ウーバー イーツ 自転車 レンタル。 ウーバーイーツ(UberEats)レンタサイクル|自転車・原付バイクをレンタルバイクで借りよう

Uber Eats(ウーバーイーツ)・電動自転車の比較と購入体験談【ベロスターミニ 】

ウーバー イーツ 自転車 レンタル

この記事の内容• Uber Eatsの配達パートナーは自転車・バイク・原付どれが有利か• 自転車からバイク・バイクから自転車への車両変更方法 Uber Eatsの配達パートナーに登録しようとした時に、決めなければいけないのが「原付で配達するか自転車で配達するか」です。 ここで決めた配達方法は、もちろん後から Uber Eatsパートナーセンターで変更することができますし、 説明会の時に変更することもできます。 なので決められない時は、 一旦手続きの簡単な「自転車配達」を選んで、後から変更するという形がオススメ。 そうは言ってもちゃんと選びたい!そんなあなたのためにこの記事では、以下の内容を紹介していきます! 目次• 原付・バイク・自転車の登録に必要な書類の違い ではまずは「それぞれの配達車両の登録に必要な書類の違い」について紹介していきます! UBer Eatsの配達に使うことができる車両は全部で4つ。 自転車• 原付バイク 125cc未満• 軽貨物 黒ナンバー• 125cc以上のバイク 緑ナンバー ただし、 黒ナンバーと緑ナンバーの取得は、陸運局に書類を送ったりお金を払ったりとかなり面倒です。 参考: もうすでに黒ナンバー・緑ナンバーを取得している人以外は避けたほうが無難でしょう。 それぞれに必要な書類を表にすると以下の通りです。 [全員必要]• 身分証明証の写真• メールアドレス• 電話番号• プロフィール写真 スマホ写真可 [原付で配送する人が追加で必要]• 運転免許証• 自賠責保険証書• ナンバープレートの写真 [軽貨物または125cc以上のバイクで配送する人が追加で必要]• 運転免許証の写真• 自動車損害賠償責任保険の証明書• 任意保険または共済保険の証明書• 車検証または軽自動車届出済証• ナンバープレートの写真 先ほども言ったように、 手続きが最も簡単なのが「自転車」での登録です。 どれにしようか迷っている人は、とりあえず自転車で登録しておきましょう。 もし気が変われば、説明会の際にでも書類を持っていくと、スタッフの案内に従って簡単に登録ができます。 他の配達パートナーはバイク・原付・自転車どれで配達している? 配達パートナーの配達車両はどれが多いのか?Uber Eatsの公式発表はありません。 しかし先日、当サイトはUber Eatsの配達パートナーのアカウントを対象にアンケートを行いました 101件の回答ありがとうございました! これにて回答を締め切らせていただきます。 ご協力ありがとうございました! — [報酬あり]Uber Eatsに関するアンケート実施中! uberharaki このアンケート結果をもとに、他の配達パートナーはどんな車両で配達しているのかをみると以下の通りでした。 125cc以上のバイクで配達している人も見られましたが、本業で運送業をしていてすでに緑ナンバーを取得済みである人が多かったです。 原付と自転車はどっちが稼ぎやすい? 当サイトが独自に行ったアンケートの結果、原付で配達時と自転車で配達時の時給換算の平均を算出しました。 更に詳しい情報は上の参考記事を御覧ください。 今回原付の条件として、 年間走行距離を10000kmとしました。 これは大体1週間で20時間程度稼働したくらいだと考えてもいいでしょう。 よく原付を使う人であればも税金や保険などは、Uber Eatsの配達車両の維持費として換算しなくてもいいかもしれません。 しかし基本的に 原付のほうが維持費が高くつくということは知っておきましょう! 5. 自転車と原付のレンタル車両料金の違い Uber Eatsの対象エリアから少し離れた場所で稼働する場合や、配達できる車両を持っていない場合は、車両をレンタルしなければいけません。 車両をレンタルした場合は、 維持費用やメンテナンスの手間がかからないこともメリットになります。 自転車と原付のレンタル費用は、都道府県別にも異なります。 そこで都道府県別のレンタル車両の料金をまとめていきたいと思います。 ドコモ・バイクシェアとヤマハYPJはUber Eatsと提携しているので、通常料金よりも安くなっています。 ドコモ・バイクシェアリングは通称「赤チャリ」と呼ばれ、Uber Eats配達パートナーの間ではかなり有名なレンタサイクル。 表をみると分かるように、都道府県別で料金が大幅に異なります。 稼働の元が取れそうかどうかを判断してみてください。 帝都産業はUber Eatsと提携しているため、通常よりも料金が割引されます。 レンタルバイクはかなり費用が高いので、 Uber Eatsの配達パートナーで利用している人はほとんどいません。 原付も試してみたいなと思った時に1ヶ月だけ使う、というような使い方が理想かもしれません。 レンタルバイクで長期間配達をするよりかは、中古の原付を買ってしまったほうが結果的に安上がりになる可能性もありますよ。 原付・自転車での配達のメリット・デメリット 原付と自転車のメリット・デメリットを、全てまとめて紹介していきたいと思います。 全て表でまとめた結果以下の通りです。 原付・バイク 自転車 メリット• 体力的に楽• 長距離配達依頼が増えるので、1回あたりの報酬が高くなる• 配達速度が上がる• 広範囲の移動が可能• ダイエット効果がある• 維持費用が安い• 小回りがきく• 短距離配達が多いので配達数を稼ぐことができる• 車両を置く場所は見つかりやすい• 渋滞に巻き込まれにくい デメリット• 駐禁のおそれがある• 渋滞に巻き込まれる可能性がある• 駐輪場所に困ることも• 小回りが利きにくい• 違反の可能性が高くなる• 維持費用が高い• 体力的にキツイ• 長距離配送依頼が少ないので、1回あたりの配達単価が下がる バイクの大きなメリットは、体力的に楽であるということでしょう。 やはりUber Eatsは肉体労働ですから、体力の消耗は結構大きいです。 なので体力がない方だったら自転車での配達は結構厳しいかもしれません。 しかしその反面、原付での配達は小回りが利きにくく、道を間違えてしまうと大幅な時間ロスになることもあります。 一方通行や二段階右折など交通ルールもややこしく、自転車と比べると煩わしく感じることもあるでしょう。 自転車だと体力的にキツイため 原付・バイクは小回りが利きにくいというデメリットはありますが、長距離移動も体力消費が少なく可能というメリットがあります。 なので長距離配達が多くなる、世帯数の少ないエリア、つまり 比較的田舎のエリアはバイクの方が有利と言えるでしょう。 他には坂道の多いエリアなども、自転車配達の人が避けるのでバイク配達の人は狙い目です! 8. バイクと自転車はそれぞれどんな人にオススメか? 以上を踏まえた上で結論として、「バイクをオススメする人」「自転車をオススメする人」についてそれぞれ紹介していきます。 結論からまとめると以下の通りです。 バイク・原付がオススメ 自転車がオススメ• 女性や中年男性など体力に自信がない人• 普段からバイク・原付を使う人• 稼働エリアに精通している人• 比較的田舎で稼働する人• 比較的若い人・体力に自信がある人• 普段原付移動をしない人• 稼働エリアに精通していない人• 比較的都会で稼働する人 女性や中年男性などの体力に自信がない人は、バイクでの稼働がオススメ。 体力面でのデメリットをカバーすることができます。 さらに普段から原付を使う人や、稼働エリアに精通していて道を知っている人は、「道を間違えると復帰が難しい」という原付のデメリットを解消することができます。 逆に 配達するエリアの道をよく知らないという人は慣れるまで自転車を使った方がいいかもしれません。 車両変更は簡単にできるので、とりあえずどちらかで試してみるといいですね。 自転車の車両追加は必要ありません。 好きな自転車で配達しましょう! 車両追加はいつも使っている「Uber Driver」から行います。 まずアプリを起動すると以下の画面になります。 右上のプロフィール写真をタップしてください。 すると以下のような画面になるのでアカウントをタップしましょう。 車両という項目があるのでそこをタップします。 車両追加画面になるので、車両の追加をタップします。 「車種」「モデル名」「年式」「ナンバープレート」「車体の色」を入力した後に、車両を追加するをタップすると完了です。 登録している原付・バイク以外での配達は厳禁。 最悪アカウント停止の可能性もあるので、車両追加や車両変更はしっかりやっておきましょう。 まとめ.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車レンタルを使った方がいい?【バイトではない】|cocoの日常

ウーバー イーツ 自転車 レンタル

つい最近、実は再びレンタルサイクル(赤チャリ)でUber Eats ウーバーイーツ の配達をする機会を得た、ばっしー()です。 理由は最後にチョロっと。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達をプレイするにあたり、レンタルサイクルのドコモ・バイクシェア「乗り放題プラン」って実際どうなの? 月額4000円での利用価値と利便性は?自転車を買おうか、電動の赤チャリをレンタルしようか迷う…。 という疑問や悩みに、今回3回目の契約をして乗ってみて改めて感じたことをまとめますね。 ・会員プランを初めに登録する際は 一回会員で問題なし。 後に変更。 ・会員証(ICカード)登録はなしを選択する。 以上を注意してまずは通常の個人向けプランに登録しよう。 そして登録完了後、忘れずに下記バイクシェアのお問い合わせ先へプラン変更の依頼メールを送信。 個人プランへのお申込みが完了しました。 乗り放題プランを契約する前に確認しておきたいこと ・実際にプレイする時間数 自由な時間に即オンラインをしてプレイすることができるのがUber Eats ウーバーイーツ ではありますが、自分が月どの位の時間数をこなすのか。 あらかじめ計算をしてみて下さい。 先述のとおり、法人向け乗り放題プランが2020年4月より1回4時間の乗り放題。 とまさかの改悪となりました。 もはや乗り放題ではない。 4時間を過ぎると30分毎100円の課金にとらわれて時間を気にしながらの配達になること必死で、良いパフォーマンスは発揮出来ないだろうし、経費増の利益減です。。 ん〜この新料金プランの改悪は赤チャリ勢には結構な痛手かもしれませんな…。 今後、新規で法人向け乗り放題を契約する際は十二分に検討した方が良いですね。 ・サイクルポートまでの距離 レンタルサイクルのポート(駐輪場)までの距離をあらかじめ調べておく必要があります。 バックさえ持ち歩いていれば、エリア内のポートのどこからでもスタート可能ですが、初めに借りるポートや最後に返すポートが自宅から、駅から、オフィスから…etc 遠い場合はポートまで歩く必要が当然出てくる。 ・1日パスで体験 月額乗り放題を契約する前に、試しに1日パスを1500円で購入しまる1日試しにウバ活してみるのも吉。 電動アシスト自転車の快適さや、バッテリーの減り具合や乗り換えのタイミングの確認、サイクルポートの位置確認などが出来るので、どんな具合か一番良くわかると思います。 ただ当たり前の話、自転車のウバ活は体力はかなり消耗します。 それはそれはもうバイクでの配達とは比べ物にならないくらいカロリーを消費するわけです。 走る地域や時間を考え、はじめのうちは電動である赤チャリを利用してある程度体力をつけ、それから自前の自転車にする。 と言う方法が良いかもしれません。 それは、自転車を持っていない、またはこれから購入するという場合も同じです。 赤チャリのアシスト機能有りでも1日ウバ活をすると、初めは相当疲れると思います。 しばらくすると徐々に体力がついていく事は実感できるはずで、ある程度体力に自信をつけた上で自分に合った自転車を購入すれば、配達回数も更にグンっと伸びるはずです。 まとめ(レンタルサイクルを借りるべき人) ・ウバ活を始める際にサイクルポートまでの距離が遠くない。 ・1日4時間前後の配達をする場合。 ・ほぼ毎週、土日にウバ活をする。 ・ノーマル自転車を持っているが体力に自信が無い。 ・自転車を持ってなく購入しようか迷っている。 これらどれか1つでも当てはまる場合はレンタルしてみるべきですね。 1日だけでも、あるいは1ヵ月〜数ヵ月だけでもイイと思います。 1つだけ注意点を書いておくと、このレンタルサイクルしかり、電動自転車には必ずバッテリーの残量の問題がつきまとうこと。 特に長時間の赤チャリ利用は、バッテリー残量が少なくなると乗り換えなくてはならないので、その都度サイクルポートを探し、移動しては自転車を交換するという作業が必ず発生するのがデメリットでもあります。 さらに言うと、やっとの事で見つけたサイクルポートの赤チャリのバッテリー充電がすべて不十分で再度ポートを移動…なんてことも。 サイクルポートの位置関係から時間帯別の赤チャリの量、利用しやすい時間帯からバッテリー交換が行われる巡回タイミング等を少しずつ把握していき、これらのことを考慮して、それでも利用する価値があるのなら、レンタルサイクルの利用を検討してみると良いかと思います。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入や自転車マナーなどを自転車乗りの目線で考える

ウーバー イーツ 自転車 レンタル

サポートセンターでは結構な情報量を早 口でコンパクト 本業は倉庫業及び運送業で、業務の空き時間や休日の時間を運動不 足解消も兼ねて有効活用しようと始めました。 あとは街で配送して いる方を見かける機会が増えたので、興味本位で登録したという理 由もあります。 登録場所は秋葉原で、こちらからも端折りつつトー タルで15分程度でしょうか、とてもスムーズでした。 タブレット 端末一台と各々がマニュアルを見ながら、3人同時に説明を受けま した。 登録会場は広くはありませんでしたが、カジュアルな雰囲気 で小綺麗で良かったと思います。 最後に黒の配達用UBERバッグ の説明を受けて解散しました。 トレーナーの方も結構な情報量を早 口でコンパクトにまとめていて、とても優秀な印象を持ちました。 参考画像 画期的な運用方法による新しい業務形態という事で、とても興味深 く勉強になります。 また、いろいろな角度から、社会を見ることは 誰しもの良い経験になるのかと思います。 余計な気遣いや無駄な制 約がなく、拘束されずに自分のペースで働けるならば、それは理想 的な働き方だと思います。 今後も、様々な業種で発展して行けばい い業務形態だと思います。 実際、普段デスクワークばかりで運動不 足になりがちな方や週に数日だけパートをしたい専業主婦さん等、 週に数日ジムでサイクリングやランニングするよりも、週に数日U BERの配達をすれば一挙両得ではないでしょうか。 今後は、自分 の具合や本業の都合やUBERの需要を鑑みつつ続けて行ければと 思います。 坂などは気合いを入れずに淡々とペダリング まだUBER新人ですので僭越ですがアドバイスをと思います。 私 はロードバイクでの通勤や、たまの週末に100キロ程度のライド の経験があり、疲れない乗り方を普段考えていました。 追い込むよ うに乗るとどこまでも厳しくなるし、逆に負荷をかけなければ比較 的楽に乗り続ける事ができます。 基本的には軽いギアで回転数を上 げた方が楽で、坂などは気合いを入れずに淡々とペダリングすべき です。 インセンティブ制だと、どうしても数をこなそうとムキにな ってしまいがちですが、出来るだけ疲れないように、息が上がらな いように気をつけると長い距離を少ないカロリーで走り続けること が出来ると思います。 江東区、墨田区、台東区、中央区、港区、千代田区、品川区、で配 達しましたが、 ファストフード店とマンション群との配置とその量 、勾配の有無、自分の家からの距離等を鑑みて各々の最適な場所が あると思います。 UBERのキャンペーンとブーストの有無も重要 なファクターかと思います。

次の