ヘミ アセタール 構造。 アセタール化&ヘミアセタール基

エーテル;(ヘミ)アセタール;(ヘミ)ケタール;オルトエステル

ヘミ アセタール 構造

【課題】低屈折率かつ高硬度・高強度・高透明性である硬化物を与える有機無機ハイブリッド型組成物を提供する。 ) で表される1官能性の構造単位で封鎖した構造を有し、その主構造の末端が(2)で少なくとも2つ封鎖された構造を持つ一分子中にアルケニル基を少なくとも2つ持つ珪素含有化合物 (C)SiH基を1分子中に少なくとも2個有する硬化剤 (D)ヒドロシリル化触媒 からなる有機無機ハイブリッド型硬化性組成物。 【課題】熱源表面の凹凸構造等に由来する加熱ムラの影響を抑制する。 【課題】靱性、耐熱性、及び透明性に優れた光造形物を得ることができる光学的立体造形用放射線硬化性液状樹脂組成物を提供する。 R 4は炭素数1〜4のアルキル基である。 R 5は単結合又は炭素数1〜4のアルキレン基である。 mは、1〜3の整数である。 ) 【課題】環境に対する負荷が大きい溶剤の使用を回避できるとともに、空孔率や孔径等のパラメータも比較的容易に制御しうる、非水電解質蓄電デバイス用セパレータの製造方法を提供する。 【解決手段】本発明は、エポキシ樹脂、硬化剤及びポロゲンを含むエポキシ樹脂組成物を調製する工程と、エポキシ樹脂シートが得られるように、前記エポキシ樹脂組成物の硬化体をシート状に成形する又は前記エポキシ樹脂組成物のシート状成形体を硬化させる工程と、ハロゲンフリーの溶剤を用いて前記エポキシ樹脂シートから前記ポロゲンを除去し、エポキシ樹脂多孔質膜を形成する工程と、前記エポキシ樹脂多孔質膜の少なくとも一方の表面を大気圧プラズマ処理して、前記エポキシ樹脂多孔質膜の表層部を除去する工程と、を含む。 【課題】水蒸気等の酸化剤中における焼成工程での収縮が小さく、シリカ膜の亀裂や半導体基板との剥離が発生しにくい無機ポリシラザン及び無機ポリシラザンを含有するシリカ膜形成用塗布液を提供すること。

次の

アセタール化&ヘミアセタール基

ヘミ アセタール 構造

ヘミアセタール構造 この構造をヘミアセタールといいます。 ヘミアセタールのヘミというのは、半分を表しますので、エーテル結合が半分しかありません。 片方がアルキル基でなくOHになっていますね。 このような「半分エーテル」をヘミアセタールと言います。 グルコースは、ほとんど環の状態ですが、水中で鎖状構造になります。 そして、この環が鎖状になる、つまり「環が開く場所」が『 ヘミアセタールのヒドロキシ基』です。 このようにして、緑の部分が『ヘミアセタール』になります。 そして、水中でこの環構造は再び鎖状に戻る事があります。 なので可逆反応です。 このヘミアセタールのOHが無い場合環を開く事が出来ません。 だから糖同士が結合する「グリコシド結合」でヘミアセタール構造が抹殺されたスクロースでは、 こうなってしまうと、この「スクロース」は二度と鎖状になる事が出来ません。 グリコシド結合時ヘミアセタールはごっそり抜ける まさにこの画像が全てを物語っていますが、グリコシド結合をするときには、「 ヘミアセタールのOH」はごっそり全て取り除かれます。 なぜヘミアセタールのヒドロキシ基がごっそり抜けるのかと言うと、 このように、-OHが抜けた後すぐに、近くの「Oの非共有電子対」から電子を「借りてくる」ことが出来るのです。 こうすることで、Cの+が補填されるのです。 不安定さが解消されます。 しかし、ヘミアセタール以外のOHだった場合、このように埋めてくれる『 Oの非共有電子対』のような存在がありません。 なので、『 OHのOをとられるわけにはいかない!』わけです。 開環後の還元性 グルコースは開環反応において鎖状構造が存在します。 その鎖状構造には-CHOがあるため、還元性を示します。 このため「フェーリング反応」や「銀鏡反応」が陽性となります。 フェーリング反応と銀鏡反応に関してはこちら そして先ほども言いましたが、「開環」できるのは「ヘミアセタール」があるからです。 これを考えると、 先ほどのようなスクロースのように「グリコシド結合」にヘミアセタールを使われてしまっている物質は、「還元性」を示しません。 なので、このようなマルトースは、 ヘミアセタールが残るので、開環が出来るため、還元性を示します。 が、 このようなスクロースは、グルコースとフルクトースのヘミアセタールのヒドロキシ基を使っちゃうので、 ヘミアセタールがありません。 よって開環せずに還元性を示しません。 その代わりにアセタールが2個できています。 まとめ アセタール、ヘミアセタールは糖を勉強する上で絶対に重要な構造。 ヘミアセタールがあることで「 開環」可能になる。 「開環」すると、鎖状構造になり、アルデヒド基が表れるため、 還元性を示す! 二糖類を形成するグリコシド結合でヘミアセタールのヒドロキシ基が残れば 還元性を持つ。 ヘミアセタールのヒドロキシ基がグリコシド結合に使われたら開環することができず 還元性を持たない。 ということになります! いかにヘミアセタールが重要かを理解できたと思います。 何度もこのヘミアセタールについて復習してください!.

次の

アセタール

ヘミ アセタール 構造

A ベストアンサー 構造式を見てDとLを見分ける方法についての質問と解釈して解答します。 D、L表示法は糖やアミノ酸の絶対配置が求められる以前からある表記法です。 もうひとつ言っておくと、L体の糖やD体のアミノ酸もちゃんと存在します。 血液型を決める多糖の構成成分にはL-フコースがあり、哺乳動物の脳にはD-セリンとD-アスパラギン酸が存在し、脳の高次機能に関係しているのではないかと考えられています。 A ベストアンサー 注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。 ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。 アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。 特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。 また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。 )ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。 欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。 )ことがあげられます。 語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。 )、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。 )に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。 バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。 )にゴムでできた栓をするものです。 製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。 また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。 (200ml程度まで。 ) もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。 それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。 (たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。 ) また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。 )の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。 アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。 (ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。 ) 細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。 なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。 大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。 どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。 ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。 (ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。 ) こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。 これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。 )が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。 (内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。 ) 余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。 (空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。 ) 一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。 (外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。 ) その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。 注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。 ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。 アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。 特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす... Q もうすぐ大学受験で、今は糖類を勉強しているのですが、 その中でヘミアセタール基というのが何度も登場しています。 アルデヒドの反応のまとめにアセタール化が含まれているのですが、 これを見る限りアルデヒド基とヒドロキシル基が反応するようです。 『あぁそれでくっついてピラノースとかになるのか~・・』と、 納得しかけたんです・・・が、ここで質問があるのです。 もうすぐ大学受験で、今は糖類を勉強しているのですが、 その中でヘミアセタール基というのが何度も登場しています。 アルデヒドの反応のまとめにアセタール化が含まれているのですが、 これを見る限りアルデヒド基とヒドロキシル基が反応するようです。 A ベストアンサー 要は、「電気陰性度の大きい原子に結合した水素と、電気陰性度の大きい原子の間の静電的な引力」です。 電気陰性度の大きい原子というのは、事実上、F,O,Nと考えて良いでしょう。 水素が他の原子と違うのは、その価電子が1個しかないことです。 他のイオンの場合には、内側にも電子格殻が存在しますので、原子格がむき出しになることはありません。 もちろん、正電荷を持つ水素というのは水素イオンとは異なりますので、原子殻がむき出しになっているわけではありませんが、電子が電気陰性度の大きい原子に引き寄せられているために、むき出しに近い状態になり、非常に小さい空間に正電荷が密集することになります。 そのときの、水素は通常の水素原子に比べても小さいために、水素結合の結合角は180度に近くなります。 つまり、2個の球(電気陰性度の大きい原子)が非常に小さな球(水素原子)を介してつながれば、直線状にならざるを得ないということです。 要は、「電気陰性度の大きい原子に結合した水素と、電気陰性度の大きい原子の間の静電的な引力」です。 電気陰性度の大きい原子というのは、事実上、F,O,Nと考えて良いでしょう。 水素が他の原子と違うのは、その価電子が1個しかないことです。 他のイオンの場合には、内側にも電子格殻... A ベストアンサー suiranですが,大変失礼しました。 「ミトコンドリアとペルオキシソーム膜」は,他のオルガネラ膜と違い,小胞体膜由来ではないと読んだ記憶があったものを勘違いしてしまいました。 下記参考URLのpdfファイルをご覧ください。 med. kyushu-u. html 区別は,当然形態から簡単には区別出来ないのではと思いますが,形態での区別が何か必要なのでしょうか。 反対に質問ですが,ペルオキシソームとリソソームは密度勾配法で分離して酵素活性等で調べない限り,完全には区別出来ないのではないのでしょうか。 その必要があるということは,簡単に形態で区別出来ないからではないのでしょうか。 電顕でも染色液や染色方法で,顆粒の多少の区別は出来ます。 しかし,光顕のような組織化学的手法は,何しろモノクロですから今でも難しいのではないでしょうか。 もし,現役の学生さんなら反対に教えてください。 med. kyushu-u. html suiranですが,大変失礼しました。 「ミトコンドリアとペルオキシソーム膜」は,他のオルガネラ膜と違い,小胞体膜由来ではないと読んだ記憶があったものを勘違いしてしまいました。 下記参考URLのpdfファイルをご覧ください。 med. kyushu-u. html 区別は,当然形態から簡単には区別出来ないのではと思いますが,形態での区別が何か必要なのでしょうか。 反対に質問ですが,ペルオキシソームとリソソームは密度勾配法で分離して酵素活性等で調べない限り,完全には区別... A ベストアンサー D型とかL型というのは光学異性体を区別するための記号です。 グリシン以外のアミノ酸の場合は、中心の炭素原子に4つの異なる基が結合しているために光学異性が生じます。 炭素原子の4つの単結合は、正四面体の中心に炭素原子があるとすると、正四面体の4つの頂点の方向に向かっています。 つまり、実際の形は構造式に描かれるような十字型ではないのです。 geocities. htm さて、ご質問のようにアミノ酸の構造式を十字型に描いてある場合は、なんとなく描いてあるのではなく、意味があります。 これはフィッシャー投影式といいます。 フィッシャー投影式では、「左右の結合は紙面より手前に出ている」「上下の結合は紙面の向こう側に出ている」というのがルールです。 このルールにより、正四面体型の構造を、紙面で表示できます。 アミノ酸をフィッシャー投影式で描いた場合、上にカルボキシル基、下に側鎖を書いたときに、左にアミノ基が来るのがL型、右にアミノ基が来るのがD型です。 では、「上にカルボキシル基、下に側鎖」となっていないときに、どうするかです。 フィッシャー投影式のルールから考えると、ご質問のように90度回転させてはいけません。 90度回転させると、「紙面の手前」と「紙面の向こう」が逆になりますから、D型がL型に、L型がD型に変わってしまいます。 (180度の回転はOKです) どうすればよいのかといえば、できることは次の2つです。 1 3つの基を循環的に入れ替える(いわゆる三角トレード)。 2 二組の2つの基を、両方同時に入れ替える。 ご質問の上のフィッシャー投影式ですと、上の 1 を適用して、「COOHを上に移動、CH3を下に移動、Hを右に移動」という形で循環的に入れ替えると、左にアミノ基が来てL型であることがわかります。 よくわからなかったら、分子模型を作ってみるとよいと思います。 D型とかL型というのは光学異性体を区別するための記号です。 グリシン以外のアミノ酸の場合は、中心の炭素原子に4つの異なる基が結合しているために光学異性が生じます。 炭素原子の4つの単結合は、正四面体の中心に炭素原子があるとすると、正四面体の4つの頂点の方向に向かっています。 つまり、実際の形は構造式に描かれるような十字型ではないのです。 geocities. htm さて、ご質問のようにアミノ酸の構造式を十字型に描いてある場合は、なんとなく... Q タイトルの通りなのですが、等電点とは一体何なのでしょうか? 恥ずかしながら、大学生になって初めて等電点という言葉を耳にしたものです…(汗 自分でネットで調べてみましたが、「タンパク質を構成しているアミノ酸側鎖やアミノ末端、カルボキシル末端の電荷はpH条件によって変化し、電荷の総和がゼロになるpHの値」と言われてもさっぱり意味がわからないのです。 アミノ側鎖やカルボキシル基についてはわかります。 が、電荷の総和~からまったく理解できないのです。 この前卵白に塩酸を加え、pHを見ながら卵白の様子を観察する実験をして、実験報告レポートを提出することになっているのですが、等電点というのが全くわからなくて、何を聞かれているのか、何を答えればいいのかもわからないのです。 どなたか、等電点についてわかりやすく教えていただけませんでしょうか?具体例などがありましたら一緒に書いてくださると私も理解できるかもしれません。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 等電点は説明の通りなのですが、もうちょっとわかりやすく解説してみますね。 理解しやすいように側鎖がメチル基のアラニンを例に挙げてみます。 アラニンの場合、イオンになることが出来る部分はカルボキシル基1つとアミノ基が1つですね。 アラニンを水に溶かしてpHを下げていくとカルボキシル基はイオン化せずにCOOHになります。 ということはアラニン全体で考えると+1の電荷を持つことになります。 逆にpHを上げていくとCOOHはCOO-になり、NH2はそのまま変化しません。 そうすると全体では-1の電荷を持つことになります。 ということはpHが変化するとアラニンの持つ電荷は+1になったり-1になったりするわけですから、電荷が0になる点があるはずです。 その点が等電点になります。 側鎖にカルボキシル基やアミノ基がある場合はこれらもイオン化するために等電点に影響を与えます。 またたんぱく質の等電点を測定した場合は、構成するアミノ酸は酸性アミノ酸が多いのか塩基性アミノ酸が多いのかなどがわかります。 等電点は説明の通りなのですが、もうちょっとわかりやすく解説してみますね。 理解しやすいように側鎖がメチル基のアラニンを例に挙げてみます。 アラニンの場合、イオンになることが出来る部分はカルボキシル基1つとアミノ基が1つですね。 アラニンを水に溶かしてpHを下げていくとカルボキシル基はイオン化せずにCOOHになります。 ということはアラニン全体で考えると+1の電荷を持つことになります。 逆にpHを上げていくとCOOHはCOO-になり、NH2...

次の