リーディングリスト 復元。 間違って消してしまったSafariのブックマークやリーディングリストを復元する方法

Edge の新機能、保存場所と、バックアップ法

リーディングリスト 復元

SafariはiPhoneの標準ブラウザです。 お気にいりのウェブサイトをブックマークする機能や、後で読みたいページを一時的に保存できるリーディングリスト機能などが備わっています。 特にブックマーク機能が重要です。 好きなサイトをブックマークに保存して、再度探し出す必要がありません。 とても便利です。 もし、iPhoneは操作不良などの原因によってSafariブックマークが消えたら、復元可能でしょうか? ここは消えたSafariブックマークを復元できる方法を紹介します。 「」を利用すれば、簡単にブックマークを回復できます。 難しい操作は一切なく、初心者でも機械音痴でも楽に使用できます。 まずは無料版を試してみてください。 モード1 iOSデバイスから復元 ステップ1 「iPhoneデータ復元」を起動したら、iPhoneとパソコンをケーブルで繋ぎます。 それから、「スキャン開始」をクリックしてから、iPhoneデバイスを分析し始めます。 ステップ2 デバイスを分析した後、すぐスキャンモードに入ります。 スキャンの結果にiPhoneのデータがすべてカテゴリに分けられています。 それぞれカテゴリのデータを確認することができます。 ブックマークを復元したければ、それなりの項目を選択してチェックしてください。 ステップ3 右に赤い色で表示されていると、消えてしまった物です。 それを復元したいと思ったら、下の「復元」ボタンをクリックすればいいです。 モード3 iCloudバックアップファイルから復元 ステップ1 iCloudでバックアップを取ったことがある方、このモードがお薦めです。 iCloudからデータを抽出できます。 まずは「iCloudバックアップファイルから復元」を選択して、IDとパスワードを入力します。 ステップ2 サインインしたら、このアカウントでバックアップしたファイルがすべて示されます。 復元したいファイルを選択して、「ダウンロード」をクリックします。 ステップ3 「Safariブックマーク」の項目を選んで、プレビューします。 確認ができたら、「復元」ボタンを押して、パソコンに復元します。 もしiPhoneから大切なデータを失われたら、諦めないでください。 「iPhoneデータ復元」を使えばまだ復元の見込みがあります。 どうぞお試しください。

次の

Edge の新機能、保存場所と、バックアップ法

リーディングリスト 復元

アプリや Web からブックマークを追加して、後でもう一度見たいコンテンツをトラックします。 お使いのすべての Windows 8. 1 PC や Windows Phone 8. 1 からリストを見ることができます。 追加したコンテンツを表示するときにリストが横に表示されたままになります。 アイテムが不要になったら簡単に削除できます。 リーディング リスト内のアイテムを検索すると探しているものが見つかります。 各アイテムは、豊富な情報 タイトル、イメージ、説明、取得元アプリ と共に表示されます。 アイテムを分類します。 次の休暇をどこで過ごすかのアイデア、ファイナンスに関する記事、仕事のために読みたいコンテンツを、グループにまとめることができます。 カテゴリごとに簡単にアイテムをフィルターします。 自分のリストにあるアイテムのセットを他のユーザーと共有します。 誤ってアイテムを削除した場合には、最近削除したセクションを使うとそのアイテムが見つかります。 タッチ、マウス、またはキーボードに適しています。 Windows 10 残念なことにEdgeに統合されたらしく、Edgeの後で読む機能になってしまっています。 これではお気に入り・リンクバーに入れているのと何も変わりない気が・・・。 以前はMSNアプリからも共有メニューからリーディングリストへ持って行けたのですが、なぜかその機能がなくなっちゃいました・・・。 Edgeのリーディングリストを開くには2段階の操作が必要です、 このアプリは、起動のみで済むので小画面端末向けに充分な利用価値があります、独自で存続してほしいものです。 視覚的に内容もわかりやすく表示されます。 ジャンル分けもできるため結構便利です。 Finally today it decided to delete all my categories and categorizations, which I had carefully built since past November... Hopefully it's a one-off problem... 'Cause if there is a second time there won't be a third. Talk about trusting cloud services; hope OneDrive won't decide to delete all of my data at some point...

次の

【消えた!?】iPhoneのリーディングリストが消える理由と3つの復元法!!

リーディングリスト 復元

Windows8. 1ではストアアプリとして「リーディングリスト」があり、ここに読みかけのサイトなど一時保管できました。 これが、Windows10では既定のブラウザ Edge の機能一貫となり本来の形として整理されました。 Windows10ではストアアプリの「リーディングリスト」に保管しているサイトはEdgeへ移動させることを推奨しています(Windows10でアプリの「リーディングリスト」を開くと新着情報として、Edge への移行を促しています)。 あ 【 Edge のリーディングリスト】 使い方としては8. 1の時と同じ。 「リーディングリスト」は読みかけとか、読んですぐ消すものなどを一時的に保管するときに便利だと思います(操作が簡単です)。 手書きで印をつけたり、メモを添付した状態でサイトが保管できますので利用価値は高いと思います。 1.リーディングリストを開く Edge 画面の右上にある「ハブ」マークをクリックして開きます。 ちなみに「ハブ」から、「お気に入り」「履歴」「ダウンロード」が開けます。 2.リーディングリストに登録する 登録するサイトを開いた状態で、アドレスバーの右端にある黄星マークをクリック、 「お気に入り」と「リーディングリスト」が表示されるので「リーディングリスト」をクリックし、サイトが表示されていることを確認して追加をクリック 【 Edge のお気に入り】 IE(インターネットエクスプローラ)に比べて「お気に入り」の整理機能が低いと思います。 並べ替えたり、まとめて削除するなどが、少し面倒な気がします。 1.削除 「お気に入り」から削除するものを右クリック、表示されたメニューから削除をクリック 2.登録 サイトの登録はお気に入りにフォルダを作って入れるのが良いと思います(登録数が多くなりすぎるとフォルダで分類して登録しないと探し難くなります) 登録するサイトを開いた状態で、アドレスバーの右端にある黄星マークをクリック、そして「お気に入り」を選び、作成先のフォルダを決めます(ここでは「お気に入り」を選びました) お気に入りに適当なフォルダがなかったので「 Edge 」フォルダを新規に作成しました Edge では並べ替えはフォルダファイルをドラッグして行います(自動並べ替え機能は無いようです) Edge のお気に入りが保存されているフォルダをエクスプローラで開けば、ここでは当然並べ替えができますが、それがそのまま Edge の「お気に入り」の並びとはならないようです。 「お気に入りバー」の表示・非表示 Windows8. 1で使って使っていた「リーディングリスト」はスタート画面から外した 検索:• 最近の投稿• 187• 161• 142• メタ情報• ブログ統計情報• 5,324,330 ヒット.

次の