ヘイムダル オレカ。 オレカ北欧神組BOT(@hokuousinbot)のプロフィール

さすらい の ヘイムダル(@wandring_heim)のプロフィール

ヘイムダル オレカ

重く感じる身体を起こし辺りを見回す。 どうやら薄暗い聖堂のようだ。 しかし自分はここにいた覚えはない。 ここは一体どこなのだろうか。 そう思いながら起きる。 とりあえず先へ進めば分かるだろう。 そう思い、歩みを進めた。 先へ進むと他の存在の気配を感じた。 少し歩みを進める。 だが名は知っている。 ロキ「やぁ、ヘイムダル。 どうやら目を覚ましたみたいだね。 え?ここはどこかって?あははっ、それがボクも分からないんだよねぇ。 気付いたらここにいてさ・・・」 どうやらロキも同じのようだ。 ということは・・・他の6人も恐らくそうなのだろう。 とりあえず奥を目指し先へと進む。 道の両脇にある椅子にそれぞれ腰かけていた。 辺りを見回し戸惑っている様子の可憐な人魚、俯き座っている青いマントつけ白い鎧を纏った編み込んである長い金髪の少女、何やら面白げに笑っている顔に包帯を巻きつけシルクハットを被りボロボロのマフラーと服を纏ったアンデッドのような見てくれの男、何かを考え込んでいる様子の6枚の翼を持った白い大天使、そして互いに険悪な表情で睨みつけあっている緑肌をした赤と緑の長い髪を上に編み緑の腰布をつけ赤と緑の6枚の翼のような飾りを付けた竜人の男と椅子のような被り物を頭に着け黄色い着物に身を包んだ白肌の男・・・・。 その少女はこちらに気付き微かに微笑む。 ???「・・・どうやら全員揃ったみたいですね。 」 ヘイムダル「・・・これは何事だ。 」 ???「御心配なく・・・それは今から説明します。 」 そう言うと少女は軽く手を叩く。 皆、その少女の方を見た。 ???「ようこそ・・・この場所に来てくれた事を歓迎しましょう。 あなたたちはこの『ゲーム』に選ばれました。 」 ロキ「ゲーム?」 マオタイ「それはどういうことなのだ。 早く余達を帰せ。 」 ???「帰りたくばこの『ゲーム』に勝てばいいだけの事です。 では『ゲーム』の説明をしましょう・・」 そう言うと少女は一度目を閉じ再び開きこちらの方をしっかりと見据える。 ???「あなたたちは一年以内に最悪の出来事を起こすか死ぬ運命にあります。 しかし、このゲームに勝利すればその運命を回避する事ができ、二度とこのアンダーオレカ界に来ることはないでしょう。 勝利するためには相手の『未来の記憶』を二つ奪わなければなりません。 その為にそれぞれにふさわしいパートナーを与えましょう。 さぁ、自分のパートナーと共に勝ち抜くのです。 」 英雄ジャンヌ「拷、問ですって・・・?」 メロウ「そんな事しなきゃ・・・いけないの・・・?」 光王エーリュシオン「何・・・?そんな事をしろと?!ふざけるな!」 一部のオレカモンスターは戸惑う。 それもそうだろう。 突然、見慣れぬ場所で目覚め、見知らぬものにそのような事を言われては。 ???「詳しい話は『向こう』に着けばあなたたちのパートナーがしてくれるでしょう。 では・・・健闘を祈っています。 」 その言葉を聞いたと同時に視界が光に包まれ意識が遠ざかっていった。 [newpage] ???「・・・おい。 ・・・覚ま・・・お前、目を覚ませ・・・ヘイ・・・ル・・!」 誰かが自分を呼んでいる。 その声で目を覚ます。 まず視界に入ってきたのは浮かんでいる瓦礫と星空だった。 ゆっくりと身を起こす。 ???「起きたか・・・ここがお前の選んだ場所のようだな。 」 傍には白い長髪をしており、緑の瞳をしており片目が覆い隠されている方に大きな薔薇の髪飾りをつけ、腰に大きな薔薇の飾りのついた白い軽装の上に白いマントをつけ、上のない黒いタイツのようなものを足に履き白いぺたりとしたような靴を履いた少女がいた。 ヘイムダル「汝は・・誰だ・・」 ???「私は切断刑のラヴィ。 お前の・・・パートナーだ。 よろしく。 」 どうやら彼女こそがあの少女のいっていた『パートナー』なのだろう。 ヘイムダル「ここはどこなのだ。 『アンダーオレカワールド』だ。 いわゆる・・・地獄のようなものとでもいえば分かるだろう。 こうして見ると分かるだろう?それだけこの世界が荒れているか・・・だがそれでも、この地を欲する者もいる・・喉から手が出るほどに。 」 ヘイムダル「そうか。 ・・・夢ではないのだな。 」 ラヴィ「いかにも。 これは夢ではない。 」 そう言うとラヴィは遠くの方を見つめる。 ラヴィ「・・・ここは随分と都から離れた外れの方だな。 だが・・・この光景を見ればここがいわゆる『地獄』であると信じるしかないだろう?」 確かにその通りだった。 そう信じるしかないだろう。 ラヴィ「さて、もう『ゲーム』は始まっている。 他の『参加者』を探すんだ。 『ゲーム』をするためにも。 」 とりあえず先へ進むしかないだろう。 そう思いヘイムダルは通れる道を通り先へと進んだ。 [newpage] 浮いている瓦礫の上を歩き進む。 銀河のような空間の中、浮いている瓦礫を歩いているというのは実に不思議なものだった。 しばらく進むと階段が見える。 その上から複数人の気配がする。 あの大天使と黄色い衣に身を包んだ者だけがいない。 英雄ジャンヌ「・・・あなたは、ヘイムダルね。 私はジャンヌ。 そこにいるロキから話は聞いたわ。 私達5人は協力して行動することにしたの。 」 ライシーヤ「我が名はライシーヤだ。 」 少し考えているとラヴィの声が脳内にした。 ラヴィ『・・・ここは仲間になったふりをして機会を伺うのだ。 お前はまだ『拷問』の仕方を知らないのだしな。 それにこの人数を相手に勝てると思うか?』 何にせよ一人で動き回るのは難しい話だ。 とりあえず多人数で動いた方がいいだろう。 ヘイムダルは頷いた。 英雄ジャンヌ「懸命ね。 じゃあ、皆で絶対にここから抜け出しましょう!」 メロウ「ちょ、ちょっと待って・・・そこにいるヘイムダルさんも・・連れて、行くの?」 英雄ジャンヌ「だって一人でも多い方が身を守れるでしょ?それにあの二人の姿がない。 だとしたら・・・危ない。 」 ロキ「それに大丈夫さ。 ヘイムダルは襲おうとする奴じゃないからさ。 ボクも賛成だね。 」 ワイト「私も賛成だねェ。 」 英雄ジャンヌ「うふふっ、そうでしょ?」 メロウ「・・・うん。

次の

ロキとは (ロキとは) [単語記事]

ヘイムダル オレカ

新5章『氷劇の行路』より 続・の愉快な仲間達 先日、ヘイムダル超カッコいいから調べてみたらって激渋い浪漫!と他のオレカのモンスターをディギング。 パワーだ、脳みそにびっちりと筋繊維が張り巡らされたようなパワー。 が、僕のトールは空から降ってきたのでコマンド潜在能力の有無は分からず。 このトール、1・2リールに初期配置された等の問題なのか、とにかくコマンド変化が重い。 ヘイムダルの育成を終了したのが5月末頃で、おそらくその頃に手に入れそこからすぐに育成を開始したので2ヶ月。 割とマジで常にスキャンしまくって2ヶ月でもこの状態だ。 なんと長そうな道のり。 万能感すごい 超強力な体力と攻撃力を持ち合わせバンザーイ!と大喜びしていたのだが、初期コマンドに近いカードを使用していて感じた。 トールは物理・魔法・ステータスアップと、攻撃力を底上げし、さらに物理・魔法のどちらかが禁止された場合でも攻撃に転じられるような、万能間がハンパじゃなかった。 だだと騒いでおいてなんなのだが、打撃一辺倒ではないハイブリッド、次世代のだ。 のニューエイジ。 この攻撃力で魔法も覚える部分はかなり応用が利く。 超高火力のせいか単純打撃では「必殺」は覚えずに「」までとなっているがそれでも200近くを叩き出し、土属性への属性一致「サンダー!!!! 」や「雷の槌」は300を上回る。 さらに初期攻撃力も高いのでこうげき!等に止まっても80以上のダメージを叩き出し、ほぼ捨て技無し。 万能感すごい。 この人超オススメ。 昨今話題のアベンジャーズに登場するソー もちろんご存知かと思うのだけど、昨今テレビでの映画放送や現在公開されている映画で話題となっているアベンジャーズに登場するソーはこのに登場するトールだ。 原作アメコミ『』からアベンジャーズへの加入となったこのマーヴェルコミックスのソーもかなりの強さ。 手を抜いてアイアンマンをねじ伏せ、本気を出せばパワー系最強のハルクすらも封じ込められるとさすが神。 なかなかに最強だ。 実写化に際し幾分スマートなルックスへと変化したこのだが実際のコミックスでの容姿はこんな感じ。 *手にしているのがハンマーのムジョルニア=、腰に巻いているのが力帯メギンギョルズで、ではこれを締めている事により神的なパワーをさらに高めたり出来る。 おいちょっと待てよ!羽のついた帽子 兜 とかロマンティック過ぎないですか! そう、僕の中でのソー=トールはこのイメージが強く、むしろこのダサさ成分の抜けきった実写ソーは少しさっぱりしすぎているような気がしたくらいだ。 このアメコミソーのマッチョとのコンビネーションがヤバめな羽は19世紀に以降に流行したの絵画からの影響なんだそうで。 そう言われてみれば、に登場するもこのような形状の兜を装備しており、メーカー違いで言えばから発売されたソフト『』のもこの兜を装備。 ほげー、なるほどね。 多分次は。 何故か育成枠がおじさんだらけの僕の編はもう少し続くはず。

次の

切り身のオレカブログ

ヘイムダル オレカ

新5章『氷劇の行路』より 続・の愉快な仲間達 先日、ヘイムダル超カッコいいから調べてみたらって激渋い浪漫!と他のオレカのモンスターをディギング。 パワーだ、脳みそにびっちりと筋繊維が張り巡らされたようなパワー。 が、僕のトールは空から降ってきたのでコマンド潜在能力の有無は分からず。 このトール、1・2リールに初期配置された等の問題なのか、とにかくコマンド変化が重い。 ヘイムダルの育成を終了したのが5月末頃で、おそらくその頃に手に入れそこからすぐに育成を開始したので2ヶ月。 割とマジで常にスキャンしまくって2ヶ月でもこの状態だ。 なんと長そうな道のり。 万能感すごい 超強力な体力と攻撃力を持ち合わせバンザーイ!と大喜びしていたのだが、初期コマンドに近いカードを使用していて感じた。 トールは物理・魔法・ステータスアップと、攻撃力を底上げし、さらに物理・魔法のどちらかが禁止された場合でも攻撃に転じられるような、万能間がハンパじゃなかった。 だだと騒いでおいてなんなのだが、打撃一辺倒ではないハイブリッド、次世代のだ。 のニューエイジ。 この攻撃力で魔法も覚える部分はかなり応用が利く。 超高火力のせいか単純打撃では「必殺」は覚えずに「」までとなっているがそれでも200近くを叩き出し、土属性への属性一致「サンダー!!!! 」や「雷の槌」は300を上回る。 さらに初期攻撃力も高いのでこうげき!等に止まっても80以上のダメージを叩き出し、ほぼ捨て技無し。 万能感すごい。 この人超オススメ。 昨今話題のアベンジャーズに登場するソー もちろんご存知かと思うのだけど、昨今テレビでの映画放送や現在公開されている映画で話題となっているアベンジャーズに登場するソーはこのに登場するトールだ。 原作アメコミ『』からアベンジャーズへの加入となったこのマーヴェルコミックスのソーもかなりの強さ。 手を抜いてアイアンマンをねじ伏せ、本気を出せばパワー系最強のハルクすらも封じ込められるとさすが神。 なかなかに最強だ。 実写化に際し幾分スマートなルックスへと変化したこのだが実際のコミックスでの容姿はこんな感じ。 *手にしているのがハンマーのムジョルニア=、腰に巻いているのが力帯メギンギョルズで、ではこれを締めている事により神的なパワーをさらに高めたり出来る。 おいちょっと待てよ!羽のついた帽子 兜 とかロマンティック過ぎないですか! そう、僕の中でのソー=トールはこのイメージが強く、むしろこのダサさ成分の抜けきった実写ソーは少しさっぱりしすぎているような気がしたくらいだ。 このアメコミソーのマッチョとのコンビネーションがヤバめな羽は19世紀に以降に流行したの絵画からの影響なんだそうで。 そう言われてみれば、に登場するもこのような形状の兜を装備しており、メーカー違いで言えばから発売されたソフト『』のもこの兜を装備。 ほげー、なるほどね。 多分次は。 何故か育成枠がおじさんだらけの僕の編はもう少し続くはず。

次の