銀座 人間ドック。 銀座・帝国ホテルの人間ドック|内幸町診療所/ITクリニック

《予約可》銀座医院|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

銀座 人間ドック

中央区でおすすめの人間ドックが受けられるクリニック 聖路加国際病院附属クリニック・予防医療センター 誘導支援システムによりスムーズに検査を受けられるクリニック コース概要(一例) 胃X線バリウムコース:73,440円 胃内視鏡コース:79,920円 【検査項目】 身体計測/内科診察/尿一般検査/便検査/血液生化学検査/血液一般検査/血清学検査/甲状腺機能検査/血圧測定/心電図検査/眼底検査/眼圧検査/視力検査/聴力検査/肺機能検査/胸部X線検査/胃X線バリウム検査or胃内視鏡検査/腹部超音波検査/子宮頸部細胞診(女性のみ)/婦人科診察(女性のみ)/骨密度検査/面接・生活指導/総合判定 特徴 年間の人間ドック受診者数が豊富な日本でも指折りの健診機関である聖路加国際病院附属クリニック・予防医療センター。 コースの種類はありませんが、5~6時間ほどで受けられる人間ドックが用意されています。 人間ドックは、独自に開発された誘導支援システムを使うことで効率的に各検査室を回れるのが特徴です。 経験豊富な医師が検査結果の説明を行ってくれる上、看護師による生活習慣についての指導も受けられます。 基本情報 所在地 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー3F・4F・5F アクセス 東京メトロ日比谷線「築地」駅3・4番出口から徒歩7分 受診時間・休診日 受診時間:要問合せ 休診日:日曜・祝日 問い合わせ先 03-5550-2400 銀座医院 ゆったりした空間で人間ドックを受けられる コース概要(一例) 人間ドック(一泊):63,000円 【検査項目】 身体測定/内部診察/血圧測定/視力検査/聴力検査/胸部X線検査/胃部X線検査/腹部超音波検査/便潜血検査/心電図検査/眼底検査/眼圧検査/尿検査/血液一般検査/生化学的検査/免疫血清学的検査/肺機能検査/腰椎レントゲン検査/NT-proBNP/骨塩定量検査/糖負荷試験 人間ドック(日帰り):46,000円 【検査項目】 身体測定/内部診察/血圧測定/視力検査/聴力検査/胸部X線検査/胃部X線検査/腹部超音波検査/便潜血検査/心電図検査/眼底検査/眼圧検査/尿検査/血液一般検査/生化学的検査/免疫血清学的検査 特徴 銀座医院には日帰りと一泊の人間ドックが設けられています。 希望に合わせて、頭部CTや下部消化管内視鏡検査といったオプション検査(有料)を追加することも可能です。 検査結果に異常があった場合は、銀座医院の外来で経過を診てもらえます。 クリニック内には白を基調とした落ち着いた雰囲気のロビーがあり、ゆったりとした環境で人間ドックを受けられるのもポイント。 各科専門の医師や看護師が一人ひとりの健康をサポートしてくれます。 基本情報 所在地 東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー16F アクセス 東京メトロ日比谷線「東銀座」液4番出口から徒歩2分 受診時間・休診日 受診時間:要問合せ 休診日:火曜・日曜・祝日 問い合わせ先 03-3451-3340 イムス八重洲クリニック 人間ドック・健診施設機能評価認定[注1]を取得しているクリニック コース概要(一例) 日帰り人間ドック:47,000円 【検査項目】 問診/診察/身体計測/視力測定/眼圧測定/眼底カメラ/血圧測定/心電図検査/肺機能検査/聴力検査/糖尿病検査/血液型検査/便潜血検査/胸部X線検査/上部消化管撮影/超音波検査/生化学検査/血清検査/血液算定検査/尿検査 特徴 日帰りで人間ドックが受けられるイムス八重洲クリニック。 日本人間ドック学会から人間ドック・健診施設機能評価認定を受けていて[注1]、質の高い人間ドックが提供されています。 専門のコンシェルジュによるフォローアップサービスを受けられるのが特徴で、受診前にどんな検査が行われるかという不安や、精密検査の可能な病院を教えて欲しいという要望に丁寧に応えてくれます。 女性向けに女性医師によるレディースディも用意されているクリニックです。 [注1]参照元: 基本情報 所在地 東京都中央区京橋2-7-19 京橋イーストビル5F アクセス 東京メトロ銀座線「京橋」駅6番出口から徒歩1分 受診時間・休診日 受診時間:8:00~13:30 休診日:日曜・祝日 問い合わせ先 03-3567-2080 中央区で受けられる人間ドックの補助金制度 中央区では、人間ドックに関する補助金制度は導入されていませんが、条件に該当する方は中央区が行っている特定健康診査を無料で受けられます。 中央区国民健康保険に加入している40~64歳の方と、中央区国民健康保険に加入していて要支援・要介護認定を受けている65~75歳が受診可能です。 区が指定する医療機関で受ける必要がありますが、該当している方は無料で健診を受けられます。 75歳以上の区民の方は、高齢者健康診査が無料で受診できます。 対象者には区から受診券が送られてくるので、体の具合に悩みを持つ75歳以上の方は受けてみると良いでしょう。 身体計測だけでなく、血液生化学検査や生活機能評価も受けられます。 参照元:.

次の

《予約可》メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

銀座 人間ドック

中央区でおすすめの人間ドックが受けられるクリニック 聖路加国際病院附属クリニック・予防医療センター 誘導支援システムによりスムーズに検査を受けられるクリニック コース概要(一例) 胃X線バリウムコース:73,440円 胃内視鏡コース:79,920円 【検査項目】 身体計測/内科診察/尿一般検査/便検査/血液生化学検査/血液一般検査/血清学検査/甲状腺機能検査/血圧測定/心電図検査/眼底検査/眼圧検査/視力検査/聴力検査/肺機能検査/胸部X線検査/胃X線バリウム検査or胃内視鏡検査/腹部超音波検査/子宮頸部細胞診(女性のみ)/婦人科診察(女性のみ)/骨密度検査/面接・生活指導/総合判定 特徴 年間の人間ドック受診者数が豊富な日本でも指折りの健診機関である聖路加国際病院附属クリニック・予防医療センター。 コースの種類はありませんが、5~6時間ほどで受けられる人間ドックが用意されています。 人間ドックは、独自に開発された誘導支援システムを使うことで効率的に各検査室を回れるのが特徴です。 経験豊富な医師が検査結果の説明を行ってくれる上、看護師による生活習慣についての指導も受けられます。 基本情報 所在地 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー3F・4F・5F アクセス 東京メトロ日比谷線「築地」駅3・4番出口から徒歩7分 受診時間・休診日 受診時間:要問合せ 休診日:日曜・祝日 問い合わせ先 03-5550-2400 銀座医院 ゆったりした空間で人間ドックを受けられる コース概要(一例) 人間ドック(一泊):63,000円 【検査項目】 身体測定/内部診察/血圧測定/視力検査/聴力検査/胸部X線検査/胃部X線検査/腹部超音波検査/便潜血検査/心電図検査/眼底検査/眼圧検査/尿検査/血液一般検査/生化学的検査/免疫血清学的検査/肺機能検査/腰椎レントゲン検査/NT-proBNP/骨塩定量検査/糖負荷試験 人間ドック(日帰り):46,000円 【検査項目】 身体測定/内部診察/血圧測定/視力検査/聴力検査/胸部X線検査/胃部X線検査/腹部超音波検査/便潜血検査/心電図検査/眼底検査/眼圧検査/尿検査/血液一般検査/生化学的検査/免疫血清学的検査 特徴 銀座医院には日帰りと一泊の人間ドックが設けられています。 希望に合わせて、頭部CTや下部消化管内視鏡検査といったオプション検査(有料)を追加することも可能です。 検査結果に異常があった場合は、銀座医院の外来で経過を診てもらえます。 クリニック内には白を基調とした落ち着いた雰囲気のロビーがあり、ゆったりとした環境で人間ドックを受けられるのもポイント。 各科専門の医師や看護師が一人ひとりの健康をサポートしてくれます。 基本情報 所在地 東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー16F アクセス 東京メトロ日比谷線「東銀座」液4番出口から徒歩2分 受診時間・休診日 受診時間:要問合せ 休診日:火曜・日曜・祝日 問い合わせ先 03-3451-3340 イムス八重洲クリニック 人間ドック・健診施設機能評価認定[注1]を取得しているクリニック コース概要(一例) 日帰り人間ドック:47,000円 【検査項目】 問診/診察/身体計測/視力測定/眼圧測定/眼底カメラ/血圧測定/心電図検査/肺機能検査/聴力検査/糖尿病検査/血液型検査/便潜血検査/胸部X線検査/上部消化管撮影/超音波検査/生化学検査/血清検査/血液算定検査/尿検査 特徴 日帰りで人間ドックが受けられるイムス八重洲クリニック。 日本人間ドック学会から人間ドック・健診施設機能評価認定を受けていて[注1]、質の高い人間ドックが提供されています。 専門のコンシェルジュによるフォローアップサービスを受けられるのが特徴で、受診前にどんな検査が行われるかという不安や、精密検査の可能な病院を教えて欲しいという要望に丁寧に応えてくれます。 女性向けに女性医師によるレディースディも用意されているクリニックです。 [注1]参照元: 基本情報 所在地 東京都中央区京橋2-7-19 京橋イーストビル5F アクセス 東京メトロ銀座線「京橋」駅6番出口から徒歩1分 受診時間・休診日 受診時間:8:00~13:30 休診日:日曜・祝日 問い合わせ先 03-3567-2080 中央区で受けられる人間ドックの補助金制度 中央区では、人間ドックに関する補助金制度は導入されていませんが、条件に該当する方は中央区が行っている特定健康診査を無料で受けられます。 中央区国民健康保険に加入している40~64歳の方と、中央区国民健康保険に加入していて要支援・要介護認定を受けている65~75歳が受診可能です。 区が指定する医療機関で受ける必要がありますが、該当している方は無料で健診を受けられます。 75歳以上の区民の方は、高齢者健康診査が無料で受診できます。 対象者には区から受診券が送られてくるので、体の具合に悩みを持つ75歳以上の方は受けてみると良いでしょう。 身体計測だけでなく、血液生化学検査や生活機能評価も受けられます。 参照元:.

次の

1泊2日以上の宿泊プランがある東京のおすすめ人間ドッククリニック

銀座 人間ドック

心配になってから検査をするのではなく、20代、30代の人にも受診を推奨 「メディカルチェックスタジオ(MCS)東京銀座クリニック」は、「疾患の発症する前『未病』の段階で対応する」ことを理念に掲げ、脳ドックを通して脳血管疾患(脳卒中)リスクや心臓病リスクを発見し、適切な対応を早期に始めることを重視しています。 以前は加齢的な変化もしくは高血圧、脂質異常症をベースにして発症すると言われていた「大脳白質病変」という病気が多く見られ、睡眠不足や運動不足、仕事や家庭のストレスを原因とする若年層への拡大が増えてきました。 そのため、発症してからの治療ではなく、何より発症する前の予防が重要だと考えています。 脳血管疾患のリスクをできるだけ早い段階で発見し、発症を未然に防ぐために定期的な検査を受けることが有効な予防法のひとつと言えます。 健康診断で異常がない人でも1度は脳ドックを受診することをおすすめいたします。 その後は2、3年に1度、若い人なら次の受診まで5年は空けてよいケースも多いかもしれませんが、当院ではまずは1度受診することをおすすめしています。 スマートフォンやPCを活用して検査結果を手元で把握 MCS東京銀座クリニックでは検査コースとして、「スマート脳ドック」「CT肺・心血管ドック」「スマート脳ドック+CT肺・心血管ドック」を設定しています。 そして、受診者のスマートフォンやPCで検査結果の確認および管理まで一貫して行えるシステムを構築しています。 「スマート脳ドック」は、一般的にいう「脳ドック」と同じ特徴を持ち、主に脳血管疾患(脳卒中)リスクの早期発見を目的にしています。 検査項目は、虚血性脳卒中である脳梗塞リスクを主に調べる「頭部MRI(磁気共鳴画像撮影)検査」および、くも膜下出血を引き起こす未破裂脳動脈瘤リスクを主に調べる「頭部MRA(磁気共鳴血管撮影)検査」です。 生活習慣病の所見が指摘された人にはとくに受診を推奨 脳血管疾患は、がん・心臓病と並ぶ3大疾患であり、突発的に発症して死亡に至るケースや、要介護の要因となるケース、後遺症が残るケースも多いといわれています。 そのため脳の病気は何より発症する前に予防すること、そして発病後も軽い段階で治療するという考え方が必要です。 実際、自覚症状がなくとも、若い世代から働き盛り世代の人まで幅広い年齢層で疾患リスクが見つかっています。 これまでの健康診断などで高血圧、糖尿病、脂質異常症、心房細動、肥満、運動不足などの生活習慣病の所見が指摘された人にも受診を推奨しています。 胸部CT検査で肺全体および心血管や内臓もチェック MCS東京銀座クリニックでは、「スマート脳ドック」に「CT肺・心血管ドック」を加えたコースも検査コースとして設定しています。 肺全体および心臓の血管を検査する「胸部CT検査」が追加検査項目です。 肺に関しては、肺がん・肺結核・肺炎・肺気腫(COPD)などのリスクを、心臓に関しては、心臓病(狭心症・心筋梗塞・心臓弁膜症など)の早期発見を主な目的としています。 つまり、肺ドックと心血管系ドックがセットになった検査コースです。 とくに肺に関して、心臓の裏や骨と重なっている部分も含めてチェックし、疾患リスクの発見に努めています。 さらに、胸部CT検査は心臓の血管や内臓の状態もチェックし、心臓の冠動脈の石灰化など心臓病リスクの早期発見にも有用な性質を持っています。 喫煙・副流煙・PM2. 5など肺がんの危険因子は身近 現在、日本における死因の1位は「がん」、2位は「心臓病」であり、「肺がん」はがんの部位別死亡数で1位(男性で1位、女性で2位)となっています。 最近では、喫煙禁煙の分別がない職場環境や家族がたばこを吸っているという環境により、副流煙を原因とするリスクが増加し、たばこを吸っていない人でも肺気腫が見つかることも増えてきました。 また、職業上PM2. 5(肺疾患への影響が懸念される微粒子)を吸い込む環境で働いている人にとっても肺がんリスクは身近であり、そうした人にもぜひ検診を受けてほしいと当院では考えています。 脳血管疾患・肺がん・心臓病の各リスクを同時に検査 「スマート脳ドック+CT肺・心血管ドック」は脳血管疾患・肺がん・心臓病の各リスクを同時に調べることが主な目的です。 つまり、「3大疾患のかなりの部分を占めるできる限り広い範囲の疾患リスクをカバーする」ために設定された検査コースであると当院は考えています。 とくに、日本における肺がん・肺気腫(COPD)は、将来的にも増加傾向が続くと当院はみています。 さらなる効率化も視野に入れている画像診断の読影体制 当院では、MRI検査やCT検査など画像診断の読影について、放射線科・脳神経外科の分野に知見を持つ医師によるダブルチェック体制を整えています。 今後は循環器内科の分野に知見を持つ医師もチェックする「トリプルチェック」体制も考えています。 将来的にはAI(人工知能)を取り入れて画像診断をすることによって、さらに読影の効率化をはかりたいと考えています。

次の