キス 釣り エサ。 オキアミを使って釣りをしてみよう!釣りエサの代表格・オキアミなら何が釣れる?

オキアミを使って釣りをしてみよう!釣りエサの代表格・オキアミなら何が釣れる?

キス 釣り エサ

提供:tsuki キス釣りで釣果を上げるためのコツをいくつか紹介します。 釣れない時、もっと釣りたい時のために覚えておきましょう。 砂浜では変化のある場所を狙う 広い砂浜を見渡し、一部だけ波立っているところがあればチャンスです。 そのような場所は海底の地形に変化があり、キスの好ポイント。 良いポイントを見つけるために海面を観察しておきましょう。 手前から探る はじめから遠投はせずに近い場所から探っていくようにしましょう。 近いポイントから釣ることで余計な範囲を探る必要がなく、効率的に釣っていくことができます。 連掛けを狙おう! キスは群れで行動していることが多いため、アタリのある場所では高確率で他の個体もいます。 キスがヒットしても素早く回収せず、ゆっくり巻いているともう1本の鈎に別のキスが掛かることも。 連掛けを狙えば釣果が倍増するかもしれませんよ。 美味しいキスを釣ろう!.

次の

キス釣り講座・エサ編

キス 釣り エサ

手軽に始められ、初心者でも数が釣れることで人気が高い「キスの投げ釣り」。 キスの投げ釣りは開放感のある砂浜で 仕掛けを海に向かって思いっきりキャストする爽快感、独特の 心地よいアタリを感知する楽しさ、2ケタは当然、3ケタの釣果も見込める 数釣りのしやすさなどが人気の秘訣といえるだろう。 また キスの天ぷらは全魚種の天ぷらの中でもトップクラスといえるほど美味であり、釣った後も食味で楽しめるのも魅力といえる。 今回はそんなキスの釣り方を、超初心者でもわかりやすいように徹底的に解説しよう。 キスとは キスは水のきれいな 内湾や内海の砂底に生息する。 主にゴカイ、イソメなどの多毛類を主食にし、全長30cmくらいまで成長する。 全長30cmを超えるものは、尺ギスや肘タタキと呼ばれかなり珍しい。 泳ぎ方はほとんど水底に頭を下げて底に生息しているエサを探すような泳ぎ方をする。 浜に生息するため、浜からの投げ釣りや、船からの釣りが釣果を出すことができ、エサに食いつくと、ロッドにプルプルとしたアタリがくるのが特徴だ。 キスが釣れる時期 数が多く釣れるのは3〜7月。 食べて美味しい時期は4〜8月だ。 時間は 日中に群れになってエサを探して行動するため、日中に釣りをするといいだろう。 キスが釣れるポイント キス釣りで狙うべきポイントはふたつ。 「ヨブ」と「カケアガリ」と呼ばれる場所だ。 ヨブ ヨブとは波や潮の流れによりできた海底の起伏のこと。 ヨブにプランクトンやその他の魚、キスのエサになるムシなどが集まるため、 キスもヨブに集まる。 カケアガリ カケアガリも海底の起伏のことだが、ヨブよりも大きく、海底の地形によるもの。 ヨブに比べて動くことがないため、一度見つけるとそこでかなりの釣果を出せることもある。 防波堤でキスを釣る際は船の通り道の船道がかならず深くなっているため、キスが深場に移動する秋は大型が釣れることもあるので、おすすめのポイントだ。 【次ページ:ひと目でわかるタックル(釣竿と仕掛けなどの道具全般のこと)例】 投稿ナビゲーション.

次の

キス釣りマニュアル

キス 釣り エサ

キス釣り講座・エサ編• ジャリメ・青イソメ・東京スナメ… 鉄人ダンナとオイラがフィールドにしている 相模湾 では、キスのエサは ジャリメ。 青イソメよりも柔らかく動きがいいので、潮の澄んだ相模湾では主流です。 東京湾 は 青イソメ。 エサ持ちの良さと、潮の濁りの強い東京湾ではエサが光らないといけないので、深海でも光る青イソメは優れもの。 そしてオイラが度々使う、春夏限定の特エサ。 東京スナメ。 別名 チロリ。 冬の寒い時期には出回っていないので、釣具屋やエサ屋で確認して下さい。 これは一見ミミズのようですが、ミミズよりも少し体が赤っぽく見えます。 この赤い色がキス釣りには必要なのですが、何と言っても衝撃に非常に弱く、東京スナメの入ったエサパックなどをちょっと強く揺さぶろうものなら、あっという間にブチブチに切れて赤い色が抜けてしまうそうな。 取扱注意! これは投げ釣り限定ですが、夜釣りでキスを釣られる方は 『イカの切り身』 を使うそうですよ。 鉄人ダンナ曰く 、 『イカはゴンズイ除け』 だとか。 エサ箱 ジャリメ限定 ですが、普通は蓋付きの 木製エサ箱 を使います。 この中にそのまま入れることも出来ますが、ジャリメのヌメリでエサをつまむことが出来ないので、波打ち際から 1m くらい下がった辺りの 湿った砂 を一緒に入れておくといいでしょう。 箱に砂とジャリメを入れたら、よく振って混ぜ込んでおきます。 特にジャリメはエサ持ちが悪いので、直射日光を避け、適度な湿気のある環境に置いておくことが重要です。 プラスチック製のエサ箱 もありますが、木製ほど湿気を吸わず通気性も悪いので、多湿になりやすく、エサの弱り方が思ったより早いようです。 更に熱もこもりやすいので、箱の中は直射日光の下かなりの高温になり、余計に早くエサが弱ってしまいます。 出来れば避けるか、温度の上がらないクーラーの中にエサ箱ごとしまっておくことをお勧めします。 最近は、釣具屋でもジャリメ用に 白い砂 を売っています。 1袋100円くらいで買えるので、砂浜の砂が嫌な方はお勧めです。 濡れタオルの上に置いてヌメリを取る方法もありますが、エサ持ちは途端に悪くなります。 エサの選別と保存方法 こんなことを書くと、きっとエサを売ってる釣具店などは 『困るんだよねぇ〜…』 などと苦情を言いそうですが、これも キモ なのです。 ジャリメ まずこれには2種類あります。 1つは 赤色系。 もう1つは 緑色系。 どちらがいいかと言うと、道具編でも書きましたが、 『赤色系』 です。 しかし、釣具屋にはここまで厳密にわけていないところもあるでしょう。 その場合は、なるべく多く 『赤色系』 の入っているパックを見付けるか、釣具屋の親父に嫌な顔をされてもエサを選り分けて買うことですね (^^;。 釣行前日に買った場合などは、店で入れてもらったエサパックの中に、2で示したような砂浜の砂を入れてジャリメをもぐらせます。 海水をひたひたにして入れたら、そのまま密閉して 冷蔵庫の野菜室 へ。 間違っても、チルドやパーシャルに入れたりしないように。 ジャリメは、 夏の暑さ よりも 冬の寒さ に弱いのです…。 青イソメ これにも2種類あります。 1つは 青色系。 もう1つは 茶色系。 青イソメの場合は、 『青色系』 です。 『青色系』 は特に高めの値段に設定されているようで、一般の釣具屋では入手が難しいかも知れません。 これは比較的 丈夫 なエサなので、特に砂にまぶす必要はありません。 エサパックの中に 海水 をしっかりと入れておきましょう。 後はジャリメと同じく冷蔵庫の野菜室へ。 青イソメは意外と寒さにも強いのです。 船の上で使う時も、直射日光を避けて氷の入った クーラー に入れておきましょう。 新鮮な海水 を常に補給してあげると、エサ持ちもいいですよ。 東京スナメ これは、このエサ自体取り扱っている店が少ないので、何とも言えないところがあります。 東京湾 ではあまり使わないらしく、釣具屋でも売ってないそうな。 もともと投げ釣り用の特エサなので、使い方が難しいエサです。 これは砂にまぶしてはいけません。 それでなくても 敏感なエサ です。 エサパックに、波打ち際の海水をたっぷり含んだ砂を下に敷き、海水をひたひたにしていれます。 そしてやはり冷蔵庫の野菜室へ。 船の上でも、氷の入ったクーラーにそっと入れておいて 使う分だけ ハサミで切ります。 そしてどのエサもそうですが、途中でデキモノが出来たようにぷくっと 腫れ上がった ようになっていたり、 折れて いたり 切れて いたりしたら、間違い無くそれは 古いエサです。 付け方 さて、ハリにどうエサをつけるか。 これは、サカナの食いと大いに関係があります。 これも キモ があります。 食いの渋い時は 頭を取る。 入れ食いの時は 1匹掛け。 ジャリメや青イソメの頭は硬いので、サカナが嫌う傾向があります。 実際、 頭 を付けて投げた仕掛けと 尻尾 を付けて投げた仕掛けと、どちらが食いがいいかと言うと、当然と言えば当然の如く 後者。 その際、 人差し指の腹と親指の爪 で(勿論、人差し指の爪と親指の腹…と逆になってもいいのですが)ジャリメの頭を千切ると楽です。 わざわざハサミでチョッキン…なんてやってると手返しが悪くなります。 しかし、入れ食いになったり、周りで大型キスがかかりだしたら、即 1匹掛け に変更しましょう。 この時、 頭は取らない でおくこと。 特に大型キスがかかっている時は、仕掛けの ハリの大きい方 がハリ掛かりも良く、強烈な引きですっぽ抜けることがありません。 ハリに真っ直ぐ通し刺し。 真鯛で使うオキアミのように、細いジャリメや青イソメをきっちり ハリのチモトまで こき上げてやること。 そしてハリ先が出るよう、 真っ直ぐ にして残りを垂らします。 慣れないうちはチョン掛けでもいいのですが、エサを取られやすいことを覚悟しましょう。 『エサを垂らす長さは、食いのいい時は 3〜4cm 、食い渋りの時は 1cm くらい』…とは、釣り雑誌に書いてある情報。 しかし、これはあくまで目安。 どんなに食い渋りでも、 1匹掛け にしておいた方がよく釣れる時もあれば、 尻尾の先 (グニグニよく動いている方!)だけチョコッと刺しておいた方が、よく釣れることもあります。 鉄人ダンナの基本は 半分刺し。 1匹を半分に切って、よく動く 尻尾の方を下にして ハリに刺します。 この動きがあるか無いかで、釣果が全然変わって来るんです…。 どんな釣りでも朝一番は気合が入るもの。 キスの時は、まず エサの食い方 をよく見ましょう。 第1投目は 半分掛け にして、どれだけエサが残るかをチェック。 これで全く残らなければ、まず カワハギ等の外道 が底にウヨウヨいると考えるのが妥当。 チモトだけ綺麗にエサが残れば、 キス の可能性があります。 エサが綺麗にハリに残っているようであれば、食いが 渋い か、キスが いない か、仕掛けが潮の流れの関係で 全く動いていない か…。 誘い方などの要素もあるので絶対的なものではありませんが、エサの食われ方をよく見てみると、海の中の状況がよくわかります! そして当然、当たり前のことではありますが、エサは 新鮮なモノ を使いましょう。 ビロビロに伸び切っていたりするのは 弱っている証拠。 アタリが無くて仕掛けを上げた時に、エサがグニグニと動いていないようであれば、当然海の中でも 動いていない可能性大 です。 エサが途中でブチブチ切れていたりビロビロになっている時は、即エサの 付け替え を。 マメに エサをチェック することも釣果を上げる キモ です。 また、エサ箱に入っているからといって安心していてはいけません。 エサ箱の 蓋はマメに閉めましょう。 直射日光にあてたり、寒いところに晒したままにすると、当然すぐに弱ります。 2で示しました通り、エサはなるべく 一定の環境下 に置きましょう。 そしてエサ箱のエサが弱って来たら、どんなにエサが残っていても 新しいエサ を買いましょう。 ケチケチ使っていては、釣果は伸びません! これも キモ。 『ごくごく 当たり前 のことをごくごく 当たり前 にやる』。 これが、鉄人ダンナが背中で語っていることなのかも知れません。

次の