生理 痛 年々 ひどく なる。 生理痛に薬が効かないときのチェックポイント!服用するタイミングや、病気の可能性ついて

生理痛と妊娠力 生理痛はないのがあたりまえ?

生理 痛 年々 ひどく なる

女性が毎月、一度は付き合わなければならない生理。 生理は将来女性が妊娠をして赤ちゃんをお腹の中で大切に育んでいくためには、とても大切な体の機能であり女性に生まれたからこそ経験出来るものです。 将来的に子供がほしいと思っている女性にとって生理は大事な役目を果たすためには必要なもの。 しかし、生理のときに発生する体の痛みや精神的な不調に生理というもの自体を煩わしく感じる女性も少なくありません。 生理痛は子宮の正常な収縮活動によってもたらされるものなので、多少の痛みであるのならば、あってもおかしくないものですが、中には生理痛に悩んだことが全く無いというほど生理痛が軽いひともいます。 今まで生理痛の痛みに悩んだことがないという女性が、ある時期から突然、生理痛が酷くなるようなことがあればそれは要注意です。 それには要因があると考えられます。 今まで生理痛が軽く済んでいたひとに急に重い生理痛の症状が出てきたら、そのとき考えられる要因はふたつあります。 ひとつは、生活面でのストレス過多。 仕事がハード、休みが十分に取れていないなどのストレスの多い生活はホルモンバランスを崩す原因のひとつです。 美しい女性のボディラインを作り、生理の働きなどに大きく関わる女性ホルモンの一種である「エストロゲン」はストレスという状態に非常に弱く、少しの環境の変化によって生じるストレスなどにも影響を受けやすいという性質があります。 エストロゲンの働きを良くするためには、ストレスを受ける出来事があれば、それを上手に発散していく方法を取ることが大切になります。 ゆっくりと休養を取ることもホルモンバランスの安定に繋がります。 また、食生活の乱れも生理痛を引き起こすと言われています。 脂肪分の多い食事を摂り続けたりすることで栄養のバランスを崩し、体の中で摂りすぎた資質などが「プロスタグランジン」という体内物質を作り出し、子宮の収縮を過剰なものにしてしまいます。 過剰な子宮の動きは必要以上の痛みを引き起こす原因のひとつ。 体の中の冷えも血液循環を悪くし、子宮の機能を低下させる要因です。 ふたつめの痛みの原因は、子宮や体の中に何か病気が発生した場合です。 代表的なもので子宮筋腫や子宮内膜症などがあります。 子宮筋腫とは、子宮の中に出来る良性のコブのことで、これがあることによって生理のときに痛みが生じるようになります。 子宮内膜症とは、子宮内膜は本来なら子宮の内側に作られ生理のときに体外に出ていくものなのに、子宮の内側ではない場所に子宮内膜が出来てしまい、これが剥がれ落ちるときにその部分に酷い痛みが起きることを言います。 毎月の生理で炎症を起こしたりするので酷い痛みに繋がります。 急に酷くなった生理痛が、自身の日々の生活習慣から来ているのかそれとも子宮関係の病気から来ているのかを判断するためには、まずは婦人科を受診することが望ましいです。 特に子宮内膜症や子宮筋腫が原因の生理痛の場合は自分で発見するのは難しく、自身で勝手に判断するのは非常に危険です。 例え、何も問題がなくても婦人科を定期的に受診するという習慣をつけることでトラブルが起きたときに早く対応することが出来、生理痛を軽減したり治したりすることに繋がります。

次の

急に酷くなった生理痛に注意!自身で判断できない病気の可能性も

生理 痛 年々 ひどく なる

産婦人科専門医 月花瑶子 北里大学医学部卒業。 日本赤十字社医療センター、愛育病院での勤務を経て、現在は都内の不妊専門クリニックに勤務。 産婦人科専門医の資格を持つ。 臨床医として働きながら、生殖に関わるヘルスケアの知識を社会に広める啓蒙活動も行う。 監修書籍「やさしく 正しい 妊活大事典」(プレジデント社)• 生理痛の「痛み」の原因 生理痛の原因は「プロスタグランジン」 生理痛の原因は、経血を出すために 子宮の収縮をうながす「プロスタグランジン」という物質が増えることです。 女性が出産するときに 「陣痛(じんつう)」といってお腹が痛い様子をドラマなどで見たことがあると思いますが、陣痛も 子宮が収縮することで起こる痛みです。 生理のときの子宮の収縮と全く同じとは言えませんが、似たようなものだと思ってください。 そうして、 過度に増えてしまったプロスタグランジンは下腹部に痛みを感じる原因になるのです。 生理痛に薬が効かないときのチェックポイント 知っておきたい鎮痛剤の仕組み まず知っておきたいのは、痛み止めの薬(鎮痛剤)の仕組みです。 ドラッグストアなどで売られている生理痛の痛み止めは、 痛みを引き起こす原因である「プロスタグランジン」が増えるのを抑える働きがあります。 チェックポイントは「服用のタイミング」 生理痛の痛み止めを飲んでも効かないとき、もしかすると 服用のタイミングが間違っているかもしれません。 痛くなる前に飲むことが大切 覚えておきたいのは鎮痛剤の仕組みは、 「プロスタグランジンを減らす」のではなく「プロスタグランジンが増えるのを抑える」ということです。 つまり、 プロスタグランジンが増えて生理痛がひどくなってからでは効き目は薄く、大切なのはプロスタグランジンが増える前に飲む、 つまり、「痛くなりそうな直前に飲む」または「痛くなったらすぐに飲む」ことがポイントです。 「我慢できなくなったら飲む」は間違い 「痛みがひかない……」という方は、 生理痛が我慢ができなくなってから飲んでいないか、振り返ってみましょう。 もしかすると、 効果が薄いタイミングで薬を飲んでいるかもしれません。 「慣れると効き目がなくなっていく」は誤解 「慣れてしまうと効き目がなくなる」は誤解 「市販の鎮痛剤をこまめに服用していると、だんだん効き目がなくなる」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、 これは誤解です。 用法・用量を守り、数日〜1週間程度服用するぐらいでは、効果が薄れていくことはありません。 なお、 用法・用量の範囲を超えて服用したり、1ヶ月に10日以上飲み続けるような服用の仕方は悪影響を及ぼすこともあるので注意しましょう。 たくさん服用しないといけない場合は婦人科へ もし、たくさん服用しないと耐えられない、服用しても痛みがひかない場合は、早めに婦人科に相談しましょう。 もしかすると、病気が隠れているかもしれません。 ひどくなる生理痛は病気の可能性も 病気が隠れている可能性もある 鎮痛剤や漢方薬で痛みがおさまれば良いですが、 なかなか痛みがひかない、または、 毎月どんどん痛みがひどくなる場合は要注意です。 もしかすると、子宮や卵巣などの病気が原因かもしれません。 子宮内膜症などが考えられる 考えられるのは 子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)、 子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)、 子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)などです。 どれもめずらしい病気ではありませんが、放っておくと将来的に妊娠したくてもなかなか妊娠しない 「不妊症」につながる可能性があります。 また、生理痛以外にも、 骨盤痛や 排便痛、 性交痛などを感じるようになったり、過多月経といって 経血量が増える、またそれによって 貧血になる、などの症状にもつながります。 薬が効かないほど痛いときは婦人科へ すでに上記に書いたような症状があったり、 「1日に何度も鎮痛剤を飲まないと耐えられない」「生理痛がひどくて起き上がれず学校や会社に行けない」など日常生活に支障がでるほどであれば、早めに婦人科で診てもらうようにしましょう。 このような状態を「月経困難症」と呼びます。 詳しくは 「」で解説しています。 心当たりのある方は、あわせてご覧ください。 鎮痛剤がだめなら漢方薬という選択肢もある 生理痛に効く漢方薬もある 最後に漢方薬についても紹介します。 鎮痛剤を正しく服用しているにも関わらず、 なかなか生理痛に効かない……という方は漢方薬を試してみてもよいでしょう。 個人の体質などによって合う漢方薬は異なりますが、 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や桃核蒸気湯(トウカクジョウキトウ)などは生理痛の改善に繋がります。 詳しく知りたい場合は、漢方薬局や薬剤師のいるドラッグストアで相談するとよいでしょう。 以上、この記事では生理痛に薬が効かないときのチェックポイントや、隠れているかもしれない病気などについて解説しました。 鎮痛剤を服用するときのポイントは「痛くなりそうな直前に飲む(または、痛くなったらすぐに飲む)」です。 この点に気をつけて、服用するようにしてください。

次の

年々ひどくなる生理痛の原因は?もしかして病気かも!

生理 痛 年々 ひどく なる

女性として知っておきたい婦人科系の病気。 基礎知識をおさえておきましょう! カラダが変……と思ったら迷わず病院で相談を 忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「女性の病気」。 女性の社会進出や、妊娠・出産回数の減少に伴い、女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきています。 たとえば乳がん患者さんの数は1970年代の約3倍。 その死亡者数はなんと2013年の調査でも13000人に上っています。 特に30歳を過ぎたら体の状態に注意が必要。 これだけは知っておきたい女性の病気を5つ紹介します。 年々ひどくなる生理痛が特徴の「子宮内膜症」 子宮内膜症という病気を簡単に解説すると「子宮内膜という子宮の内腔を覆っている赤ちゃんのためのベッドとなる膜が、子宮の中以外で増えてしまう病気」です。 一番多いのは30代の女性ですが、20代くらいから注意が必要。 月経のある女性のうち 10人に1人は子宮内膜症ともいわれています。 エストロゲン(女性ホルモン)依存性の病気なので、妊娠・出産経験が少なく、初潮年齢が早いなど、月経がある数が多ければ多いほど発育してしまいます。 ですから、患者数も急増かつ若年化しています。 昭和40年代に比べると患者数は3倍にも増えているといわれています。 また、環境ホルモン(ダイオキシン)の影響もいわれています。 ダイオキシンは体のなかで女性ホルモンと似た働きをするため、子宮内膜症が増える原因になるといわれています。 子宮内膜症の一番の特徴は「年々ひどくなる生理痛」。 9割の方に月経痛があるといわれます。 また、「性交痛」や「不妊」なども特徴のひとつです。 子宮内膜症については、「」に詳しくまとめてありますので、よろしければご覧下さい。 とても簡単に言ってしまうと「子宮の内外にできる良性の腫瘍(コブ)」です。 良性ということは命には関わりませんので、その点は安心してください。 30代女性の4人に1人が子宮筋腫を持っています。 心強いような、困った事のような気もしますが、とにかく、よくある病気ということです。 しかし、本来なら無いものがあることに変わりはなく、コブがある場所によって、いろいろな症状を引き起こします。 「ひどい月経痛」「月経血の量が多い」「貧血」などが代表的な症状。 一方であまり症状がないこともあります。 子宮筋腫の大きさは大豆くらいの小さいものから大人の頭になるくらいまで、大きさはまちまちです。 数も1個から20個くらいまでと様々です。 ちなみに 子宮筋腫もエストロゲン依存性です。 ですから、子宮内膜症との合併も多く、子宮内膜症の4~5割に子宮筋腫が合併しているのです。 治療は大きく分けると、手術と手術をしない経過観察やホルモン療法がありますが、これはケース・バイ・ケースです。 医師とよく相談してください。 子宮筋腫については、「」に詳しくまとめてありますのであわせてご覧下さい。 肥満気味、妊娠・出産未経験者は要注意の「乳がん」 乳がんもエストロゲン依存性の病気です。 エストロゲンは女性ホルモンで大変重要なホルモンなのですが、こう書いてくるとだんだん悪者のように感じられてしまうかもしれません。 しかし、そういうわけでもないのです。 ただ単に、現代女性は今までよりもエストロゲンにさらされる時間が増えているため、エストロゲンがあることで多くなる病気が増えていると考えられます。 昨今、乳がんも急増しています。 年齢的には40~50代がピークですが、乳がんになりやすい人は「肥満」「家族に乳がんの人がいる」「エストロゲンにさらされている期間が長い(初潮年齢が早い、妊娠・出産回数が無い、少ない)」などの特徴があります。 乳がんについて詳しくは「」サイトをご覧下さい。 卵巣の中に分泌液がたまって腫れてしまう「卵巣のう腫」 卵巣のう腫 のイメージ 20代から要注意の「沈黙の臓器」卵巣の病気。 進行するまで分かりにくいのが特徴ですが、「ひどい生理痛」「なんとなくお腹が重い」「腰痛」などの症状をおこすこともあります。 右のイラストを見てください。 向かって右側が正常な卵巣。 左側が卵巣のう腫のある卵巣です。 卵巣のう腫とは「卵巣の中に分泌液がたまって腫れてしまうもの」で、イメージとしては、ぶよぶよした水風船みたいなものですね。 たまる液体の種類によって皮様のう腫、偽ムチンのう腫、しょう液性のう腫の3種類に分けられます。 治療は、大きく分けて経過観察と手術の2通りですが、大雑把に言って、鶏の卵以上くらいの大きさになると手術することが多いようです。 ちなみに卵巣のう腫の 早期発見には、検診が一番です。 卵巣のう腫については、「」に詳しくまとめてありますので、宜しければご覧下さい。 年齢に関わらず性体験がある女性は注意すべき「子宮頸がん」 子宮の入り口にできるがんが子宮頸がんです 子宮には頸部と体部があります。 入り口の部分にできるのが子宮「頚」がん。 もともと日本人は子宮頸がんのほうが多く、子宮頸がんと子宮体がんの割合は9:1くらいでした。 ところが最近は子宮体がんがだんだん増えてきています。 子宮頸がんは40歳代に最も多いのですが、たとえ10代でも安心はできません。 HPVは性交渉によって感染するといわれているので、 性体験がある場合、 年齢にかかわらず 誰でも注意が必要ということです。 ちなみに子宮頸がんはここまでに取り上げてきた病気と違って、出産回数が多い方がなりやすいのも特徴です。 あとは性体験の回数が多い場合も注意が必要です。 ちなみに病気が進行すると生理でもないのに出血が見られる「不正出血」や、「性交渉のあとに血が出る」なんてことがありますが、最初は無症状。 がんを発見するためにはめん棒やブラシで子宮頸部を軽くこすって、がん細胞がいないかどうかたしかめる「細胞診」という簡単な検査があります。 麻酔も要らない簡単な検査で、企業の場合は健康診断に入っていることもあります。 産婦人科ならどこでも大丈夫なので、できれば 1年に1回は受けるようにしましょう。 またHPVに感染しているかどうかは保険適応外ですが、おりものをしらべる検査を受けることもできます。 がんは進行すればしただけ子宮や周りの臓器を広く手術でとらなければならなくなりますので、早期発見を目指しましょう。 子宮頸がんについては、「」に詳しくまとめてありますので、あわせてご覧下さい。

次の