なつめ さん ち。 #2 僕らの空、幻想の風:1話 【なつめさんち】

なつめさんち

なつめ さん ち

宝塚元花組トップスター、大浦みずきさん(愛称なつめさん)が亡くなられたことを知りました。 私が初めて宝塚を見て感激したのは花組。 なつめさんが二番手男役としてまさに絶頂期の頃でした。 初めて本場宝塚大劇場で見たのも花組でした。 想い出いっぱいです。 なつめさんのステージでの姿は今でもくっきりと目に浮かびます。 なつめさんを偲んで、最もいきいきと活躍されていた頃の様子を偲んでみたいと思います。 写真は、正塚先生の初めての大劇場作品「テンダー・グリーン」のカイト役を演じたなつめさんの楽屋での衣装を身につけた姿です。 ご一緒しているのは、青柳有紀さんと瀬川佳英さん。 森の少年ナーヴ役の青柳さんを瀬川さんと二人ではさんでいる心温まる写真です。 これは当時歌劇団の方からいただいた写真です。 これは、宝塚大劇場「アントニーとクレオパトラ/ヒーローズ」の千秋楽。 左端がなつめさんです。 この作品は、今でも素晴らしかったと何度も思い出す名作でした。 ミュージカルもショーも。 これは、昭和60年6月のハワイ公演での楽屋のなつめさん(右)。 はじけてダンスをしていたのでしょうね。 ほんとうに楽しそう。 アントニーとクレオパトラの舞台。 右から二人目がなつめさん。 この演目では、すでにひびき美都さんと恋人役であったと記憶しています。 素晴らしいミュージカルでした。 これは、歌うなつめさん。 歌も良かったんですよね。 トップ高汐さんとのコンビは、まさになつめさんがいて最高の状態であったと思います。 なつめさんがいてこそ、高汐さんはのびのびと豪快に、そして時にはコミカルに演じていられたのだと思います。 これは、当時のアナログレコードのジャケット。 「テンダー・グリーン」のものです。 この作品は、当時東京公演はなく、不思議なストーリーと舞台セット、台詞が一部無いところがあるなど異色の作品でしたが、宝塚が何らかの節目などを迎えると、この作品のテーマソングが歌劇団生徒によって歌われています。 心に残る作品のひとつでした。 これも、テンダー・グリーンのレコードジャケットから。 一番の名シーン。 主人公の戦闘員ソーン(高汐)が、森の少年ナーヴ(青柳)を殴ってしまったあと、人の心というものにふれていくところです。 ここには、大浦さんの温かく優しく、力強い演技がものを言いました。 いいシーンでした。 これもテンダー・グリーンのジャケット写真。 思い返すと、私が初めて宝塚を見た頃、花組は全盛期でした。 トップは独特の個性を誇る高汐巴さん。 そして二番手はトップをもしのごうかというなつめさん。 三番手は実力者、朝香じゅんさん。 翼悠貴、瀬川佳英、弦さやか、幸和希、なかいおりなど、男役は実に実力者がわんさといました。 それに加えて安寿ミラ、真矢みきもいたのですからすごいものです。 娘役は、魂で演じる秋篠美帆、同期のひびき美都、タラちゃんこと水原環、青柳有紀、梢真奈美、峰丘奈知、美野真奈など、実力者は枚挙にいとまがありませんでした。 きっと、みなさん、なつめさんを偲ばれていると思います。 私もきょうは、なつめさんの舞台を思い出して、あの素晴らしいシーンの数々を眼前によみがえらせているところです。

次の

暁なつめ

なつめ さん ち

来歴 、(専攻)卒業後、4月、日本テレビに入社。 2007年、『』にてアナウンサーデビュー。 10月1日スタートの昼の帯番組『』のアシスタントに抜擢される。 12月20日、翌2008年の日本テレビ開局55周年をPRするため結成した「」の初お披露目を「日本テレビ開局55年プロジェクト」(2008年1月 - 2009年3月)の会見の場で行った。 2008年7月12日公開の『』で声優デビュー。 として、ダンスが大好きな3匹の猿の1匹・ミクッキーというキャラクターを担当。 2008年12月5日、go! ガールズで歌手デビューも果たし、12月7日に日本テレビゼロスタ広場でデビューイベントを行った。 2009年2月18日、開局55年記念コンピレーションCD『ベスト・ヒット!日テレ55 エイベックス・エディション』 でCDデビュー、ジャケット写真はとのツーショットだった。 7月9日、日本テレビのアナウンサーユニット「」結成メンバーに加わる。 2011年1月31日付で日本テレビを退職。 フリーへ転向して、2011年4月5日から2016年3月30日まで、のバラエティ番組『』にて他局初出演。 2013年4月より、日本テレビの『』の総合司会(前任のがに入ったため、同番組を降板)に就任した。 人物・エピソード この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2013年4月)• (中学・高校の部活)で、個人の部(ボール)・京都大会6位、団体の部・京都大会3位の経歴を持っている。 (高校3年)主催の第15回高校生英語スピーチコンテストで最優秀賞を受賞している。 大学時代、部活はで、に所属。 また、市に短期語学留学し、に通っていた。 に挙行されたに出場し 、6時間34分04秒で完走した。 入社式で「一番好きな番組」に「1億人の大質問!? 笑ってコラえて! 」を挙げている。 2008年10月、開始13年目を迎えて同番組がリニュアルされることになり、夏目が新アシスタントを担当することになった。 小学生の頃、地元ののファンクラブに入っていたことがあった が、夏目が前年(2007年)に引き続き担当したには、そのガンバ大阪が出場し、大会3位になった。 2009年、go! ガールズの活動を記録した写真集『go! ガールズ卒業写真集 -Graduation-」 が発売された。 の創業者・の娘であり 、同社がに上場(2010年12月1日)する直前には2万4000株(上場前保有比率1. 出演 フリー転向後 テレビ 現在のレギュラー番組• (、2013年4月7日 - ) - 総合司会• (、2014年3月31日 - ) - 総合司会• (、2019年2月3日 - ) - MC 過去のレギュラー番組• (テレビ朝日、2011年4月5日 - 2016年3月30日) - 総裁秘書• (テレビ朝日、2012年4月15日 - 9月29日) - MC• (テレビ朝日、2012年10月6日 - 2013年3月30日) - MC• (テレビ朝日、2013年4月6日 - 10月12日) - MC• (テレビ朝日、2013年11月9日 - 2015年9月26日) - MC• (テレビ朝日、2015年10月17日 - 2016年4月3日) - MC• (テレビ朝日、2016年4月17日 - 2017年4月2日) - MC• (テレビ朝日、2017年4月16日 - 2019年1月20日) - MC テレビドラマ• ラジオ• (、4月8日 - 3月30日 ) 映画• (2014年3月8日)- スピアナ姫 役(声の出演) CM• 『 シルキーブラック』(2014年6月、出演の『宇宙人ジョーンズシリーズ』でと共演)• (2016年)• 『零ICHI(ゼロイチ)』(2017年) 日本テレビ時代 も参照。 地上波 レギュラー番組• (2007年7月30日他 放送) - 不定期で担当• (2008年3月31日 - 7月31日、当初は月・火・木、6月4日より月・火・水の担当) - サブキャスター• (2007年10月1日 - 2009年3月27日) - アシスタント• (2009年1月17日、2009年4月4日 - 2009年5月30日、2009年9月26日)MC• (2009年3月30日 - 2009年10月2日) - MC• (2008年10月1日 - 2011年1月26日) - アシスタント スペシャル番組およびゲスト出演番組• 『』(2007年9月8日放送)• (2007年9月28日放送) - ゲスト• (2007年10月2日放送)• (2007年10月8日放送)• (2007年10月15日放送) - ゲスト• 及びその関連番組(2007年12月7日 - 16日) - MC• (2007年12月9日放送) - ゲスト• (2007年12月28日放送) - ゲスト• (2008年1月1日『』、2008年8月17日) - 回答者• (2008年2月10日放送) - の一員としてMC担当• 『爆笑! にっぽん珍スクープ大賞 ウソのようなホント55連発』(2008年6月19日放送) - MC• モクスペ『緊急検証! 世紀の大予言スペシャル〜人類滅亡7の警告〜』(2008年9月18日放送) - MC• 芸能人検定2008(2008年6月21日、2008年10月3日放送) - MC• (2008年10月4日放送) - MC• (2008年11月2日放送)• 『2』(2008年11月6日放送) - 進行• 及びその関連番組(2008年12月11日 - 21日) - MC(go! ガールズとしても出演)• 大爆笑の不幸話連発! アンラッキー研究所(2008年10月25日、2009年1月14日放送) - MC• マチャミの! にっぽん漫遊記(2009年4月1日放送) - MC• あの伝説のお笑い番組がよみがえる! (2009年4月19日放送) - MC• (2009年4月29日) - 『ズームイン!! SUPER』と『スッキリ!! 』ゲスト• (、第39話、2009年4月26日放送) - 本人役(声の出演)• サタデーバリューフィーバー『の悲しい告白劇ジョー』(2009年6月6日) - MC• 公開直前SP(2009年7月4日) - インタビュアー BS日テレ 参考:• 東京マラソン2008ダイジェスト(2008年2月17日放送) - 走者として• ガールズがご案内! (2008年4月7日放送)• アナウンサーコンチェルト(2008年11月15日放送)• のトレンドアイズ 24(2009年2月25日放送) - go! ガールズとして出演 シーエス日本 参考:• WeeklyNews24(CS、2007年9月 - 2008年3月) - 不定期• とことん生放送! 3万人の東京マラソン2008(、2008年2月17日放送) - 走者として• イチオシ!! イチオシ!! ガールズ• ぷらナビ(日テレプラス、2008年12月紹介分など、不定期に)• ぷらナビスピンオフ 見せちゃうぞ! (日テレプラス、2008年12月1日ほか放送) 日テレNEWS24• (2009年10月3日 - ) - 土曜日(12:00 - 19:00)担当 ラジオ日本 参考:• (2008年8月8日、8月15日放送) 映画• (2008年7月12日)- ミクッキー 役(声の出演) 脚注 []• 2019年12月8日. 2020年2月16日閲覧。 報知新聞社. 2008年12月5日. の2008年12月7日時点におけるアーカイブ。 2008年12月5日閲覧。 2009年2月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年3月4日閲覧。 2011年1月7日. 2013年4月30日閲覧。 47NEWS. 共同通信. 2011年1月24日. 2013年4月30日閲覧。 日テレNEWS24 - 2013年1月30日閲覧• 2013年2月6日 - - 読売新聞 2013年1月30日• プレスリリース , 日本テレビ, 2007年8月1日 , 2013年4月30日閲覧。 (2009年1月24日時点の)• (2008年2月22日時点の)• 2008年6月8日 - [ ]• スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2008年9月20日. の2008年9月20日時点におけるアーカイブ。 2008年9月20日閲覧。 FIFAクラブワールドカップジャパン2007. 日本テレビ 2007年11月30日. 2013年4月30日閲覧。 2009年2月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年3月4日閲覧。 2014年6月18日 - 女性自身、2013年06月28日• NSJ日本証券新聞 日本証券新聞社. 2010年12月2日. の2012年11月1日時点におけるアーカイブ。 まんたんウェブ 2019年1月30日. 2019年1月30日閲覧。 - 2014年1月23日閲覧• スポーツ報知. 2016年10月20日. の2016年10月20日時点におけるアーカイブ。 2016年10月20日閲覧。 関連項目• (時代同級生だった親友の選手。 の2008年10月10日時点におけるアーカイブ。 2008年8月16日閲覧。 2008年8月15日閲覧) 外部リンク• - 田辺エージェンシーによるプロフィール• - ニッポン放送.

次の

大浦みずき

なつめ さん ち

宝塚元花組トップスター、大浦みずきさん(愛称なつめさん)が亡くなられたことを知りました。 私が初めて宝塚を見て感激したのは花組。 なつめさんが二番手男役としてまさに絶頂期の頃でした。 初めて本場宝塚大劇場で見たのも花組でした。 想い出いっぱいです。 なつめさんのステージでの姿は今でもくっきりと目に浮かびます。 なつめさんを偲んで、最もいきいきと活躍されていた頃の様子を偲んでみたいと思います。 写真は、正塚先生の初めての大劇場作品「テンダー・グリーン」のカイト役を演じたなつめさんの楽屋での衣装を身につけた姿です。 ご一緒しているのは、青柳有紀さんと瀬川佳英さん。 森の少年ナーヴ役の青柳さんを瀬川さんと二人ではさんでいる心温まる写真です。 これは当時歌劇団の方からいただいた写真です。 これは、宝塚大劇場「アントニーとクレオパトラ/ヒーローズ」の千秋楽。 左端がなつめさんです。 この作品は、今でも素晴らしかったと何度も思い出す名作でした。 ミュージカルもショーも。 これは、昭和60年6月のハワイ公演での楽屋のなつめさん(右)。 はじけてダンスをしていたのでしょうね。 ほんとうに楽しそう。 アントニーとクレオパトラの舞台。 右から二人目がなつめさん。 この演目では、すでにひびき美都さんと恋人役であったと記憶しています。 素晴らしいミュージカルでした。 これは、歌うなつめさん。 歌も良かったんですよね。 トップ高汐さんとのコンビは、まさになつめさんがいて最高の状態であったと思います。 なつめさんがいてこそ、高汐さんはのびのびと豪快に、そして時にはコミカルに演じていられたのだと思います。 これは、当時のアナログレコードのジャケット。 「テンダー・グリーン」のものです。 この作品は、当時東京公演はなく、不思議なストーリーと舞台セット、台詞が一部無いところがあるなど異色の作品でしたが、宝塚が何らかの節目などを迎えると、この作品のテーマソングが歌劇団生徒によって歌われています。 心に残る作品のひとつでした。 これも、テンダー・グリーンのレコードジャケットから。 一番の名シーン。 主人公の戦闘員ソーン(高汐)が、森の少年ナーヴ(青柳)を殴ってしまったあと、人の心というものにふれていくところです。 ここには、大浦さんの温かく優しく、力強い演技がものを言いました。 いいシーンでした。 これもテンダー・グリーンのジャケット写真。 思い返すと、私が初めて宝塚を見た頃、花組は全盛期でした。 トップは独特の個性を誇る高汐巴さん。 そして二番手はトップをもしのごうかというなつめさん。 三番手は実力者、朝香じゅんさん。 翼悠貴、瀬川佳英、弦さやか、幸和希、なかいおりなど、男役は実に実力者がわんさといました。 それに加えて安寿ミラ、真矢みきもいたのですからすごいものです。 娘役は、魂で演じる秋篠美帆、同期のひびき美都、タラちゃんこと水原環、青柳有紀、梢真奈美、峰丘奈知、美野真奈など、実力者は枚挙にいとまがありませんでした。 きっと、みなさん、なつめさんを偲ばれていると思います。 私もきょうは、なつめさんの舞台を思い出して、あの素晴らしいシーンの数々を眼前によみがえらせているところです。

次の