に い の とし ゆき。 株式会社ジェムキャッスルゆきざき 公式企業サイト

森川智之

に い の とし ゆき

略歴 [ ] (昭和25年)、松岡に生まれる。 父は出身の陸軍軍人だった。 大学院経済学研究科修士課程修了後、歴史学部博士課程中退。 にへ渡る。 その後、政治経済学部の教員、国際文化学科教授などとして勤務。 2002年4月から2015年3月末までの教授を務めた。 家族としては、オーストラリア国籍の妻と結婚している。 田中によれば、義父は中はとして従軍、義母はで戦前は在住でドイツから脱出した経験があるという。 ペンネームについて [ ] 日本国外向けの書籍・研究発表(JAPAN'S COMFORT WOMEN等)などでは、 Yuki Tanaka(田中ユキ)の女性名を使っていた。 そのため、米議会報告に引用された際、日本女性との誤認や本名であるとの誤解を招いている、日本でも新聞報道やで 田中由紀として誤った著者名で紹介されることがある。 その他、向けの著作については、 難波哲および 赤坂まさみのペンネームも使用している。 研究内容 [ ] 半ばから、期の日本軍の戦争犯罪を中心的な研究課題としている。 ()や ()、などの史料を調査し、従来は知られていなかった日本軍による戦争犯罪の事例を紹介してきた。 戦争犯罪に関しては、加害者が被害者でもある両面性、戦争犯罪の普遍性といった問題意識も有し、など側による戦争犯罪との比較研究も進めている。 田中自身によると、こうした視点はの影響を受けているという。 には「原爆投下を裁く広島国際」実行委員会共同代表を務めた。 また、武力衝突防止政策についても関心を有する。 旧日本軍による「人肉食」への言及 [ ] 戦後、幾人かの日本軍将校が食料の不足から捕虜を食料とした人肉食を行ったとの容疑にて裁判にかけられ有罪となり処刑されている。 しかし、これらの将校は告発を常に否認し続けていた。 、田中は旧日本軍による戦争捕虜に対する人肉食を含む残虐行為の明白なる証拠を発見したとされるが詳細はあきらかにされていない。 本書によれば、人肉食は上級将校の監督下で行われ、権力を表象化する手段として認識されていたとされ、連合軍による食料不足に対する措置であったという判決に反論を唱えたものとなっている。 著作 [ ] 単著 [ ]• 『空の戦争史』(講談社現代新書、2008年)• Japan's Comfort Women: Sexual Slavery and Prostitution during World War II and the US Occupation with Foreword by Susan Brownmiller London: Routledge, 2002 - Yuki Tanaka名義• Hidden Horrors: Japanese War Crimes in World War II with Foreword by John Dower published by Westview Press Boulder, USA in June 1996 - Yuki Tanaka名義• The paperback edition was released in November 1997. The hard cover edition was a main selection of the Military Book Club. Rape and War: The Japanese Experience Melbourne: Japanese Studies Centre, 1995 - Yuki Tanaka名義• 『知られざる戦争犯罪-日本軍はオーストラリア人に何をしたか』(大月書店、1993年) 編著 [ ]• 『戦争犯罪の構造-日本軍はなぜ民間人を殺したのか』(大月書店、2007年) 共編著 [ ]• Bombing Civilians: A Twentieth-century History New York: The New Press, 2009 co-edited with Marilyn B. Young. 『日本の侵略』(Asian Peoples' Tribunal参加者共著)(大月書店、1992年) 訳書 [ ]• 『テロリズムと戦争』(大月書店、2003年) - Howard Zinn() Terrorism and War, Seven Stories Press, 2002の和訳。 Hiroshima: A Tragedy Never To Be Repeated (福音館書店、1998年) - 『広島の原爆』の英訳。 脚注 [ ]• 2016年10月30日閲覧。 「」 2007年4月13日。 「」 2007年4月17日。 マイケル・シーゲル(助教授)「」『社会と倫理』第21号、南山大学社会倫理研究所、2007年。 2014年10月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - 田中利幸のブログ• - 論文リストなど•

次の

喜多俊之

に い の とし ゆき

概要 [ ] 1969年よりと日本でデザイン制作活動を始める。 海外、日本のメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまでのデザインで多くのヒット製品を生む。 作品の多くが、パリのなど世界のミュージアムにパーマネント・コレクションされている。 また、日本各地の伝統工芸・地場産業の活性化、およびクリエイティブ・プロデューサーとして多方面で活躍する。 また、リノベーションプロジェクト「RENOVETTA」を提唱。 2011年にイタリアの「黄金コンパス賞(国際功労賞)」受賞。 2017年イタリア共和国より「功労勲章」を受勲。 2018年平成30年度「知財功労賞」において長官表彰で知財活用企業()を受賞。 主な作品 [ ] デザイン [ ]• Winkチェア、Kickテーブル、Dodo チェア• Saruyama, Saruyama island- MOROSO• 2011年以降は関与していない。 trevie• Soavo - 著書 [ ]• 喜多俊之 2007. 日本経済新聞出版社. 喜多俊之 2009. 学芸出版社. 喜多俊之 2012. 喜多俊之デザインの探険1969- : 僕がイタリアに行った理由. 学芸出版社. 1942年 生まれ• 1964年 - デザイン美術科工業デザイン専攻卒業。 1967年 - デザインオフィス設立。 住環境、ライフスタイル、地域伝統工芸について研究を始める。 1969年 - イタリア・にて制作活動の場を広げる。 1975年 - 協会賞受賞。 1981年 - 工芸財団より、第九回国井喜太朗産業工芸賞受賞。 また、ニューヨーク近代美術館のパーマネント・コレクションにWINKチェアーが選定される。 1983年 - アメリカ、プロダクトデザイン賞IBD受賞。 1984年 - アメリカ・インダストリアルデザイン誌より、RESIDENTIAL FURNISHING最優秀受賞。 また、ニューヨーク近代美術館(MOMA)のパーマネント・コレクションにKICKテーブルが選定される。 1985年 - 受賞。 1987年 - ドイツ・ハンブルグ美術工芸博物館のパーマネント・コレクションにWINKチェアーとKICKテーブルが選定される。 また、パリ・10周年記念展招待作家として未来空間を展示。 1988年 - バルセロナ、及びウィーンにて個展。 1990年 - スペインのデルタ・デ・オロ賞金賞を受賞。 ミラノにて個展。 1991年 - において個展。 1992年 - の日本館回転劇場のインテリア及びMULTI LINGUAL CHAIRをデザイン。 フィンランド・ヘルシンキにおいて個展開催。 1993年 - 客員教授を務める。 1997年 - 及びパリ・のパーマネント・コレクションにMULTI LINGUAL CHAIRが選定される。 1998年 - フランスのサン=テティエンヌ近代美術館のパーマネントコレクションに作品13点が選定される。 2002年 - パリ、名古屋国際デザインセンター、中国、ヘルシンキ、そしてミラノにて個展。 2003年 - フランクフルト、バルセロナ、ベローナにて個展。 2004年 - 中国インターナショナルインダストリアルデザインサミットにて講演。 また、日本審査委員長を務める[2004年〜2006年]。 2008年 - 中国、上海にデザイン事務所設立。 広州、順徳にデザイン事務所設立。 ヘルシンキにて個展。 著書「デザインの探険」発表。 2013年 - ヘルシンキ インターナショナルエコデザインエキシビジョン2013年度キュレーター及び審査員長として招かれる。 2014年 - 6月に1ヶ月間イタリア・のにて、プレ万博2015イベントの個展を開催。 2016年 - イタリア「ADI 第24回 黄金コンパス賞」の国際審査員を務める。 2017年 ミラノフオーリサローネ2017・INTERNI20周年記念イベントにて「FLAT BAMBU SHIMANE」を発表• 2017年 イタリア共和国より「功労勲章」を受勲• 2018年 平成30年度「知財功労賞」において長官表彰で知財活用企業(意匠)を受賞 脚注・出典 [ ] [].

次の

喜多俊之

に い の とし ゆき

「ゆきぽよのお母さんは、スペイン人とフィリピン人のミックスでしょう。 一般的に、ハーフやクォーターで目鼻立ちがはっきりしているほうが、将来は老けた感じになりやすいという法則があるんだよ。 というのは、 ハーフ顔の人が加齢で痩せてくると、頬骨が目立って頬がこけて見えたり、目が落ちくぼんで見えるわけ。 日本風の平面顔だとそこまで目立たないんだけどね」 ゆきぽよはそれほど外国風の目鼻立ちではないけれど、顔痩せには要注意ですね。 「そうだね。 痩せすぎるとほうれい線も目立つようになるからね」 さん michopa1030 がシェアした投稿 — 2019年 4月月19日午後5時07分PDT 「ギャルといったら、当然、10代までだろうね。 30代になっても、芸能人として商売していくなら、逆にギャルを演出してもいいんじゃないの? ボトックスやヒアルロン酸などでメンテナンスをちゃんとすれば、30代でもギャルでいけるよ。 いっそ、 林家ペー&パー子のパー子さんのように、70歳になってもギャル(?)みたいにやるのもいいかもしれないよ(笑)」 パー子さんって、ギャルなんでしょうか……? 「あとは、これだけ『キャラが似てる』と言われるんだったら、叶姉妹のように擬似姉妹として売っていけばいいんじゃないのかな(笑)。 姉ゆきぽよ、妹みちょぱ、みたいに。 そのほうが長く活躍できそうな感じがするけどね」 もう一つ美貌リスクがあるとすれば……あの濃~いギャルメイクを長年続けることはダメージにならないのでしょうか。 モデルデビューは、みちょぱが6年前、ゆきぽよが7年前。 「化粧は肌にダメージを与えるから、なるべく控えたほうがいいけど、仕事だからそうも言ってられないよね。 仕事が終わったらすぐにメイクダウンして保湿するのが重要。 若さを売りにその状態を保つなら、肌をきれいにするIPLフォトフェイシャルや、美白点滴などで、メンテナンスを早く始めることだね」 肌以外にも、つけまつ毛の重みや接着剤でまつ毛にダメージがある、酸素透過性が低いカラーコンタクトを長時間入れると目にダメージがあることなどは、よく知られた話です。 みちょぱもゆきぽよも、もとが美人だから、いずれナチュラルメイクの大人女性に戦略変更するかもしれませんね。 <文/女子SPA!編集部>.

次の