おかけになった電話番号はお客様のご都合により。 アナログの電話料金を払わないと大変なことに…

【着信拒否の確認方法】おかけになった電話をお呼びしましたが・・・「えっもしかして着信拒否・・?」

おかけになった電話番号はお客様のご都合により

『お客様のご都合によりお繋ぎできません』とは何の意味? 以下のSoftBankのQ&Aページに分かり易く掲載されていました。 これによると、電話をかけたときに 『お客さまのご都合によりおつなぎできません』という音声ガイダンスが流れるのは、 ・携帯電話を紛失した際などに相手が自分で緊急停止の設定をしている場合 ・携帯料金の支払いが滞っている場合 でした。 「お客さまのご都合によりおつなぎできません。 」というガイダンスはどういったときに流れますか? A. 相手側が「緊急停止/一時中断/着信規制」または「ナンバーブロック」を設定しているときに流れます。 緊急停止/一時中断 : 携帯電話機を紛失した場合などに、お客さま側で設定している状態 着信規制 :当社の請求 代金のお支払いが確認できない場合などに、当社側で設定している状態 ガイダンス :「こちらはソフトバンクです。 お掛けになった電話番号へは、 お客さまのご都合によりおつなぎできません。 」 「ナンバーブロック」 :迷惑電話を拒否する場合などに、お客さま側で設定している状態 ガイダンス :「こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません。 softbank. しかしながら、どこの電話会社であろうと、 携帯電話紛失の場合や電話料金滞納の場合には、『お客様のご都合』でつながらないという内容のガイダンスが流れるようです。 ちなみに、 着信拒否の場合は『お客様のご要望(ご希望)によりお繋ぎできません』といった内容の音声が流れるようですので、そうでない限りは着信拒否されたというわけではありませんので、その点は安心して下さい。

次の

Docomoの「お客様のご都合により通話ができなくなっています」とは?

おかけになった電話番号はお客様のご都合により

相手の携帯が繋がる状態でしたら、この方法が判別するための最も有効な方法と言えるでしょう。 しかし、解約された場合は、直接電話して呼び出し音で確認するというわけにはいきません。 解約後の携帯番号のキャリアを調べたい場合、とりあえず、当サイトのでその番号を最初に契約したキャリアであれば確認することができます。 しかし、もしその携帯の契約者が解約前にナンバーポータビリティで他社に乗り換えていた場合を考慮しますと、確実ではありません。 『 おかけになった電話番号は現在使われておりません(番号をお確かめになって、もう一度おかけ直し下さい。 )』 キャリアによって若干の文言の違いがあるかもしれませんが、「電話番号は現在使われておりません」部分は各社共通で、このアナウンスが流れればほぼ解約されたとみて間違いありません。 実際に、固定電話からかけた場合は、この冒頭部分の会社名は付かず、「おかけになった電話番号は現在使われておりません・・・」と始まります。 従って、結論としましては、解約後の携帯キャリアについては、確実に調べる方法は無いといってもいいのではないかと思います。 解約後であっても相手が長年同じ携帯キャリアを利用していることがわかっていれば、冒頭にあげましたように、当サイトで調べるか、あるいは、解約直前の携帯アドレスがおわかりであれば、メールアドレスのドメイン名でキャリアを特定することはある程度可能かと思います。 例えば、海外赴任や海外留学などで、長期間日本を離れる場合やその他、長期間携帯の利用ができないという場合など、完全に解約してしまうのではなく、番号とメールアドレスをキャリア側が保管するというもので、「一時休止」、「番号お預かり」という名称のキャリアもあります。 もちろん、一時休止中は通話、メールの送受信等は利用はできず、解約した状態と同じになります。 また、休止時に事務手数料と再利用時まで月額費用がかかってしまいますが、解約してしまい以前使っていた番号やメールアドレスは使えなくなってしまうことに対し、この一時休止サービスを利用すれば、こちらが再度使いたいタイミングで再利用できるのでとても便利です。 《一時休止を利用した際の保管期間》 携帯キャリア 保管期間 ドコモ 3年 au 5年 ソフトバンク 5年 この一時休止期間中は、上述のように解約時と同様のアナウンスが流れます。 なお、この「一時休止」、「番号お預かり」と呼ばれるものは、料金未納による利用停止、盗難紛失による回線停止による一時的な休止とは主旨が異なりますので注意が必要です。 料金滞納による利用停止 『 おかけになった電話は、お客様のご都合によりお繋ぎできません。 』 この「お客様のご都合により」という文言が出てきたら、相手が料金を滞納したため利用停止になっている状態です。 盗難紛失による回線停止 『 おかけになった電話は、お客様の申出(ご希望)により現在お繋ぎできません(orしばらくの間止めております)。 』 各キャリアによって違いはあるかもしれませんが、「お客様の申出(ご希望)により」がポイントです。 紛失や盗難により、第三者に悪用されないように、契約者側からキャリアに対して回線停止を依頼している状態です。 着信拒否 『 おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望(ご要望)によりお繋ぎできません。 』 これも各キャリアによって違いはあるかもしれませんが、「電話番号への通話は・・・」がポイントになるかと思います。 これは、相手が特定の番号からの着信を拒否する設定にしている状態です。 以上のケースは、解約ではなく、あくまでまだそのキャリアと契約している状態ですので、また再度通話できる状態になるかもしれません。

次の

「お客さまのご都合によりおつなぎできません。」というガイダンス(音声)

おかけになった電話番号はお客様のご都合により

トーキーとは、サービスにおける自動音声ガイダンスのこと。 電気通信事業者が提供するもの [ ] によって内容は異なるが、よく知られているトーキーとしては以下のような例があげられる。 なお、NTT(・)の以外の回線では、トーキーの冒頭に「こちらは 事業者名です」と会社名を読み上げる場合が多い。 欠番トーキー。 「おかけになった電話番号は、現在使われておりません。 のトーキー。 「おかけになった電話番号は、電波の届かない場所にあるか、電源が入っていないため、かかりません。 料金滞納・迷惑電話の着信拒否サービスなどによる通話停止トーキー。 「おかけになった電話番号は、お客様のご都合により、使用できません。 の・にかけた場合の「プププ、プププ」。 ののトーキー。 「050plusへお繋ぎします」。 「」のトーキーは、メーカーや方式によって異なる。 『時報(有料)』や『天気予報(有料)』等の案内サービスも、自動音声ガイダンスである事から、トーキーの一種とされる場合もある。 また、商用サービスとして、NTTが提供する『トーキー案内サービス』がある。 電話機端末が提供するもの [ ] 電話機端末の機能として、トーキー機能付きの機種がある。 メーカーによって、微妙にバージョンが異なる。 が提供するトーキーと異なり、着信している為、通話料が発生する。 非通知拒否トーキー。 「番号を通知して、おかけ直しください。 トーキー。 「FAXの方は、このまま送信してください。 「ただいま、留守にしております。 の後にお名前とご用件をお話しください。 」 出典 [ ].

次の