牡蠣 の 収穫 量 ランキング。 牡蠣の達人に教わる「絶品すぎる牡蠣」ベスト10を食べ比べてみた

かき(カキ・柿)の都道府県別生産量(収穫量)/グラフ/地図/一覧表|統計データ・ランキング|家勉キッズ

牡蠣 の 収穫 量 ランキング

1位 圧倒的な中国 483. 4万トン 広島県広島市という牡蠣の国に生まれたこともあってか、正直広島が牡蠣の生産量世界一だと思ってました。 てか牡蠣って日本特有の食品なんじゃないのと。 しかしフタを空けてみると・・・ 圧倒的中国! 483万トン!! 2位韓国に 18倍もの差をつけてダントツの1位です。 文献などで得た情報によると、中華料理によく使われるオイスターソースに使われたり、乾燥させて干し牡蠣として食べる習慣があるんだとか。 柿だけじゃなく牡蠣も干すんですな。 ちなみに広島県の牡蠣収穫量は10万トン前後なので、中国の牡蠣生産能力 = 広島県50個分ということに。 世界の壁は高い。。。 中国はどんどん生産力を向上させている さらに掘り下げて、ここ10年くらいのトレンドを調べてみると・・・ 2010年頃から急激に生産量を伸ばし、年々増加するトレンドに入っています。 食品商社に勤務されていた方の情報によると、外食用としてけっこう日本に入り込んできているんだとか。 チャイナパワーおそるべし! 中国の牡蠣生産方法 一体どんな方法で生産しているのか気になったので、中国の検索エンジン百度(baido)で「」と検索。 宮城県のようなブイ型だったり テトラポット的なものにくっつける地撒きの上位互換版? おばちゃんが屋外で牡蠣の整形作業? なかなかワイルドです。 少し前の広島では、多くの中国人労働者が牡蠣のむき身作業を支えていました。 ひょっとしたら彼らが母国に帰って、生産量向上に貢献しているかもしれませんね。 牡蠣産地ランキング2位:韓国(26. 9万トン) 日本よりも上回る収穫量だったのが韓国。 牡蠣料理専門のチェーン店があるほど大衆に普及しています。 (出典:) 韓国旅行サイトを見てみたのですが、バリエーションがとても豊富ですね。 牡蠣クッパは700円前後と安いので、牡蠣で食い倒れられそう。 牡蠣産地ランキング3位:日本(15. 9万トン) 3位にノミネートしたのが我が国日本。 ちなみに2016年の広島県の収穫量は9. 日本の牡蠣産地ランキング 2017 さらに都道府県別に産地ランキングを作成しました。 1位は圧倒的に広島。 牡蠣の統計って世界でも国内でも圧倒的に強いやつが1ついるみたいな構造になりがちなんですかね? 個人的には九州や新潟で収穫できるのが意外でした。 国内収穫量のトレンド ちなみに収穫量のトレンドはやや下降気味ですが、内訳を見ると東日本大震災で宮城県産の牡蠣が一気に落ち込んでしまったから。 ではありません。 牡蠣産地ランキング4位:アメリカ(14. 1万トン) 実は牡蠣とアメリカの歴史は密接な関連があります。 西部開拓時代、労働者たちの貴重なタンパク源となったのが牡蠣。 (出典:) 今では世界最大の都市となったニューヨークですが、当時マンハッタン島では多くの牡蠣が獲れたらしく、労働者にとって安価に美味しく食べられる栄養源として重宝されました。 そういった歴史背景もあって、ニューヨークでは100年以上の歴史を刻むが存在します。 ちなみに現在は生活排水の問題もあり、ニューヨークの牡蠣は食べることはできません・・・ 牡蠣産地ランキング5位:(6. 5万トン) ヨーロッパで一番牡蠣を食べる国がフランス。 元々ブロンという平型の牡蠣が養殖されていましたが、1960年代に病気が発生しほとんどが全滅。 病気に強い宮城県産の種牡蠣を導入して復活した歴史があります。 1967年、絶滅の危機に瀕したフランスの牡蠣養殖を救ったのが、三陸産の牡蠣でした。 そして2011年3月11日の津波の後、今度はフランスから牡蠣養殖業者が三陸に恩返しに来ました。 牡蠣は日仏をつなぐ友情の美味なのです。 強い兵士には強いタンパク源が必要ですからね。 世界で一番美味い牡蠣はオーストラリアのタスマニア産? ちなみに調査をする上で「」という文献を読み込んでみたのですが、世界14カ国の牡蠣を食べた筆者によると、オーストラリアのタスマニア産牡蠣が最高に美味しかったとのこと。 さん tarkinefreshoysters がシェアした投稿 — 2018年11月月18日午後4時26分PST オーストラリアの牡蠣収穫量ランキングは10位で1. 1万トン。 王者中国のわずか 0. 収穫量と品質は必ずしも一致しているわけではなさそうですね。 まとめ 小さい頃から「 広島といえば牡蠣、牡蠣といえば広島!」と耳にして育ってきたので、牡蠣は日本特有の食べ物だと思っていました。 が、世界に目を向けると予想以上に世界が広かったです。 牡蠣がこんなにディープな世界だったとは。 世界ランキングは知識として知っておくと驚かれること必須なので、オイスターバーに行ったときの話のネタにしてみてください。 自ら潜水するほど牡蠣に入れ込んだ方が著者。 よくまとまってます。

次の

アサリ類の産地|都道府県別漁獲量/グラフ/地図/一覧表|統計データ・ランキング|家勉キッズ

牡蠣 の 収穫 量 ランキング

牡蠣サプリ1位 海宝の力の総評 【海宝の力】は、体がだるい・二日酔いが辛い・夜の元気が無いなどで悩んでいる30〜40代の男女に絶大の支持を受けている牡蠣サプリです。 その満足度は驚異の 92.4%! 牡蠣エキスだけではなく、亜鉛の吸収率を上げる"魚肉ペプチド"や、アルコール対策に宍道湖の"大和しじみ"を使うなど、 とにかく素材へのこだわりもすごいです。 【海宝の力】なら亜鉛を1日3粒で 17mg摂取できるので、 亜鉛含有量から選んでも最強の牡蠣サプリでした。 【海宝の力】は、 初回価格 500円の送料無料・支払い手数料無料!更に飲んでみて合わない場合は 10日間の安心返金保証までついています。 注目したいのは、マカと高麗人参が入っている所ですね。 マカと言えば、男性用サプリにはかなりの確率で入っていますし、女性用の妊活サプリなんかにも入っています。 高麗人参はやっぱり美容や長寿と言った効果が一般的ですよね。 お酒の付き合いにもオススメですが、 美容・男性機能・妊活対策なんかには特にオススメかな?と牡蠣マンは思います。 お客様満足度は96. 牡蠣サプリ3位 海乳EXの総評 【海乳EX】は、瀬戸内海産の牡蠣をふんだんに使い、"牡蠣"に特化した牡蠣肉エキスサプリメントです。 そんな【海乳EX】の亜鉛含有量は、1日2粒で 12mgと、含有量からみても上位ですね。 牡蠣マンが【海乳EX】を3位にランクインした理由は、牡蠣以外の成分をほぼ入れていないため、 2ヶ月目以降が極めて安いという部分です。 殆どの商品は、初回送料無料の 980円 税込 で、2ヶ月目以降は 2,800円前後の商品が多い中、【海乳EX】は2ヶ月目以降が、 1,949円 税込 と激安! 他の成分は特に必要とせず 『とにかく牡蠣の成分を手軽に摂取したい!』といった方や、 『継続した時の費用が1ヶ月2,000円を切ってないとダメ』なんて方には【海乳EX】がオススメですね。 牡蠣サプリ7位 カキプラスZの総評 【カキプラスZ】は、50代〜が欲しい成分がたっぷり入った、牡蠣エキスがメインのサプリです。 そんな【カキプラスZ】の亜鉛含有量は、1日4粒で 7mgと当サイトのランキングでは少なめですね。 ゴマのセサミンが入っていたり、ブルーベリー葉エキスが入っている所をみると、牡蠣サプリと言うより50代〜が欲しそうな成分を詰め込んだサプリだと牡蠣マンは感じました。 返金保証が付いているとは言え、初回から 6,000円はかなりの出費です。 亜鉛、セサミン、クルクミン、ブルーベリー葉エキスなどの成分のサプリを現在別々に摂取しているような方は、【カキプラスZ】が良いかもしれませんね。 牡蠣サプリ8位 レバリズム-Lの総評 【レバリズム-L】は、お酒好きや飲み会対策としては非常に人気で、TVで紹介されるなど今注目されているサプリメントです。 ただ、 牡蠣サプリを探している方からすると、『ちょっと違うかな?』というのが牡蠣マンの印象ですね。 また、【レバリズム-L】の亜鉛含有量は、パッケージのどこにも書かれておらず 含有量不明という結果です。 成分表から見ても、L-シスチンが多く、牡蠣エキスやしじみエキスなどは2番目と3番目といった所なので、そこまで亜鉛は多く入っていないでしょう。 『数値対策をしたい』という方や『肝臓をいたわりたい』という方には、【レバリズム-L】は人気ですので、そういった方にはお試しも有りの商品です。 牡蠣サプリ 総合 比較表 返金保証 亜鉛 1日分 価格 10日間返金保証 17mg 500円 16mg 980円 12mg 980円 30日間返金保証 12mg 980円 90日間返金保証 15mg 500円 6位 30日間返金保証 10mg 5,800円 7位 10日間返金保証 7mg 6,000円 8位 不明 980円 9位 不明 980円 10位 不明 980円 やっぱり一番人気でおすすめなのは【海宝の力】でした。 バーッと10商品をランキング形式で紹介しましたが、気になった牡蠣サプリはありましたか?10商品もあると、『どれにしようかな・・・』と迷ってしまいますよね。 牡蠣マンが色々な牡蠣サプリを試した結果、その中でも様々な部分から見て総合的に一番よかったのが でした。 この海宝の力がオススメ。 理由は単純で、10商品の中で 一袋あたりに使用している牡蠣の数が一番多い事や、 牡蠣に含まれる亜鉛の吸収率を上げてくれる特殊製法の"魚肉ペプチド"を含んでいる事、更にこれだけではなく、 国産しじみ200個分のオルニチンが摂取できる事など非の打ち所がないからです。 そんな【海宝の力】が当サイトからなら通常お試し価格が980円のところを、 500円の 送料無料で試せるわけです。 1日わずか 17円というコスパの良さは驚きしかありません。 そして最後のダメ押し。 もし飲んでみて商品が合わなかった時の為の 10日間 安心返金保証まであるのです。 『牡蠣サプリを試してみたい!』と思っている状態で、【海宝の力】から試さない理由が見当たりません・・・。 【限定キャンペーン】先着300名のワンコイン特別価格で申し込めるチャンスを、見逃さないようにしてくださいね。 当サイトからは500円で購入可能です。 牡蠣サプリの選び方は? 亜鉛を目的として牡蠣サプリを検討しているのなら、やはりポイントは 亜鉛含有量+吸収サポート成分の有無になってきます。 亜鉛は吸収しにくい事で有名で、一説では吸収率は摂取した量の 30%程度だとも言われています。 ここで重要なのはやはり吸収をサポートしてくれる成分を一緒に摂取することです。 代表的な亜鉛との組み合わせですと、 肉や魚などのたんぱく質が効果的です。 吸収をサポートしてくれる成分が配合されている牡蠣サプリを選ぶようにしましょう。 また、牡蠣や牡蠣フライの食べ方では良くある"レモンを絞る"という行為ですが、実はレモンに含まれているクエン酸やビタミンCも亜鉛の吸収を高めてくれるのです。 牡蠣サプリと一緒に摂取するようにしてみても良いですね。 亜鉛以外の配合されている成分に関しては、用途に合わせて選んでみて下さい。 牡蠣マンは1つ1つの牡蠣サプリについても詳しく個別ページで解説していますので、『ちゃんと納得するまで選びたい!』という方はじっくりと個別ページもご覧下さい。 牡蠣サプリの副作用とは? 厚生労働省が発表している亜鉛の1日推奨量は、男性なら 10mgで女性なら 8mgです。 男性の推奨量が 10mgだからと言って、1日 17mgも亜鉛が入っている は危険なのか?と言われるとそうではありません。 男性 30歳〜69歳 は1日に45mgまで摂取して大丈夫ですし、女性なら35mgまで大丈夫なのです。 ちなみに45mgの亜鉛を牡蠣から摂取しようと思ったのなら、 少なく見積もっても90個は食べない限り超えません。 また、亜鉛の過剰摂取で危険になってくると言われている数値は2000mgです。 逆に最近の欧米化した食生活では亜鉛を摂取する機会が極端に少ないため、 亜鉛不足になっている方が増えている事に気をつけるべきですね。 とは言っても牡蠣サプリの摂取目安を守らず、大量に飲んで早く効果を実感しようとするのはダメですよ。 継続が大事なんです。 亜鉛不足にならないために 亜鉛不足は実は深刻な状態を招きます。 亜鉛不足が引き起こす主な症状4つ• インポテンツ• 脱毛症• 味覚障害• 免疫機能低下 全ての症状が亜鉛不足のみによってひき起こされているという事ではありませんが、亜鉛の重要性はこの実験結果を聞けばお分かり頂けるかと思います。 海外の実験では、1日の亜鉛摂取量を1mgに減らした食事を健康な男性5人に6ヶ月間続けてもらった結果、 4人の精子量が減少、更にその中の3人が不妊になるほど減少したそうです。 中にはインポテンツを訴える人も出てきたのですが、1日に30mgの亜鉛を摂取する食事に変えた結果、 4ヶ月〜5ヶ月で正常値まで戻ったという実験事例もあるのです。 ここではインポテンツのみを例として話しましたが、 亜鉛不足ならサプリは長く使う必要があるという事です。 確かに1ヶ月目から以前とは様子が変わり、実感できる事も正直あります。 しかし、牡蠣マンから言わせて貰えば、 最低3ヶ月は続けて欲しいなと思いますね。 健康的な食事を心がける事も当然大事ですが、亜鉛不足にならないように気をつけましょう。 アナタの健康を牡蠣マンは応援しています! 牡蠣エキスサプリの効果って? 牡蠣は"海のミルク"と言われるほど、豊富な栄養素を含んでいます。 中でも先ほど解説した「亜鉛」が有名ですが、他に「タウリン」「鉄」「ミネラル」などが多く含まれています。 牡蠣エキスサプリの効果というより、牡蠣に含まれる栄養素の効果について解説していきます。 100gあたり あさり1mg しじみ2. 1mg 牡蠣 13. 2mgと、圧倒的に多いのです。 亜鉛は不足すると、 味覚障害・免疫力の低下・爪や皮膚や髪の毛の異常・聴覚障害・貧血・成長障害・ED(勃起不全)などの症状が起きるといわれています。 体内で不足させてはならない栄養素の一つだと言えますね。 "と記述されています。 『時間が経てば傷が自然と治る』『少し調子が悪かったけど数日すれば治った』これは 細胞が自動的に正常な状態に戻ろうとするからです。 これを恒常性維持機能(ホメオスタシス)と呼びます。 素晴らしいですよね。 タウリンは、 肝臓の働きを促す作用や、肝細胞の再生促進作用、細胞膜安定化作用もあると言われているため、こちらも不足させてはならない栄養素です。 実はこのヘモグロビンは鉄を原料として作られています。 そしてヘモグロビンは、鉄のイオンを利用して酸素を運びます。 女性にありがちな貧血ですが、大体の場合は鉄欠乏性貧血と言われています。 つまり、 鉄不足によって体内に酸素が運ばれていないという事ですね。 立ち上がった後のクラクラが気になる方には必須栄養素と言えます。 全て重要なミネラルなのですが特に注目すべきはマグネシウムですね。 マグネシウム欠乏状態になると、 骨粗鬆症、虚血性心疾患、糖尿病などの原因の一つになるとすら言われている重要なミネラルです。 最近ではうつ病との関連性や、免疫系との関連性なども研究されているほど注目の栄養素だといえます。 このように牡蠣は栄養素の宝庫です。 『牡蠣の栄養素は毎日摂取したいけど、毎日牡蠣を食べるのは難しい・・・』そんな時には牡蠣サプリの出番というわけですね。 健康維持のために今日から始めてみましょう。

次の

[柿/かき/カキ] 産地 (都道府県)

牡蠣 の 収穫 量 ランキング

うなぎの生産量ランキング 参考: 日本養鰻漁業協同組合連合会が公開している、2017年 平成29年 の都道府県別ウナギ生産量 供給量 のランキングがこちら。 意外や意外、1位はなんと鹿児島県でした!そして気になる静岡県は4位という結果に。 これは2017年 平成29年 だけの結果ではありません。 ここ数年の上位5県は以下の通りで、上位の顔ぶれは全く変動がありません。 いずれにせよ、静岡・浜松が1位でないというのは少し意外だったのではないでしょうか??実際、本格的なうなぎの養殖は、浜松で始まったとされていますが、なぜ静岡県は1位ではないのでしょうか。 なぜ静岡県は1位ではないのか うなぎといえば静岡県 という常識が崩れ始めたのは、1960年頃からと考えられています。 もっというと、 1962年のシラス大不漁が原因です。 歴史的なシラスウナギの不漁により、静岡県の養殖業者たちはうなぎを求めて全国へ。 まだうなぎ養殖が発達しておらず、シラスウナギの価値が見出されていなかった地域から、高額でシラスウナギを買い上げたのです。 これにより、「シラスウナギは儲かる!」と気づいた地方の人々が、次々とうなぎ養殖業に参入。 こうしてうなぎ生産量を大きく伸ばしたのが、鹿児島県であり宮崎県だったのです。 愛知県のうなぎ生産量のうち、8割は一色町 さて、もう一つ注目したいのが、2位にランクインした愛知県。 実は愛知県全体の生産量のうち、約8割は西尾市一色町という自治体が担っています。 この理由について、「」では以下の通り推察しています。 ここで養殖業が大発展するきっかけになったのは、意外にも伊勢湾台風であった。 伊勢湾台風、すなわち昭和三十四年 1959年 の台風15号は、… 中略 …伊勢湾、三河湾周辺の被害が特に甚大だったが、人と家屋以外にも低湿地の水田に壊滅的な打撃を及ぼした。 一色町も、そうした地域の一つであり、これを機に町は水田事業からウナギ養殖へ基幹産業の転換を進める。 たまたま近くに、古くからの養殖先進地があったことが、それを思いつかせ、また手本にもなったのであろう。 P57 台風を機に基幹産業を転換するにあたって、浜松を参考にウナギ養殖に乗り出したことが、今の一色町の地位を築いたわけですね。 日本一の一色うなぎを食べるなら 一色うなぎを購入する方法はかなり限られていますが、一番確実&安心なのは、高級うなぎのみを扱う美食市さんで購入すること。 私も過去購入しましたが、味・サポートともに文句なしでした!! ・昔に比べてウナギの供給量が減ったって本当? そんな疑問にお答えすべく、当サイトでウナギ供給量の実態をまとめました。 まずは日本全体のうなぎ供給量から。 ここでいう「供給量」とは、天然ウナギ・養殖ウナギ・海外からの輸入などすべてを含みます。 日本全体でどれだけウナギがあるか?という指標ですね。 このグラフを見ると、2000年以降減少の一途であることがわかります。 テレビなどでよく聞く「うなぎが獲れない」というニュースをデータが裏付けています。 こちらは、日本全体のウナギを産地別に分解したグラフです。 過去数十年にわたり、日本のウナギ需要が輸入によって支えられてきたことがよくわかります。 スーパーなどで国産ウナギを見かけることは少なくなりました。 産地を詳しく見ていくと、中国・台湾が大半を占めていることがわかります。 一方の国産ウナギ。 こちらについてもグラフで見ていきましょう。 国産ウナギと聞くと「天然ウナギ」をイメージする方が多いかもしれませんが、それも昔の話。 自然で獲れるウナギはどんどん減少していってしまっているのですね。 国産ウナギの需要を支える、養殖技術。 そんな養殖が日本で最も盛んなのが、鹿児島県です。 鹿児島産ウナギは、ボリュームにすると8,522トン 2017年。 2位愛知県、3位静岡県と続きます。 都道府県別 国産養殖ウナギ生産量 単位:トン 鹿児島 愛知 宮崎 静岡 高知 '09 7,358 7,373 3,725 1,833 544 '10 8,199 5,002 3,425 1,799 483 '11 8,451 5,802 4,090 1,865 428 '12 7,184 4,081 3,111 1,629 347 '13 5,747 3,140 2,840 1,396 229 '14 6,838 4,918 3,167 1,490 216 '15 8,007 5,116 3,315 1,834 357 '16 7,990 4,742 3,255 1,654 267 '17 8,522 5,780 3,262 1,705 594.

次の