レジ トレー。 会計時の接客マナーでお客様の獲得・損失につながるってホント!?

【楽天市場】事務機器 > レジスター > レジ回り品/レジ締め用品 > レジ周り品 > キャッシュトレイ(釣り銭受け):店舗用品のセレクトショップみつや

レジ トレー

目次:好きなところへジャンプ• 金銭授受をトレーにする店舗が急増。 スターバックスのニュースが大きな影響となっていたと考えられますが、金銭授受をトレーで行う店舗が増えているように思います。 そもそも、トレーはコロナの感染予防として意味があるのか? 個人的な印象として、そこまで意味は無いように思います。 トレーを使っても、結局お互いお金を触ることで感染のリスクはあります。 例えば、直接手が触れない形でトレーを使わずに、お金のやり取りをした場合は、結局トレーを使う場合と比較すると、変わらないよね。 ってことになります。 ではなぜ、感染予防対策でトレーを使うようになったのか これは想像ですが、印象の問題になってくると思います。 イメージみたいな感じ。 先日も、Yahooーニュースでレジのやり取りで、お客さんがお金をトレーで返せと店員さんに怒鳴り、騒動に発展したことが取り上げられていました。 スポンサーリンク お金の受け渡しのコロナ対策について考える ドラッグストアの店員さんをはじめ、多くの商店などでは、色々な対策をされていると思います。 それでも、嫌な言葉をあびせられたり、意味不明な事で嫌味を言われたり。 本当に大変な思いをされていると思います。 ある店員さんのお話で、クレジットカードをお客さんに戻そうとしたら、「カードを触ったんだから、アルコール消毒してから返せ!」というお客さんがいたそうです 人って本当に恐ろしいです。 そこで、お金の受け渡しのコロナ感染予防対策を、考えてみました。 コイントレーを使う 先ほども言いましたが、あまり意味はないと思います。 ただ、お客様の中には、トレーを使うことで安心する人もいるので使いましょう。 トレーは正式名称をカルトンと言うそうです。 Amazonでカルトンを見る コイントレー用のPOP 告知文章を用意しましょう お客さんにコロナ感染予防で、トレーを使用しています!ってことを伝える文章が必要です。 レジの前や店舗入り口に貼っておきましょう。 どんな内容にすればいいのか?という点がありますが、こちらが参考になります。 フィッシング・マリン用品等の販売をしているPointというお店の告知文です。 他にも探してみたら、ツイートしてる店舗があったので、紹介します。 新型コロナウイルスの感染拡大防止対策としまして、金銭授受を通常の手渡しから「トレイにて」変更させていただきました。 お客様と販売員の健康と安全を配慮し、ビニールシートも張らせていただきました。 ご不便をおかけしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。 これカルトン皿って言うんだ初耳 — バリザツ通快 tsukaitakasaki キャッシュレスを導入しましょう。 これは必須です これが一番の感染予防対策になります。 クレジットカードは機械とかの導入もり面倒なので、ここはpaypayがおススメです。 導入は簡単だし、機材とか買う必要もありません。 スポンサーリンク 金銭授受:感染予防対策 番外編 ここからは、お店の定員さんが感染しないための、感染予防について考えたいと思います。 だって、一番感染のリスクを背負って頑張って働いてくれているのは定員さんです。 できることを考えてみました。 本当に基本的なことで申し訳ないんですが。。 マスクを用意 なかなか手に入らないかもしれませんが、お店側に用意してもらってください。 自分のお店なら、自分で用意しましょう。 お店が自分で用意しろというようなところは、信用できません。 辞めてもいいくらいだと私は思いますが、今やめると新しい仕事も難しいし、悩むところです。 何とかしてあげたいけど、難しそう。 ちょっと考えてみます。 このブログのページを見せるのも一つの手かもしれませんね。 レジカウンターには消毒液を用意 定期的に手を洗うのは難しいと思うので、消毒液を用意して手を消毒しましょう。 アルコールは何度も使うと手があれるので、出来ればを使うのが良いですが、値段が高いのと、今は手に入りにくいかもしれません。 可能なら、お客さんとの間にビニールシートなどでガードする 海外のショップなどでは多くなっているようですが、日本ではまだ少ないですよね。 でも、ショップの定員さんの安全を考えると、お客さんからの飛沫を防ぐ効果は高いです。 ビニールシートか透明なフィルムのようなものでガードしましょう こんにちは コロナ対策の為 レジカウンターに 透明ビニールカーテンを 付けさせて しばしお許しくださいませ。 — 85st Coffee Japan 85stcoffee 写真は、嘉手納基地内のドーナツ屋さんです。 新型コロナウィルス感染防止対策として、レジカウンターへビニールカーテンを設置しました。 結局、手についたウィルスは、なぜ体内に入るかというと、目や鼻や口を触るからです。 なので、手洗いする前に顔を触ってしまうと、手洗いも無駄です。 絶対に顔を触らないようにしましょう。 携帯(スマホ)を触る前には手洗い。 出来ればスマホを消毒 手を洗わずにスマホを触る人がいます。 レジにいる間にスマホを見ることは無いと思いますが、もし触ってみているのならやめましょう。 スマホは本当に危険です。 スマホもこまめに消毒してあげるとベストです。 金銭授受(お金の受け渡し)コロナ対策 まとめ 緊急事態宣言が出ている中、感染のリスクと隣り合わせで働いている方々は本当に大変だし怖いと思います。 出来ることには限りがありますが、それでもやらないよりましです。 ここで紹介したことは、あくまで私の考えで専門的な知識もありませんが、一般的な対策ともいえます。 間違っていることもあるかもしれませんが、しないよりまし! というくらいの気持ちで、読んでもらえたらと思います。 もう少し色々調べて、これはイイってものがあれば追記していきます。 大変だと思いますが、頑張ってください。 いつもありがとうございます。

次の

100均のコイントレー・釣り銭トレー商品一覧。ダイソーとキャンドゥで100円

レジ トレー

Sponsored Link これからレジ打ちを始める人、 レジ打ちのバイトを考えている人に向けて、 私なりの経験を交えて、レジ打ちの基本的な流れと操作のコツのようなものをご紹介しようと思います。 とゆーわけで、• レジ打ちで初心者が気にすべき点• マニュアル不要?レジ打ち操作のやり方は簡単?• お決まりのイレギュラー対応を予め押さえておく• カゴ詰めのコツ• カゴ詰めの練習方法• レジ打ちで初心者が気にすべき点 といった項目順に、記事をまとめました。 レジ打ちで初心者が気にすべき点 これからレジ打ちを始めようとする方は、 経験者が横について、基本の流れを教えてもらうことからスターとする場合がほとんどでしょう。 まず、一番大事なことは、 いらっしゃいませ! ありがとうござました! の挨拶言葉を、ハキハキと元気な声でやることが大事です。 そうすることで、 「あ、コイツは大丈夫そうだな」と、 先輩店員にある程度安心感を与えることができます。 バカバカしいかもしれませんが大事なことです。 実際、初めてのレジ打ちをする人に対して、指導スタッフが注目しているのは、操作の物覚え云々よりも、こういった点です。 第一印象で、 コイツはダメそうだと思われてしまうと、 教えるほうもイライラとしてしまい(もちろん人にもよりますが…) その後のあなたに対する指導も辛めになることが予想されます。 マニュアル不要?レジ打ち操作のやり方は簡単? 最初は、戸惑うかもしれませんが、レジ打ちの操作自体は。 「イレギュラーなことがなければ」それほど、難しいことはありません。 各店舗で、マニュアルみたいなものも用意してあると思います。 しかし、マニュアルを見るまでもなく、実際にやってみたほうが早い。 仕事というより、簡単なゲームくらいに思ったほうがいいです。 大まかな流れは以上です。 買い物客が来る。 お決まりのイレギュラー対応を予め押さえておく 基本の流れを頭に入れたら、 あとは、お決まりのイレギュラー対応を予め頭に入れておく必要ががあります。 初心者の頃は、 通常と違う部分があるだけ、それだけでかなりテンパってしまうので、 事前に、よくあるパターンのイレギュラー対応や操作を頭に入れておくことで、パニックよるミスの連鎖を防げます。 お決まりのイレギュラー対応には、以下のものがあります。 ・割引操作 ・バーコードが反応しない ・値段の手打ち操作 ・商品の値段が分からない ・お金が詰まってでてこなくなった。 ・購入商品の取り消し 割引操作は、イレギュラーではなく基本の部類に入るといってもいいかもしれません。 割引を忘れると、客から文句を言われやすいのと、その後の返金作業が面倒くさくなるので、極力間違えないように注意が必要です。 値段の手打ち。 これも必須です。 商品によっては、バーコード部分がよじれいて、全く読み取れないことがしばしばあります。 そんな時に、金額の手打ち入力を出来るようにしておくと、パニックを回避できます。 初心者であっても是非とも、習得しておきたい操作です。 購入商品の取り消し操作。 これも必須ですね。 商品の値段が分からないってのもよくあります。 これは操作云々よりも、周囲の先輩に聞いたほうが早いです。 あるいは、商品売場まだダッシュして値段を確認するかのどちらかです。 お金が詰まってでてこなくなった(レジ機械のエラー)もよくあります。 これは初心者にはキツイので、 先輩店員を呼んで、早々に修復してもらいましょう。 これはミスではないので、焦らないことが大事です。 カゴ詰めのコツ 結局のところ、レジ打ちが得意か否かは、カゴ詰めの上手さで決まります。 操作自体は、慣れれば、誰でもできるようになるからです。 で、そのカゴ詰めのコツですが、 この商品はカゴのこの部分に詰めるといったふうに、 予め、自分の中でルールを決めておくことです。 スーパー(やコンビニ)には無数の商品が置いてあります。 しかし、実際にレジ打ちの経験をしてみれば分かるとは思いますが、 売れる商品というのは、ある程度決まっています。 そして、定番商品につき、予めカゴのどの部分に置くというルールを自分で定めておけば、ある程度迷いなくカゴ詰めをすることができます。 例えば、 キャベツ。 文句なしの定番商品です。 私はキャベツがきたら、カゴの左奥に詰めるというふうに機械的に決めていました。 キャベツのみならず、基本、野菜、果物は左奥と決めていましたので、 他に、バナナや、トマトがあったら、キャベツの上に乗せていくといった感じです。 野菜・果物は左奥というルールがあって、 さらにその中でも、どっしりと土台になりそうなもの(キャベツなど)を下にして詰めていくといった感じです。 このように、 ある程度、最初からルールを決めておくのが、 初心者でもそれなりに早くレジ打ちをするコツになるかと思います。 もちろん、レジ打ちのやり方はひとそれぞれですので、 色々な方の意見を参考にしてみてください。 カゴ詰めの練習方法 Sponsored Link 無差別に商品を選んできて、カゴに詰めていくという方法もあります。 しかし、私としては、無差別に商品を選ぶよりも、定番商品を意図的に選んで、 そういった商品を中心に、カゴ詰めの練習をしていったほうが、上達が早いのでは?と密かに思っている次第です。 ちなみに、 私がパートで働いていたスーパーでは、 レジ打ちが速い人は、漏れなくゲーマーの方々でした。 レジ打ち=ゲームといった側面は確かにあります。 なので、たまたまとは言い切れない部分があるかと。 よく考えたら、 レジ打ちって、テトリスに似ている面がありますよね。 なので、テトリスをやりこんだら、レジ打ちも上手くなるかもしれません。 レジ打ちの練習が嫌なら、せめて、テトリスの練習をしましょう(笑).

次の

金銭授受をトレーにする店舗が急増。お金の受け渡しのコロナ対策について考える|ぐぐみた

レジ トレー

会計時の接客マナーが重要な理由とは 「終わりよければすべてよし」ということわざがあります。 「始まりや途中はどうであれ、最後の締めくくりがよければ高く評価される」といった意味で、このポジティブ思考は成功するための大原則ともいわれています。 なぜ終わりの部分が重要かというと、人間は不快感を抱いたり、つまらないと思ったりしても、最後に感動することや楽しいことがあるとそのプラスの感情が優先的に記憶されるという性質をもっているからです。 逆に、最後に不快な思いをさせられれば、それまでのよい感情はかき消され、悪い印象だけ残ってしまうということでもあります。 飲食店の場合は、会計から見送りまでの接客態度がお客様の満足度を左右し、その評価はいつまでも記憶に残ってしまいます。 とくに会計時の応対のしかたはリピートしてもらえるかどうかを決定づける重要なシーンとなります。 それまでお客様は楽しいひとときを過ごしてきたのに、会計担当者のミスのせいで酔いも冷めてしまったなどということのないよう、細心の注意を払う必要があります。 会計のしかたは大きく分けてテーブル会計とレジ会計の2通りあります。 次にそれぞれのマナーについて見ていきましょう。 接客マナー ~テーブル会計~ テーブルチェックアウトは欧米ではごくふつうのスタイルです。 日本では高級レストランなど一部の店でしか行われていませんでしたが、最近は居酒屋などでもこのスタイルを取り入れているところが増えてきています。 テーブル会計のメリットは、席に掛けたままなので場の雰囲気を損なわずスマートに会計ができること、混み合うレジ前で待たせなくてもすむことなどがあげられます。 デメリットとしては、お客様がいつ会計をするのか、そのタイミングを見計らう必要がある点です。 会計の合図をしているのを見逃したりしないように、つねに態勢を整えておかなければなりません。 テーブル会計の手順• お客様が手を上げたりして合図を送っているときは、すみやかに席に近づき、「お会計ですか?」と伺います。 「お願いします」と言われたら、「ありがとうございます。 少々待ちください」とレジに行きます。 伝票ケースをテーブルに置いてある場合はそれを持ち、「伝票をお預かりします」と言って下がります。 できるだけ待たせないように早く・正確に計算をすませて戻ります。 「お待たせいたしました。 お会計をお持ちしまた」と、伝票ケースを裏にして渡します。 現金で支払われた場合は、枚数をかぞえて「〇千円でございますね」と確認します。 次に「領収書かレシートはいかがいたしましょうか」と尋ね、領収書をと言われた場合は、「かしこまりました。 お名前はいかがいたしましょうか」と伺います。 「〇〇で」と言われたら「〇〇様でございますね」と復唱して間違えないようにします。 レジで会計作業をして間違いのないことを確認してから、おつりと領収書をキャッシュトレイに乗せて戻り、「お待たせいたしました。 おつりと領収書でございます。 お確かめください」と、トレイをテーブルに置きます。 お客様の確認が終えたら「ありがとうございました」とていねいにお礼を言います。 支払いが現金ではなくカードの場合は、カードをいったん預かる必要があります。 お客様のなかにはその間に不正使用されないかと不安になる人もいます。 店側にとってもサインをしてもらうための手間がかかります。 このような煩わしさを解消するために、最近はiPadレジを使用する店舗が多くなっています。 サインもiPadですませることができますし、レシートプリンター機能も導入しておけばワイヤレスで印刷できるので、レジとテーブルを往復する必要もありません。 これからテーブル会計を採用しようと考えている方はiPadレジを検討してみることをおすすめします。 (iPadレジについては「」を参照してください。 ) 接客マナー ~レジ会計~ 入り口付近などにレジスターを設置し、お客様に伝票を持ってきてもらって精算をするレジ会計は、とても合理的なスタイルです。 難点は、会計が集中する時間帯は長い列ができてしまうことです。 それを避けるためには、最初から個別にオーダーしてもらい、伝票も別々にしておく方法があります。 レジ会計の手順• お客様から伝票を両手で受け取り、「ありがとうございます。 伝票をお預かりいたします」と言ってからレジに打ち込みます。 このとき、打ち間違いを防ぐとともにお客様の確認を促すためにもメニューと金額を読み上げるのがベストです。 金銭を受け取ったらすぐにレジにしまわないで、枚数をかぞえて「〇〇円お預かりいたします」と、いったんキャッシュトレイに置きます。 札と小銭のつり銭がある場合は、お札を「千、二千……」と数えてから渡し、小銭はキャッシュトレイに載せて「〇十円をお返しいたします。 お確かめください」と渡します。 領収書が必要かどうかを尋ね、必要という場合はあて名を確認して作成します。 お客様がおつりと領収書を財布にしまうのを確認したところで「お忘れ物はございませんか?」と気遣います。 お帰りになるときはホールのスタッフにも聞こえる声で「ありがとうございました!」とお礼を言います。 そして自分もドアの外まで出て「ありがとうございました。 またお越しくださいませ」と深く頭を下げます。 頭を上げたらすぐに店内に入るのではなく、しばらく見送るようにしましょう。 接客マナー 〜会計ミスが起きたとき〜 お金の受け渡しには細心の注意を払うべきですが、いくら気をつけていても間違えてしまうことがあります。 レジで会計をする際に、500円を誤って50円と打ってしまい450円も少なく請求してしまったなどということがあります。 こちらが正しい金額でございます。 まことに申し訳ありません」と丁重に頭を下げて、不足分をいただくようにします。 お客様としては気分のいいものではないでしょうが、確かな金額ですから納得してくれるはずです。 そのへんのお客様の心理も理解して、自分の不手際をお詫びしましょう。 反対に、同じ料理を二度打ちしたりして本来の請求金額より多く受け取ってしまうこともあります。 これは少ない額をいただいたときより問題です。 少ない分にはお客様に実質的な損を与えていないからです。 仮にお客様から不足分を支払ってもらえなかったとしてもお店の損失だけですみます。 多めにいただいた場合でも、すぐに気づいてお詫びとともに返金できればいいのですが、お客様が後になってから払いすぎに気づいて連絡をしてきた場合は、対応のしかたを誤ると厄介なことになります。 領収書を持って直接来店された場合は、相手の主張を受け入れるようにします。 相手の勘違いかもしれないと思っても、悪質なクレーマーでもない限り、争うような姿勢を見せるのは得策ではありません。 レジの記録をたどれば問題を解明できるとしても、話がこじれてしまっては二度と来店してもらうことができません。 ここはお客様をリピーターとしてつなぎとめるための戦略を考えるほうが賢明です。 その1つとして、まずは店長か経営者が前面に出て謝罪し、返金します。 お詫びの品を差し出すのが礼儀ですが、その場では難しいという場合は、追って自宅か会社に送り届けるといいでしょう。 店にわざわざ足を運んで苦情を言ってくれたことに対し、誠意をもって応えるのは経営者の基本的なスタンスといえます。

次の