格安スマホ ラインモバイル。 格安SIMでLINEを使うために知っておきたい7つの注意点や対処法を解説!

「格安スマホ」と「普通のスマホ」はどこが違うのか?

格安スマホ ラインモバイル

うーん、正直、LINEモバイルって他の格安SIMよりお得なのかしら…? 最近耳にする機会が増えてきた格安SIM。 テレビCMでも「今のスマホそのままで乗り換える」とか「毎月のスマホ代が半額以下」など、唱っている会社が多いですよね。 ただ気になって調べてみると、 「数が多くてわからない」「結局どれが一番いいのか、自分に合っているのか、分からない」という方が非常に多いようです。 私も、LINEモバイルに乗り換える前は、格安SIMのことをひたすら調べていました(まぁそれが大手携帯会社での私の仕事でもあったのですが…(笑))でも、調べれば調べるほど、どれがいいのか分からなくなってしまったのです。 正直、料金も似たり寄ったりで、「ここが私にとって一番おトクだ!」と確信をもって言えるようになるまでには相当時間がかかりました。 ということで、当時の私と同じ状況にいる方のために、この記事では、LINEモバイルが他の格安SIMよりお得なのか。 何が違うのかを1つ1つ丁寧にご紹介していこうと思います。 「とにかく数が多くて分からない」という方や、 「LINEモバイルは結局、他の格安SIMよりお得なのか」と疑問に思っている方。 ぜひ参考にしてみてください。 なるほどねぇ。 使っている回線も、SIMカードの種類も全く同じだけど、LINEモバイルのほうが安いのね。 LINEモバイルとmineoでは3GB以外のプランでも料金はほとんど変わらない! 「一番人気の3GBのプラン以外は、料金は大して変わらないんじゃないの?」とお考えの方。 下の表をご覧ください。 これは、LINEモバイルの音声通話SIMと、mineoDプラン・デュアルタイプの料金を比較したものです。 LINEモバイル mineo 差額 500MB 1,100円 1,400円 300円 3GB 1,480円 1,600円 120円 6GB 2,190円 2,280円 90円 10GB 3,200円 3,220円 20円 20GB - 4,680円 - 30GB - 6,600円 - 同じ容量で比べると、LINEモバイルのほうが20円~300円割安となっていました。 ただし20GBや30GBはLINEモバイルで選べないので、 大容量プランを契約したい場合はLINEモバイルよりmineoがおすすめとなります。 line. データフリーは 「契約している通信量には含めいない」という意味で、データフリー対象サービスにどれだけアクセスしても、あなたのデータ量を消費することはありません。 LINEのデータフリーは、追加料金なしでどのプランにも付随してきますよ。 LINEモバイルでは「データフリーの恩恵をたくさん受けて、いつもより少ないデータ量で契約ができたから、より節約になった!」という方も非常に多いんです。 データフリー対象サービスは、選んだオプションによって異なりますが、TwitterやInstagramなどの主要SNSがカウントフリーにできます。 関連記事 LINEモバイル以外の格安SIMでは、LINEの年齢認証とID検索は行うことができません。 ID検索ができないと、友だち追加が不便ですから、この点はLINEモバイルのオススメポイントと言えるでしょう。 LINEモバイルはプランがシンプルで1年目も2年目も料金が変わらない! LINEモバイルはプランが非常にシンプルで変動することはありません。 格安SIMを調べていると、1年目の料金と2年目の料金が異なる会社がたくさんあることに気づきます。 それって一見おトクなようで、非常に分かりにくいですよね。 「ここの会社安いじゃん!」と思っても、その料金は半年や1年限定で、それ以降は値上がりしてしまい全然おトクではないのです。 「それじゃあ、2年あたりの総額はいくらかな」と計算しだすと、もうややこしすぎて何が何だか分からなくなってしまいます。 その点、LINEモバイルにはそういったややこしさは一切ありません。 1年目も、2年目も、ずーっと料金表通りの基本料で利用可能です。 また、途中でプランを変更しても、割引が消えてしまうといったこともなく、余計なストレスゼロで使うことが出来ます。 ドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線の全ての回線を提供している• 対象のサービスへの通信量をカウントしないデータフリーがある!• 時には大手携帯会社を上回ってしまうほど、通信の速度がものすごく速い!• LINEの年齢認証とID検索ができる• データを翌月末まで繰り越すことができる• LINEモバイルの友達同士でデータをプレゼントしあえる• テザリングがタダで使える• テザリングをしている分もカウントフリーになる• 契約者と利用者を分けて設定することができる• フィルタリングサービスも無料でついてくる• サポートシステム「いつでもヘルプ」が便利• クレジットカードがなくても契約できる• 保証オプションが充実している• 10分のかけ放題がある• 外国の方も契約できる• 評判がすこぶるいい この中で気になるポイントがありましたら、「」で解説していますので、参考にしてみてくださいね。 こんな方におすすめ• SNSをたくさん使う人にはおトク!• シンプルさを追求する人にはおトク! つまり、みなさん一概にLINEモバイルがおトク!なのではなく、 SNSをたくさん使う、SNSが重要!シンプルな料金プランが分かりやすくて良い!という方にとっては、LINEモバイルはおトクと言えるのです。 当サイトでは、LINEモバイルを一押ししていますが、全ての方にLINEモバイルが理想の格安SIMだとは考えていません。 例えば、通信速度が何よりも重要!という方にとっては大手携帯会社の継続利用や、大手携帯会社のサブブランドであるやがオススメだと考えていますし、サポート体制の充実を求める方には、が向いていると思います。 このように、格安SIMの利用にあたって 「毎月の料金以外で何が重要ポイントか」をきちんと考え、その重要ポイントにマッチする格安SIMを見つけることが大切でしょう。 すーちゃん まとめ:格安スマホ(SIM)選びでは、料金以外に重要ポイントを見つける必要がある! いかかでしたか。 今回は、正直LINEモバイルはおトク?という疑問を徹底解剖してみました。 格安SIMへの乗り換えを検討している方は、 どうしても毎月の料金に目が行きがちです。 最も、毎月のスマホ代を少しでも安くしたくて格安SIMを検討しているのでしょうから、それはある意味当たり前のことだと思います。 しかし、幸か不幸か、 格安SIMの料金プランはLINEモバイルが若干安い程度で、基本的にはどこも大して変わりません。 料金面以外でご自身にとって何が重要かも、合わせて考えてみてください。 そうすることで、あなたにぴったりな格安SIMがおのずと見つかってくると思いますよ。 なお、ここまで読んでいただいて、「LINEモバイルが気に入った!」「自分の重要ポイントとマッチしている!」という方は「」でLINEモバイルへの乗り換え方法を丁寧に解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ここだけの話、正直、今月のLINEモバイルのキャンペーンは非常にアツいです。 今ならなんと、基本料が2ヶ月間ゼロ円+データフリーオプションも無料になります。 さらにさらに、ウェブ契約限定キャンペーンも実施中でして、さらに最大10,000円分のLINEポイントやLINE Pay残高がもらえます! 毎月LINEモバイルのキャンペーン情報をまとめている私でさえ、 今月ほど魅力的なキャンペーンはみたことがありません。 新プラン発表に伴い、かなり魅力的なキャンペーンが用意されたのでしょう。 詳細はでまとめていますので、ぜひチェックしてください。 この時期を逃すのは非常にもったいないです。 ぜひこの機会にLINEモバイルで快適なスマホライフをスタートさせてみてはいかかでしょうか。

次の

シニア向け格安スマホおすすめランキング

格安スマホ ラインモバイル

実は・・LINEモバイルは他の格安SIMに比べても利用料金はそれほど変わらないのです。 でも下記のサービスがあるのでLINEモバイルは他の格安SIMよりも料金を安くすることが可能なのです! データ通信SIM(SMS付)で本人確認済みのLINEアカウントが作れる 090の電話番号が必要ないならデータ通信SIMというタイプのSIMカードでOKです。 多くの格安SIMではデータ通信SIMにSMSというオプションをつけることで、仮の電話番号が振られるためこの仮の番号を使ってLINEアカウントを作ることができます。 LINEモバイルのデータ通信SIMはSMSがついてくるので、オプションを付けなくてもLINEアカウントが作れます。 また、LINEでID検索などをする場合には年齢認証が必須です。 しかし、ほとんどの格安SIMでは年齢認証ができません。 LINEモバイルはLINEの年齢認証ができる格安SIMなので使用者が18歳以上ID検索などが利用できます。 LINEなどのSNS利用時のデータ量が減らない LINEモバイルにはカウントフリーというサービスがあります。 カウントフリーはSNS利用時のデータ量が減らない。 というサービスです。 SNSの利用時間が長い売、データ量を節約することができます。 LINEモバイルは通信速度も速く、使用料金も安い。 コスパ最高!!という評判の格安SIMです。 子どものスマホとしては『フィルタリングソフトの i-フィルターが無料に使える』のというのも大きな特徴です。 他の格安SIMなら通常300円~400円程度必要になってしまうので、かなりお得です。 LINEモバイルユーザー同士ならパケットを送りあえる LINEモバイルユーザー同士なら自分のパケットを送ったり、もらったりすることができます。 家族でLINEモバイルを使えば、パケットをわけあうことができますね。 家族だけでなく、友達にも送ることができますよ。 2回線目からの契約は事務手数料が無料、あるいは割引あり LINEモバイルでは音声通話SIMの契約なら2回線目の契約からは通常3,000円必要な事務手数料が無料です。 データSIM(SMS付)も通常3,000円必要な事務手数料500円です。 18歳未満の子どもはLINEモバイルの契約はできないので、保護者が契約をして利用者として子どもを登録することになります。 保護者も一緒にLINEモバイルを使うことになっても事務手数料が不要なので乗り換えしやすくなります。 LINEモバイル契約前に、ここは要確認!! LINEモバイルは安くて安全なスマホを家族で持つことができます。 でも、おすすめができない方もいます。 格安SIMの設定などがとても不安 LINEモバイルはLINEトークやメール、電話などでのサポートがあります。 とても充実したサポートではありますが、店頭でのサポートがありません。 もしもの時に店頭でのサポートが欲しいという場合には、LINEモバイルはお勧めができません。 LINEモバイルでは名義変更ができない LINEモバイルは名義変更ができません。 例えば子どものスマホをLINEモバイルで契約をして、高校を卒業したので本人の名義に変更しようと思ってもできないのです。 電話番号が変わってもよければ、解約をして再契約をすればOKですが、電話番号を継続をして使いたいなら名義変更ができる格安SIMや大手キャリアに転出をして、名義変更をしてからまたLINEモバイルに転入をするということになります。

次の

【2020年7月】格安スマホの人気ランキング|おすすめ11社を料金・通信速度から比較!

格安スマホ ラインモバイル

格安simでLINEを使うときは「音声通話付sim」か「SMS付データ専用sim」を選ぼう 格安simには ・音声通話付sim ・データ通信専用sim(SMSあり) ・データ専用sim(SMSなし) と3種類あります。 もし格安simでLINEを利用するなら「音声通話付sim」か「SMS付データ専用sim」を選びましょう。 SMS機能が必要な理由は、LINEを利用するときに本人確認の為の認証番号がSMSで送られてくるので登録作業が非常にスムーズに行えるからです。 ちなみに通話もできる音声通話付simにはSMSが基本付帯しています。 電話番号を変更される方はLINEアカウントの電話番号は必ず変更しておく 電話番号そのままで格安simや格安スマホの乗り換えてLINEを利用する方は気にしないでいいことですが、 電話番号を変更される方でLINEを引き継ぐとき、LINEアカウントの電話番号は必ず変更しておきましょう。 LINEOutが使えなくなったり、解約した電話番号を新規契約者に再発行された場合、この人物がLINEを使い始めた際に、自分のアカウントがリセットされてしまう可能性もあるからです。 LINEアカウントをそのまま引き継ぐには ガラケーから格安スマホに乗り換えたい時や、新しい機種に変更する時は、大半の方がそのままアカウントを引き継きたいと思われていると思います。 LINEアカウントを新しいスマホに引き継ぐには メールアドレス登録 FACEBOOKアカウント認証 と2つの方法あります。 メールアドレス登録 新しいスマホでLINEにログインする際、LINEアカウントに登録したメールアドレスとパスワードが必要です。 登録メールアドレスを大手キャリアのメールアドレスにしている人はgmailやicloudメールなど別のメールアドレスに変更しておきましょう。 大手キャリアを解約すればキャリアのメールアドレスは使えなくなるからです。 キャリアメールを登録している人は「登録解除」するのを忘れずに。 そして、新しい端末でLINEのアカウントを引き継ぐ際、古い端末の設定画面で「アカウント引き継ぎ設定」を開き、スイッチをオンにします。 アカウントを引き継げるのは、スイッチをオンにしてから24時間以内。 なるべく新しい端末でログインする直前のタイミングでオンにするのが好ましいです。 facebook連携でもカンタンにできる 「Facebook」(連携解除)となっていれば、きちんとFacebookアカウント認証が行われています。 SMS機能がついていないデータ通信simの場合、Facabookアカウントがあれば認証できます。 手順はととてもカンタンで「Facebookでログイン」をタップしてIDとパスワードを入力するだけです。 メールアドレス登録かFacebook登録のいずれかでOKです。 ただしこの方法では大切なトークの履歴までは引き継ぐ事はできません。 トークの履歴も残すにはバックアップしておきましょう。 トークの履歴もバックアップしておこう アンドロイド端末からアンドロイド端末に乗り換える場合 紐付けするだけではトークの履歴は引き継げませんので、トークの履歴を保存しておきましょう。 一度PC上などに保存し新端末とPCを接続して引き継ぐ方法と、旧端末でKeepにトーク履歴をバックアップしてアンドロイド端末のみで引き継ぐ方法があります。 バックアップは各トークごとに行います。 重要なトークだけ保存するのが現実的だと思います。 またトーク履歴はメールに添付したり、オンラインストレージに保存できるようになっています。 オンラインストレージとはインターネット上でファイルを共有するサービスで、ネットができる環境さえあればどのパソコンやスマホからでも保存したファイルを開くことができます。 DROPBOX・ONEDRIVE・Google Driveなどが有名です。 無料のものから有料のものまで様々です。 iPhoneからiPhoneに乗り換える場合 iPhoneの場合、iCloudにトーク履歴をバックアップすることで復元可能です。 旧iPhoneでiCloud Driveをオンにする 2. LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップする 3. 新端末に移行した後、LINEのアカウント引き継ぎが終了した後、icloudに接続して上記と同じ手順で進むと「トーク履歴をバックアップから復元」という項目が増えていますのでアップロードすれば移行完了です。 ちなみにiTunesを介したPCでの引き継ぎはトーク履歴が消える恐れがあり、過去LINE公式ブログでも自己責任でお願いしますと注意喚起しています。 iCloudにトーク履歴をバックアップして復元する方法が確実です。 iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneへの引き継ぎはできない iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneへの引き継ぎはLINEのトーク履歴をそのまま引き継いで復元することは不可能で、 テキスト形式のファイルでの保存のみ可能です。 格安simに乗り換えてできなくなること ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアから格安sim・格安スマホの乗り換えて利用できなくなるLINEのサービスや機能があります。 また、、LINEゲームやLINE MUSICなど、LINEと連携するアプリも同じようにインストールできサービスを利用することが可能です。 注意したいのが一般加入電話や携帯電話の電話番号に音声通話をかけられる「LINE Out」。 データ専用のsimだと受信・発信できません。 そして、格安SIM・格安スマホに乗り換えて制限を受ける機能が「LINEの年齢確認」です。 LINEモバイル以外の格安simはLINEのID検索はできない 格安simでLINEを使うとき、デメリットのひとつとして 「LINEのID検索が使えない」という点があげられます。 ID検索とはIDによるユーザー検索機能で、このIDによるユーザー検索機能を使おうと思えば、年齢認証が必須なんですね。 自分からID検索できない上に、相手からも自分のIDが検索できないようになっています。 ID検索できない理由 この年齢認証をするシステムは、LINE側がドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアのみ提供しているからです。 NTT Docomoより ちなみにの格安simだと、LINE年齢認証が利用できるのでID検索も電話番号検索可能になっています。 LINEモバイルの特権ですね。 管理人がオススメするID検索以外の解決策 友人や知人とLINE交換するときID検索以外の代替案を説明します。 ふるふるかQRコードで追加 ID検索ができなくて困るのはグループの作成や友達を追加したいときです。 この場合は、目の前にお友達がいるなら「ふるふる」使うか、そうでない場合はQRコードやURLを生成しましょう。 すると「SMS」か「E-mail」かを選択する画面がでますのでどちらかをタップします。 自分の電話帳に入っているリストが出てきますので、招待したい相手を選びましょう。 するとURLとQPコードが記載されたメーラーが起動しますので、下のほうに書かれているURLを友人に送ればOKです。 パソコン版のLINEから検索する パソコン版であれば、年齢認証なしでID検索できます。 格安simでID認証するシンプルなウラワザ 関連ページ 最近では3歳時でもスマホでゲームをしたり、アプリで遊んだりしますね。 そのうち大きくなってきたら「スマホ持ちたい!」と言いだすと思います。 こどもといっても3歳児から中高生まで幅広いのですが、小学生くらいのこどもだと手が小さいこともありあまり大きくないほうが使いやすいと思います。 ここではこどもにオススメのスマホやアプリ、こどもスマホの基礎知識について解説したいと思います! じっちゃんばっちゃんが見やすくて使いやすい、老眼に優しいスマホはこれ。。。 だと思います。 実機レビューあり。 わからないことはサポートセンターにスグ電話できるので、こどものことやご年配の方のことよく考えたサービスを展開しているなぁという印象です。 私も息子が一人いますのでこども向けの機能はとても便利に感じます。 「格安simの乗り換えたいけどトーンモバイルってキャリアと比べたらどうなの?」と思いますよね。 ここではワイモバイルに実際契約している人が悩みに答えています。 値段は気にしない。 とにかく高スペックのスマホが欲しい人は読みすすめてください! ここでは3万円以上の高性能の格安スマホをランキングしています!長く使えて動画もネット閲覧もストレスなくサクサク見れるのが高性能スマホの魅力ですね。 ここでは2万円台のそこそこ性能がいい格安スマホをランキングしています!この価格帯は一番ニーズがありますね。 ここでは1万円台の格安スマホをランキングしています!安くても十分満足できるスマホはあります。 ここでは「初めてスマホを買う!」という人の為に目的別でわかりやすく格安スマホを網羅しています。 大阪難波駅から日本橋駅までプレイ。 動画撮影をするためスマホとパソコンを両方持ちながら歩いたので、通りすがるおっさんや自転車乗っている香水のニオイがきつい大阪のおばはんには相当いやな目で見られましたが、そんなのお構いなしに堂々とポケモンをゲットしました。 格安スマホで緊急地震速報などのエリアメールを受信できる? ドコモ・au・ソフトバンクは万が一スマホが故障してしまっても保証プランがあります。 格安スマホも同じように端末保証のオプションがある業者はあります。 料金比較や大手キャリアの方が向いている人と格安sim(スマホ)が向いている人を比較しました。 1GBのsimで月当たり約4時間30分youtube動画を見れるという実験結果がでました。 もちろん、この場合には決済システムに対応しているスマホを持っていることが条件となります。 あんまり目立っていないsimフリー端末ですが、コストパフォーマンスは間違いなくいいです。 人気が高い。 定番中の定番になりつつありますね。 ASUS Zen Fone 2 LaserはASUS Zen Fone5の後継機種として販売されたスマホで、よりコンパクトになり進化しています。 価格,comでは売り上げランキング1位だったこともあるsimフリー端末ですね。 iPhoneから乗り換える人も多く、結構売れています。 丈夫で頑丈な上バッテリーの容量も多く、長く使っても壊れにくい特長があります。 現在人気絶好調のarrows M03。 3万円台と値段はフツーですが、ワンセグと防水・防塵はつい欲しい!と思わせるニクイ格安スマホです。 【Ascend Mate7】6型の大画面とバッテリー持ちが抜群! 画面は4. 5インチと大きめの画面が多いスマートフォンの中で小さめな画面なのは、使いやすさの点で魅力です。 片手操作をしたい方や手の小さい方にはぴったりでしょう。 最大の魅力はデュアルsim・スタンバイ。 片方はかけ放題の通話sim、もうひとつはデータ通信用と使い分けができ、それでいてiPhoneの半値で買える3万円前後の価格で手に入るのは魅力です。 このスマホのスペックは高めなのにお手軽な価格ですし、人気を集めたZenfone2 Laserの後継機種ということで人気が出ること間違いなしなスマホです。 ZenFone 3 Maxは確実にヘビーユーザー向けではなく、たまにツイッター、LINEをしたり、クックパッドを見たりするライトユーザー向けです。 16GBだと容量は決お世辞にも容量が多いとは言えないので、動画や写真は外部ストレージに保存するなどして工夫しましょう。 価格は抑えたいけど性能は妥協したくないという方にピッタリのスマホ。 ただしポケモンGO! は要注意! 自分の顔とわからないくらいく修正し偽る・・ゲフンゲフ、失礼、自分の顔だとわかる範囲でかわいく修正可能。 ここまでバッテリーの特化した筋肉質なスマホも珍しいですね。 ある意味気持ちがいいわ。 楽天モバイルとDMMモバイルで格安スマホとして販売しています。 値下げで今が狙い目かもしれません。 格安スマホの代表ともいえるこの端末はなんと7,000円前後というお値段。 数万円もする端末が当たり前ですが、この機種は数千円と桁が違います。 使えるアプリは少ないものの、最低限必要なアプリは揃っています。 動作自体はサクサク動くし、カメラも1300万画素ときれいに撮れるので、見た目とは違いSNSなどに写真を投稿することにも向いています。 スライドさせることでシャキッと出し入れされるハードウェアQWERTYキーボードが純粋にカッコイイです。 AQUOS mini SH-M03の特徴を総合的に考えてみると、十分にメイン機として使用可能な良機種といえます。 小型でハイエンドな構成はもちろんのこと、国内でしっかり使える機能が充実していることがプラスになっています。 防水であったり、本体の両端に内蔵されている2つのスピーカーで大音量ステレオサウンドを楽しめる! honor8(オナーエイト)は楽天モバイルが独占して販売している格安スマホ。 高級スマホHUAWEI P9と引けをとらないほどの高性能格安スマホで、この2つの違いはサイズと重さ、RAMくらいで(honor8は4GB・HUAWEI P9は3GB)非常に似ています。 価格は4万円前後と安くはなくマイナーな機種ですが、、ハイエンド端末が10万円近くすることを思えばこの価格ですばらしい!という機能を備えています。 メイン機として十分使用に耐えうるスマホといえます。 コストパフォーマンスにすぐれ、カメラ、指紋認証パネル、質感、画面の見やすさは及第点ですので、トータルバランスが良い機種です。 目玉はなんと言ってもカメラレンズ。 レイカ製といってレンズのお値段はキャノンの2倍。 comでも上位にランクイン。 メタルボディが美しいHUAWEI P9 liteは、何といってもそのCPU処理能力が魅力ですねー。 ウリのカメラの機能はびっくりします。 奥行き感半端ない。 快適過ぎなくらい処理速度が速く、ハイスペックスマホです。 とくにカメラ機能は、これがあればデジカメを持ち歩かなくてもいいやと思えるほどの完成度。 全体的に無難なスペックにまとまっていて非常に使いやすい。 5インチと比較的コンパクトなので取り回しが効き、デュアルスタンバイができるミドルクラスのスマホです。 負荷のかかるゲームだなどは難しいかもしれませんが、いま格安スマホデビューを悩まれている方は自信をもってオススメできる端末です。 HUAWEI Y6の評価を総合すると、実売価格が少し安くなればメインあるいはサブ機(2台目)としての購入を考えても良い機種、といえるでしょう。 開発元はかの有名な京セラで、このスマートフォンは4. 5インチで片手でも扱いやすいサイズにまとまっています。 Liquid Z330の長所と短所を総合すると、「2台目もしくは中級者以上向けのスマホ」という評価になるでしょう。 京セラLUCEはmineoに提供されており、低価格で丈夫な格安スマホだ!スポーツなどアクティブな人にバッチリ。 確かに1世代前のCPUを採用していたり、コストパフォーマンスがイマイチであるなどの短所はあるものの、デザインと画面表示の美しさは購入に値するものです。 満足度と人気共に1位を争うMoto G4 Plus。 デュアルsimでも他の端末にはほとんどみられない4Gと3Gの同時利用が可能という特徴を持っています。 3万円台というスマートフォンはよくある価格設定なのですが、その中でも性能はひとつ飛び抜けているものがあります。 2100万画素のカメラです。 アクセサリーメーカーが自社開発したスマホ。 windows10搭載がウリ。 仕事用かな?ポケモンgo! はできないぞ! 一番の売りポイントはWindows10と相性が良いこと。 Windows関連のアプリが使えることはビジネスでは非常に便利です。 ZTE BLADE E01は実売価格が15000円を切るという低価格なエントリーモデルです。 しかし、その価格とは裏腹に十分なスペックを搭載していることで、コストパフォーマンスの良さを実現しています。 一世代前の機種からの買い替えであれば、メイン機としてもサブ機としても満足できる可能性が高い機種です。

次の