うずら の 卵 燻製。 うずらの卵の燻製 作り方

「浜名湖ファーム」うずらの卵関連商品。ビジネスモデルも輸出を目指す

うずら の 卵 燻製

うずらの卵の栄養 まずは、うずらの卵に含まれる 栄養からみていきましょう。 うずらの卵は100gだと 179kcal。 100gといっても分かりにくいですよね。 (^^; 1個分に換算すると、だいたい 23kcalくらいになります。 1個が小さいので、ひとつふたつ食べたところであまり栄養がないと思われがち。 ですが、実はビタミンB12とセレンが豊富に含まれています。 ビタミンB12はタンパク質の代謝を促し、正常な赤血球を作ってくれる作用があります。 悪性貧血から身体を守ってくれる大事な栄養素。 もう一つのセレンは抗酸化作用があり、身体のサビを取ってアンチエイジングの手助けをしてくれます。 Sponsored Link コレステロールについて さて、では次に コレステロールについてはどうでしょうか。 うずらの卵のコレステロール値は100gあたり 470mg。 普通の卵(鶏卵)のコレステロール値が420mgなので比較するとうずらの卵はコレステロールが高い! ということになりますね~。 しかし! 卵黄のコレステロール値は1400mgなので、ケーキやパンなどによく使う卵黄と比べるとコレステロール値はそこまで高くありません。 そもそも、 「コレステロール = 身体に悪いもの」 というのはちょっと違うんですよね。 コレステロールには細胞膜をつないでくれる役割やホルモンを構成する役割、ビタミンDの原料になってくれる効果があります。 コレステロールには、2種類あり、HDLコレステロールを「 善玉コレステロール」LDLコレステロールを「 悪玉コレステロール」と呼んでいます。 悪玉とはいってもLDLコレステロールのすべてが身体に悪いわけではありません。 ただ、摂りすぎてしまうと血管にへばりついて動脈硬化などを引き起こす原因になってしまうというわけです。 うずらの卵や鶏卵に含まれているのは善玉コレステロールの方。 善玉コレステロールには悪玉コレステロールの蓄積や血管の詰まりなどを防いでくれる効果があります。 なので「卵に含まれるコレステロールは身体に悪い」というのは間違いで、1~2個であれば毎日食べても大丈夫なのです。 ^^ Sponsored Link 普通の卵と比較すると? では次に、うずらの卵と普通の卵を比べてみましょう。 うずらの卵と普通の卵ってどっちが栄養が高いのでしょうか。 分かりやすく100gあたりで比較してみます。 うずらの卵 普通の卵 カロリー 179kcal 151kcal コレステロール値 470mg 420mg タンパク質 12. 6g 12. 3g 脂質 13. 1g 10. 3g 特出した栄養素 ビタミンB12、セレン ビオチン、セレン ビタミンA、ビタミンD、ビタミンKなどの各種ビタミンはうずらの卵の方が高いですね。 また、リンや鉄なども多く含まれています。 ただ普通の卵の方がビオチンの含有量が多く、また必須アミノ酸も豊富に含まれています。 栄養豊富なうずらの卵ですが、普通の卵と同じ量を摂ろうとすると5~6個くらい食べなくてはいけないので、手軽に摂取しやすいのは普通の卵の方かもしれませんね~。 どちらの方が特に優れているというわけでもなく、料理に応じて使い分ければOKみたいですね。 中華丼にはやっぱりうずらの卵を使いたいですもんね。 (^^ゞ.

次の

うずらの卵の燻製 作り方

うずら の 卵 燻製

【スポンサードリンク】 栄養値の高いスーパーフードとして改めて注目されているのが卵です。 皆さんは、卵を1日いくつ食べていますか? 今までは、1日に2個以上食べるとコレステロールが高いからなどと言う理由から摂取制限をしている人も多かったと思いますが、2015年にはその推奨される摂取制限がなくなったことをご存知でしょうか? これは、卵を1日に3個以上食べていても、食べていない人と比べて死亡率に差がないことがわかったからだそうです。 つまり、今では、卵を1日2個以上食べても問題ないと言われるようになっているのです。 さて、そんな栄養満点の卵ですが、更にホットな食材として『うずらの卵』がじわじわと知名度を上げているようです。 というのも、うずらの卵には鶏の卵より栄養価があるのだとか! うずらの卵と言ったら、お弁当や中華でしか目にしないという人も少なくないでしょう。 そして、うずらの卵は1日いくつ食べていいのか?というのも気になりますよね。 今回は、そんな小さくて可愛い『うずらの卵』の栄養について調べました。 Topics• うずらの卵の栄養 うずらの卵って小さいですよね。 大体1個10~12gと言われているので、鶏卵Lサイズ(64~70g)と比べると、鶏の卵1個に対し、うずらの卵は6個分と言えるでしょうか。 そんな小さなうずらの卵の栄養について見ていきましょう。 ビタミンB12 ビタミンB12がとても豊富で、卵類ではトップの含有量と言われています。 また、100g中の鶏卵に比べ約5. 2倍も多く含んでいるんですよ! ちなみにビタミンB12は、貧血やめまいを予防するほか、神経の働きを維持する効能があります。 葉酸 葉酸といえば、DNAやたんぱく質の合成を促す効果がある他、胎児の先天的な異常を予防する効能があることから、妊婦さんには大切な栄養素としても知られていますよね。 うずらの卵には葉酸も含まれていて、それも鶏卵の2. 1倍の含有量だそうです。 また、葉酸は、ビタミンB12と共に血液を作ります。 そのため、悪性貧血の予防効能があるとされています。 【スポンサードリンク】 ビタミンB2 3大栄養素の代謝を促し、エネルギー作りを助ける役目を果たしてくれるビタミンB2は、うずらの卵に比較的多く含まれています。 ビタミンB2は、脂質の分解を促し、過酸化脂質を分解する効能があるので、生活習慣病の予防にも効果的だとされています。 鉄分 鶏卵の1. 7倍もの鉄分がうずらの卵に含まれています。 鉄分は、鉄欠乏症貧血を予防するほか、疲労回復にも効果的であるとも言われています。 ビタミンA うずらの卵のビタミンAは、なんと鶏卵の2. 5倍になります。 ビタミンAは、肌や粘膜などを健康に維持します。 また粘膜の機能が正常に作用するため、ウイルスや菌等の侵入を防ぎ、免疫力を高める効能があるとされています。 更にビタミンAは、目の健康にも良いとしても知られています。 光を感じるのに必要な網膜の主成分であるロドプシンとなり、夜盲症 やもうしょう の予防に有効だそうです。 セレン うずらの卵には、セレンと呼ばれるミネラルの一種の成分も含まれています。 セレンには、老化や生活習慣病を予防してくれる抗酸化作用があります。 また、ガン発生や転移などを予防する効能もあるとされているので、抗ガン作用が期待されているようです。 カロリーとコレステロールの比較 うずらの卵と鶏卵のカロリーとコレステロールは以下のとおりです。 1個の概量(g エネルギー kcal コレステロール mg 鶏卵 60 77 214 うずらの卵 10 16 42 鶏卵1個(60g の概量に合わせて算出するとうずらの卵は6個で60gです。 エネルギー(カロリー)で言えば、鶏卵が77kcalなのに対し、うずらの卵は96kcal、そして、コレステロールは、鶏卵が214mgなのに対し、うずらの卵は252mgです。 ただ、コレステロールに関しては、全てのコレステロールが悪いわけではありません。 もちろん、過剰摂取は、血管にへばりつき動脈硬化を引き起こす原因になってしまうのですが、うずらの卵や鶏卵は、善玉コレステロールです。 善玉コレステロールは悪玉コレステロールの蓄積に加え、血管の詰まりなどを防いでくれる効果があるようです。 うずらの卵は1日いくつ食べてもいい? うずらの卵に含まれるコレステロールは、善玉コレステロールなので、体に悪いというわけではありません。 しかし、鶏卵同様、高コレステロールであるため、1日4~5個であれば問題なさそうです。 どんなものであれば、食べすぎは栄養の偏り等にもつながりますので、食べすぎには注意しましょう。

次の

「浜名湖ファーム」うずらの卵関連商品。ビジネスモデルも輸出を目指す

うずら の 卵 燻製

「うずら 卵 栄養 まじやばい しかもすごい」でググったところ、うずらの卵は栄養価が高い上に1個10円なんです! 調べてみると、日本人のうずらの卵の年間消費量は年間10個。 一年で10個て! 100円かよ! タンパク質は豊富だし、安くてしかもうずらはかわいいのに! うずらの卵はタンパク質豊富で鉄分もビタミンB2もたっぷりだし、黄身が小さくてかわいくて、これさえ食べればお金は貯まるし背は伸びるし彼女はできるし、やべえ勢いですげえ盛り上がること間違いなし! ヒュー最高! でも、うずらの卵ってどうやって料理したらいいかわかんない! なあんてこと、ありますよね! そこで! まあほら、僕くらいの炊飯器料理人、スイハニストにもなると世の中のものを全て炊けるか炊けないかで分けてみるようになりますから(みなさんも早くそうなれるといいですね) 今回は特別にうずらに聞いた、うずらの卵を100個使った炊飯器料理にチャレンジして見たいと思いまーす! ね! 今見間違いかな! って思ったでしょ! 違うよ! 100個だよ! 10年分だよ! 今思えば、それが、間違いだった。 うずらの卵め! しかし私はこの程度ではめげなかったのである。 それは、卵と呼ぶにはあまりにも硬すぎた。 シェフ社畜は次第にうずらの白身バックファイアに慣れ、 大地はうずらの白身が乾いてカピカピになり、 海は、いやおかまの中は殻の細かいクズで満たされて行った。 寝ては割り、冷めては割りを繰り返した。 夢にうずらが現れ、卵を産んでは去って行った。 100個を炊飯器で炊いてみる どれくらいの時間が経ったろう。 語尾にズラ、が自然とつくようになった頃、ついに100個目を割り終えたズラ。 気づいたらおかまの中はうずらの卵の海になってたズラ。 できたズラ。 しかし、この時私は正直途方に暮れていたズラ。 これで炊いておいしくなるか自信が持てなかったズラ。 うずらの卵関係者からバッシングを受けて炎上しては元も子もないズラ。 これだけじゃあまりにも某有名アニメ映画で言うところの 王蟲(オウム)ズラ。 えっ? お、王蟲ズラ? そうだ! 王蟲ズラ! そこで投入したのがこちらズラ。 トマト。 そしてそこにチーズなんじゃない? とチェダーチーズの人から脳内に直接Facebookメッセンジャーが届いたのでチーズを乗っけて見ました。 チーズの人ありがとう。 今宵あなたは、歴史に新たな山頂が生まれるのを目撃しました。 うずらの卵100個炊き。 と言うわけでそれを記念して、同じく地球の長い歴史でも至宝と呼ばれるベートーベンの月光、第3楽章と合わせてレシピ動画にまとめてみました。 (どちらかというと料理を作る時間の5倍くらいかかりました。 見てくれなかったら泣くかんね!) これを見て各ご家庭で同じ料理が作られることを願ってやみません。 最後に、うずらと炊飯器の皆さん、この記事を読んでくださった皆さんに心より感謝の言葉を捧げるズラ。

次の