が唯一気に入ってくれたのがこれだった。 あえて不満点を多く載せます。 【エクステリア】 個性的の一言。 横から見るとオニギリみたいで、周りからは「カワイイ」との評価。 ただ、固定式のハネは女性には不人気… ハニカムメッシュとその下の「quattro」の文字は個人的にも気に入っている。 Sライン、または、S以上で 続きを読む 装着されるサイドミラーは水垢が目立つ。 RSならカーボンくらいにならないかな…。 【インテリア】 総じてまあまあ。 質感は高めだが、インテリアの質感だけは国産が1番。 ただボタン配置などのセンスは外車の方が良い。 後部座席は非常用。 荷物置きとし使用すると割り切るべき。 ドリンクホルダーが1つしかない。 また形状が500ミリペットボトルが入らないのが難点。 ドリンクホルダーを買った方が良い。 バーチャルコックピットは、慣れればそこそこ使い勝手が良いが、右左折の案内が遅い。 バックカメラの映像も映し出されるが、ハンドルを切っていると見づらい。 シートは固めだが、長距離でも意外と疲れにくい。 嫁はいつも助手席を倒して寝ているが、TT RSでは倒す範囲が満足出来ない模様。 【エンジン性能】 必要以上。 日本では回す場所がない。 箱根ターンパイクなども走ったが、4〜5割も力を出せないので、逆にフラストレーションが溜まる。 国内の公道を走るならTTで良いと思う。 【走行性能】 サスが固めだが、ロールなどがないので長距離が疲れない。 ハンドルも適度遊びがあり、思ったよりも運転しやすい。 当たり前で小回りはきく。 以前乗っていたレクサスRCは、乗っててワクワクしないが、こちらはワクワクする。 あくまで感覚的な問題。 【燃費】 これが意外と良い。 下道で8、高速で14出している。 【価格】 高い… ナビがバーチャルコックピットのみで、ACCもなく、パークアシストなどもない。 個人的には800万くらいで適正価格と感じる。 【総評】 あえて不満点を多く載せましたが、個人的には運転してワクワクするので、気に入ってます。 この不満点が参考になれば幸いです。

次の

アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 ただの高性能車じゃない

アウディ tt rs

アウディTT RSのパワーは、いよいよポルシェ・ケイマンを凌ぐようになった。 さて、どうだろう? エクスクラメーション・マークから、アウディの自信がうかがえる。 先代のRSといえば、すくなからぬ人が高く評価した。 61psの強化、26kgのダイエット、アグレッシブになった外観が、その理由だった。 しかし、先代のRSはマイノリティの域を脱しなかった。 おもに敏しょう性ではあるが、動的性能がポルシェ・ケイマンと戦ううえで足を引っ張っていたのだ。 そして、現行モデルは401psに達した。 7秒まで短縮され、718ケイマンSよりも1秒速くなった。 ちなみにアウディR8 V10は3. TT RSは、わずか0. 2秒の差に縮めてきたのである。

次の