東京電力 節約。 一人暮らしの電気代を節約する方法|簡単にスタートできる2つの節約術とは

東京電力から東京ガスへの電気の乗り換えは本当にお得?

東京電力 節約

電力会社料金比較 -東京でおすすめの電力会社 5選 2020年6月1日更新 【2020年5月版】電力会社料金比較 -東京でおすすめの電力会社 5選 東京の電力会社を料金で比較!東京ガス、ENEOSでんきなど、みんなのおすすめはどこ? 2016年4月から一般家庭向けの電力が自由化されたことにより、それまで地域独占だった電力会社を、消費者が自由に選び、利用できるようになりました。 しかし、自由化とともに多くの電力会社が登場したため、どこに乗り換えれば電気代を節約できるのかがわからないという方も多いはず。 そこで今回は、 東京で利用できるおすすめの電力会社を、節約生活編集部がピックアップし、料金を比較。 利用者の口コミも併せてご紹介しています。 基本料金(30A):858. 00円• 従量料金:3,142. 50円 =1か月あたり4,001円(税込) 料金比較東京電力 従量電灯B・30A =3,964円 電気を400kWh使用した場合(ファミリーセレクト)• 基本料金(40A):1,144. 00円• 従量料金:9,649. 10円• ガス・電気セット割(ファミリーセレクト) 東京ガスのガスを利用中の世帯が電気をセット契約にすると、月々の電気代から270円割引• 「クックパッド」人気順検索(ファミリーセレクト) クックパッドの有料サービスを東京ガスのWEBサービス「myTOKYOGAS」内で無料で利用可• 電力自由化のスタートと同時に、電力供給サービス「ずっとも電気」を提供している。 一人暮らし向けの「スマートセレクト」と、家族世帯向けの「ファミリーセレクト」の2種類のコースを用意。 ファミリーセレクトも同様に「従量料金」部分の単価を割安に設定。 とくに 電気の使用量が多い家庭ほど、東京電力と比較した場合の割引額が大きくなる。 さらに、ファミリーセレクトでは、東京ガスを利用している世帯が電気の契約を申し込むと、 「ガス・電気セット割」が適用され、月々の電気代から270円が割り引かれる。 その他にもクックパッドの有料サービスの一部を利用でき、水回り等のトラブルにも一定範囲内で無料対応するなど、スマートセレクトにはないサービスが充実。 切り替え後の電気の検針票は紙で発行されるが、東京ガスのWEBサービス「myTOKYOGAS」のマイページ上でも毎月の電気料金や電気使用量を確認できる。 また、電気料金に応じてパッチョポイントが貯まり、Tポイントなどに交換することも可能。 東京ガスを利用中の世帯であれば、最も有力な切り替え候補となる電力会社だろう。 一般的な家庭におすすめのSプランと、深夜の電気代がお得になるオール電化プランの2つのプランを提供。 いずれのプランも東京電力の標準プランと比較すると、電気代がお得になる。 様々な新電力が、既存の電力会社の料金プランに代わるプランを提供しているが、オール電化に対応しているものは数少ない。 オール電化住宅に住んでいる方で、電気代の節約を検討している場合、一度シミュレーションを利用してみると良いだろう。 また 出光昭和シェルは、電気料金プラン利用者向けに、出光昭和シェルのSS(サービスステーション)で給油した場合、1ヶ月に100リットルまでガソリン代が2円/リットルお得になるサービスを提供。 電気自動車に乗っている場合も電気代が200円割引になる。 どの程度お得になるかは、公式サイトから簡単にシミュレーションできるので、電力会社の乗り換えを検討している方は、一度試してみると良いだろう。 電力会社 サービス比較 電気料金を比較 電気を150kWh使用した場合(従量電灯B5)• 基本料金(30A):800. 28円• 従量料金:2,953. 8円 =1か月あたり3,754円(税込) 料金比較東京電力 従量電灯B・30A =3,964円 電気を400kWh使用した場合(従量電灯B5)• 基本料金(40A):1,067. 04円• HTB安心サポート24 電気・水道・トイレのトラブルに24時間365日対応する(月額270円・税込) HTBエナジー(H. )たのしいでんきの特徴 HTBエナジー たのしいでんきは、大手旅行会社H. Sグループ傘下の電力会社。 電力自由化前の地域電力会社と比較すると電気料金が一律5%安くなる「従量電灯B」コースのほか、朝や夜の一定時間の電気料金(従量料金)が無料になる「ママトクコース」「朝ママトクコース」、H. Sを利用した旅行回数に応じて電気料金(基本料金)が無料になる「旅トクコース」などの料金プランを扱う。 とくに 電気料金が必ず5%OFFになる「従量電灯B」コースは、電気の使用量や使用時間帯に関わらず安くなり、確実に電気代を節約できるため、一人暮らし・家族世帯ともに人気が高い。 対応エリアも、東京はもちろん、沖縄電力を除くすべての電力エリアに対応しており、電力会社の乗り換えを検討するのであれば、有力な選択肢となるだろう。 申込み時はHTBエナジーのほうでアンペア契約の変更(20Aから30Aにアップするなど)ができないため、アンペア変更を希望する場合、いったん地域電力会社に申し込む必要がある点や、1年未満の解約の場合に2,160円の違約金が発生する点などに注意したい。 また、検針票は発行されず、請求額や電気使用量はHTBエナジーのマイページ上での確認となる(紙の検針票の発行を希望する場合は手数料216円がかかる)。 従来の地域電力会社と比較すると、利用方法が異なる点はあるものの、電気料金プランの優位性は他の新電力の中でもトップクラス。 とにかく確実に電気代を節約したい、という場合は、ぜひチェックしておきたい電力会社の1つ。 電力会社 サービス比較 電気料金を比較 電気を150kWh使用した場合• 基本料金(30A):858. 00円• 従量料金:3,065円 =1か月あたり3,923円(税込) 料金比較東京電力 従量電灯B・30A =3,964円 電気を400kWh使用した場合• 基本料金(40A):1,144. 00円• にねん とくとく割 2年契約で電気料金が1kWhあたり0. 20円割引(3年目以降は0. 30円割引) JXTGエネルギー ENEOSでんきの特徴 ENEOSでんきは、ガソリンスタンドの「ENEOS」でも知られる石油元売大手・JXTGエネルギーが運営する電力会社。 一般家庭向けには、契約アンペア10~60Aに対応した「Vプラン」を提供。 利便性とお得度の高さから、東京はもちろん、他のサービス提供地域でも高い人気を獲得している。 東京電力エナジーパートナーと比較すると、「基本料金」の部分は変わらないが、電気の使用量に応じて発生する「従量料金」が割安となっているため、電気使用量の多い家庭ほど電気代が安くなる。 また、 電気代をENEOSカードで支払うと、ガソリン代がリッターあたり1円割引になるなど、ENEOSカードが本来提供しているガソリン代割引にプラスアルファして割り引きを受けることができる。 車を利用していない場合は、支払う際のクレジットカードをやなどの特別提携カードに変えることで、 ANAのマイルやエポスポイントを貯めることも可能(還元率0. 5%)。 また、電気料金200円につき1ポイントの Tポイントを貯めることもできる(同上)。 割引や各種ポイントの二重獲得などはできないが、電気の使用量が多い家庭であれば、ポイントやマイルを貯める機会を増やすことができるだろう。 なお、 申し込みの際に2年契約をすると、電気料金が1kWhあたり0. 20円割引になる「にねんとくとく割」もチェックしておきたい。 「電気の使用量が多い(おおむね月300kWh以上)」「車をよく利用する」「電力会社が2年程度固定されてもOK」など、いくつか有利に利用するための条件はあるものの、これらに当てはまる方であれば、 電気料金だけではなくガソリン代もお得になる可能性が高い、おすすめの電力会社だろう。 電力会社 サービス比較 電気料金を比較 電気を150kWh使用した場合• 基本料金:0円• 従量料金:3,960円 =1か月あたり3,960円(税込) 料金比較東京電力 従量電灯B・30A =3,964円 電気を400kWh使用した場合• 基本料金:0円• Looopでんき+ 住宅用太陽光発電システムを設置済み(もしくは今後設置予定)の家庭を対象に、「ソーラー割」「ソーラー割L」「Looopでんち割」を提供。 通常は基本料金+従量料金からなる電気料金を、基本料金0円とすることでシンプルな料金体系を実現。 一般家庭向けには1kWhあたり26円(税込)の「おうちプラン」を提供している。 契約者には電気のトラブルに24時間365日対応する「かけつけるーぷ」が無料付帯。 電気料金の支払い方法がクレジットカードに限定される点は注意が必要だが、 自然エネルギーの普及に力を入れている電力会社を応援したい場合や、太陽光発電システムを利用している(あるいは利用を検討している)場合は、ぜひチェックしておきたい電力会社だろう。 基本料金(30A):788. 40円• 従量料金:3,105円 =1か月あたり3,894円(税込) 料金比較東京電力 従量電灯B・30A =3,964円 電気を400kWh使用した場合• 基本料金(40A):1,069. 20円• 毎月の電気料金をTOKYU CARDで支払うと、電気料金の1%のTOKYU POINTが貯まる• 「イッツコム」「ケーブルテレビ品川」など提携ケーブルテレビの料金が最大350円割引• 電気・ガスの契約でTOKYU POINTの還元率が最大10%になる「TOKYU ROYAL CLUB」への入会に必要な3カウントのうち各1カウントずつ獲得できる 東急パワーサプライ 東急でんきの特徴 東急パワーサプライは、東急グループ傘下の電力会社。 電力自由化のスタートと同時に、東京電力エリア内において、電力供給事業「東急でんき」を展開している。 東急でんきの一般家庭向けの電気料金プランは「従量電灯B」。 東京電力エナジーパートナーの同名のプランと比較すると、 基本料金は最大9. 6%、従量料金は5. 2%割安となっており、契約アンペアが大きいor電気使用量が多い家庭ほど、従来の電気料金と比較して安くなる。 また、東急グループの電力会社として、東急沿線の在住者や東急グループの利用者にメリットの多いサービスを多数用意。 電気料金をTOKYU CARDで支払うと1%のTOKYU POINTが貯まるほか、TOKYU POINTの還元率が最大10%になる「TOKYU ROYAL CLUB」に加入するためのカウントが1カウント付与される。 ちなみに、東急でんきでは都市ガス事業も手がけており、ガス料金の支払いやガス契約においても、電気と同様の特典を受けることが可能。 電気料金そのものは、割引率で比較した場合、他の電力会社に一歩譲る感はあるが、 東急沿線のサービス(定期券、PASMO、東急ストアなど)を頻繁に利用するようであれば、ポイント還元や割引等を総合することで、他よりもお得になる可能性が高い。 東京で東急沿線に住んでいる方はもchろん、東急のサービスを利用する機会が多いユーザーは要チェックの電力会社だろう。

次の

こんなに違うの?電気代の節約には三段料金を理解しておこう

東京電力 節約

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら 「電気ご使用量のお知らせ」の中身を理解する 電気代を節約するには、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」の内容をしっかりと理解することが欠かせません。 電力量料金(従量料金)は使用量に応じて1段階料金、2段階料金、3段階料金の料金設定で課金されます。 お知らせを確認するときは、「請求予定金額」の項目しかチェックしていないという人も多いでしょう。 しかし、それでは電気代を上手に節約することはできません。 なかでも1段料金・2段料金・3段料金は、電気の使用量に応じて電力量料金に格差を設けたものです。 そのため、電気代の節約では三段料金の項目をしっかりと確認する必要があるのです。 【 三段料金の設定概念】 第1段階料金:憲法25条の生存権に基づく最低限度の生活水準を守るための安い料金単価 第2段階料金:標準的な家庭が1か月に使用する電力量を踏まえた平均的な料金水準 第3段階料金:省エネのための高い料金単価 アンペア制の電気料金は、基本料金と電力量料金(従量料金)に分かれています。 そのうち基本料金は、契約アンペア数によって異なる料金が設定されています。 東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bの例では、10Aは280. 80円、15Aは421. 20円、20Aは561. 60円、30Aは842. 40円、40Aは1123. 20円、50Aは1404. 00円、60Aは1684. 80円(すべて1契約・2019年1月現在)です。 契約アンペア数が大きくなると、基本料金も連動して高くなります。 自分の生活には大きすぎるアンペア数で契約すると、余分な基本料金を毎月支払うことになりますので注意しましょう。 【東京電力エナジーパートナー 従量電灯B】 契約アンペア(A) 料金(税込) 基本料金 10A 280. 80円 15A 421. 20円 20A 561. 60円 30A 842. 40円 40A 1123. 20円 50A 1404. 00円 60A 1684. 80円 そもそも三段料金とは何のこと? 三段料金とは、電気の使用量に応じて三段階に分けて電気代を計算することをいいます。 もともと三段料金の制度は、石油危機の際に省エネの推進を目的として制定されました。 東京電力の従量電灯Bの場合では、1段料金(電気使用量が120kWhまで)の電力量単価は19. 52円、2段料金(電気使用量が120kWhを超えて300kWhまで)の電力量単価は26. 00円、3段料金(電気使用量が300kWhを超えたぶん)の電力量単価は30. 02円です。 電気料金のうち電力量料金は、この三段料金に基づいて計算されます。 電力量料金は、使用する電力量が増えれば増えるほど金額が高くなります。 電気ご使用量のお知らせでは、該当する段階料金しか記載されません。 たとえば、1カ月の電気使用量が300kWhを超えていない場合には、2段料金までしかお知らせには記載されないことになっています。 また、三段料金は一般家庭に多い従量電灯Bや、事務所や商店などに多い従量電灯Cのような従量制の電気料金プランで採用されているものです。 毎月高額な基本料金を支払わないために、使用する電力量や適正な契約アンペア数を把握したうえでプランを決定することが大切です。 【東京電力エナジーパートナー 従量電灯B】 今より安く!お得に! 電力会社変更で 電気代の変化を実感してみませんか?• \質問に答えるだけの簡単診断/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/ 三段料金で電気代を節約する方法 三段料金の電気代を節約する方法として、4つのポイントを紹介します。 まず1つ目は、一人暮らしなどで電気の使用量が少ない家庭はできるだけ1段料金の120 kWhを超えないことがポイントです。 2つ目のポイントとしては、電気の使用量が多くなりそうな時期や2人以上の世帯の場合でも、2段料金までに抑える工夫をすることが欠かせません。 2段料金は一般的な家庭の電気使用量に応じたものなので、節約次第では2段料金の範囲内に使用量を抑えることは十分に可能です。 3つ目は、季節や世帯人数によっても違いはありますが、エアコンの設定温度や冷蔵庫の使い方、省エネ家電や照明をLEDに替えるなどの見直しをすることがあげられます。 電化製品の使い方を見直すだけでも電気代を抑えることができるため、まずは無理のない範囲内で簡単に取り組めそうなものから始めてみるとよいでしょう。 最後の4つ目は、電気使用量以外にも基本料金(契約アンペア数)を見直すという方法です。 アンペア数が上がるごとに基本料金も上がっていくため、契約している電気容量を見直すことで電気代を毎月抑えることができます。 電気使用量を抑えられない場合は? さまざまな節約方法を試してみても、電気使用量を抑えられないケースも実際にはあります。 学校や仕事などで居住者全員が日中は外に出ている世帯の場合には、工夫次第で電気使用量を抑えることが可能です。 しかし、自宅で仕事をしている場合や、介護が必要な高齢者や乳幼児のいる家庭などでは、24時間空調を切れないようなケースもあるでしょう。 このように、特別な事情を抱えている場合には、電気使用量を抑えることは難しいかもしれません。 「電気使用量が抑えられていない」と感じているのであれば、電気を使うほど料金が上がるシステムである三段料金を契約するのではなく、三段料金を採用していないプランに変更するという方法も検討してみましょう。 三段料金を採用していない電気プランは従量料金単価が一律での設定になっているため、電気をたくさん使っても従量料金単価が変わる事はありません。 三段料金を採用していない電力会社 プラン 対象エリア ジャストエネルギージャパン JEスマートプラン 北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州 Looopでんき おうちプラン 北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州 ビジネスプラン エルピオでんき スタンダードプランS 東北、中部 AIでんき 個人・ご家庭向けプラン 北海道、東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州 法人・ビジネス向けプラン エネワンでんき エネワンSプラン 関東 あしたでんき 標準プラン 東北、関東、中部、関西、中国、九州 たっぷりプラン この記事のまとめ 電気代は電気の使用量に応じて三段階に分けて電気代を計算する仕組みになっています。 電気代を理解し電化製品の使い方を工夫すれば上手に節約できるでしょう。 使用量に左右されないプランに変更する事も、電気代を抑えられる節約方法です。 電気代の節約には検針票の内容を理解し三段料金の項目を確認しよう• 電力使用量は三段料金によって課金される• 三段料金の節約ポイント ・1段料金、2段料金での使用量で抑える ・電化製品の使い方を見直す ・基本料金(契約アンペア)を見直す ・三段料金を使用しない電力会社に変更 電気代の節約術をいろいろ試してみると、電気代が抑えられる可能性があります。 しかし、節約方法を工夫しても電気使用量が減らないのであれば、使用量に応じて単価が上がる三段料金と自分のライフスタイルが合っていないのかもしれません。 このようなケースでは、電気使用量に左右されない料金プランに変更するのが賢明な方法です。 場合によっては電力会社の切り替えも候補に入れながら、電気代を賢く節約していきましょう。 電気代を比較できるなどを利用し現在の条件を入力して比較してみるのもいいでしょう。

次の

東京電力 プレゼントキャンペーン

東京電力 節約

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら 「電気ご使用量のお知らせ」の中身を理解する 電気代を節約するには、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」の内容をしっかりと理解することが欠かせません。 電力量料金(従量料金)は使用量に応じて1段階料金、2段階料金、3段階料金の料金設定で課金されます。 お知らせを確認するときは、「請求予定金額」の項目しかチェックしていないという人も多いでしょう。 しかし、それでは電気代を上手に節約することはできません。 なかでも1段料金・2段料金・3段料金は、電気の使用量に応じて電力量料金に格差を設けたものです。 そのため、電気代の節約では三段料金の項目をしっかりと確認する必要があるのです。 【 三段料金の設定概念】 第1段階料金:憲法25条の生存権に基づく最低限度の生活水準を守るための安い料金単価 第2段階料金:標準的な家庭が1か月に使用する電力量を踏まえた平均的な料金水準 第3段階料金:省エネのための高い料金単価 アンペア制の電気料金は、基本料金と電力量料金(従量料金)に分かれています。 そのうち基本料金は、契約アンペア数によって異なる料金が設定されています。 東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bの例では、10Aは280. 80円、15Aは421. 20円、20Aは561. 60円、30Aは842. 40円、40Aは1123. 20円、50Aは1404. 00円、60Aは1684. 80円(すべて1契約・2019年1月現在)です。 契約アンペア数が大きくなると、基本料金も連動して高くなります。 自分の生活には大きすぎるアンペア数で契約すると、余分な基本料金を毎月支払うことになりますので注意しましょう。 【東京電力エナジーパートナー 従量電灯B】 契約アンペア(A) 料金(税込) 基本料金 10A 280. 80円 15A 421. 20円 20A 561. 60円 30A 842. 40円 40A 1123. 20円 50A 1404. 00円 60A 1684. 80円 そもそも三段料金とは何のこと? 三段料金とは、電気の使用量に応じて三段階に分けて電気代を計算することをいいます。 もともと三段料金の制度は、石油危機の際に省エネの推進を目的として制定されました。 東京電力の従量電灯Bの場合では、1段料金(電気使用量が120kWhまで)の電力量単価は19. 52円、2段料金(電気使用量が120kWhを超えて300kWhまで)の電力量単価は26. 00円、3段料金(電気使用量が300kWhを超えたぶん)の電力量単価は30. 02円です。 電気料金のうち電力量料金は、この三段料金に基づいて計算されます。 電力量料金は、使用する電力量が増えれば増えるほど金額が高くなります。 電気ご使用量のお知らせでは、該当する段階料金しか記載されません。 たとえば、1カ月の電気使用量が300kWhを超えていない場合には、2段料金までしかお知らせには記載されないことになっています。 また、三段料金は一般家庭に多い従量電灯Bや、事務所や商店などに多い従量電灯Cのような従量制の電気料金プランで採用されているものです。 毎月高額な基本料金を支払わないために、使用する電力量や適正な契約アンペア数を把握したうえでプランを決定することが大切です。 【東京電力エナジーパートナー 従量電灯B】 今より安く!お得に! 電力会社変更で 電気代の変化を実感してみませんか?• \質問に答えるだけの簡単診断/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/ 三段料金で電気代を節約する方法 三段料金の電気代を節約する方法として、4つのポイントを紹介します。 まず1つ目は、一人暮らしなどで電気の使用量が少ない家庭はできるだけ1段料金の120 kWhを超えないことがポイントです。 2つ目のポイントとしては、電気の使用量が多くなりそうな時期や2人以上の世帯の場合でも、2段料金までに抑える工夫をすることが欠かせません。 2段料金は一般的な家庭の電気使用量に応じたものなので、節約次第では2段料金の範囲内に使用量を抑えることは十分に可能です。 3つ目は、季節や世帯人数によっても違いはありますが、エアコンの設定温度や冷蔵庫の使い方、省エネ家電や照明をLEDに替えるなどの見直しをすることがあげられます。 電化製品の使い方を見直すだけでも電気代を抑えることができるため、まずは無理のない範囲内で簡単に取り組めそうなものから始めてみるとよいでしょう。 最後の4つ目は、電気使用量以外にも基本料金(契約アンペア数)を見直すという方法です。 アンペア数が上がるごとに基本料金も上がっていくため、契約している電気容量を見直すことで電気代を毎月抑えることができます。 電気使用量を抑えられない場合は? さまざまな節約方法を試してみても、電気使用量を抑えられないケースも実際にはあります。 学校や仕事などで居住者全員が日中は外に出ている世帯の場合には、工夫次第で電気使用量を抑えることが可能です。 しかし、自宅で仕事をしている場合や、介護が必要な高齢者や乳幼児のいる家庭などでは、24時間空調を切れないようなケースもあるでしょう。 このように、特別な事情を抱えている場合には、電気使用量を抑えることは難しいかもしれません。 「電気使用量が抑えられていない」と感じているのであれば、電気を使うほど料金が上がるシステムである三段料金を契約するのではなく、三段料金を採用していないプランに変更するという方法も検討してみましょう。 三段料金を採用していない電気プランは従量料金単価が一律での設定になっているため、電気をたくさん使っても従量料金単価が変わる事はありません。 三段料金を採用していない電力会社 プラン 対象エリア ジャストエネルギージャパン JEスマートプラン 北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州 Looopでんき おうちプラン 北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州 ビジネスプラン エルピオでんき スタンダードプランS 東北、中部 AIでんき 個人・ご家庭向けプラン 北海道、東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州 法人・ビジネス向けプラン エネワンでんき エネワンSプラン 関東 あしたでんき 標準プラン 東北、関東、中部、関西、中国、九州 たっぷりプラン この記事のまとめ 電気代は電気の使用量に応じて三段階に分けて電気代を計算する仕組みになっています。 電気代を理解し電化製品の使い方を工夫すれば上手に節約できるでしょう。 使用量に左右されないプランに変更する事も、電気代を抑えられる節約方法です。 電気代の節約には検針票の内容を理解し三段料金の項目を確認しよう• 電力使用量は三段料金によって課金される• 三段料金の節約ポイント ・1段料金、2段料金での使用量で抑える ・電化製品の使い方を見直す ・基本料金(契約アンペア)を見直す ・三段料金を使用しない電力会社に変更 電気代の節約術をいろいろ試してみると、電気代が抑えられる可能性があります。 しかし、節約方法を工夫しても電気使用量が減らないのであれば、使用量に応じて単価が上がる三段料金と自分のライフスタイルが合っていないのかもしれません。 このようなケースでは、電気使用量に左右されない料金プランに変更するのが賢明な方法です。 場合によっては電力会社の切り替えも候補に入れながら、電気代を賢く節約していきましょう。 電気代を比較できるなどを利用し現在の条件を入力して比較してみるのもいいでしょう。

次の