フロント ミッション ガン ハザード。 フロントミッションシリーズ ガンハザード

アルベルト・グレイブナー(ガンハザード)

フロント ミッション ガン ハザード

ネタバレ要素が多分に含まれてますので、その手が嫌いな人はそっとブラウザバックをクリックして下さい。 前篇: シーン11:ルーク 凄腕の傭兵部隊、クリムゾン・ブロウの一人がこのルークだ。 大量の爆薬を詰んだ敵機を破壊できない主人公の気苦労も知らずに敵機を発砲し、 街一つを火の海にするような浅はかさと、 「ガレキにはさまれて動けない」と語るが、 手持ちのバズーカを捨てて、手で押しのければ自力で脱出できそうに見えるが、 何故かそれをしようとしない茶目っ気を兼ね揃える。 絶体絶命の危機を主人公に助けられたルークは思わず「イケメン!?」と叫ぶ。 その優しさに心打たれた彼は、「昔のジェノス様に似ている」と語り始めるのであった。 シーン12:パーフェクトワーク 旧シビルスカ要塞の地上出口を破壊し、敵の退路を遮断する。 その為に強力な爆薬が必要だ。 その役目を担うのはルヴェンを置いて他にはいない。 無論、この行動を見逃す程、敵側の警備もザルなわけではない。 警報が鳴り響き、緊張が高まる。 だれそれでも、この男は一切の余裕を崩さない。 地上出口を破壊するのに十分な爆薬をセットし、脱出を試みる主人公達を追う一人の男。 見覚えもあるプレイヤーも多いのではなかろうか。 そう、かつてボルクタのバルトフ峠で激闘を繰り広げたヤコブレフ(のそっくりさん)だ。 大型ヴァンツァー「ブロンテス」を操り、列車の走行を阻もうとする。 見かけ倒しの弱さを遺憾なく見せつけた偽ヤコブレフ。 「むぐわああっ!!」というインパクトのある断末魔が、 この男の存在を、またもプレイヤーの脳裏に焼き付ける。 イベントの最後を締め括るカンペキな一言。 是非、日常生活でも使っていただきたい。 彼の正体はソサエティの兵器開発チームだったのだ。 キャリアー艦隊を一瞬で壊滅させた超強力レーザーを照射する新兵器、 ミドガルズオルムを前に勝ち目はないと感じた一同は、 かつてアルハリ砂漠で出会ったシールド工学者「Dr. サカタ」の事を思い出し、彼の元へと向かう。 平和を愛し、争いを憎む彼にとっては、 例え正義を掲げる戦いであろうと、武力を持つ者に対しては非協力的だ。 一度は主人公達のスカウトを拒否するも、研究の虫には適わない。 強力ビーム砲と対面する事で、防御兵器開発プロジェクトの進展になると考えた彼は、 主人公達に協力することを決意する。 ミドガルズオルムのレーザーの性質を一瞬でマイクロウェーブビームだと見抜いたサカタ、 彼との連携により、見事ミドガルズオルムを打ち負かしたのであった。 シーン14:ヒャア!がまんできねえ! 凄腕の傭兵部隊、クリムゾン・ブロウの最後の一人がビショップだ。 極めて残忍・好戦的な性格で、自分の快楽の為なら、 例え相手が無抵抗だろうと彼は容赦なく命を奪う。 しかしながら、彼が初登場の際に発した「ヒャア がまんできねぇ 0だ!」という台詞が、 ガンハザード中、最も人気のある台詞の一つとされ、一部のファンからカルト的な支持を得ている。 シーン15:ブレンダさんはお金が大好きなんですよ 世界各地で功績を上げる主人公たちの噂を聞きつけ、指名で依頼が下る。 依頼者の名は「ホセ」。 マチュピチュの市長であり、リゾート施設を経営する大富豪だ。 さぞかし高額の報酬が期待されるとブレンダを茶化す一同だが、 これに対しブレンダはツンデレのような口調で猛反論する。 お金と爆撃の事しか考えない彼女が何故このような発言をしたのか? 戦火に身を置きながら、無駄に命を奪う事を嫌い、巨悪に敢然と立ち向かい、 果ては環境汚染まで気にする主人公の優しさに惹かれていったからであろう。 ブレンダの心境の変化が読み取れる、大切なワンシーンだ。 シーン16:激動 マチュピチュの依頼主・ホセはソサエティの幹部だった。 彼は、ソサエティと敵対する組織「ガーディアン」と主人公たちとの共倒れを謀っていたのだ。 ガーディアンの幹部・アニタとの対峙で、主人公たちはホセに嫌疑を抱き、 マディオス地方でソサエティの兵器工場を発見し、疑いは確証へと変わる。 兵器工場を制圧し、ホセとの戦いに先手を打ったものの、 主人公たちの雇い主であるカーネルライト協会は黙っていない。 「(ホセが)カンカンにおこっていたぞ」と、カンカンに怒って伝えてくるリチャード。 主人公は怯む事無く、協会を敵に回してでもソサエティと戦う意志を表明しながらも、 リチャードから受けた恩を仇で返す結果になった事を誠意を以て謝罪する。 リチャードは最後に語りかける。 「お前と いい仕事ができて楽しかったぜ」、と。 彼もまた、ブレンダと同じように主人公の優しさに感化されていたのだろう。 中尾隆聖氏(フリーザ様の中の人)が演じたら似合いそうな声で笑うホセ。 絶対的な余裕を見せつけ、主人公を挑発するのであった。 善人面が大体悪党というガンハザ方程式は大体コイツのせい。 追い詰められたホセは、輸送機で脱出を試みる。 その時間稼ぎのため、主人公と同じく雇い入れていたジェノスに、 深手を受けた部下・ルークの機体を爆破し、足止めをするよう命じる。 ジェノスの苦渋の決断によりルーク機は大破、ホセの輸送機は大空へ舞う。 ブレンダのキャリアーでホセの輸送機を追うが、スピードはホセ機の方が早く、 このままでは引き離されてしまう。 ギリギリまでキャリアーで接近した後、ヴァンツァーのバーニアでホセ機に取りつく作戦に出る。 ガンハザード初の空中戦である。 なお、パイロットスーツで出撃した場合はこのように専用のセリフが発生する。 キャリアーより速いパイロットスーツのジェットパックって何なの…… 後一歩の所までホセを追い詰めた時に現れた青いヴァンツァー。 そのパイロットの正体はソサエティ総統直属の近衛隊長だ。 失敗続きで激おこぷんぷんな総統に代わり、ホセを粛清に来たのだと言う。 言い訳や遺言も残させてくれないまま生涯を閉じる事になるホセ。 この近衛隊長、ゲーム中では最強のヴァンツァー乗りで、 一応、設定上ではかなりの使い手のジェノスに深手を負わせる程の使い手なのだが、 名乗る場面が一度も無く、最後まで「近衛隊長」なのだ。 敵に対して名乗る名などないのか、名乗るタイミングを間違ったのか、 今となっては知る由もない。 シーン17:挟撃!アースウインドアタック! マチュピチュのレーダーサイトで待ち構える2つの機影。 そう、彼らこそ、ソサエティ内で知らぬ者はいない(と思う)、 絶技『アースウインド・アタック』の使い手なのだ。 一方はキック、一方はパンチを得意とし、 息の合ったコンビネーションで敵を確実に追い詰めていく。 レーダーサイト自体がフリーマップなので、攻略は任意なのだが、 これまでの狩り場から獲得経験値が6倍近く増えているので、 行かない人はまず居ない。 また、終盤でも2分あればクリアできる手頃さから、 到達した時点からゲームクリアまでお世話になるマップだ。 通う度に登場し、その度やられては、『フェルダー様ぁぁっ!!』 と叫んで逃げ帰る彼らの情けない姿が印象に残るプレイヤーも多いのではなかろうか。 シーン18:戦慄!メテオストームアタック! ソサエティの主要都市、エスポルテのサンコルテ市街のボスが繰り出す三位一体の技。 サンライズに見せたら一発で首を飛ばされそうな技名だ。 ちょっと人相の悪いハガー市長似の男が号令をかけると一斉に襲い掛かってくるが、 その実態は3人仲良く並んで蛇行し、豆鉄砲を撃ち込んでくるだけ。 わざわざ踏み台にしなくても勝てそうな相手である。 強くない、というかむしろ弱い。 完全に名前負けしている。 フリーマップなので何度でも出会う事ができるが、狩場としてはあまり美味しくないのが残念。 シーン19:ブレンダ最強説 ソサエティの情報拠点、バイアブランカ。 「ソサエティにとってこの基地は、絶対に死守しなければならない場所」 アニタはそう語る。 当然、その防衛網はかなり強固であり、 これまで幾多も潜り抜けたどの死線よりも厳しい戦いとなった。 ……のだが、そんな中、単身、生身のまま最奥のコンピュータルームに辿り着くブレンダ。 「いつも艦に乗って安全な所にいるので、役に立つってことを知って欲しかった」 と彼女は語る。 ブレンダの勇姿を讃える仲間達。 機体が大破すると一目散に逃げ出す彼らに、ブレンダ兄貴の爪の垢を煎じて飲ませてやりたいところだ。 シーン20:グレートホワイト ガーディアンがソサエティに対抗する為に武器を集めていた秘密の店が、 シドニーにある事を聞きつけた主人公たちは、その店を訪ねる事にする。 かつて、シビルスカで戦ったソサエティの兵器開発チームのボス、シヴァルツの姿がそこにあった。 彼こそが話にあったアンダーグラウンドショップ『グレートホワイト』の店主だと言う。 一同は驚きを隠せないが、 話を聞くに彼自身は覚えがないらしい。 他人の空似という奴だろう。 初対面から荒々しい態度を見せる店主だが、 顧客が分からない商品に対し、懇切丁寧な言葉遣いで解説をしてくれる。 対応マニュアルでもあるのだろうか、解説文自体は一般ショップのそれと全く同じなのだが、 このように公私を完璧に使い分ける彼は、まさに商売人の鑑と言えよう。 別れを惜しむ店主の顔に惹かれ、何度も店を訪れたプレイヤーも多いはずだ。 シーン21:リチャードとゆかいな仲間たち かつて、人類の平和と協調のシンボルとして設計された巨塔『アトラス』。 ソサエティの総帥は自分の死と同時に、アトラスに仕掛けたマイクロウェーブ砲で、 世界の全てを焼き尽くすよう細工を施していたのだ。 序盤から異様な存在感を見せながら、特に何のイベントも無く空気となっていたこの建造物で、 最後の戦いが始まろうとしていた。 全世界の未曾有の危機に立ち向かうのはガーディアンだけではない。 主人公たちに助けられた各国の要人達、カーネルライト協会のリチャード達が、 国境を越えて駆けつけて来たのだ。 かっこよすぎるじゃないか! シーン22:すまんな!そのとおりじゃよ! 終戦後、仲間達はやるべき事をなす為にそれぞれの国へと帰っていく。 Dr.サカタはシールド工学の研究成果が評価され、アトラスの改修工事を一役買うことになる。 工事に大方の目処が立った頃、彼はまた放浪の旅に出ていった。 耐震テスト等をしている描写は一切ないのだが、もし不備が見つかったらどうするつもりなのだろうか。 要望あれば、ガンハザRTAとかやろうと思うので、 その下見の折にでもスクショ撮って、加筆した完全版を作ろうと思います。

次の

GAME〜mein〜/クリアーゲーム/フロントミッションガンハザード

フロント ミッション ガン ハザード

フロントミッションシリーズ ガンハザードとは、から発売された用である(、ので配信中。 要0)。 とにあるが、のがでないことや、ではない=パラレルであることから、とはまったく別種のとして扱われることも多い。 概要 のと彼の乗る「」を操作して、敵を倒していく横。 開発のがS()からしたが中心になった会社であることもあり、(Sの名)のを発展させたようなになっている。 あらすじ 4年、ベルゲン共和でが勃発。 軍の首領であるはオーウェンを捕らえ、合法的に議会の解散と自身の政権を認せようと画策していた。 ・ブナーはを外へ脱出させようと試みるが、によってが捕らえられ、は犯として投されてしまう。 しかしは、のダと共に、外へと脱出する。 そしてはダの紹介で組織 協会に所属し、として、各の紛争に立ち向かって行く。 登場人物 カルボナーラ はたちが利用しているキャーの称である。 たち一行にの呼び名がいため、便宜上キャーの称を使う。 ちなみに、中で何度かキャーをることがあるが、全てのキャーがという称を付けられている。 ・ブナー。 の首謀者という罪を着せられ、を追われてになる。 性格は絵に描いたような熱血で。 時にはそれでを苦しめる。 周りが破壊とな連中ばかりのためか、一部のがであるにもかかわらず迷ゼ扱いである。 を降りて、とで戦うこともある。 また、その場合はしゃがむと体当たりなどの攻撃を除いてである。 というの性質上仕方ないことだが、たった1機ので機以上の敵を撃墜したり、貧弱なはずの生身での装備でを破壊したりするので「史上」と冗談まじりにられることもある。 「」 ダ・ 協会所属の。 ベルゲン共和でのの際にによって雇われていたが、疑問を抱いて接触を試みたところ失敗。 乗りのを殺され本人も投される。 その後同じく投されたと共に脱出、新しいとして協会に連れて行った。 各種キャーの繰艦を担当。 に設定した場合は要請を行うことで撃によるをしてくれる。 終盤、言動の端々からに好意を寄せているようにとれるが、先は長そうである。 が大好きなんですよ。 「しようか! 」 ・ 軍。 サンクトリヒでのの際、案内役としてに乗艦する。 その後、操縦の技術を学ぶためにして同行。 協会から給料は出ていない。 性格は生面で穏和。 皮を受け流す程度のも備えているようだ。 ではと同系列のを使用するが、機限定版であり性はあまり高くない。 「」 ・ ボルクタで活動中のート反軍の。 敵前逃亡の罪で殺されかけていた所をらに救われ、に加わる。 控えめでい性格。 的でもある。 では補給機・ルイビンスクに搭乗。 機のを回復する。 「そ そんなはずはありません!」 ルヴェン・ハーディ 、連合軍の。 潜入調中に敵に捕らえられていたところを達に助け出される。 その後は各地の紛争の裏にあるものを調べるため、に同行する。 軽いようでいて底の見えない男。 では名の通りを使用する機体・ジェを操るが、の上のは敵味方関係しに入るため、・が後を絶たない。 絶妙な時限起爆とがそれに拍をかけ、後半攻撃が上がるほど危険度も増すである。 限定は一種のとして認めてもいいと思われる。 「名は だ!」 ・ ザン軍の。 く「ええすぱいろっと」らしい。 ビに焼き払われた村の敵討ちのために同行する。 らしい元気と邪気さを持つ。 では機動性の高い小・スクワラルに搭乗。 火器が固定されていないため様々な方向の敵に攻撃でき、総合的なは高いが動き回るために気が付くとやたらが減っている事が多い。 「さん競争だぞ どっちがたくさん倒せるか!」 ヒコ・サカタ の研究者。 で相手にのをしていたところ、強なへの対抗策を達にかれ、直接出向いてすることにした。 その後も、未知ののを収集するために同行する。 相当の研究であり、ダく「」 として連れて行く場合、前面からのを全に防ぐ・で前線に立ってくれる。 「な! そのとおりじゃよ!」 アニタ・ディテ 南支部の現地。 敵の奸計にはまり、捕まっていたところを達に救われ、その後ソサエ本拠地攻撃の際にに加わる。 言葉遣いは丁寧だが、芯の性。 には小・パーダで参加。 機と投下を持つが、操作では基本位置が機の上なのでとても使いづ 「で!」 カゲミツ サカタの作ったビゲーション。 連れて行くと画面に簡易が常に表示されるようになる。 しかし、最も大きな恩恵としてはやはり心がなごむことであろう。 また、であるため生身時のにするなどの使い方もある。 「ポパー」 クリムゾンブロウ 凄腕の3人組。 がいに乗っている。 達とは対立したり共闘したり。 (・ザ・・・マーリー) ブの。 ・ホイヴォルフはを武装とする高性機体。 というかしか積んでいない。 のようなでの精に戦いを挑む。 重度の。 「の その甘さが私をいらつかせるのだ!」 (・ザ・デトネーター) でに救われたことを契機にブのになった男。 非を好まず、義に厚い。 粒子を搭載した高・フォイアツォークの攻撃には十分な注意が必要となる。 某所で魅せる近接は彼を「」と呼ばせるのに充分なものである。 「おろかな…」 ビ(ビ・ザ・) ブのにして殺戮狂。 かなり性格に問題があるが、がにしている以上戦としてはかなりのものであると推測される。 ヒャアで10万だ!でがまんできねぇガンハザ1、2を争う者。 乗機・ゥフトはに加えも装備した汎用。 ボディー部分はのフォイアツォークと同のようだ。 「ヒャア がまんできねぇ 0だ! 」 ソサエティ 各地の紛争に介入し、を化させている秘密結社。 彼らの的とは一体…… 注意!!以下の核心に触れる記述があります! ・シャーウッド 名前を聞いてもわからない人No. ソサエ。 彼の死と共には終焉に向け加速する。 「聞こえんか・・・あの新たな・・・戦いの調べ・・・が・・・」 ス・ダー の。 ソサエの官である。 なのに要で年齢が一番上なのはどういうことだ。 をくすためにを操作するという的でソサエに関わっていたが、も知らないままに的と手段は…。 「でも 私たちは いずれ人類に大きな幸福をもたらすのよ!」 ・ ベルゲンの首謀者。 階級は。 にとっては両親の敵でもある。 狡猾さとのようなしつこさ 談 を併せ持ち、自らの操縦もこなす。 に際し、各基地に速な根回しをしている事からもさを伺わせるが、ソサエにとってはただの駒でしかなかったようだ。 ・ワグテは単純な変形により中での機動を可にする陸両用。 「く・・・くそっ・・・ 駆動系にがっ!!」 シヴァルツ 幹部の一人。 シカで組織をにして開発をしている。 通称ザメ。 が隠しの店に使い回されている。 諸説有りだが寂しがり屋なのは間違いない。 ・は防御のを搭載し、隊を一撃で壊滅させるを持つ。 しゃがむなよ?絶対にしゃがむなよ? 「・・・ざんねんだったな おれの答えは これだ!」 ・アヴァブ 表の顔はー共和のュュであるが、実はソサエの開発者。 人がよさそうすぎて逆に怪しい、とても分かりやすい。 彼にも言いたいことがあったらしい。 「そうですか それはよかったです はお祝いですな」 その他の人々 その他大勢。 ス の同僚。 軍による攻撃を受け。 専用の顔グラと名前付きで最初に出てきて最初に死ぬ、とてものある。 ガンハザードがどういったか身をもって教えてくれる。 彼がとか言う燃え展開はい。 いったらい。 「うっ!」 ・オーウェン ベルゲン共和の。 ヒレツなまねにはガマンならずにで突っ込んじゃう熱血。 ソサエによってされるも、協を拒み監禁または軟禁状態にあったようだ。 「ヒレツなまねをしおって もう がまんならん!」 軍。 の鎮圧を協会に依頼した。 最初ので出会うとても顔グラの人。 実際は穏和な性格のいい人である。 「君 たのみましたよ!」 セン ート反軍の。 軍の新・ツェルネンコの撃破を協会に依頼した。 必要以上の軍備拡に向かうの打倒を掲げているが、その裏で軍の仕業に偽装した襲撃を行うなど、あくどいことも行っていた。 最終的には悪事に気付いた人々に追い落とされたようである。 「う・・・ わしには 何のことかわからんが・・・」 サド ・連合軍。 依頼の内容は潜入させた、の救出だったはずなのだが、気付くとは敵要塞を陥落させていた。 とってもに見える、というかにしか見えないのだが、その実の値引きやの供与などをしてくれるとてもいい人である。 ガンハザードとはどんなか教えてくれる人。 「ところで・・・君たちにお礼をしたい」 ザン共和。 敵対関係にあったタンガニー共和との和を結ぶために尽していたが、移動中に専用機を撃墜され、らの村に保護されていた。 「近いうちに またを開き必ず成功させてみせる」 ネフ の。 ザメの掃討を協会及びブに依頼した。 のというきに似つかわしくない穏和そうなである。 でも多分怒らせない方がいい。 「いや もしかすると君になら できるかもしれんな・・・」 関連動画 プレイ動画(実況含む) 氏による。 1はガンハザードでは一番の再生数を誇る。 ()氏による。 デンス氏による。 通称「生身の人」 18のは必見。 、のも行っている。 その他動画 ヒャア がまんできねぇ だ! そんなを作ればが汚染されるぞ! 関連項目•

次の

FRONT MISSION SERIES GUN HAZARD

フロント ミッション ガン ハザード

概要 [ ] 「」第2作目で、シリーズではを描いている。 ゲーム様式は前作のから横スクロール型アクションゲームに変更されているが、(歩行兵器)などの要素で接点を持つ。 欧州、アフリカの砂漠やジャングル、ロシア、南米と個性的なMAPが存在し、多彩な武器の変更や任地選択、また一度クリアしたマップでも経験値(部位ごとに経験値が上がるシステムが機体カスタマイズ性を高めている)や資金稼ぎのために出撃可能(例外あり)であるなど、その自由度は高い。 より独立したが製作しており、同スタッフが開発した『』を踏襲した滑らかなモーション等、2Dながらリアルなメカニック描写が際立つ。 また、二人用プレイにも対応している。 ストーリー [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2013年3月)() 西暦2064年、共和国でクーデターが勃発。 その際、主人公はを国外脱出させるために同僚であるレロスと軍港で護衛の任務にあたっていた。 出港直前にの指導者であるアークと彼の率いる部隊がを用いて軍港を襲撃する。 主人公は親友のレロスの死を目の当たりにするが、軍人としての任務を果たすために大統領とともにアークを退け、まだアークの手に落ちていない基地を目指す。 しかし彼の奮戦むなしく罠にかけられ、主人公は大統領ともども捕えられ投獄される。 獄中で一度は敵として戦ったヴァンツァーキャリアークルーと出会い、ともに脱獄して共和国を脱出した後、レロスの敵を討つため、そして大統領誘拐の汚名をすすぎ祖国を取り戻すために傭兵として戦うことを決意する。 それからや、などが多発する世界各地を転戦する中で多くの仲間と出会う。 しかし、それは同時に、ある隠された秘密を知ることでもあった……。 ゲームの特徴・システム [ ] 本作はレベル制だけでなく、機体や武器に熟練制を導入している(後述)。 ステージによって多彩な演出があり、大統領がヴァンツァーキャリアトレーラー(ネイデントレーラー)を運転して敵機体に体当たりする、爆弾満載の無人突撃艦に乗って敵の封鎖海域を突破する、テロリストに占拠されたから作業員を救出する などのステージも存在する。 以下に、本作で取り入れられた主な特徴やシステムを挙げる。 他のシリーズ作品との相違点 [ ] 他の作品では主にターン制ストラテジーの方式をとっているが、本作はアクションゲームとなっている。 そのためか搭乗機の変更は、パーツごとではなく機体ごととなっている。 戦闘システム [ ] 本作は後のシリーズにも見受けられる新要素が見られた。 熟練度 機体や武器を習熟することで性能が強化されるシステム。 熟練度が上がることにより、武器は最大残数や威力の増強、バーニアは噴射時間や飛距離の延長、機体は耐久力が向上する。 熟練度を上昇させるには、武器とバーニアは何度も使い続けること、機体はダメージを受けることが条件で、強い武器や機体であるほど手間がかかる。 ヴァンツァー乗降システム 主人公が機体を降りて行動するシステム。 ストーリーの展開上強制的にこの状態になったり、ステージよっては生身でのみ移動できる通路なども存在する。 バーニア(ジェットパック)による飛行(ヴァンツァー搭乗時と違い、制限時間無しで常時飛行可能)、しゃがみ(敵との接触など、特定の条件下を除きダメージを受けない)、壁取り付きによる昇降など独自のアクションが可能。 また、パイロット用武器にも前述の熟練度が設定されており、特にハンドグレネードは強化していくと一度に2発投げられるようになるため非常に強力である反面、爆風(しゃがみでダメージ無効化可能)によって自分がダメージを負うリスクも存在する。 ほぼ全てのミッションでパイロット状態のままゲーム進行が可能であるため、 生身でゲームクリアといったプレイに挑むこともできる。 また、ヴァンツァー搭乗時と生身状態での都合上、ゲーム中のメッセージが大きく変化する場合もあり、生身プレイは開発者からも推奨されている。 いわゆる「詰み」防止のためか、ヴァンツァー搭乗の有無に関わらず、パイロット装備の護身用ハンドガンを装備していないと出撃不能になる。 なお、『』では更にこのシステムは発展することになる(本作におけるヴァンツァー乗降システムとは相違点があるため、詳細は該当ページを参照)。 僚機 仲間にしたキャラクターともに出撃するシステム。 ステージ毎に1機登場させることが出き、2プレイヤー用コントローラーで操作できる。 各キャラクターによって「支援砲撃」「主人公と同系統の機体」「補修支援」「爆破の専門家」「小型高機動型」「防御力特化型」「航空戦闘型」「火力特化型」「マップ表示担当」という機体性能の性格付けがなされている。 特定のステージによっては、所定の仲間を連れてこないとイベントが発生しなかったり、出撃直後に仲間が「活躍できない」と帰還してしまう場合もある。 また、主人公同様にレベル制や熟練度が設けられ、より強力な機体の利用や強化が可能になる。 ただし僚機の武装は変更不能である。 キャラクター [ ] 「」を参照 メカニック [ ] 敵味方を含める数多くの機体が登場するが、他のシリーズに比べヴァンツァーの製造メーカーは詳細には設定されていない。 機体諸元 ハービーG HARBY-G 型式番号 FN-8G 全高 4. 6m 全長 3. 8m 全幅 3. 5m 全備重量 3. 6 生産国 ベルゲン共和国 固定武装 スイングアーム18. 8tプレスパンチ 特殊兵器搭載許容数 1 ハービーG アトラス建設時に用いられた二足歩行型汎用工作機械を軍事転用したもの。 機種は「汎用作業機」で、「HARBY」は開発者のニックネーム、「G」は「GUNNER」つまり軍用であることを示す。 元は作業機械であるためか、上部にパトライトが残っていたり、左腕は作業腕部のままになっている。 それでも、バーニアユニットやローラーダッシュといった機能は使用可能で、最低限のスペックは備わっている。 コクピットが剥き出しになっており、のように防弾ガラスに囲われておらず、安全バーで囲まれているだけの風貌をしている。 初期機体のため性能は低く、特に特殊兵器搭載枠は1つしかない。 ただし、主人公用の機体の中では最も小型で、他の機体が通れないような狭い場所でも機体を降りる必要がないという利点もある。 機体諸元 ナイトマスター KNIGHT MASTER 型式番号 SW-82K 全高 6. 3m 全長 4. 4m 全幅 4. 0m 全備重量 6. 7t 生産国 アメリカ合衆国 固定武装 スイングアーム25. 0tプレスパンチ 特殊兵器搭載許容数 4 ナイトマスター アメリカ合衆国製ヴァンツァーの最新鋭機。 機種はシルヴァファングと同じく「装甲機動戦闘騎兵」であり、シルヴァファングの後継または発展型であることがわかる。 装甲素材である強化セラミックによって見た目の割に軽量で、防御力を維持しつつ機動性を向上させることに成功した。 その性能は旧式のヴァンツァーを凌駕する。 後述のドラグーンが手に入らない場合、プレイヤーが最後に手に入れる機体である。 機体諸元 ドラグーン DRAGOON 型式番号 X-D 全高 6. 5m 全長 4. 6m 全幅 4. 4m 全備重量 8. 0t 生産国 ソサエティ 固定武装 スイングアーム30. 0tプレスパンチ 特殊兵器搭載許容数 6 ドラグーン ソサエティが究極のヴァンツァーとして密かに開発を進めていた機体。 条件を満たせばエスポルテのショップで購入できるようになる。 かなり大柄なヴァンツァーなので閉所では小回りが悪いという欠点はあるものの、初期状態でも完全に強化したナイトマスターに並ぶ性能を誇る。 特殊兵器搭載枠も6と多く、バーニア、シールド、ダッシュの各ユニットを装備しても余裕がある。 レベルアップすれば耐久力は容易に9999を越える最強ヴァンツァーである。 用語 [ ] アトラス 世界的に起こった資源とエネルギーを巡る戦争の教訓及び世界平和のシンボルとして、全世界共同で建設プロジェクトを組まれていたプロジェクト。 宇宙の資源と太陽エネルギーを得るための。 しかし、新エネルギーの発見と経済的価値の相対的低下から建設は中断されてしまい、最終的には民間団体が完成させたものの、稼動はしていない。 建設にはゲーム中に存在する組織「ソサエティ」が関わっている。 隠されていた地上への攻撃システムが作動し、無限とも言えるエネルギーと強力な対空砲、機動型兵器に守られた要塞となってしまっている。 ゲームシナリオ上で最後の戦場となる。 カーネルライト協会 様々な理由で帰る所をなくした兵士などが所属している傭兵組織。 紛争地区などに傭兵を派遣して利益を得ている。 指名手配された主人公が所属することになるが、終盤でも重要な役割を果たすことになる。 ソサエティ 本作の世界を裏から支配する秘密結社であり、総統たるヘンリー・シャーウッドの「戦争こそ人間の本質である」という思想に則って、世界中の紛争の激化に加担している。 一連の事件の首謀者であり、様々な戦場で主人公達と敵対することになる。 ヴァンツァー 「」を参照 正史におけるヴァンツァーと違って、機体のパーツ組み換えは行えない(ゲームシステム上のフォローがないという意味で、設定上でどうかは不明)。 また、ヴァンツァー用のレーザー兵器や継続飛行可能なブースターが実用化されていたり、限定的とはいえ地上用ヴァンツァーも水中行動が取れたりする。 (構造上、気密性が皆無に等しい「ハービーG」でも問題無く水中行動が可能である) 上述したハービーGのような小型機や、に変形するワグテイル(敵専用ヴァンツァー)なども実用化されている。 性能はレベルアップと追加パーツによって強化される。 ただし、追加パーツを付加出来るのは主人公のヴァンツァーのみである。 スタッフ [ ]• キャラクターデザイン:• ディレクター・プログラム:• プロデューサー:• 音楽: 、、、• グラフィック: 、、• スーパーバイザー:• エグゼクティブプロデューサー: 出典・脚注 [ ].

次の