排水 溝 掃除。 排水管を高圧洗浄で掃除してもらった【一軒家】

キッチン排水溝の掃除方法を簡単にしちゃう魔法の道具をご紹介!

排水 溝 掃除

排水溝の臭いがくさいと家中が臭くなる 排水溝はお掃除をサボっていると、すぐに悪臭を放つ面倒な場所です。 目に見えにくい場所なだけに、ちゃんとお掃除するのが後回しになっている人も多いでしょう。 排水溝は1ヶ所だけではありません。 しかも臭いがあがってきている排水溝が数ヶ所だと家中くさくなってしまいます。 住人は慣れてしまい、排水溝そのものの臭いしか気にならなくても、住人以外の人には家の中の空気そのものが臭っていることもあり、不潔なイメージを持たれかねませんので、しっかりと掃除することが重要です。 消臭剤を置いても根本的な解決にはなっておらず、ニオイを誤魔化しているだけですし、消臭剤と排水溝のニオイが混じり、悪臭になる場合もあります。 消臭剤はしっかりと掃除をし、臭いが改善されたうえで、ニオイの予防として使用するのがいいでしょう。 排水溝が臭くて困っている方、排水溝をどうキレイに保てばいいのか知りたい方、悪臭の原因とニオイ対策を見て、お掃除をスタートしてみましょう! 排水溝が臭い!ニオイの根本は汚れ 排水溝が臭いと、お部屋の中まで嫌なニオイになってしまいます。 特に排水溝の臭いが気になる場所は、キッチン・お風呂・洗面台・洗濯機などでしょう。 それぞれ、排水の方法が若干変わりますが、原因や対処法は似ています。 まずは排水溝が臭くなる原因を把握しておきましょう。 排水溝が臭い元凶はさまざまな汚れ 排水溝は汚れた水を流す場所なので、基本的に汚れやすい場所です。 場所別でニオイの原因になる汚れを見ておきましょう。 キッチン:食べ物のカス・油など• お風呂:髪の毛・垢・泥汚れ・石鹸のカスなど• 洗面台:髪の毛・垢・歯磨き粉のカスなど キッチンの場合、排水溝や受け皿、トラップ椀が汚れたり破損していることが嫌なニオイの一番多い原因です。 それ以外には、もっと奥の排水トラップやホースが汚れていることもあります。 お風呂や洗面台では、蓋や排水栓、ヘアキャッチャー自体が汚れてニオイを発生させているのが原因か、奥の排水管の汚れが原因です。 どの場所でも臭いの元凶は汚れなので、解決するにはお掃除するしかありません。 排水溝の掃除は、目に見えないだけに後回しにしがちです。 しかし、定期的にお掃除しないと「臭い家」になってしまいます。 排水トラップ椀の汚れをきれいにしよう 排水溝の水封は使うたびに中の水が入れ替わりますが、キッチンやお風呂の排水溝の場合、いくら排水口をきれいに掃除しても、生ゴミや石鹸カスで排水トラップ椀が汚れやすいため、浴室やキッチンの通常の掃除の際にも、トラップ椀もついでに掃除する習慣をつけましょう。 特にキッチンの場合、排水口の蓋やゴミ受けバケツはきれいにしていても、トラップ椀まで掃除することは少なく、ヌメリがつきやすくなります。 トラップ椀をきれいにするだけで、排水溝の汚れ方に違いが出ますので、臭いがたつ前に定期的に掃除をしましょう。 排水溝の臭いの原因は1つじゃない! 排水溝の臭いの多くは汚れが原因ですが、それ以外にも考えられる原因があります。 業者に依頼しなければいけないこともありますので、排水溝の臭いがしない場合でも、定期的な点検が必要になります。 ある程度、排水の仕組みを頭に入れておくと、臭いの原因や不具合の対処法が分かります。 手元に説明書が残っていればもう一度おさらいしておくといいでしょう。 排水溝の場所別臭いニオイ対策!掃除とニオイ防止 排水溝のニオイの原因が分かったら、次に臭いニオイを撃退しましょう。 基本的なお掃除方法や、場所別のニオイ対策をご紹介します。 取り外せるものは外して隅々洗う キッチンは大抵の場合、フタ・排水受け皿・排水トラップ椀が簡単に取り外しできます。 お風呂や洗面台は、排水栓やヘアキャッチャーが外して洗うことができます。 また、お風呂は排水トラップに「はずす」などのマークがあれば外せます。 まずは、簡単に外せるものを外して洗いましょう。 どうしてもヌメリがひどく触りたくない人は、掃除の前にスプレー式の漂白剤を塗布するか、重曹をまくなどして予めキレイにしておきましょう。 お掃除にはとても便利な重曹ですが、洗剤ほどスッキリ汚れが取れないことも多いので、取れていない汚れはスポンジやブラシでこすって落としてください。 パイプの汚れには専用クリーナーを使う パイプを自分でお掃除するのは難しいので、市販のパイプクリーナーを使ってキレイにしましょう。 購入した商品の説明をよく読んで使用してください。 大抵の場合、クリーナーを流し入れ、30分ほど放置した後水で流します。 注意点したいのは、ジェルタイプのクリーナーは放置しすぎるとNGという点。 せっかく取れた汚れがパイプの途中で詰まってしまう危険があります。 流し忘れを防ぐために、お風呂に入る30分前に使用するといいでしょう。 クリーナーは排水溝に流しいれるだけなので、臭ってから大量に使うより、臭う前に定期的にお掃除する方がパイプを清潔に保てます。 細長いブラシでお掃除する方法もありますが、大変な上にブラシの収納も面倒です。 便利なものを賢く使って、常にキレイな排水溝を目指しましょう! 超簡単便利!アルミホイルボールで排水溝を抗菌できる アルミホイルで小さなボールを作り、キッチンの受け皿と排水トラップ椀の間に入れておくとヌメリが軽減します。 これは、アルミホイルが濡れることで金属イオンを発生させ、抗菌効果を発揮するためです。 アルミホイルは、定期的に新しいものに取り換えて使用してください。 たったこれだけの作業で、お掃除の回数や時間が減ります。 間違ってアルミホイルを流してしまわないように注意して使用してください。 便利グッズで排水溝の汚れと臭いを防止 排水溝のお掃除を簡単にするには、汚れを未然にキャッチする必要があります。 それには、髪の毛が入らないようキャッチしてくれるシートなど、市販の便利グッズを上手く使ってください。 100円ショップにも、たくさんのグッズが並んでいます。 入れておくだけでヌメリ取りをしてくれるもの、使い捨ての排水管用ブラシ、洗面台に使えるゴミキャッチャーなどさまざまです。 汚れをためないようにするには、お掃除を簡単にするのがコツです。 積極的に便利グッズを活用してください。 水廻りは急に故障されるとかなり困る場所です。 おかしいな…と思ったら、早めに対処してトラブルが起きる前に解決しておきましょう。 忘れがちな洗濯機の排水溝の汚れ 忘れがちですが、洗濯機の排水溝から悪臭がすることもあります。 洗濯機のホースが外せそうなら、コンセントを抜いて水道の蛇口を閉めます。 ホースを取り外したときに水がこぼれる場合があるので、事前に洗面器やバケツを準備しておきましょう。 洗濯機の排水溝は、大抵の場合フタと排水トラップが簡単に取り外せるようになっています。 他にも外せるパーツがあれば外してください。 パーツはキレイに洗って、排水溝には市販のパイプクリーナーを流しいれて30分ほど待ちましょう。 元に戻したらお掃除終了です。 一番簡単な方法ですが、これだけで嫌なニオイは軽減されます。 取り外しできない排水溝もあるので、絶対にムリして外さないようにしてください。 取り外せない場合は、出来る範囲でOKです。 あまりに臭いがひどいときは、業者に依頼しましょう。 アパートやマンションで排水溝が臭い場合 アパートやマンションなどの賃貸物件で掃除をしても排水溝の臭いがひどい場合、管理会社や大家さんに連絡してみましょう。 業者を依頼し、調査・修理の対応をしてくれることがほとんどです。 掃除で解決されない場合は、排水溝のどこかが故障していることが考えられるので、業者じゃなければ分からないこともあります。 自分が原因で修理が必要になることはほとんどありませんので、費用もかからないことがほとんどですが、事前に確認が必要です。 管理会社に連絡する前に 賃貸物件の排水溝の臭いに悩まされている場合、掃除をしてもなかなか改善されなくても、1日1回、空気の入れ替えをするだけで改善する場合があります。 部屋なら窓、浴室なら換気扇を回すなどの方法も試してみましょう。 一軒家で排水溝が臭い場合はここをチェック! 賃貸物件同様、徹底的に掃除をしても臭い場合、どこから問題の臭いがくるのか把握しましょう。 特に新築の家の場合、工事の施工ミスでユニットバスの設置ミスで排水がうまくいかずにたまり、腐敗臭を出しているケースがあります。 この場合、建築を依頼したハウスメーカーに連絡しましょう。 そのほか、浄水槽を使用している場合は、浄化槽の点検も必要です。 浄化槽はトイレだけではなく、生活排水も処理しますので、正常に機能していなければ排水溝の臭いの原因になりますので、定期的な保守点検が必要です。 排水溝の臭いは掃除でスッキリ! 排水溝は定期的にお掃除しないと、どんどん手を付けるのが嫌になる場所です。 早めにお掃除すれば、臭いも嫌なヌメリにも悩まされることはありません。 汚れやヌメリが発生しやすいキッチンやお風呂の排水溝は、定期的にパイプクリーナーで洗浄する習慣をつけましょう。 早めに対策することで、臭いの発生を防ぐことができます。 一番気になり、目に付くのはお風呂の排水溝ですが、排水溝を掃除する前に、浴室もついでにピカピカに掃除しましょう。 を参考に、排水溝だけではなくお風呂もきれいにして、スッキリとした気分で入浴しましょう!.

次の

キッチンの排水溝の汚れを落とす掃除方法を教えて!

排水 溝 掃除

キッチンの排水溝は汚れやすい箇所 キッチンの排水溝は非常に汚れやすい箇所です。 油の付いた食材のカスが流れたり、食器に付着した油を、食器用洗剤と一緒に洗い流したりすることで、キッチンの排水溝はあっという間に汚れてしまいます。 また、湿気の多い箇所ですので、雑菌やカビが繁殖しやすく、不衛生になりやすい箇所でもあります。 キッチンの排水溝の汚れを放置すると、「排水溝詰まり」「悪臭」などの大きなトラブルを引き起こすので、定期的な掃除が大切です。 キッチンの排水溝掃除に必要な道具 キッチンの排水溝掃除に必要な道具は以下の通りです。 道具 用途 塩素系洗剤 汚れを効果的に落とす ゴム手袋 汚れ防止、洗剤による肌荒れ防止 使い古しの歯ブラシ ゴミ受けを磨くときに使用 食器用スポンジ 排水溝の中を洗うときに使用 ここで、注意していただきたいのが「洗剤の使用」について。 塩素系洗剤と酸性タイプの洗剤は、絶対に混ぜて使用しないでください。 塩素系洗剤は、酸性タイプの洗剤と混ざると、有毒なガスを発生するので大変危険です。 また、事前に酸性タイプの洗剤を排水溝の周辺で使用した場合、塩素系洗剤を使用する前にきちんと水で洗い流しましょう。 そして、「歯ブラシ」についても注意が必要です。 新品の歯ブラシを使用してしまうと、毛先が硬いことがあり、排水溝を傷つけてしまうことがあります。 排水溝を傷つけないためにも、使い古しの歯ブラシを使用してください。 キッチンのなかなか落ちない汚れ対策に使用します。 泡で出てくるスプレーボトルのため使いやすく、まな板、排水溝、シンクなどの掃除におすすめです。 キッチンの排水溝掃除の方法 キッチンの排水溝掃除の方法は、次の通りです。 排水溝カバーを外しゴミ受けを取り出す• ビニール袋にゴミ受けと洗剤とお湯を入れて放置• リス排水溝の中をスポンジでこするト• ゴミ受けを取り出して使い古しの歯ブラシで磨く• 排水溝とゴミ受けの洗剤を洗い流す• ゴミ受けと排水溝カバーを元に戻す ヌメりやすい、臭いやすい、という排水溝をすっきりピカピカにするためにも、上記の方法を把握して実施することが大切です。 上記の作業について、詳しく解説します。 排水溝カバーを外しゴミ受けを取り出す ゴム手袋を着用し、排水溝カバーを外して、ゴミ受けを取り出してください。 このとき、ゴミ受けの中にゴミが入っている場合は、捨てておきましょう。 排水溝カバーやゴミ受けを直接シンクの上に置いてしまうと、シンクが汚れてしまいます。 取り出した排水溝カバーやゴミ受けは、一旦不要な新聞紙などの上に置いておくことがおすすめです。 ビニール袋にゴミ受けと洗剤とお湯を入れて放置 ビニール袋に「ゴミ受け」「塩素系洗剤」「約50度のお湯」を入れて、10~15分放置してください。 お湯500mlに対し、塩素系洗剤の量は大さじ2~3が目安です。 しかし、洗剤の量に関しては、汚れの度合いによって若干異なります。 汚れのひどさに応じて、塩素系洗剤の量を調節してください。 排水溝の中をスポンジでこする ゴミ受けを袋に入れて放置している間に、排水溝の中をスポンジでこすりましょう。 一旦、水を流して排水溝の中を濡らし、塩素系洗剤をスポンジに含ませて丁寧にこすってください。 このとき、なかなかヌメリが落とせない場合は、重曹を振りかけてからこすると、重曹が研磨剤のような役割をしてくれるので、汚れが落としやすくなります。 排水溝の中を洗っていると、泡立ってきて、汚れが落とせたか確認しにくくなることがあります。 ときどき水を流し、汚れが落ちているかをチェックしてみてください。 ゴミ受けを取り出して使い古しの歯ブラシで磨く 続いて、ゴミ受けを掃除していきます。 ゴミ受けをビニール袋から取り出し、使い古しの歯ブラシで磨いていきましょう。 このとき、塩素系洗剤をゴミ受けにかけてから使い古しの歯ブラシで磨くのがおすすめです。 ゴミ受けは細かい隙間が多いので、目詰まりを起こしている部分をチェックし、汚れをかき出すようにして磨いてください。 排水溝とゴミ受けの洗剤を洗い流す 排水溝とゴミ受けの汚れが落とせたら、付着した塩素系洗剤を水で洗い流しましょう。 このとき、汚れが残っていた場合は、再度スポンジや使い古しの歯ブラシなどで、汚れている箇所を磨きます。 とくに汚れがなければ、洗い流すだけで問題ありません。 ゴミ受けと排水溝カバーを元に戻す しっかりと洗剤と汚れを洗い流したら、ゴミ受けと排水溝カバーを元に戻します。 正常にゴミ受けを設置できていないと、ゴミがゴミ受けに入らずに、直接排水溝に流れてしまいます。 きちんと設置できたかを確認してから、排水溝カバーを元に戻すことがおすすめです。 キッチンの排水溝掃除の頻度 キッチンの排水溝は、以下の頻度で実施するのがおすすめです。 週に2~3回が理想• 最低でも週に1回 ここからは、上記の頻度について、詳しく解説します。 週に2~3回が理想 キッチンの排水溝掃除は「週に2~3回」が理想です。 毎日料理をする場合など、使用頻度の多いキッチン排水溝となると汚れやすくなってしまいます。 また、下記のような状況も同じです。 油が付着した食器を洗うことが多い• ゴミ受けのごみをすぐに処分しない• 食材カスに油が付着している 環境によっては、掃除をしてもあっという間に排水口は汚れてしまいます。 ひどいときは、排水溝が詰まってしまうこともあるかもしれません。 排水溝の汚れは、直接料理や食品に影響するものではありませんが、近くで調理作業をするので、なるべく清潔に保つことが好ましいでしょう。 週に2~3回を目安に排水溝を掃除し、清潔な状態を維持してください。 最低でも週に1回 排水口の掃除は、最低でも週に1回は掃除をしましょう。 普段忙しい方であれば、週に2~3回の排水溝掃除は難しいかもしれません。 しかし、忙しさを理由に、掃除をサボっていると排水溝はどんどん汚れをため込んでしまいます。 臭いやヌメリもひどくなり、より掃除に抵抗を感じてしまうことがあるかもしれません。 排水溝の掃除は、「汚れがひどくなる前」に行った方が、1回の掃除の手間や時間も少ないのでおすすめです。 最低でも週に1回の頻度を目安に、排水溝の掃除を心がけてください。 キッチンの排水溝を綺麗に保つには? キッチンの排水溝を綺麗に保つためには、以下の2つのポイントを把握しておくことが大切です。 毎日60度のお湯をかける• こまめに除菌スプレーを噴射する 排水口は汚れやすく、掃除の手間が大きい箇所です。 できることなら、手間をかけずに清潔な状態を保ちたい、というのが正直なとこではないでしょうか。 しかし、上記の2つのポイントを実施することで、手間なく排水溝を清潔に保つことができます。 それぞれの詳細について見ていきましょう。 毎日60度のお湯をかける キッチンの排水溝と、ゴミ受けに毎日60度のお湯をかけましょう。 ヌメリや悪臭の原因となる雑菌、カビは、60度のお湯をかけるだけで減らすことができます。 雑菌やカビは熱に弱い特徴があり、50度以上で減少するからです。 60度のお湯であれば、より雑菌やカビを減らし、繁殖を防げるので、毎日の習慣にすることをおすすめします。 ちなみに、お湯をかけるおすすめのタイミングは夕食後です。 その日に発生した雑菌をまとめて減らせるので、夕食の洗い物が終わったら、ついでに排水溝とゴミ受けにお湯をかけましょう。 こまめに除菌スプレーを噴射する こまめに除菌スプレーを噴射するのもおすすめです。 除菌スプレーは、雑菌の繁殖を防ぐ役割や、雑菌を減少させる効果が期待できるので、排水溝やゴミ受けにありがちな、ヌメリと悪臭を予防してくれます。 「磨く」「擦る」といった作業がないので、簡単で続けやすいのが魅力です。 また、除菌スプレー以外に、「クエン酸」でも除菌することができます。 もともと、クエン酸には高い殺菌効果があるので、雑菌やカビの繁殖を防ぐにはピッタリのアイテムです。 クエン酸で除菌する場合は、100mlの水にクエン酸を大さじ1加えたものを、スプレーボトルに入れて使用してください。 まとめ キッチンの排水溝は非常に汚れやすく、掃除の手間も大きいのが難点です。 しかし、適切な掃除方法と、掃除頻度、汚れ予防を理解すれば、常に清潔な排水溝を維持することができます。 今回の記事では、多くの方の悩んでいる「キッチンの排水溝の汚れ」を掃除する方法についてご紹介しました。 排水溝の汚れが気になっている方や、しばらく排水溝を掃除していない方は、排水溝まで詰まってしまうことを避けるため、さっそく今回の記事を参考にしながら掃除を実施してみてください。

次の

どろどろキッチンの排水口をピカピカにするための道具と方法をプロが伝授

排水 溝 掃除

すぐに読める目次• 排水溝が臭いときに掃除するべきポイント 排水溝にパイプユニッシュをたっぷりつかったけど効き目がないときは、別の場所にニオイの原因となる汚れがついています。 パイプユニッシュは万能ですが、汚れに届かないと効果はありません。 まず最初に注目していただきたいのが、排水口まわりのアイテムについているヘドロ(汚れ)です。 シンクの水が流れている部分の周辺アイテムにがっつり汚れと雑菌が繁殖しています。 パイプユニッシュを使っても排水溝の臭いが消えないときは、こちらの排水口まわりに存在するアイテムを洗ってあげると問題が解決します。 パイプユニッシュが届かないところ。 排水トラップは、複雑な形状をしているためスポンジではなく、歯ブラシをつかってみがきあげていきます。 これまでのアイテムと同じように、表と裏をそれぞれ掃除します。 こういった複雑な形をしている部分にパイプユニッシュは届かないので見落としがちですよね。 パイプユニッシュをたっぷり使っているのに効かないのは、こういった普段は目にしないところにヘドロが集まっているからです。 気温があがり始める夏になると、悪臭はさらにきつくなりコバエやゴキブリなどを呼び寄せる可能性があります・・・・。 一人暮らしをしていると、こういったシンクまわりからヨゴレていきます。 面倒ではありますが、1度正しい排水溝の掃除を覚えてしまえば怖いものなしです!! 排水溝のもっとも臭いパイプの入り口を洗浄しよう いよいよメインの洗浄ポイントです。 おそらく排水溝にパイプユニッシュをしても効かない原因は、パイプの入り口についている最強レベルのヘドロです。 ヘドロはゴミ袋を用意してそのまま捨てましょう。 排水溝パイプの入り口の側面には、びっしりヘドロがついています。 これをそのまま歯ブラシで落とすか、すくい上げていきましょう。 最終的にはパイプユニッシュで排水溝のなかをすべて洗浄していくので、そのまま落としちゃっても大丈夫です! やりやすいほうでお試しください。 私の場合は、すくいあげつつ、深いところのヘドロはそのまま落としちゃいました。 色もかなり危険なので、飛び跳ねて目にいれないように気をつけてください。 排水溝のなかで1番臭いのがこのポイントになるので、ここをキレイにしてあげると部屋にニオイがひろがらなくなります。 生活臭の原因にもなりやすいところです。 5分ほど排水溝のヘドロと悪臭に耐えながら掃除をしていると、かなりきれいになりました! こういった側面にはパイプユニッシュは付着しにくいですよね。 私も過去には、しっかりパイプユニッシュを排水溝に流しているのに臭いに効かなくてがっかりしたことがあります。 ピカピカになったシンクを見ると幸せな気持ちになります^^ 排水溝の掃除はどのくらいの頻度でやるべきか? 私は週に1度をおすすめしています。 台所のシンクは毎日つかう場所なので、気がつかないうちに汚れがたまっていきます。 排水溝まわりに雑菌が繁殖をして、あっというまに悪臭が発生します。 そのたびにパイプユニッシュを流しても、半分くらいしかニオイが消えないこともざらにあります。 しかし、週に1度は排水溝の掃除をこまめにやっておけば不快なニオイを体験せずに過ごすことができます^^ 夏場のような気温が高い時期でも、排水溝が臭くなるのをふせげます。 油汚れや天板の焦げ付きが生活臭になることもあるのです。 画像つきでわかりやすく説明しています! 排水溝のパイプユニッシュはどのくらいの頻度でやるべきか? 週に1度のシンクと排水溝の掃除がおわったあとに、仕上げとしてパイプユニッシュを使ってください。

次の