ノンリニア 編集。 ノンリニア編集機

ノンリニア編集とは?

ノンリニア 編集

物理テープの編集は最初から連続して組み立てていく必要があるのでリニアと表現できる 順番を入れ替えられるという点でいえばフィルムの編集はノンリニア編集でした。 今となっては物理テープへの落とし込みというのがむしろ逆にレアな存在になったと言えるのかもしれません。 デジタルシネマ時代に入ってからは編集といえばそのほとんどがノンリニア編集になっています。 映画館の上映ですら多くがDCPと呼ばれるファイルで行われており、HDDなりをプロジェクターにつないで上映されているとか。 一旦HDCAMのテープに落とすという作業をすることも多いですが、最終的にはオールデータで済むような方向になっていくだろうと思います。 長く映像を触っていると、今までの間にテープメディアだとかプルダウンだとかインターレースだとかコーデックだとか非常にヘイトが溜まる対象は色々ありました。 それらはやがては用途別に最適化されていきそのほとんどが消えていくでしょう。 さらば。 またVシネマの制作環境においては、 PC上だけで編集作業することをオフライン編集と呼び、スタジオで実際にテープに落とすことをオンラインと呼んだりします。 このブログでの編集とは、主にノンリニア編集・オフライン編集のことをさします。

次の

ノンリニア編集

ノンリニア 編集

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年5月) ノンリニア編集(ノンリニアへんしゅう、 Non-linear editing)は、を使用した(ノンリニア)な方式のこと。 2台以上のデッキを使いテープからテープへ映像をコピーするに比べ、編集箇所を自由に選択でき、映像データを即座に追加・削除・修正・並べ替えることができる利点がある。 に登場し、と共に急速に普及した。 概要 [編集 ] 編集システムとしては、、、、、、、 CWSシリーズ、 HDWSシリーズ、 などが代表的である。 1990年代になると、VTRを使用して実時間以上を要する編集を克服するためのブレークスルーがランダムアクセス記録媒体を用いた記録装置によって実現された。 1980年代の終盤からHDDやDRAMを用いた記録装置が一部の放送機器メーカーから発売された。 これらはD2コンポジットデジタルあるいはD1コンポーネントデジタル形式で数分程度の記憶容量しかなかったが、一部の編集プロダクションで多重合成編集を行う場面などで用いられた。 1990年代の初期、全素材をHDDに収録し、ランダムアクセス機能を利用して必要な場面だけ飛び飛びに再生する編集システムが登場した。 一連の再生の順番を記述したプレイリストに再生開始・終了点を指定し、それに従って再生することで編集結果が得られるもので、記録媒体間で一切コピーを行わずに済む。 インサート編集も編集のやり直しもプレイリストの内容を変更するだけで行える。 また必要な場面の先頭映像をキャプチャし縮小映像としてGUI画面に表示することにより、複数の場面への頭出しが容易にできるなど、編集作業の効率化をもたらすものであった。 初期の製品はPCベースでHDDの記録容量は小さく、低ビットレートに圧縮した映像しか扱えなかった。 このためオフライン編集にしか用いることができず、番組やCM編集に関わる人からはそれほど評価されなかったようである。 しかし、ニュース制作の分野などから米国を中心に徐々に普及し、HDDの大容量化、ハードウェアの高速化、高効率符号化(圧縮)技術の進歩により放送画質の編集・制作が可能になった。 特にニュース編集システムでは、素材をテープからHDDにコピーしたあとは自由に編集してそのまま送出可能なため、非常に効率のよい運用が可能になることから、普及が進んでいる。 初期のノンリニア編集システムの代表例としてはMacintoshIIを用いたAvidや、Amigaを用いたVideo Toasterが良く知られる。 現在ではより高品質、大規模なシステムが多くの放送機器メーカーから供給されており、編集から送出まで一括して行えるビデオサーバとして用いられている。 一方、のQuantel社の「ヘンリー」、のdiscreet社の「」など、複雑な映像合成に絞った高画質・高機能なシステムもあり、や画像処理の機能も含めた制作工程で用いられる。 また、PCやソフトウェアの高性能化や記録形DVD・BDの普及により、PCベースのノンリニア映像編集システムが個人や業務用として用いられるようになった。 今日では、市販のややHDDレコーダーで簡易なプレイリスト編集ができるようになっている。 関連項目 [編集 ]•

次の

REXCEED Z2000

ノンリニア 編集

EDIUS Workgroup 9は64-bitにネイティブ対応し、デコードやエンコードの処理速度が大きく向上しています。 ARIBの運用規定(TR-B32)に準拠したモニタリングが可能なラウドネスメーターとファイルエクスポート時のラウドネス・ノーマライズ機能や送出サーバーへのMXFエクスポート機能、オーディオモニタリング機能、ドラフトプレビュー機能など、業務用途で必要とされる、数多くの機能が搭載されています。 64-bitに最適化し、PCのスペックをフルに引き出すことができるEDIUSで快適に編集、SDIとHDMIを備えたグラスバレー製ビデオ出力ボードから出力されるフルクオリティプレビューで編集映像を確認し、完成した映像をBlu-rayに出力、USB3. 0を搭載したアーカイブ用ハードディスクなどへの編集データを高速転送したりできます。 データストレージには 1TB(RAID-0)の容量を用意し、膨大なデータ量を扱う作業にも対応することができます。 グラスバレー製出力ハードウェアを搭載• 1 搭載 ・Blu-ray ディスクドライブ• 0kg 仕様 — メインボード STORM Pro 同梱物• ご使用のディスプレイがDisplayPortに対応していない場合は、市販のDisplayPort変換コネクタ等が別途必要となります。 インストール済み付属ソフトウェア• EDIUS Workgroup 9(ビデオ編集ソフト)• QuickTitler(タイトル作成ソフト)• Mync Standard(コンテンツ管理ソフト)• STRATUS Connect for EDIUS Workgroup 9(GV STRATUS連携オプション)• K2 Connect for EDIUS Workgroup 9(K2接続 SAN, FTP オプション).

次の