元払い。 ヤマト宅急便の送料は元払いと着払いで違いますか?

Amazonへの返品の仕方と『元払い』『先払い』どちらなのか?について

元払い

引越し見積もり用語集• 元払い(もとばらい) 元払いは、引越し代金を作業開始前に支払う方法のことを指します。 引越し代金の支払いは、作業完了後に新居で済ませる『後払い』が一般的ですが、引越し業者の中には元の住居での作業前に代金を受け取る業者もあります。 このような業者に引越しを依頼すると、引越しの途中で見積もりに入っていない作業が発生したとしても追加料金を請求されることがありません。 元払いで引越し代金の支払いをする時は、伝票のサインとは別に、必ず領収書をもらうようにしましょう。 引越し業者の中には、手付金と元払いを混同して要求する業者もあります。 手付金はキャンセルを防ぐために支払いを求めてくるのですが、支払義務は全くありません。 支払いをした際に領収書をもらい、料金の内訳をしっかり確認しましょう。 お役立ち情報 引越し料金のクレジットカードによる支払いについて 引越し料金は、元払い方法であれば作業開始前に、後払い方法であれば作業完了後に現場の責任者に現金で支払いを済ませるという方法が一般的でした。 しかし、最近では、大手の業者のほとんどが、カード決済の取り扱いをしています。 カード会社によって分割払、リボルビングなど支払方法も様々に取り揃えています。 業者を決める時のポイントとして、提携カードからの逆選択もひとつの方法です。 引越し料金の見積もり金額はもちろん大切ですが、あわせて利便性も忘れないようにチェックしましょう。 引越し料金を元払いにするか後払いにするか、現金なのかカードなどか、など、大切なことは必ず見積もりの段階で担当の営業マンときちんと確認しましょう。 取り決めた内容は見積もり伝票に書いてもらい明確にしておくと、当日、トラブルが発生したときの対処がスムーズになります。

次の

Amazonへの返品の仕方と『元払い』『先払い』どちらなのか?について

元払い

ちなみに、危険負担( Risk )は FOB と同じく、「物品が本船の船上に置かれた(On board)」時に売主から買主に移転」します。 CIF Shanghai, China: USD 100,000. - といった書き方をします。 その時の販売金額(売り上げ)は、USD 100,000. - です」ということが、この一行=ほんの数文字で表されています。 数億円単位の取引であっても、この表記は同様に機能します。 CIF (シーアイエフ、シフ)とコンテナ船 CIF はもともと従来からある「コンテナ船が発明される前の一般的な貨物船=在来船(ざいらいせん)」に使うために考案されたルールです。 ですから、「コンテナ船輸送には使わないでください」と を考案して普及に努めている「国際商業会議所」は勧めています。 しかし、いまだにコンテナ輸送に CIF を使う事例はたくさんみられます。 その時、コンテナ船輸送に CIF を使った場合、CIP という別の と同じ、と読み替えらるのが一般的です。 とはいえ、実務上は、まだまだ CIP Shanghai, China という「簡易的な」記載も多くみられます。 会社に入って仕事を始めたときに「専門学校や資格のスクールで習ったのと違う……」とあわてないようにしましょう。 CIF (シーアイエフ、シフ)が FOB よりも多く使われる理由 CIF は、日本国内向けの宅配便にたとえるなら、「元払い(もとばらい)=荷物を出したい人が運賃を払う」です。 これが、CIF が最も使われている理由です。 たとえば、「運賃と保険を含めて100万円で売る」とお互いに決めたら、売買の合意成立(ごういせいりつ)ですよね。 そのあと、売主(売る方)が安い輸送方法を探して、100万円の範囲内で利益が出るように努力をします。 理解を深めるために、もう少し具体的に、CIF と FOB を比較してみましょうか? CIF (シーアイエフ、シフ)の最大のライバル FOB たとえば、CIF とペアで語られることが多い FOB の場合、日本国内の輸送で例えるなら「着払い(ちゃくばらい)=荷物を受け取る人が運賃を払う」です。 しかし、日本国内でも「着払いにすると問題がある人」「過去に支払いで問題があった人」を相手に「着払い」を引き受けてくれないことがあります。 船の運賃は、巨大なだけに金額も大きい。 たとえば、コンテナであれば数十万円、在来船は数百万円からそれ以上になることもあります。 荷物を受け取る側に少しでも不安があれば、船会社は FOB を断り、 CIF やその他の「運賃を元払い」にする条件を要求してきます。 だから、FOB よりも CIF が一般的なのです。 CIF (シーアイエフ、シフ)で船を選ぶのは「輸出者」側 ビジネスの原則として、別に契約などで決めていなければ、「費用を負担する側」に、「詳細を決める権利」があります。 先ほどの「元払い」との類推からすれば当然のことで、どの運送業者を使うのか、は CIF であれば貨物を出す側が決めることがわかります(注:契約で別の取り決めがあれば、それに従います。 たとえば、クレーンの付いてない船はダメだ、〇〇年以上古い船は使えない、などなど) ヤフオクやメルカリでも、そうですよね? 「落札者(買う側)」が送料を実費負担するなら、「落札者」は、念入りに送料を確認してきます。 この原則は、貿易実務を単なる「船積(ふなづみ)」「書類上の事務作業」として行っていると、見落としがちです。 まとめ:CIF (シーアイエフ、シフ)は残り続ける いかがでしょうか。 大きく普及したものは、なかなか世の中から消えません。 ワード、エクセル、電子メール。 タイムカードに、はては長時間の社内会議まで……。 機能や効率の観点からすると、もっと便利なものが開発されています。 しかし、人間は現状を変えたくない生き物なので、今、何とかなっていたら、わざわざ変えません。 (これを「現状維持バイアス」といいます) ですから、FOB と CIF のコンビについて、今回、説明したことをフワッとまとめて理解しておけば、貿易実務で長く活かせますよ。 CIF 以外の( )については、こちらで確認してください。

次の

アマゾンで返品!こんな時は元払いそれとも着払い?

元払い

元払いと着払い? いったい何が違うんだ…!? 私がオークション初心者だったころ、混乱したのがこのお悩み。 一度やってしまえば、どっちがどっちなのか、すぐに判別できるのですが、始めての時って、これで合ってるのか?とすごく不安になった思い出があります。 オークションを使うなら、これから頻繁にやるし、覚えておいて損はないので。 というワケで、今回は、 元払いと着払いの違いをできる限りわかりやすく解説していきます。 元払い・・・発送する時に 送り主が送料を支払う• 着払い・・・受け取る時に 受け取り主が送料を支払う ということです。 つまり、 荷物を送る人が払うか、受け取る人が払うか、それだけのことです。 一度聞けば、あっさりと覚えられるはず。 番外編:代引きって何なの? さて、いきなりですが、ここでもう一つ、似たようなもので 「代引き」というのがあるので、こちらについても勉強しておきましょう。 代引きを着払いと間違える人がけっこういるんですよね。 どちらも受け取り主が支払うというのは同じなんですが、代引きでは 送料だけでなく、商品代金も含めて配達の人に支払います。 なので、代引きに関しては、通販やオークションをしない人には無縁かもしれませんが、こうした違いがあるんだな、ということをわかってもらえればと。 スポンサーリンク オークションでよく使われるのはどっち? ここからは、オークションをやっている方向けに、役に立つ情報をお伝えしていこうかと思います。 しない人でも、よくいろんな荷物を発送する人には、それなりに役に立つかもしれません。 ぜんぜん送らない人にはほとんど意味ないかも 苦笑 なので、そういう人はここで止めてもOKです。 では、本題に入りますが、オークションで使われるのは 95%以上が元払いだと思ってもらっていいと思います。 それぐらい、だいたい元払いです。 そして、落札者は商品代金を支払うときに、 送料分もプラスして払うのが一般的ですね。 具体的な例を出すと、商品代が1000円で送料が500円だったら、相手に支払うのは1500円。 で、商品を発送する時に相手は500円を配達の人に支払います。 これで、相手が受け取るのは、実質的に1000円ですよ、というおはなしです。 ほとんどがこのパターンなので、とにかくこの方法だけは覚えておいたほうがいいですね。 まあ一回やれば、すぐに理解できるはずですが。 出品する場合も、こうするのが1番良いでしょう。 着払いだったことは私も滅多にありませんね。 もう何百回とオークションを使っていますが、数回ぐらいしか記憶にないです。 だから、着払いはあまり気にしなくていいでしょう。 これは自分から着払いをお願いしない限り、経験することはまずないですが、相手から頼まれることが奇跡的にあるかもしれないので、いちおう覚えておくと、いざという時に役立ちますよ。 ちなみに、私は1回だけありました 笑 まとめ 元払いと着払いの違いについて、紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 念のため、もう一回だけおさらいしておきましょう。 送り主が払うのが元払い• 受け取り主が払うのが着払い ですからね。

次の