笠井アナ 嫁。 笠井アナの嫁は茅原ますみ!現在の職業はテレ東勤務で宝塚ファン?

笠井信輔アナの子供(3人息子)の大学・学校や年齢は?結婚した茅原ますみ(嫁)の現在が気になる!

笠井アナ 嫁

目次!• 笠井信輔アナウンサーとは?経歴まとめ 1963年4月12日生まれの笠井アナは、東京都世田谷区出身です。 早稲田大学商学部を卒業した後、1987年、フジテレビにアナウンサーとして入社しました。 有名な番組では[ 笑っていいとも!] のテレフォンショッキングでテレフォンアナとして出演していました。 また、現在も放送されている [ とくダネ!] では20年間にもわたり、メインキャスターの小倉アナのアシスタントを務めていました。 笠井信輔アナの悪性リンパ腫、小倉智昭が報告 あす『とくダネ! 現在は、 [ とくダネ!] で共演していた小倉アナと同じく、芸能事務所オールラウンドに所属しています。 関連記事 笠井アナの病気がヤバい・・・ 2019年12月19日、 20年間にわたり出演していた [とくダネ!] に笠井アナが生出演し、自身の現在の病状や心情についてお話していました。 最初にお医者さんから、自身に悪性リンパ腫が発症していると説明を受けたとき、 「なんで今…、なんで自分が…」という気持ちになり、衝撃を受けたそうです。 私はこの病名を今まで聞いたことがなかったので、初めて聞いた時にとても怖そうな病気だと感じました。 病名に関して色々と調べてみたのですが、簡潔に言うと、病原菌から体を守る白血球の一種のリンパ球ががん化したものだそうです。 そう言われても難しいですよね。 自分が、がんである事を知らされて、冷静でいられる人はなかなかいないですよね。 もし私が笠井さんの立場だったら、目の前が真っ暗になってしまうと思います。 病気を公表した理由について [ とくダネ!] の中で笠井アナは、これまで様々な人の取材をしてきた中で、 「今回の病気のことで自分だけそっとしておいてくださいというのは、自分の生き方として許せない」 と話しています。 この言葉から、私は笠井アナの責任感と素晴らしい人間性を感じました。 また、同番組のメインキャスターである小倉アナウンサーが、 膀胱がんでの治療中にご自身の病気について細かく説明していたのも、今回公表した理由の一つだと明かしました。 笠井アナの現在の状況は 笠井アナの病状はよくなっているようで、1月29日に更新したブログでは、白血球の数値が上がり、外出許可が出たことを報告しています。 なんと、外に出るのはそれが 40日ぶりだったそうです。 去年末から闘病生活が始まった笠井アナですが、お医者さんから、 最低でも4ヶ月の入院が必要だと言われたそうです。 入院中も、自身のブログやインスタグラムなどのS N Sを通じて、情報を発信し続けています。 抗がん剤治療が始まるとのこと。 自分の情報を発信することで、世間の方々に自分の闘いを見てもらうことで、自分の力づけにしたい」 と語っていました。 この発言から笠井アナの真面目で正直な印象をもちました。 笠井アナのお嫁さんが顔も性格も美人すぎた 笠井アナには結婚して30年になる奥さんがいます。 テレビ東京の元アナウンサー茅原(ちはら)ますみさんです。 1964年生まれの55歳で笠井アナの1歳年下になりますね。 現在はテレビ東京を引退されていて、総務人事局厚生部で働かれているようです。 笠井アナと茅原ますみさんの間には3人のお子様がいます。 笠井アナのブログの中で、入院中にシャワーを浴びていたとき、貧血で倒れてしまったそうです。 翌日、奥さまが病院に駆けつけてくれて、体を拭いてくれたと書いていました。 結婚生活30年の中でそんなことは初めてだったが、奥さんにはとても感謝している、と綴られています。 このエピソードからお二人の仲の良さが伝わってきますよね。 夫婦二人三脚で闘病中の笠井アナには、病気を克服して、また元気な姿を見せていただきたいです。 入院中に観た映画やドラマの感想もブログにあげられています。 抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け落ちたり、体重が減ってしまったりしていることを、写真とともに報告されているのですが、全く悲観的な文面ではなく、ユーモアを交えて書かれています。 私が笠井アナの立場だったら、とてもそんな風に明るく投稿することはできないでしょう。 痛くて、悲しくて、叫びたいような瞬間もあると思います。 「自分と同じ病気で闘っている人に勇気を与えたい、というようなところまでは自分はまだいけてない。 」 [ とくダネ!] の中でこう話されていた笠井アナですが、少なくとも、私は笠井アナの発信する情報を見て、勇気をもらっていますし、同じように感じる人も多いのではないでしょうか? 先輩と後輩アナの粋な激励に「最高の喜び」 悪性リンパ腫で闘病中の アナウンサーが、永島優美アナ、木佐彩子アナ、徳光和夫アナから受けた激励に感激したことを明かした — エキサイトニュース ExciteJapan.

次の

笠井信輔 嫁との結婚や離婚の噂は?子供(息子)の大学はどこか【画像】

笠井アナ 嫁

スポンサードリンク 古巣「とくダネ!」生出演で、癌告白 氏名:笠井信輔(かさい・しんすけ) 生年月日:1963年4月12日(56歳) 出身地:東京都世田谷区 家族:妻・茅原(ちはら)ますみさん(55歳)=テレビ東京編成局勤務=、長男、次男、三男 学歴:東京都町田市立本町田東(ほんまちだひがし)小学校卒業、町田市立薬師(やくし)中学校卒業、都立狛江(こまえ)高等学校(偏差値60)卒業、早稲田大学商学部(偏差値70)卒業 職歴:1987年、フジテレビ入社。 報道・情報番組を中心に担当し、1999年から「とくダネ!」に20年間出演。 2019年9月退社、フリー 趣味:映画、舞台観賞 身長:170センチ 体重:62キロ 血液型:A型 所属事務所:オールラウンド(東京都千代田区) 悪性リンパ腫のため近く入院することを発表したフリーの笠井信輔アナが12月19日、古巣のワイドショー「とくダネ!」(フジテレビ系)に生出演しました。 番組の冒頭、笠井信輔アナは、病気公表の12月17日に講演先の福岡県香春町(かわらまち)で取材に応じたビデオを放映。 「2カ月間、めちゃめちゃ働いて、これから結構いい感じでいくぞという時に、ガーンてきましたからね。 いや、これは焦りましたわ」 12月上旬、悪性リンパ腫と診断された笠井信輔アナ。 9月いっぱいでフジテレビを退社してからは、テレビやラジオ、さらに講演会と多忙な日々を送っていました。 「今も日々、いろんなところが痛いんですよ。 まあ、癌は全身に散らばっているらしいんで。 その日によって痛いところが腰であったり、肩だったり、反対側の肩だったり」 だが、そんなそぶりなど一切見せず、笠井さんはいつものように講演を始めました。 「何としても今日は、ここの講演会には来なきゃいけないなと思ってました」 この日の講演のテーマは「人権問題」。 難しいテーマをどう伝えるか。 これまで何度も足を運んだ被災地など、自ら取材した体験を交え、熱く語りました。 講演時間は1時間半、立ちっぱなしでした。 「今日、1時間半、ちょっと頑張んなきゃなって」 「どこかに自分の話を聞きたいと思ってくれる人がいるはずだって思って(会社を)辞めたわけですよ。 『講演に来てください』と依頼があったことは『先週、病名が分かったんで、すみません、じゃ、やめます』ってわけにはいかないと思うんですよ。 楽しみにしている人もいると思うし」 この日、病気については、一部メディアが報じたばかり。 まだ知らないお客さんもいる様子でした。 「私に対してのちょっとしたニュースを、皆さん、目に触れると思いますけれども。 私は大丈夫でございます。 えー、それだけを皆さんにお伝えして最後、お別れしたいと思います。 どうもありがとうございました」 結局、病気の話をすることはありませんでした。 入り口ロビーで、来てくれた人、1人ひとりに握手してお礼をする笠井信輔さん。 すると、女性のお客さんが笠井信輔さんの手を握りました。 「もう、ヤフーニュースで見てしまいました」 「ああ、そうですか」 「(涙声で)すごく感動しました。 絶対またお会いしたい」 「まあ、自分との闘いだからね、今度はね。 頑張ります」 さらに、笠井信輔アナは、血液の癌である悪性リンパ腫を公表した理由を語りました。 「ワイドアナウンサーとして32年間生きてきて、どれだけの有名人のプライバシーを紹介してきたか。 それを仕事にしてきたわけですよ。 で、巡り巡って、今度は自分がそうなったわけですよ。 そしたら、自分は、そっとしておいてくださいというのは、全くもってお門違いというか。 みんなに、いろんなものを見てもらう必要がある。 これは自分の義務だと思うんですよ」 自分の病気を隠すことは、全く考えなかったと言います。 スタジオで、小倉智昭さんの隣席に着いた笠井信輔アナは、病気を公表した理由を語ります。 「32年間、ワイドアナウンサーとして、まあ、いろんな芸能人、有名人の方のプライバシーを自分の言葉で放送してきて。 で、いざ、自分が病気になった時にそっとしておいてくださいというのは、やはり自分の生き方としては、それは許さない、という。 話せることは、皆さんに知ってもらう義務があるなと思ったことと、もう1つは、小倉さんですよ。 小倉さんが癌になって、自分の病状を事細かく公表する姿を見ていて、いや、そこまで話さなくてもいいのにってことまで語っている姿を見ながら、やっぱり、我々のような仕事をしている人間というのは、そういう覚悟とか立場とかにいく瞬間があるなあということを、そこは小倉さんを見ていて学びました」 また、病気を知った時の気持ちを振り返りました。 「何で今、何で俺がって、そればかりでしたね。 フジテレビを辞めて、フリーになって、これからっていうときに、まあ、そういう宣告を受けるのは青天の霹靂(へきれき)を超える衝撃でした」 医師から、生存率は7割程度と告げられました。 「調べた結果、癌は全身にもう散らばっているので、最低4カ月は入院しましょう、と。 抗癌剤治療しかないので、抗癌剤治療によって、癌を消してゆきましょう、と。 まあ、そういうお話だったものですから、全身に癌が散らばっていると聞いたときは、ちょっと目眩(めまい)がしましたね。 自分、大丈夫なのかなあ、え、死ぬのって、そのときは思いましたけども。 先生は『しっかり向き合ってゆけば、大丈夫ですよ』って言ってくださったので、その言葉を信じて闘ってゆこうと今は思ってます」 笠井信輔アナは体の痛みや倦怠(けんたい)感を訴えて11月に検査したところ、血液の癌一種である「悪性リンパ腫」と診断を受けた。 番組のメーンキャスター小倉智昭さん(72歳)も所属する事務所が12月18日、マスコミ各社にファクスを送信していました。 「(笠井信輔は)体調不良により、療養させていただく運びとなりました」 笠井信輔アナは、以前からスケジュールに入ってた仕事を終えた後、近日中に入院し、治療に専念します。 笠井信輔の嫁はテレビ東京社員、息子3人 笠井信輔アナは、東京都世田谷区出身の東京都町田市育ち。 町田市内の小中学校を卒業した後、都立狛江高校に進学。 高校時代は、教師になっていた翻訳家・田口俊樹さん(69歳)に英語を教わりました。 都立狛江高校は、女優・門脇麦さん(27歳)も卒業した高校です。 大学は、早大商学部に進学。 大学に学ぶ傍ら、東京アナウンスアカデミー(東京・恵比寿)に通い、アナウンサーの就職試験に備えました。 結果、見事に難関のフジテレビの入社試験を突破。 1987年4月、フジテレビにアナウンサーとして入社しました。 難関の就職試験に合格した経験者だけあって、教養バラエティー番組「林先生の初耳学」(TBS系)で、コーナー「絶対キー局!吉川美代子先生の女子アナ学」に出演しています。 コーナーでは、笠井信輔アナは、元TBSアナウンサー吉川美代子さん(65歳)、元日本テレビアナウンサー森麻季さん(38歳)と共に模擬面接官に扮(ふん)しています。 自らが経験者であるばかりではなく、面接官も務めた笠井信輔アナの面接は、リアルで真剣そのものですよね。 それでいて、底に温かみがある。 受験生の女性たちへの優しさ、アナウンサー愛を感じられるんですよね。 また、笠井信輔さんには、1990年に結婚した茅原ますみさん(55歳)という奥様がいます。 ますみさんは、テレビ東京の編成局勤務です。 なので、笠井信輔さんが病気で休業しても、すぐには生活に困らないだけの収入があるはずです。 また、笠井信輔アナには、3人の男の子のお子さんがいます。 年齢は非公表ですが、笠井信輔アナの年齢(56歳)や結婚29年を考えれば、長男はとっくに社会人の可能性が高いですよね。 そういった面も、闘病生活を支えるには心強いですよね。 フリー転身から3カ月、癌闘病へ 笠井信輔アナは1999年から2019年9月まで20年間「とくダネ!」に出演しました。 メーンキャスター小倉智昭さんに引っ張られるた形でフジテレビを退社、フリーアナウンサーになりました。 フリーアナウンサーを志した理由は、2つ考えられます。 1つは収入。 会社員の局アナはMAXで年収2000万円ほど。 しかし、フリーになれば、笠井信輔アナほどの知名度があれば、億単位の収入が望めます。 もう1つは、生涯アナウンサーとして現場にいたいからでしょう。 どこの企業も同じですが、60を超えたら定年、第一線を引かなければなりません。 その後は、取締役となってフジテレビの経営に携わるか、あるいは嘱託として後輩の指導に当たるかのいずれかを選ばなければなりません。 まあ、サラリーマンの宿命ですが。 おそらく、笠井信輔アナは生涯、現場のアナウンサーとしてテレビカメラの前に佇(たたず)もうと決意したのでしょうね。 笠井信輔アナは2018年5月頃、フジテレビ退社=フリーについて、テレビ東京アナウンサーからフリーに転身した先輩、小倉智昭さんに相談してきました。 ところが、小倉智昭さんが2018年11月、膀胱(ぼうこう)癌の手術を受けたため、フリー転身の話はいったん中止、延び延びになっていました。 小倉智昭さんの容体が安定した2019年、笠井信輔アナは改めて相談したところ、小倉智昭さんのいる事務所〈オールラウンド〉が迎え入れてくれると決まりました。 満を持して2019年9月、フジテレビを退社し、20年間出演し続けてきた「とくダネ!」を卒業したばかりでした。 それから3カ月、運命のいたずらか、笠井信輔アナは、血液の癌である悪性リンパ腫と診断され、闘病生活入りを余儀なくされたのでした。 今後の治療は? 復帰はいつ? 番組での笠井信輔アナの話では、今後4~6カ月間、抗癌剤治療を受ける予定です。 血液の癌で、全身に癌細胞が散っていることから、強力な抗癌剤を使用した治療になります。 これは、人体にとって相当なダメージを伴うと、お医者様からは告げられました。 抗癌剤治療の後、さらに1~2カ月間、安静にして予後を観察します。 合計すると最大で8カ月、最短で5カ月の治療期間が必要です。 常識的に見て、半年は必要とされていますので、復帰時期は2020年の6月前後が濃厚です。 こちらのほうは、詳しい情報が入り次第、追記してゆくほか、そのつど別記事で、お伝えしてゆきたいと思います。 フジテレビのアナウンサーと闘病した人と言えば、故・逸見政孝さん(1945~93、享年48)が有名ですよね。 逸見政孝さんは、進行性胃癌で手術を繰り返した揚げ句、亡くなりました。 しかし、逸見政孝さんの死後から26年、当時とは打って変わって、医療も進歩を遂げています。 笠井信輔さんにはじっくり治療をして、しっかり治った状態で、またテレビでお目にかかりたいですね。 スポンサードリンク.

次の

笠井信輔アナと嫁は宝塚ファン!年収、学歴や身長・体重は?【フジテレビ】

笠井アナ 嫁

来歴・人物 はA型。 身長は170cm、体重は62kg。 本町田東小学校、、、卒業。 、フジテレビにアナウンサーとして入社し、毎年に放送されている『』の提供読みを記念すべき第1期生として同期のとともに務めた。 には『』のメインキャスターを担当。 4月からは『』にアシスタントとして出演した。 から2019年9月まで『ナイスデイ』の後番組『』のサブ司会兼メインアシスタント・ニュースデスクを歴任し、7月から2019年9月までアナウンス室専任部長(情報担当部長)を務めた。 またフジテレビのホームページおよび携帯サイド内の「アナウンスマガジン」の編集長でもあった。 『とくダネ! 』の中の1コーナー「とくダネ! 「得もり」となってからはスタジオ登場の前に副調整室で最初の話題を出す。 また、季節を問わず常にベストを着用している。 後輩のがサブ司会に就任するまで、総合司会のの休暇時は代理総合司会をしていた。 大学時代はスキークラブと放送研究会の両方に所属。 3年生の時に『』でアルバイトスタッフとして働いていたが、就活時にTBSでは男性の募集がなかったため、フジテレビと、他にとを受験したが、2局には不合格だった。 先輩のと公私ともに仲が良く、 「」とのコンビを組んでいる。 趣味・特技は(1級)、、(映画、ビデオ、)鑑賞、。 ミステリー小説を愛読し,推理作家・のファンであるとのこと。 さらには自称オタクを公言し、や最新 、またかつての同僚ならびに上司でもあり、現在はフリーアナウンサー・鉄道文化人に転身したと同じく鉄道などに詳しいと主張している。 特に映画に関しては、新作のだけで年間130本以上を鑑賞するとし 、会員限定イベント「笠井信輔のシネマン坊トークショー」(年2回程度開催)の司会を務めるほか、「」内のイベント「The Movie King お台場映画王2005」ではゼネラルプロデューサーに就任した。 軽部と同じく名実ともにフジテレビのナンバーワン(映画狂)を自称しており、軽部とともにフジテレビが東宝とともに経営するCSチャンネル「」に出演している。 『』『』『』では本人役で登場し、シネフィルならではの芝居を披露している。 3人兄弟の長男で、自身も3人の息子を持つ父親である。 漫画「」()では息子のユウくん、はるボンとともに出演している(単行本第3巻に収録)。 2015年9月16日、の除去のため、一時休養が発表となる。 9月28日放送の『とくダネ! 』で復帰。 2019年7月30日、同年9月30日付けでフジテレビを退職し、フリーアナウンサーに転身すると伝えられた。 同年9月30日を以てフジテレビを退職。 同年10月1日より『とくダネ! 』で総合司会を務めるなどがいる芸能事務所に所属し、フリーアナウンサーとしての活動を開始する。 2019年12月18日、に罹患していることを所属事務所を通じて公表。 19日、『とくダネ! 』の生放送に出演し、病名が「」であることや、公表に至った心情などについて語った。 出演 テレビ番組 フジテレビアナウンサー時代• CS男おばさんL• CSローカルサンデー• (入社初期、時期不明) - 「」テレフォンアナ• (1987年10月 - 1988年3月) - レポーター• (1987年10月 - 1988年3月) - スポーツコーナー(週末)• (1988年4月 - 1993年9月) - 総合司会• (1990年4月 - 1994年9月) - 司会• (1990年4月 - 9月)• シリーズ(1990年10月 - 1992年3月)• (1993年10月 - 1994年9月) - 総合司会• (1994年10月 - 1995年3月) - コーナー司会• (1995年4月 - 1995年9月) - コーナー司会• (1995年4月 - 1997年3月) - 中継コーナー• (1996年4月 - 9月) - 総合司会• (1997年3月 - 1998年3月) - メインキャスター• ナイスデイ(1998年4月 - 1999年3月) - アシスタント• (2003年2月 - 2004年2月) - 総合司会• (2006年5月 - 2008年3月) - 顧問• (不明 - 2008年3月)• (不明 - 2008年3月)• (2008年4月6日 - 2010年9月5日) - 副部長• (フジテレビONE・TWO)• (、不定期出演)• 男おばさん ワンツーネクスト• CS日本映画レトロスペクティブ• (2018年4月 - 2019年9月) - コーナー進行(13時台、金曜) テレビドラマ• (2006年・2013年) - 戸川先生 役• (2007年 - 2008年)• (2011年3月27日、) - 警官 役• (2008年) - かどくら衆議院議員役• (2008年、制作) テレビアニメ• (2018年)- アナウンサー 役• (2018年9月2日) - エンディングテーマ後のへのスタッフ一同の追悼コメント読み フリー以降• (1999年) - 渋谷で逃げ惑う人 役• (1999年) - 円盤襲来現場リポーター 役• (2000年) - お台場で逃げ惑う人 役• (2001年) - ニュース速報アナ 役• (2002年) - 八景島シーパラダイスで逃げ惑う人 役• (2005年) - 本人役(として)• (2006年)- 本人役• (2007年) - 男おばさん 役• (2008年)• (2012年) - ニュースキャスター 役• (2018年) - ニュースキャスター 役 漫画• 第3巻 第21旅 親子で楽しむ伊豆の旅 - 本人が息子2人(ユウくん、はるボン)とともに出演• 第4巻 第32旅 横見浩彦・日本全駅下車達成!! - 本人が『とくダネ! 』の取材で出演• 第5巻 第38旅 レッドアローでの攻防• 第5巻 第39旅 絵日記で綴る秩父鉄道の旅 - 本人は名前が出るのみだが(実際は同行)、家族4人(妻ますみ、ユウくん、はるボン、すずくん)と、ユウくんの友人で鉄の師匠でもあるコウちゃんが出演 脚注• - フジテレビュー!! 、2019年10月9日• (「趣味」の項目で、:鑑賞や舞台鑑賞(特にミュージカル とりわけ 宝塚歌劇団好き)が趣味として紹介されている)• (記事中で「鉄道ファンで知られるフジテレビの笠井信輔アナウンサー」と紹介されている。 (『JTB時刻表』の通算1000号到達特集が記事になっており、この中で「鉄道好きな笠井信輔アナ」と紹介されている)• (冒頭部分で言及されている。 2015年9月16日. 2015年9月16日閲覧。 Sponichi Annex 2015年9月28日. 2015年9月28日閲覧。 SANSPO. COM. 2019年7月30日. 2019年7月30日閲覧。 - フジテレビュー!! 、2019年10月8日• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年12月18日. 2019年12月18日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年12月19日. 2019年12月19日閲覧。 デイリースポーツ、2019年12月19日 関連項目• (笠井入社時のフジテレビ会長)• (『タイム3』・『タイムアングル』で長く共演)• (かつての同僚で、『タイム3』で共演)• (かつての同僚で、『タイムアングル』で共演)• (『とくダネ! 』で長く共演)• (かつての同僚で、『とくダネ! 』で共演) 外部リンク• - オールラウンド(所属事務所)• -Amebaブログ(2019. 22〜)• shinsuke. kasai - 歴代出演者 期間 メインキャスター スポーツキャスター お天気 キャスター アンカーマン アシスタント 進行 アシスタント 月 - 金曜日 土 - 日曜日 月 - 木曜日 金曜日 土 - 日曜日 月 - 水曜日 木・金曜日 土 - 日曜日 月 - 金曜日 月 - 金曜日 土 - 日曜日 1984年10月1日 1985年3月29日 1・2 なし 3 なし 1 なし なし (下記参照) なし 1985年4月1日 1986年3月30日 4 5 (メインが兼務) 1986年3月31日 1986年9月28日 1986年9月29日 1987年3月31日 4 1987年4月1日 1987年9月30日 3 1987年10月1日 1988年3月31日 1988年4月1日 1988年7月9日 3 1988年7月10日 1989年4月2日 1989年4月3日 1989年9月30日 1989年10月1日 1990年7月1日 1990年7月2日 1990年9月30日 6 1990年10月6日 1991年3月31日 1991年4月1日 1992年3月31日 1992年4月1日 1993年9月26日 7 8 9 1993年9月27日 1994年3月31日 1994年4月1日 1994年9月30日 3 1994年10月1日 1995年10月1日 10 1995年10月2日 1995年12月3日 10 1995年12月4日 1996年3月31日 1996年4月6日 1997年3月30日 10 歴代総合司会 期間 放送時間() 総合司会 アシスタント 芸能デスク 男性 女性 1982. 1 1983. 7 月曜 - 金曜 08:30 - 09:55( 085分) 1 1983. 8 1983. 25 (不在) 1983. 28 1984. 28 1984. 1 1984. 28 1985. 4 1985. 29 (不在) 1985. 1 1987. 27 2 1987. 30 1990. 29 (不在) 1990. 2 1991. 29 1991. 1 1993. 31 1993. 1 1994. 31 1994. 1 1994. 30 月曜 - 金曜 08:00 - 09:55(115分) (不在) 4 1994. 3 1995. 29 月曜 - 金曜 08:30 - 09:55( 085分) 1995. 2 1998. 27 向坂樹興 1998. 30 1998. 2 1 (不在) 1998. 5 1999. 31 月曜 - 金曜 08:25 - 09:55( 090分)• 1 『』も続投。 2 系列の関西テレビのアナウンサーであったが、司会期間中は東京に単身赴任して出演していた。 3 1期目の出演の末期に結婚し、大林姓を名乗るようになった。 4 2期目の出演(その後現在の吉崎姓に戻る)となる。

次の