きめつのやいば 201巻。 鬼滅の刃は本誌200話(23巻)で完結?回収されていない伏線や今後の予想について

鬼滅の刃201話ネタバレ!炭治郎が鬼化!無惨死亡も義勇苦渋の決断!伊之助は殺せない!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

きめつのやいば 201巻

スポンサーリンク 満開の桜と人間の禰豆子 炭治郎のベッドに禰豆子、善逸、伊之助が集まっています。 善逸と伊之助は眠ってしまっていて、炭治郎と禰豆子は二人で満開の桜を眺めていました。 「綺麗だねえ」と、桜の美しさをしみじみと感じている様子の禰豆子。 悪い鬼がいない世界になりました。 しかし、それと引き換えにあまりにもたくさんのものを失ったのです。 大切な人たちが大勢亡くなりました。 それでも生き残った者たちは生きていかなければならない。 この体に明日が来る限り。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 禰豆子は炭治郎の左手を取り、お爺ちゃんみたいにしわしわになっちゃったねと言いました。 腕の上げ下げはできるものの、肘から下の感覚がないそうです。 右目も、形が整っているだけで見えてはいないそうです・・ 鬼になったときに一度は回復した左腕と右目ですが、人間に戻った時点で機能しなくなってしまったのですね。 しかし自分のことよりも、禰豆子や他の人たちを傷つけてしまったことを申し訳なく思っている炭治郎。 みんなにも申し訳ないよ、と三か月たっても気にしていました。 そんな炭治郎を、 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そんなこと気にする人いると思う? もう謝るのは なし 次謝ったら、おでこはじくからね と、たしなめる禰豆子。 そして、お兄ちゃんが人間に戻れて良かった、と言いました。 スポンサーリンク 愈史郎の言葉 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 愈史郎によると、炭治郎が人間に戻れたのは、しのぶの薬と禰豆子の二つが要因だったのだそうです。 ある夜、愈史郎は炭治郎の見舞いに蝶屋敷を訪れていました。 炭治郎が一番最初に噛んだのが鬼の抗体を持っている禰豆子だったため、しのぶの薬とうまく反応してすぐに人間に戻ることができたのだろうということです。 さらに、一瞬で太陽を克服した炭治郎は、禰豆子よりも鬼の素質があったのだと言いました。 しかし人間に戻ることを選んだ炭治郎。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 愈史郎は、これまで見せたことのない優しい表情で、本当によく頑張ったな、と炭治郎をたたえたのでした。 炭治郎が涙を浮かべて謙遜していると、冗談で言ってるんだ真に受けるな、とすぐいつもの冷淡な表情に! そのまま帰ろうとする背中に向かって炭治郎は 愈史郎さん死なないでくださいね と呼びかけました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 珠世のことをずっと覚えていられるのは愈史郎だけだから、と。 炭治郎は、愈史郎の様子から何かを感じ取ったのでしょう。 しかし愈史郎とはそれっきりになり、その後の消息はわからないままのようでした。 スポンサーリンク 最後の柱合会議 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして場面は変わり産屋敷邸。 輝利哉、くいな、かなたの三名と、風柱の実弥、水柱の義勇で最後の柱合会議が行われていました。 輝利哉は、鬼殺隊は今日で解散することを伝えました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして、長きに渡り世のため人のために戦ってくれたことに対して産屋敷家一族一同、心より感謝しますと、手をついて二人に感謝の意を表しました。 実弥と義勇は、産屋敷家があったからこそ鬼殺隊が存続できたこと、輝利哉が立派に努めを果たしたことを先祖は皆誇りに思っているであろうことを伝えます。 二人の言葉を聞いて涙を流す輝利哉と妹たち・・ まだ十歳にも満たない年齢の彼らが鬼殺隊の最後の戦いを率いたことは、並々ならないことでした。 そして、お互いに笑顔をかわす実弥と義勇。 性格が違いすぎてお互いなかなか分かり合えなかった二人ですが、最後に心を通わすことができたようで良かったですね!! スポンサーリンク 伊之助とアオイ 蝶屋敷には毎日色々な人がお見舞いに来ています。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 元音柱の宇随天元とその三人の嫁、炎柱の煉獄杏寿郎の父槇寿郎と弟千寿郎、そして刀鍛冶の里の人たちや、隠たち。 槇寿郎は、杏寿郎の鍔を付けて戦ってくれた炭治郎に対して感謝の言葉を述べました。 そんな中、伊之助は台所へ・・ 食事の用意をするアオイの目を盗んでつまみ食いをしますが、すぐにアオイに気づかれてしまいます。 また盗み食いして!!と怒られる伊之助。 背中を向けているのに何故すぐ気づかれるのか、もしかして強いのか?と焦る伊之助が可愛いです。 アオイは、お腹空いたならこっち食べて、と、伊之助用に用意しておいたおむすびと卵焼きのお盆を渡しました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 自分用に用意してくれていたアオイのおむすびを嬉しそうに食べる伊之助。 人からの優しさを素直に受け取り、それを喜ぶことができるようになった伊之助も成長しましたね。 スポンサーリンク 鏑丸を託されたカナヲ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 庭には満開の桜の木の下、カナヲが立っていました。 桜を見上げながら、初代の剣士に、鬼を倒すことができたことを教えてあげたい、と話すカナヲを、やさしいと思いながら見つめる炭治郎。 カナヲの目と傷を心配する炭治郎ですが、全然見えないわけじゃないんだよ、傷もいたくないよと笑うカナヲでした。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そしてカナヲの首元から鏑丸がにょろりと現れます。 風柱様がくれたんだ、とカナヲ。 主人がいなくなってしまった鏑丸を預かっていて、カナヲに託したようでした。 昔は表情も乏しく、自分で何も決められなかったカナヲ。 辛いこともありましたが、色々な経験を経て、自分の想いを口にしたり笑顔になれるようになって本当に良かったと思います。 カナエとしのぶは亡くなってしまいましたが、アオイ達や、蛇の鏑丸もいるのでさみしくはないと思います! スポンサーリンク 禰豆子に謝る実弥、そして・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして鏑丸をあずけるために訪れていたらしい、風柱の実弥。 廊下でばったりと禰豆子と出会います。 こんにちは!怪我は大丈夫ですか? と朗らかに話しかける禰豆子に対して、実弥は少し気まずそうな雰囲気・・ そして、悪かったな色々・・と謝りました。 無惨を倒した後もひと悶着あったようだが、その間自分は寝ていたし、と。 色々、というのは、かつての柱会議のとき禰豆子を殺そうとしたことなども含まれているのでしょうか? そういう実弥に、禰豆子は 私なんて二年くらい寝てたことありますよ! お兄ちゃんも戦いの後一か月くらいほとんど寝てたし。 と明るく応えるのでした。 私寝るの好きです、という、ニコニコ笑いながら話すその様子が弟の玄弥と重なり、 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 実弥はそっと禰豆子の頭をなでるのでした。 実弥の優しい笑顔とそのしぐさにドキドキしている禰豆子! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして、それを陰で目撃している善逸・・・!! 嫉妬心に燃えている善逸も、すっかり元気なようですね。 そして、師匠である鱗滝さんと義勇も炭治郎たちに会いにきてくれました。 義勇は髪を切って短髪になっています。 右腕がなくなってしまって束ねることができないからでしょうか? ここでも義勇は微笑んでいて、あたたかい時間が流れています。 スポンサーリンク 新たな出発 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして翌日。 炭治郎と禰豆子、善逸、伊之助の四人は、炭治郎たちが住んでいた家に向かいました。 途中、亡くなった隊士や仲間の墓をお参りしながら家の近くまで来ると、傘を持った人物が。 三郎爺さんです!! 物語序盤で、夜道は危険だからと家に泊めてくれたおかげで炭治郎は無惨の攻撃を受けることなく一命をとりとめたのですよね。 竈門家があんなことになり、ずっと心配していたのではないでしょうか? 炭治郎たちと再会して、抱き合って涙を流す三人。 ここだけ見ると、なんだか修学旅行のようで楽しそうです! そして時は流れて、なんと時代は現代へ!! 次号に続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ204-205話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 最後の一コマが意外でした! その後、大きな事件もなく大正~昭和~平成、そして令和へと時代は移ったということでしょうか!? 舞台が現代だとすると、生き残っている可能性があるのは愈史郎くらいでしょう。 一番若かった産屋敷家の子供たちも、元気だとしても百歳以上ですし・・ 次回、何が語られるのか? 非常に楽しみです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 そして、今回人間の禰豆子をたっぷり見ることができました。 物語が始まってからずっと鬼だったので、禰豆子ってこんな子だったんだ、と、新鮮な感じでした。 朗らかで優しく、誰にでも好かれる性格ですね。 女性版炭治郎という感じでしょうか!? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」204話より引用 産屋敷家の全て終わった、という安堵感と、実弥と義勇の間に流れる穏やかな雰囲気も良かったです。 善逸と伊之助は、あのまま竈門家に居候するのでしょうか? それとも、一通り片付けを手伝ったらそれぞれの家に帰るのでしょうか。 といっても二人とも帰るあてはないはず・・ どちらにしてもしばらくは一緒に暮らすことになるのでしょうね! 今回は登場人物が勢揃いで、とても盛り沢山な内容でした。 全員が笑顔で、その笑顔が心に沁みる回でした。 次回、どんな未来が語られるのか・・楽しみですね。

次の

【鬼滅の刃(きめつのやいば)】200話ネタバレ 完全決着!炭治郎が死んだ!?

きめつのやいば 201巻

無惨の回想シーン 私にはいつも死の影がぴたりと張り付いていた 私の心臓は母親の原の中で何度も止まり 生まれた時には死産だと言われ 脈もなく呼吸もしていなかった 荼毘(火葬)に付されようという際に 踠いて踠いて、私は産声を上げた 私は私が強く念じたことを必ず叶えてきた 実行してきた しかし一個体にできることは限界があった 産屋敷 お前の言ったことは正しかったと認めざるを得ない 生き物は例外なく死ぬ 思いこそが永遠であり不滅 確かにそうだった 殺した人間など誰異ゴリ覚えていない 肉体は似ねば終わり だが、どうだ 想いは受け継がれ決して滅ばず この私すらも打ち負かしたのだ 私はその事実を目の当たりにし 感動して震えた と泣く無惨 私の肉体は間もなく滅びるだろう 陽の光によって だが 私の想いもまた不滅なのだ 永遠なのだ 私はこの子供に想いのすべてを託すことにする 呼吸も心臓も停止しているが細胞全ては死滅しておらず生きている まだ間に合う 炭治郎の顔に無惨が手をかける 私の血も力も全て注ぎ込もう もしも即死を免れ、生きることができたなら…。 竈門炭治郎、お前は 陽の光をも克服し最強の鬼の王となるだろう なぜならお前は竈門禰豆子と血を分けた兄であり あの化け物と同じ呼吸を使うことができた 唯一の者 お前は死なない 私は信じる 私の夢を叶えてくれ炭治郎 お前が…。 自分の血を分け与えて崩れる無惨…。 鬼の王炭治郎 鬼滅隊メンバーの隠たちが悲しむ中 お前が滅ぼせ 私の代わりに 鬼狩りを と無惨の声で目を覚ます炭治郎 驚く鬼滅隊の隠たち 炭治郎の左腕が生える 炭治郎が鬼滅隊の隠を攻撃しようとした時 冨岡義勇が庇う 困惑する鬼滅隊の隠たち 炭治郎?なんで? 冨岡義勇が鬼滅隊の隠に離れろと叫ぶ 日が昇り鬼化した炭治郎に直撃する ぎゃあああああああ と踠き叫ぶ鬼化した炭治郎 冨岡義勇が惚けるな、離れろ!と鬼滅隊の隠たちに指示する 動ける者 武器を取って集まれー!! と隊全体に冨岡義勇が呼びかける 最凶の鬼 冨岡義勇が 炭治郎が鬼にされた 太陽の下に固定して焼き殺す 人を殺す前に炭治郎を殺せ と隊全体に指示をする 陽の光で右腕が燃える、鬼化した炭治郎 日影に隠れようとしたところを 日影にはいかせん!と冨岡義勇が脇腹を刺し食い止める ぎゃあああああああと叫ぶ、鬼化した炭治郎 一瞬遅れてたら間違いなく隠を殺していた 頼む、このまま 炭治郎のまま死んでくれ と冨岡義勇が喰い止めながら願う しかし!!!!! 鬼化した炭治郎の陽光灼けが止まった 馬鹿な 驚く冨岡義勇 鬼化した炭治郎に殴られる冨岡義勇 伊之助が鬼化した炭治郎に…。 鬼化した炭治郎が冨岡義勇を攻撃する瞬間 何してんだ!と止めに入る伊之助 失血でグラつく冨岡義勇 伊之助が鬼化した炭治郎に 半々羽織りだぞ 仲間だぞ!!と炭治郎に呼びかける 善逸も炭治郎と呼びかける しかし…。 鬼化した炭治郎はグルグルと唸り 鋭い眼光で伊之助を見る 嘘だろ、炭治郎 もうみんな戦えないよ、ボロボロで こんなのあんまりだ 禰豆子ちゃんどうするんだよ、炭治郎 と善逸が嘆く 鬼化した炭治郎が伊之助に襲いかかる 鬼化した炭治郎と伊之助が戦っている最中に 伊之助の回想シーンが流れる 俺たちは仲間だからさ 兄弟みたいなものだからさ 誰かが道を踏み外そうになったら皆で止めような どんなに苦しくても辛くても 正しい道を歩こう 善逸が炭治郎やめろと叫ぶ 俺が斬る 俺が止める、俺が…。 伊之助が決意する 一瞬、伊之助が これも食べていいよと魚を笑顔で差し出す炭治郎が思い浮かぶ 首を切り落とそうとした伊之助だが 斬れねえ だめだ炭治郎、できねえ と泣きながら止まってしまう 鬼化した炭治郎が伊之助を襲う 201話の感想・考察 無惨は生きてると思いましたが まさか炭治郎に乗り移って 炭治郎が敵になるとは思いませんでした。 それも陽の光を克服したから 日輪刀も効かない どう倒していくか気になりますね。 こうなるとまだストーリーが続くような気がします。 伊之助が炭治郎を攻撃できないところも 伊之助の人間性が出て良かったです。 次号が楽しみです! ここから私の考察になります。 伊之助に襲いかかる炭治郎ですが 伊之助には攻撃できない気がします。 炭治郎の精神と無惨が戦う感じになり 自らの攻撃を食い止めるのではないか?と思います。 ここから炭治郎と無惨の精神の中の対決という感じになり 禰豆子が何かしらのトリガーになって関わるのではないか?と思います。 どうなるか目が放せませんね!.

次の

鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

きめつのやいば 201巻

これまでのあらすじ 禰豆子を人間に戻すべく、その鍵を握る鬼舞辻無惨を討伐するため鬼殺隊へと入ることになる竈門炭治郎。 数々の鬼との戦いを経て成長し、ついに無惨の本拠地である無限城へと討ち入りすることになる。 数々の犠牲を払い、上弦の壱である黒死牟や、因縁の相手である上弦の参・猗窩座も打ち破り、残すは親玉である鬼舞辻無惨のみ。 しかし、追い詰めたはずの無惨は、以前にも増して強大な存在となっていた。 禰豆子が炭治郎の元へと向かっているが、柱や善逸、伊之助は全滅させられてしまう。 無惨と対峙している鬼殺隊士は、残るは炭治郎のみ。 十二鬼月をすべて討滅し、すべての元凶である鬼舞辻無惨と対峙しているのは現在となります。 伏線がほとんど残されていない 存在が確認されていなかった「善逸・伊之助・カナヲ」については、姿を隠して戦いに参戦しているのが判明し、愈史郎も生存確認。 鬼舞辻無惨についても、珠世としのぶの調合した薬を投与され、徐々に弱体化が始まっています。 物語の鍵となる、大きな伏線はほとんど残っていない状況になります。 他に残っている伏線 ・青い彼岸花はどこにあるのか ・禰豆子はいつ到着するのか ・13個目のヒノカミ神楽は発動できるのか ・炭治郎は人間の姿に戻れるのか 上記が、物語でまだ触れられていない要素になります。 すでに無惨との戦いが最終局面に入っていることを考えると、炭治郎がヒノカミ神楽を舞いきることができるかどうかは、ほとんど確定しています。 また禰豆子も、もうじき到着しそうな気配があります。 あと数話で最終回を迎えてしまいそう ・無惨が逃げる可能性 ・新たな鬼の登場 ・第2章のスタート といった展開も考えられますが、少なくとも 現在の最終決戦についてはあと数話で終わってしまいそうです。 また、無惨が逃げるかどうかについては、珠世の薬で「9,000年以上老化してしまっている」ことから、逃げる可能性は低いと考えられます。 いくら無限の命がある鬼とはいえ、 髪の色が戻らなかったりと老化の影響が出ているため、逃げても結局弱体化して破滅の道しか残されていません。 無惨としても、 今夜中に鬼狩りを全滅させると言っていることから、逃亡する可能性は限りなく低いでしょう。 鬼滅の刃が完結したらどうなる? 次の章が始まる可能性はある 200話くらいで終わってしまいそうな気配のある鬼滅の刃ですが、最終回を迎えて完結したらもう終わりなのでしょうか? 現時点ではなんとも言えませんが、「BORUTO」のように子孫たちの物語が始まる可能性はあります。 ただ、無惨を倒すとすべての鬼が滅んでしまうということから、同じ時代での次章ではなく例えば 「現代編」といった感じで世代を大きく超えることになるのではないでしょうか。 新連載が始まる可能性が高い 鬼滅の刃の作者である「吾峠呼世晴」先生ですが、短編集のクオリティも非常に高く、引き込まれる作品になっています。 そのため、鬼滅の刃は引き伸ばしを一切せずに綺麗に完結させて、次の新連載に取り掛かる可能性もあります。 ヒットメーカーの吾峠呼世晴先生のことですから、鬼滅の刃と同じくらい、あるいはそれ以上の人気が出る新連載を生み出してくれると思います。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

次の