小松菜 おひたし レシピ。 【小松菜を使ったレシピ】おすすめで人気の作り方厳選20まとめ:小松菜はおひたしだけじゃない!

【ヒルナンデス】冷凍小松菜のおひたしの作り方、めんつゆでだし解凍!冷凍王子・西川剛史さんが教える冷凍レシピ(5月12日)

小松菜 おひたし レシピ

小松菜(こまつな)は、結球せず葉を食べるチンゲン菜やからし菜などの仲間の野菜です。 江戸時代、東京都小松川地区の特産として盛んに栽培されていたため、その名がついたと言われています。 現在では幅広い地域で栽培され、癖のない味が重宝されるメジャーな野菜に成長を遂げました。 耐寒性が強い野菜で旬は冬ですが、1年間を通して栽培されています。 あくが少なく、様々な調理法で活躍できる小松菜ですが、いざ料理しようとなるとおひたしばかり、という人も多いのではないでしょうか。 ほうれん草と肩を並べるほど栄養価の高い小松菜。 色々なレシピで楽しみたい野菜です。 そこで今回は、炒め物や煮物、ご飯や麺など多彩な小松菜レシピを紹介します。 小松菜の栄養素について 小松菜は栄養の宝庫である緑黄色野菜。 「天然のマルチサプリ」と呼ばれるほうれん草にも引けを取らない高い栄養価を誇ります。 ビタミンAはほうれん草より多くを含み、カルシウムに至ってはほうれん草の4倍というから驚きです。 カルシウム摂取の代名詞である牛乳よりも多くのカルシウムを含む小松菜は、カルシウムが不足しがちな女性や成長期の子供にぜひ食べてほしい野菜です。 風邪や貧血予防はもちろん、がんや高血圧、心筋梗塞、動脈硬化といった病気の予防まで効果が期待できます。 一束で36kcalとローカロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめの食材です。 小松菜の調理法について 店頭では、根が白く葉の緑が濃く生き生きしているものを選びましょう。 葉の厚みがあり、葉先までぴんとしているものがおすすめです。 ビタミンCは水溶性ビタミンなので、茹でる時は短時間さっと湯に通す程度にしましょう。 あくが少ないので下茹での必要はありません。 生でも食べられるので、栄養価を損なわず効果的に食べられます。 炒めることで緑の色合いも濃く鮮やかになります。 豊富に含まれるカルシウムを重視するなら、酢と一緒に摂ると吸収率が高まります。 保存する際は湿らせたキッチンペーパーを根元に巻き、生えているときと同じ向きに冷蔵庫に立てて入れると長持ちします。 小松菜の栄養素を存分に摂れる炒め物のレシピです。 材料は小松菜だけで手軽に作れるのも嬉しいですね。 ごま油でにんにくと赤唐辛子を炒め、洗ってカットした小松菜を加えます。 酒を振り、ふたをしてしばらく蒸し焼きにし、塩こしょうで味を調えたら完成。 簡単に食卓に1品プラスできます。 炒めすぎると苦みが出てしまうので、手早くがポイント。 小松菜の緑色が鮮やかな、さつまいもとしめじ、小松菜のソテーの簡単レシピです。 輪切りにし水に浸してあく抜きをしたさつまいもは、水気をよく切ってマヨネーズで両面を焼きます。 中までよく火を通すため、ふたをして弱火で蒸し焼きにします。 小松菜としめじを加え、醤油と塩こしょうで味を付けたら完成。 さつまいものホクホク感としょうゆマヨネーズの香ばしさが癖になる味。 スムージーの定番ともいえる小松菜とバナナのスムージーは健康にも美容にも効果抜群です。 ちょっと苦味のある小松菜もバナナと一緒だと飲みやすくなるのも嬉しいポイントです。 手軽にスーパーで買える食材ですので一年中いつでも簡単に作れ、アレンジレシピもたくさんあります。 この記事では、小松菜とバナナを使ったスムージーの基礎知識に加え、小松菜とバナナを使ったスムージーの栄養素、小松菜とバナナを使ったスムージーの効果、小松菜とバナナを使ったスムージーのレシピをグリーンスムージー・豆乳やヨーグルトの入ったスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 小松菜はアブラナ科の野菜で、天然のマルチサプリとも言われるほど豊富な栄養素を含んでいます。 小松菜にはビタミン類・ミネラル・カロテンが豊富に含まれており、中でもカルシウムと鉄分はほうれん草より多くなっています。 栄養たっぷりの小松菜はぜひ家族に食べて欲しい野菜ですが、野菜嫌いなお子さまや緑黄色野菜は苦手、という大人の方も多いのではないでしょうか。 今回は小松菜を使った焼くレシピを紹介しています。 他の材料と合わせることで、色どりがきれいで食べやすくなっています。 小松菜が苦手な方でもおいしく食べられるレシピがたくさんあるので、ぜひ参考にして下さい。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 冬の野菜の代表格と言えば小松菜。 関東では雑煮にかかせない材料で、冬にはよく鍋料理にも使われます。 ほうれん草と似ていますが、あっさりした味わいがほうれん草より食べやすくなっています。 和風はもちろん、牛乳やクリームとも相性がよく洋風の料理にもよく使われる便利な野菜です。 緑がきれいで彩がよく、料理のアクセントにもなります。 カルシウムや鉄分も豊富で、ほうれん草よりも多く含まれており料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 小松菜はチンゲンサイなどと同じアブラナ科の野菜で、江戸時代初期に江戸で栽培され始めたとされています。 特に関東地方で古くから親しまれている野菜です。 小松菜は一年を通じてスーパーなどで手に入りますが、旬は冬で冬の野菜の代表格になっています。 おひたしや炒め物、煮物や鍋料理などさまざまな料理に使えて、醤油や酒など和食の調味料とよく合います。 ほうれん草に似ていますが、ほうれん草よりあくやクセがなく食べやすいので、料理に取り入れやすい野菜です。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

小松菜のおひたし【栗原はるみさんのレシピ】

小松菜 おひたし レシピ

油揚げと小松菜はそれぞれレンジ加熱、味付けはめんつゆを使って時短したおひたしです。 火を使わずにできる定番の常備菜です。 調理時間:5分 冷蔵保存:3日 人数:3~4人分• 小松菜 1束 230~250g)• 油揚げ 1枚• 水 大さじ3(または50cc)• 油揚げはキッチンペーパーで挟み、皿にのせ600wの電子レンジで30秒加熱して油抜きする。 (ラップは不要です。 小松菜は根元部分を洗い、写真のように軸と葉が半々になるように並べラップを巻く。 (ラップは60~80センチ程度、長めに使って下さい。 そのままレンジに入れ600wで3分~3分30秒加熱する。 (最初3分で試してみて軸が固いようなら30秒追加で加熱してみてください。 元々の軸の太さによって加熱時間が変わります。 その間に油揚げを細切りにする。 ボウルにめんつゆと水を混ぜておく。 取り出してラップに包んだまま水につけてアクを取る。 水の中でラップを取る。 (取り出す際には熱くなっているので、ふきん等を使って下さい。 根元を切り落とし、4~5センチ幅に切り手で絞って水を切る。 容器に小松菜と4を入れ、和えてできあがり。 レンジだけで簡単に作れる定番常備菜です。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

【ヒルナンデス】冷凍小松菜のおひたしの作り方、めんつゆでだし解凍!冷凍王子・西川剛史さんが教える冷凍レシピ(5月12日)

小松菜 おひたし レシピ

油揚げと小松菜はそれぞれレンジ加熱、味付けはめんつゆを使って時短したおひたしです。 火を使わずにできる定番の常備菜です。 調理時間:5分 冷蔵保存:3日 人数:3~4人分• 小松菜 1束 230~250g)• 油揚げ 1枚• 水 大さじ3(または50cc)• 油揚げはキッチンペーパーで挟み、皿にのせ600wの電子レンジで30秒加熱して油抜きする。 (ラップは不要です。 小松菜は根元部分を洗い、写真のように軸と葉が半々になるように並べラップを巻く。 (ラップは60~80センチ程度、長めに使って下さい。 そのままレンジに入れ600wで3分~3分30秒加熱する。 (最初3分で試してみて軸が固いようなら30秒追加で加熱してみてください。 元々の軸の太さによって加熱時間が変わります。 その間に油揚げを細切りにする。 ボウルにめんつゆと水を混ぜておく。 取り出してラップに包んだまま水につけてアクを取る。 水の中でラップを取る。 (取り出す際には熱くなっているので、ふきん等を使って下さい。 根元を切り落とし、4~5センチ幅に切り手で絞って水を切る。 容器に小松菜と4を入れ、和えてできあがり。 レンジだけで簡単に作れる定番常備菜です。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の