婚礼 家具 買取。 婚礼家具の買取先は存在するのか?人気のない家具の処分方法|関東家電リサイクル問屋 公式BLOG

婚礼家具・タンスの処分方法の総まとめ!捨て方を徹底解説

婚礼 家具 買取

嫁入りのときに実家で揃えてもらった婚礼家具が、そのまま自宅に眠っていませんか? 婚礼家具は高級感のあるデザインで、一生に渡って使い続けられる風格があります。 しかし、最近ではアパート住まいの家庭も多く、場所をとる婚礼家具を置いておけない家庭も増えてきました。 そこで使わない婚礼家具を買い取ってもらいたいと考える人もいますが、実は買取値がつきにくい家具なのです。 今回は婚礼家具を中古買取してもらうにあたって知っておきたい、買取されにくい理由と処分方法などをご紹介します。 1.婚礼家具とは? 「婚礼家具」とは女性が嫁入りするときに、新居で不便なく暮らせるよう実家が用意する家具のことです。 いわゆる嫁入り道具の一部であり、日本では昔から女性がお嫁に行く際は新品の婚礼家具を両親が揃える文化がありました。 今でも豪華絢爛な婚礼家具を贈る風習が残っている地域もあり、花嫁の新生活をサポートしお祝いのためにずっと使い続けられる高級素材を使った家具が定番です。 婚礼家具は数点がセットになって贈られるものが多く、具体的には次のような種類があります。 ・洋服ダンス ・和ダンス ・整理ダンス ・ドレッサー(鏡台) 縦長の洋服ダンスのほか、着物を収納する和ダンス、いろいろな小物を収納する整理ダンスの3点は定番のセットとして贈られることが多いです。 ほかにも、女性が化粧をするときに使うドレッサーや鏡台も、婚礼家具の定番です。 2.婚礼家具は値段がつきにくい理由って? 豪華で頑丈な婚礼家具ですが、実は中古市場ではあまり人気がないのをご存知ですか? 一昔前までは婚礼家具の購入が当たり前でしたが、今は洋服ダンスがなくてもクローゼットが備え付けられた家も多いため需要が減少しています。 また、和服も身に着ける若い世代が少ないことから、和ダンスを用意しても使わないことが多いのです。 余計な家具を置かずにシンプルなインテリアと暮らしを好む夫婦も増えてきたため、婚礼家具のような大きな家具はあまり好まれません。 このように、昔と違って婚礼家具の需要が減ったことから中古買取を断っているリサイクルショップが多いのです。 3.買い取りを断られてしまう婚礼家具とは? 婚礼家具の中でも、特に買取が厳しいのはどんな状態の商品なのでしょうか? 傷みや破損などがある婚礼家具 中古の家具すべてに当てはまることですが、やはり傷や汚れ、破損など状態が悪い婚礼家具は買い取ってもらえません。 特に高級素材の桐箪笥は中古でも需要が高いですが、木材の中でもやわらかいため傷がつきやすい家具です。 また、直射日光や急激な温度変化や湿度にも弱く、ひび割れが発生しやすいため破損していると買取が不可になってしまう可能性が高いので保管には十分に注意しましょう。 古いデザインのもの 婚礼家具にもその時代の流行に合わせたデザインが取り入れられています。 たとえ状態がきれいでも、デザインが一昔前のものだと今の住居のインテリアとして合わない可能性があります。 特に7年以上経過している家具は、基本的に買取を拒否されるものが多いです。 ただし、高級素材である桐タンスは多少年数が古くても、状態が良ければ買取値がつくことがあるのでぜひ一度査定してもらいましょう。 4.買い取りを断られてしまった婚礼家具の処分方法は? もし婚礼家具の買取を断られた場合、どうやって処分すればいいのでしょうか? 代表的な処分方法を2つご紹介します。 粗大ごみに出す 婚礼家具を処分するには、自治体で行っている粗大ごみ回収に出す方法があります。 婚礼家具のタンスや鏡台などは、ほとんどの自治体で粗大ごみとして有料回収を実施しているので役所に問い合わせてみましょう。 処分にかかる費用は自治体によって異なりますが、大きな婚礼家具は1つあたり1,000円~2,000円の料金で処分してもらえることが多いです。 可能であれば自治体のごみ処理場に直接持ち込むと、さらに安い料金で処分ができますが、婚礼家具はサイズも大きく重いので一人で運ぶのは困難です。。 家の外に搬出できない人はむずかしい処分方法ですので注意しましょう。 不用品回収業者に回収してもらう 不用品回収業者に依頼すれば、家の中にある婚礼家具も外に運び出してもらえます。 ただし、処分費用は粗大ごみに出すよりも高額になるので事前に、見積もりを出してもらうことをおすすめします。 自力で外に婚礼家具を出せなくても、専門のスタッフが床や壁を傷つけないよう注意しながら運び出してくれますよ。 不用品回収は1つずつの料金でなく、不用品の重さやサイズで決められることも多いので、婚礼家具だけでなくほかの家具や家電と一括で引き取りを依頼するとお得に処分できます。 5.まとめ 婚礼家具は商品によっては中古買取をしてもらえる可能性があります。 しかし、デザインが古いものや傷みがあるものは買取を断られることも多いので注意しましょう。 買取値がつかない場合は、粗大ごみに出すか不用品回収業者を利用して処分する形が一般的です。 婚礼家具は家具の中でも大きく重さもある分、一人で運び出すのはほぼ困難です。 処分に困っている人は、ほかの不用品と一緒に不用品回収業者から引き取ってもらいましょう。

次の

婚礼家具を処分・廃棄したい人のエコ回収・買取口コミ

婚礼 家具 買取

結婚する際に婚礼家具と一緒に嫁入りしていた時代が去り、住宅の狭小化によって不用となるケースが増えています。 住宅そのものにクローゼットや押し入れが設置され、大きな婚礼家具を置くと邪魔というのも背景にあるのです。 婚礼家具は桐(きり)タンスが代表的ですが、処分するとなればどこへ依頼すればいいのだろう。 タンスをリメイクして再利用することはできるの?数々の疑問が湧く気持ち、とてもよくわかります。 今回は、婚礼家具の処分方法やリサイクルについてご紹介です。 この記事を読むことで、タンスなどの婚礼家具を適切に処分し、すっきりした新生活を送ることができるでしょう。 処分方法に迷うこともなくなります。 買取なども上手に活用し、無駄なく再利用することも大切です。 1.婚礼家具とは? 若い世代には、婚礼家具は身近なものではなくなってきています。 晩婚や核家族化も進み、ひと昔前のような婚礼スタイルから変化しているためです。 まず、婚礼家具の定義を知っておきましょう。 1-1.婚礼家具の定義 婚礼家具は、新婦が嫁入りに際して持参する家具を指します。 新婦が用意するもので、古くから日本では花嫁が婚礼家具とともに嫁入りすることが慣習となっていました。 1-2.婚礼家具の種類 着物を収納する桐(きり)タンス・縦長にできている洋服ダンス・さまざまなものを収納できる整理ダンスです。 加えて、鏡台を持参することもありました。 1-3.婚礼家具の歴史 婚礼家具は、300年前から始まったとの説があります。 大正・昭和の時代は、婚礼家具を持って嫁入りすることがほとんどでした。 結納で収める風習もあり、見栄えのいいものが好まれていた家具です。 1-4.婚礼家具の目的 婚礼家具は、結婚する娘へ親から贈られる祝いの品です。 紅白で彩られた包装で届く「名古屋式」もあります。 花嫁がやってくることを知らせるため、華やかな儀式のように新居周辺を回ってから納入する動きもありました。 親の思いを込めて、立派な桐(きり)タンスが好まれていたのです。 1-5.婚礼家具の現状 住宅事情が昔とは大きく変わり、今では婚礼家具を持参するケースが減りました。 生活スタイルの変化による影響もあります。 狭い住宅でも使い勝手がいいように、クローゼットや押し入れを活用し、場所を取る婚礼家具が不用になってきているのです。 現代の結婚事情には合わないとされ、近年では持参する花嫁は激減しています。 関連記事 2.婚礼家具を処分したい場合 引っ越しをきっかけに、タンスの傷みが気になりだしたためなど、処分を検討する理由は人それぞれです。 2-1.婚礼家具はどんなときに処分が必要? 婚礼家具はとにかく大きいというイメージがあるでしょう。 確かに、一般的な6畳和室の半分くらいを必要とします。 そのため、ほかにものを置けなくなるという事態に発展してしまうのです。 広いスペースを確保したい・雰囲気を変えたい・用途が合わないなどの理由から、処分を考える方が多いでしょう。 離婚を機に引き取り手がなく、不用になることもあるのです。 2-2.婚礼家具の主な処分方法 婚礼家具の処分方法は、大きくわけて3つあります。 自治体で粗大ごみとして捨てる方法• リサイクルショップへ買取依頼する方法• 不用品回収サービスで処分する方法 婚礼家具はサイズも大きくて重いため、運搬にかかわる労力や時間なども考慮して考え、ご自分に合う処分方法を選ぶようにしましょう。 3.買い替えによる婚礼家具の処分 桐(きり)タンスは柔らかいため、傷つきやすい傾向があります。 見栄えが悪くなり、新しいものに買い替えることもあるでしょう。 状態がいいものなら、下取りしてもらえる場合もあります。 3-1.下取り・引き取り 購入した販売店に下取りや引き取りを依頼することもできます。 メーカーでも対応している場合もあるので、上手に活用しましょう。 3-1-1.販売店の場合 販売店ごとに不用家具の引き取り条件は異なりますので、下記を参考にしてみてください。 該当する大型家具を購入時に限ります。 3万8000円(税抜き)以上の購入で、無料引き取り可能です。 有料引き取りです。 新しいものを配送時に引き取ります。 大きさにより引き取り価格は異なりますので、事前に確認しましょう。 対象製品3万8000円(税抜き)以上購入および大型配送3500円(税込み)で無料引き取りです。 購入したものと同種類のものだけを取り扱います。 3-1-2. メーカーの場合 各メーカーによる引き取りも条件が異なりますので、よく確認してから依頼しましょう。 他社製品も取り扱い可能です。 木材を再利用することで、ごみの削減に貢献しています。 北海道の家具メーカー・カンディハウスです。 使わなくなったものは引き取りまたは買取します。 3-2.販売店やメーカーの下取り・引き取りを利用するメリットとデメリット 粗大ごみの処分は、思っているより大変なもの。 新しいものが来る前に処分しなければならないのも、面倒な理由です。 販売店やメーカー経由で下取りや引き取りを利用する場合、ごみの処分費用がかからないのがメリットでしょう。 購入した商品到着と同時に処分することもできます。 しかし、一定条件を満たすことが必要で、購入商品が限られてしまうのがデメリットです。 関連記事 4. 自治体に婚礼家具の回収を依頼する場合 自治体のルールをご存じですか?大型家具でも取り扱いができますよ。 費用をかけたくないという方には、自治体の粗大ごみがおすすめです。 4-1.粗大ごみ処分料は郵便局から振り込み 自分で粗大ごみを持ち込みするなら、事前に郵便局から手数料を支払いましょう。 各自治体指定の料金を取り扱っていますので、必要な料金を振り込みして完了です。 自治体のホームページを参照してください。 振り込み後に粗大ごみ処理券を受け取り、わかりやすい場所に貼り付けます。 4-2.粗大ごみ処理はいくらかかる? 粗大ごみは、サイズによって処理費用が異なります。 また、自治体によっても変動しますので、お住まいの自治体へ事前確認を忘れずに。 特に、婚礼家具は重量もあるため、通常の家具より高めだと捉(とら)えておきましょう。 重量とサイズを考え、2~3人で運搬しなければなりません。 人員が確保できない場合は、安全に処理できる方法を選択してください。 4-3.自治体のルールで婚礼家具を処分するメリットとデメリット 費用負担を軽くしたい方にとって、自治体での処分は理想的です。 しかし、自分で運ばねばならないなど、何かと手間と労力が必要で、面倒だという方が多いのも事実でしょう。 関連記事 5.婚礼家具のリサイクルをしたいなら? 家の中でも場所を取る悪い印象ばかりが先行してしまいますが、婚礼家具は高級品です。 いい品はやはり時間を経ても美しいもの。 特に、高品質な木材を使った婚礼家具なら、リメイクして新たな品へと生まれ変わることもできるのです。 5-1.婚礼家具はどこで買取してくれる? 婚礼家具の買取は、家具買取専門店に依頼しましょう。 不用品回収サービスでも買取してもらえますので、まずは気軽に査定を受けてみてください。 リサイクルショップに買取を依頼するときは、事前にどのような婚礼家具か具体的に伝えるとわかりやすいです。 5-2.婚礼家具の買取方法や高額査定のコツ 売れる婚礼家具かどうかは、新しさとデザインがポイントです。 古いものであれ、使いやすくきれいなら査定額も上がります。 また、バラ売りするより、セットで買取依頼する方がいいでしょう。 高く売りたいなら、一通り拭いてきれいにしておいてください。 なるべく婚礼家具の取り扱いが多い業者を選びます。 リサイクルショップには取り扱い強化品目がありますから、情報には常に耳を傾けておくといいでしょう。 5-3.婚礼家具のリメイクやリフォームは? 家具のリメイクやリフォームが人気を集めているのをご存じですか?婚礼家具は思い出が詰まった品ですから、あっさり捨てることはできませんよね。 5-3-1.DIYでタンスをリメイク 古めかしい雰囲気を脱却したいなら、カッティングシートを貼り付けてイメージチェンジしてみてはいかがですか?ホームセンターで入手可能で、100円ショップでも販売されています。 好みのカラーをチョイスし、空気が入らないようゆっくり貼り付けましょう。 5-3-2.リフォーム業者に依頼する 婚礼家具のリフォームは、専門業者に依頼すると見違えるように変わります。 高級品ですから、丈夫でしっかりしていて、リフォームしても十分使うことができるのです。 食器棚・ベッド・ローボードなど、厚みと幅を調整して作り直します。 婚礼家具は家具の彫刻が美しいものもあり、なるべく生かすようにリフォームしたら失敗ないでしょう。 5-4.婚礼家具をリフォームするメリットとデメリット 愛着ある品は、形を変えていつまでも使いたいと思いますよね。 捨てればごみで、リフォームするなら気分もリフレッシュできるはずです。 場所を取って困るという方にとって、規模の縮小が図れるリフォームはメリットがいっぱい。 しかし、デメリットがあるのも事実です。 デメリットは、費用がかかるということ。 リフォームには、10万円以上かかることが予想され、家具の新規購入より高くなる傾向があるので、費用は念頭に置いておきましょう。 関連記事 6. 婚礼家具の処分を回収業者に頼む場合 無理に、自力でどうにかしようと思わないことが、ケガと事故防止策です。 何より重量があり、3つで1セットですから、回収業者に依頼する方がスマートでしょう。 6-1.婚礼家具の回収方法 買取という選択肢がなくなったら、処分やリフォームを検討する以外にはありません。 不用品回収業者は、自宅査定した後に契約して回収という運びになります。 査定額が満足いかない場合、強引な契約はありません。 設置したまま、不用品回収業者が来るのを待つだけ。 とてもシンプルで楽な方法です。 6-2.回収にはいくらかかる? 不用品回収業者の料金体系は、トラックに積み込み放題というお手軽なプランがあります。 トラックのサイズに合わせ、3万円(税抜き)~ととても良心的です。 1点だけを処分したい場合、基本料金3150円(税抜き)がプラスされます。 6-3.回収業者に頼むメリットとデメリット 不用品回収サービスは、近年右肩上がりにニーズが高まり、ほかにもいらないものがあれば、同時処分できるという大変便利なサービスです。 1回ですっきり部屋が片付けられるのは、処分を望む方にとって朗報でしょう。 ただし、粗大ごみに比べて費用が高いデメリットがあります。 手放してしまうため、リフォームしておけばよかったと後悔することがないよう、十分に考えてから処分してください。 6-4.注意すべき回収業者とは? 見積もりを出してもらうとき、きちんと内容を確認してください。 複数の婚礼家具を処分するのに、まとめていくらという出し方や、作業内容が伝わってこない業者は要注意です。 作業終了後に、積み込み費用の名目で余計な料金を追加されても困りもの。 トラブルになってからでは遅いのが、不用品回収業者の注意点です。 いくつかの不用品回収業者に見積もりを出してもらい、金額だけにとらわれずに比較することが大切でしょう。 関連記事 7.婚礼家具でよくある質問 結婚という節目を飾ってくれた婚礼家具ですが、処分に困ることも多いものです。 処分したらごみ、リフォームしたら再利用。 どの道を選ぶかは、持ち主しだいです。 Q.吊(つ)り降ろし作業が伴う処分の費用は? A.戸建て住宅だと、2階より高い場所に婚礼家具を設置している方もいます。 階段からの運び出しが難しい場合、ベランダなどから吊(つ)り降ろしを行う場合もあり、別途料金が必要です。 1万500円(税抜き)を見ておきましょう。 Q.桐(きり)タンスのリフォームでは引き出しも増やすことができる? A.婚礼家具の多くは、桐(きり)でできた高級品です。 材質がいいものなので、使い勝手のいい形に変えて使いたいという方もいます。 引き出しを増やすことも可能ですし、好みの金具を取り付けでき、デザインの希望を伝えましょう。 Q.出張買取も可能? A.不用品回収業者では、出張買取も対応しています。 査定を受け、買取対象かどうかを判断してもらいましょう。 買取ができない状態のものは、処分を依頼するなど、切り替えできるのが、不用品回収業者のメリットです。 存分に生かしてください。 Q.桐(きり)タンスのリメイクを業者に依頼すると完成までどのくらいかかる? A.リメイクやリフォームを取り扱う業者に依頼するなら、2~3か月を見ておきましょう。 デザインや変更内容により、制作完了までの期間は前後します。 事前によく話し合うことが大切です。 Q.どうしたら高く売れるのか? A.古くなった婚礼家具より、新しいものの方が好まれます。 きれいで状態がいい上に、デザインも今のニーズに近いからです。 古くても、桐(きり)タンスは売れる家具だと覚えておいてください。 よい品は、いつまでも輝きを放ちます。 汚れやほこりは、拭き取りをしておきましょう。 桐(きり)タンスは濡(ぬ)れた布で拭き取ります。 ただし、高値で売れると決め付けず、需要があれば売れるだろうと気構えることが、思わぬ高値で喜びを感じられる要素でしょう。 関連記事 まとめ 婚礼家具は、親から娘の結婚を祝い、最大の愛情が注(そそ)がれた品です。 しかしながら、住宅事情やライフスタイルの変化に伴い、時代の流れとともに処分する傾向も出てきています。 もし、引っ越しを機に処分せざる負えないようなら、リサイクルショップや不用品回収業者の買取依頼をしてみましょう。 もし、買取対象ではないなら、今の住宅に合う形にリフォームすることで、再び愛用することができるのです。 愛着のある思い出の品は、処分前にどうしたいか、自分の意思を確認してから行いましょう。 住宅を圧迫しているようなら、処分して新しい家具に買い替え、快適な生活環境を取り戻すことができます。 いずれの場合も、今の暮らしに合うかどうかをしっかり熟慮することが大切です。

次の

邪魔な婚礼家具を処分したい リメイクか買取か粗大ごみか迷った末の決断|マタゾウネット

婚礼 家具 買取

1.婚礼家具・タンスを処分したい! 婚礼家具を何らかの理由で処分したい・捨てたい・廃棄したいときは、どんな方法があるのか学びましょう。 また、婚礼家具を処分するべきタイミングについても、考えます。 1-1.婚礼家具はどんなときに処分が必要か 婚礼家具を処分するべきときは、以下のようなケースを考えることができます。 故障や損傷が激しくなって使いづらくなったとき• 家族構成が変わって必要が無くなったとき• 自分の趣味に合わなくなったとき• 引っ越し先に婚礼家具を置く場所が無いとき 長年使っていて家具としての寿命が来た場合も、あるでしょう。 また、家族構成や趣味が変化することもあります。 さらに、引っ越しを機会に処分したいと考えるケースも多いでしょう。 1-2.婚礼家具の主な処分方法 婚礼家具の主な処分方法としては、以下のようなものを挙げることができます。 欲しがっている知人に譲(ゆず)る• 買い替えのときに下取りや引き取りサービスを利用する• 粗大ごみとして自治体の回収に出す• リサイクル品として買い取りに出す• リサイクル品としてリメイクやリフォームをする• 不用品回収業者に回収を依頼する いずれの方法も、メリットやデメリットを確認することが大切です。 自分にとって、最適な方法で処分するためにもじっくり検討してください。 関連記事 2.婚礼家具・タンスを買い換える場合は? では、婚礼家具の処分として、買い替えに伴う場合について確認しましょう。 買い替えの場合は、販売店やメーカーにおる下取りや引き取りを利用する方法がありますよ。 2-1.販売店・メーカーによる下取りや引き取り 販売店の下取りや引き取りを利用する場合は、新しい家具を買い替えるタイミングで申し込んでください。 販売店によっては、申告無しでサービスを受けることができない場合もあるので注意しましょう。 メーカーの下取りや引き取りのサービスを利用する場合も、同じく買い替えるタイミングでの申告を忘れないでください。 実際の回収日時や回収方法については、販売店やメーカーの指示に従って進めましょう。 なお、販売店やメーカーの下取りを利用する場合は、実質として数千円程度のキャッシュバックになるはずです。 つまり、新品を購入するときに安くできると考えてください。 引き取りの場合は、無料のことがほとんどでしょう。 ただし、中には、有料のサービスとなることもありますので注意してくださいね。 2-1-1.メリット 販売店やメーカーの下取りや引き取りについては、新品の家具を購入することで受けることができるサービスとなります。 下取りの場合は、家具の購入費用を安くすることができるでしょう。 また、引き取りの場合は販売店やメーカーによって無料でできることもあります。 いずれにしても、家具を買い替える場合は大きなメリットとなるのでチェックしてください。 2-1-2.デメリット さて、販売店・メーカーの下取りや引き取りで婚礼家具を処分することにも、デメリットは存在します。 まずは、買い替えのタイミングでないとサービスが利用できない点を挙げることができるでしょう。 また、自社製品だけを下取りや引き取りの対象としていることもあります。 下取りしてもらう予定でも、状態が悪い場合は下取り不可となることもあるでしょう。 販売店やメーカーの下取りや引き取りは、条件をよく検討して利用してください。 3.婚礼家具・タンスを自治体で回収してもらう! 婚礼家具を処分する方法としては、自治体などの回収を利用することも挙げることができます。 自治体などの回収を利用するときの注意点やメリット・デメリットを、確認してください。 3-1.粗大ゴミとして婚礼家具・タンスを処分する方法 婚礼家具を粗大ごみとして処分する場合は、リサイクル券を購入する必要があります。 郵便局では、粗大ごみ用のリサイクル券を販売していますので係員に相談して購入してください。 なお、粗大ごみの引き取りには自治体の粗大ごみ回収窓口に連絡をすることが必要になります。 指定のあった日時に、自分たちで回収場所へ婚礼家具を運んでください。 ちなみに、自治体によっても異なりますが洋服ダンス1個の回収手数料は数百円から二千円程度となります。 3-1-1.メリット 粗大ゴミとして婚礼家具を処分することは、自治体の粗大ごみに出すことを意味します。 リサイクル券の販売所は数多く存在しているので、地方でも依頼しやすいことがメリットと言えるでしょう。 地方自治体の粗大ごみ回収は、費用が安いためできるだけ費用負担を少なくしたい人にもおすすめです。 3-1-2.デメリット 粗大ゴミとして婚礼家具の処分をすると言っても、リサイクル券を購入するステップだけになります。 多くの場合は、自治体の粗大ごみ回収窓口に連絡をして回収日時と場所の指定を受ける必要があるでしょう。 また、自分たちで婚礼家具を運ぶ手間が掛かることと、タンスなどは1個単位で料金が必要になるので個数によっては費用負担が大きくなることもデメリットとなります。 関連記事 4.婚礼家具・タンスをリサイクルしたい場合 婚礼家具が不用になっても、まだ使用できる状態のときはリサイクルを考えてみましょう。 婚礼家具をリサイクルするには、どんな方法があるかご覧ください。 4-1.婚礼家具・タンスをリサイクルに出すには? 婚礼家具をリサイクル品として買い取りしてくれるところには、リサイクルショップを挙げることができます。 リサイクルショップには、中古品の家具を探している客がたくさんいるので需要のある家具については買い取りをしてくれることでしょう。 婚礼家具の中でも、サイズがやや小さめのものやキレイなものは買い取りの対象となりやすいです。 また、家具専門の買い取り業者の場合は、品質の良いものを高値で買い取りしてくれることもあるでしょう。 4-2.高額買い取りのコツ・業者の選び方を伝授! 家具は大きくて重いもののため、多くの場合は見積もりに来てもらうことから始まります。 見積もりを出してもらって納得したときに、買い取り成立となって業者が引き取ることになるでしょう。 高額買い取りを狙うためには、できるだけ掃除を行ってキレイにしておくことがポイントです。 また、リサイクル業者の選び方については、下記のポイントを参考にしてください。 婚礼家具のリサイクルに積極的であること• 家具の買い取りに対する実績が豊富なこと• 不当に安い見積もりを出してこないこと• 不明な点に対する答えがわかりやすいこと 婚礼家具の買い取りを行っているリサイクル業者の中には、現物の状態が悪くないのに不当に安い見積もりを出してくることもあります。 嫌な思いをしないためにも、信頼と実績の確かなところに買い取り依頼をしてください。 4-3.婚礼家具・タンスのリメイクやリフォームも! 婚礼家具をそのままリサイクルに回すほかにも、リメイクやリフォームで新品の家具のように作りかえることも可能です。 自分たちでDIYしても良いほか、リメイクやリフォーム専門の業者に依頼しても良いでしょう。 今ある資源を大切に利用するという考えからも、リメイクやリフォームを行って自分好みの家具に作りかえることは、素晴らしいことです。 4-4.リサイクルのメリットやデメリット 婚礼家具をリサイクルしたい場合にも、メリットやデメリットを知っておく必要があります。 リサイクルしたい場合には、どんなメリットやデメリットがあるのかしっかり学んでください。 5-4-1.メリット 婚礼家具をリサイクルしたい場合は、ごみとして処分することに比べてものとしての寿命を延ばすことができるという大きなメリットがあるでしょう。 まだ使うことができるものを、新たな使い手に渡すことはとても良いことです。 環境保護の点でも、婚礼家具のリサイクルは望ましいと言えるでしょう。 DIYでリメイクしたりリフォームしたりして新たな使い道を考えることは、資源の有効活用という点からも評価できます。 5-4-2.デメリット 婚礼家具をリサイクルしたいとき、ものによっては買い取ってもらえないこともある点がデメリットと言えるでしょう。 特に、大型の婚礼家具はそのままの状態では需要が少ないことも事実です。 リサイクルショップなどでも、中古品として需要が見込むことができないものは、買い取りができないこともあるでしょう。 また、DIYでリメイクやリフォームをするにも、センスや技術が必要です。 婚礼家具を思いどおりの形にリフォームすることは、簡単なことではない点も覚えておきましょう。 また、業者にリメイクやリフォームを依頼すると費用が必要になる点も、注意してください。 5.婚礼家具・タンスの処分を回収業者に依頼! 婚礼家具の処分方法として、おすすめなのは回収業者に依頼することです。 不用品回収業者に婚礼家具の処分を依頼することについて、詳しくお話をしましょう。 5-1.回収業者に処分を依頼する方法 婚礼家具の処分を回収業者に依頼した場合は、以下のような方法で回収となります。 婚礼家具の内容や大きさなどを確認する• 回収日時や回収方法を確認する• 婚礼家具の大きさによっては玄関以外から出すかについても確認する• 回収日時に業者が回収にやってくる• 必要に応じて部屋の中や搬出経路の養生(ようじょう)をする• 婚礼家具を運び出す• 運び出した後の片付けを行って完了 自分たちで運び出すよりも、業者に回収を依頼した方が楽に済みます。 時間や労力の節約を考えても、不用品回収業者に婚礼家具の処分を依頼することは有意義と言えるでしょう。 5-2.回収業者に依頼したときにかかる費用 婚礼家具の処分を回収業者に依頼した場合の料金は、以下を目安にしてください。 洋服タンス1個:約数千円から• 軽トラック1台分の家具:約3万円から 回収料金については、業者によっても物量によっても異なります。 実際にいくら必要になるのか知りたいときは、業者に見積もりをもらって確認してください。 5-3.回収業者に依頼するメリットやデメリット 婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合にも、メリットやデメリットがあります。 それぞれの内容を確認して、理解しておいてくださいね。 5-3-1.メリット 婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合もメリットは、以下のとおりです。 婚礼家具を処分する労力を節約できる• 指定の日時に回収してもらえる• 指定の場所まで回収に来てもらえる• そのほかの不用品も同時に処分してもらえる 婚礼家具は、大きくて重いものが多いです。 自分たちで運び出すなど、処分の手間や労力を省くことができる点は大きなメリットと言えるでしょう。 5-3-2.デメリット 婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合、デメリットは回収料金が必要になる点です。 婚礼家具は、大きいものが多いため場合によってはトラック1台分の回収見積もりが必要なこともあるでしょう。 しかし、回収費用が必要になるというデメリットを考えても不用品回収業者を利用するメリットは大きいので、よく考えて検討してみてください。 5-4.婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合の注意点 婚礼家具の処分を回収業者に依頼する場合は、以下の注意点をチェックしておきましょう。 問い合わせに対する回答が明確で親切か• 婚礼家具などの不用品回収にかんする実績が豊富か• 見積もりを無料で出してくれるか• 回収費用が良心的な設定になっているか• 希望の回収日時に来てくれるか• 回収方法や準備作業が丁寧か• 地域の公安委員会に許可を得ている業者か 関連記事 6.婚礼家具・タンスの処分に関するよくある質問 婚礼家具・タンスの処分には、不安や悩みが付きものです。 ここでは、皆さんからよく聞くことが多い質問内容に答えていきましょう。 Q.婚礼家具やタンスを処分するのは縁起が悪くないですか? A.確かに、婚礼家具やタンスは、皆さんが結婚したときにお祝いとして持ってきたものとなります。 縁起が良いものとして、扱うことも多かったことでしょう。 しかし、婚礼家具やタンスの役目は十分に果たしたと考えてください。 役目を果たしたものは、適切な処分をすることが大切です。 婚礼家具の処分は、縁起は悪くないことなので安心してくださいね。 Q.高価な婚礼家具やタンスは相続の対象になりますか? A.実家が裕福な場合、婚礼家具やタンスも立派で高価なものを用意していることでしょう。 さらに、大切に使用していて状態が良い場合は、相続の対象になるのではと考えるのも自然なことです。 しかし、婚礼家具やタンスには相続の対象となるほどの価値がある場合は、少なくなるでしょう。 購入したときは高価なものであっても、市場価値が高いとは限りません。 また、資産価値として考えたときも高額評価になるとは言えないでしょう。 むしろ、必要が無くなった婚礼家具やタンスは早く処分をして、現金で持っていた方がおすすめです。 Q.婚礼家具の処分で知り合いに譲(ゆず)るときに注意したいポイントは? A.婚礼家具の処分を考えている場合、知り合いが譲(ゆず)ってほしいと言っているのなら気持ちよく譲(ゆず)りたいものです。 ただし、知り合いに譲(ゆず)る場合にも、以下のポイントに注意してください。 できるかぎりキレイにクリーニングしておくこと• 不具合がある部分は事前に伝えておくこと• 婚礼家具のサイズを正確に伝えておくこと• 婚礼家具を引き取りする日時や方法について確認しておくこと 大切な婚礼家具を知人に再度心地よく使ってもらうためには、気配りが必要です。 また、婚礼家具の引き取りの際に破損をしないようにも、気を付けてくださいね。 Q.婚礼家具が大き過ぎて玄関を通過できそうもないときはどうする? A.婚礼家具を処分するときに、想像以上に大きくて玄関を通過できないこともあるでしょう。 しかし、婚礼家具を家の中に運ぶことは、できたはずです。 購入時にはどのように運び入れたのか、考えてみてください。 どうしても運び出すことができないと思った場合は、業者に相談すると良いでしょう。 たとえば、リビングから庭を経由して運び出すなど玄関から出さなくても良い方法を考えてくれますよ。 Q.婚礼家具のリサイクルとして子どもに受け継ぐのは時代遅れでしょうか? A.ひと昔前は、子どもが結婚するときに親が大切に使っていた婚礼家具を受け継ぐこともありました。 しかし、今は住宅事情が変化して大きな婚礼家具を運び入れることが困難な場合も多いでしょう。 また、若い人たちが使うことを考えると婚礼家具のデザインが古いことも否定できません。 もちろん、子どもが喜んで受け継ぐ場合は問題は無いです。 しかし、無理に受け継ぐことは止めて子どもに客観的な判断をしてもらうと良いでしょう。

次の