スカイダイビング 人気。 海外でスカイダイビングできる4つの場所

今、大人気の「パラグライダー」って?スカイダイビングやハンググライダーとの違いは?

スカイダイビング 人気

スカイダイビングってどんなスポーツ? スカイダイビングとは? スカイダイビングとは、航空機などで高度1000~4000mくらいまで上昇し、そこから外へ飛び出して時速200㎞ほどの速さで降下し、設定した高さまで来たらパラシュートを開いて着地するスポーツです。 パラシューティングともいわれています。 落下地点から飛び出すのが最も緊張し、勇気が必要な瞬間ですが、一瞬落ちる感覚があるもののその後は、まるで空中をフワフワ浮かんでいるような感覚で、景色を堪能しながら空中散歩を楽しむことができます。 そしてパラシュートが開いてからは、一緒に飛んでいるインストラクターと会話をすることもできると言いますので、安心して着地を迎えることができます。 まずは体験スカイダイビングに挑戦! スカイダイビングは、始めるには敷居が高く感じる方も多いかもしれません、 度胸さえあれば比較的初心者でも始めやすいスポーツといわれています。 心身共に健康であれば、子供から大人まで幅広い年齢層の方が楽しめるのです。 全くの初心者でも最初にレクチャーを受けるだけで、すぐに体験できるタンデムジャンプというプログラムがあります。 まずは、これを体験するのがいいでしょう。 2人乗りのパラシュートを使ってインストラクターと一体となってジャンプから着地までを体験できるのです。 高さに恐怖感がある方は、上昇高度が低いものを選んで体験するのが良いでしょう。 インストラクターと密接してのダイビングですので安心感もあり、ジャンプしてからはあっという間に終わってしまいますので、もう1度!と思う方も多いでしょう。 言葉では言い表せないようなスリルと爽快感が、病みつきになる人も多いとか。 もっと本格的にやってみたいと思った方は、ライセンスが取得できるスクールなどもありますので受講を検討されてみるのも良いでしょう。 スカイダイビングに必要な服装やモノ スカイダイビングをするときは、あまり露出しない服装が好ましいでしょう。 短パンや長ズボンに、ひも付きのスニーカー、夏はTシャツなどでOK。 下はとくに露出を控えたほうがよく、 そのときの気温に応じて調整できるような服装がおすすめです。 女性の場合は、短パンの場合でも、下にトレンカなどを履くほうが良いでしょう。 男性の場合も、日焼け対策として下半身は長ズボンがおすすめ。 ジャンプスーツを着用するため、あまり露出が多いと生肌に直で装着となってしまうので注意しましょう。 酔いやすい人は、酔い止めを持って行っておきましょう。 また、スカイダイビングは日焼けをしやすいので、日焼け止めを持っておくのがベスト。 スカイダイビングのあとにシャワーを浴びる場合は、バスタオルも準備しておきましょう。 スカイダイビングは安全なスポーツ! スカイダイビングは飛び出す瞬間の落ちる感覚に躊躇する人も多いと思いますが、その後の不安もあるのではないでしょうか?例えば、パラシュートが開かなくて落下してしまうのではないか、途中で失神してしまうのではないかなど。 スカイダイビングでは、メインパラシュート以外にも万が一それが開かなかった時のために、必ず予備のパラシュートを装備していて、定期的な点検も行いますので安心して体験できます。 また、万が一空中で気を失ってしまっても、落下後ある程度の高度になると、「 AAD(Automatic Activation Device)」という自動開傘装置が作動し、パラシュートが自動的に開くようになっています。 どんなスポーツでも多少の危険はつきものですので、あらゆる可能性を考えて入念なチェックをしたり、しっかりとしたスキルを身に付けて1人立ちするなど、細心の注意を払って事故防止に努めることが重要でしょう。 スカイダイビングは、気持ちもすっきりするので人気があります。 何か悩んでいることがあるという人は、『電話占い』に相談してみるのもいいでしょう。 恋愛相談や不倫相談、浮気鑑定に強い占い師が行っているので、あなたの悩みも解決するかもしれません。 下記のサイトにまとめていますので、ご覧ください。 素晴らしい爽快感 スカイダイビングの一番の魅力と言っても過言ではないのが、その爽快感です。 これは飛んだ人にしかわからないもので、身震いするほど素晴らしい快感が待っています。 飛ぶ前までは、少し怖いという感覚がありますが、それは最初の一瞬だけ。 そのあとは不思議な感覚で、 全くの別世界に飛び込んだような気分になります。 素晴らしい景色の中を飛ぶことができ、その爽快感は一生の思い出になること間違いなし。 恐怖感もいつの間にか消えてしまい、感動と達成感が待っています。 ストレス発散になる スカイダイビングは、ストレス発散にもなるのでおすすめです。 嫌なことがあったり、ストレスが溜まって仕方がないというときは、思いっきりストレスを発散させたくなりますよね。 スカイダイビングは、 ほかのストレス解消法とはくらべものにならないくらいすっきりします。 なんでこんなことで悩んでいたんだろうと思えるほど、現実を忘れられくらい素晴らしいスポーツです。 今までどんな解消法でもすっきりしなかったという人は、スカイダイビングを試してみましょう。 恋愛成就にも繋がる 恋人同士や、好きな人と一緒にスカイダイビングをすると、吊り橋効果で特別な感情を共有することができます。 素晴らしい思い出もできるし、距離が縮まること間違いなし。 心の結びつきを強くしてくれるから、カップルにもおすすめです。 好きな人とスカイダイビングをしたいけど、うまくいかない……と悩んでいる人は、『電話占い』に相談してみましょう。 電話占いの占い師は、恋愛相談や不倫相談、浮気鑑定に強いので、あなたの悩みもすっきりするかも。 下記のサイトにまとめていますので、ご覧ください。 関東おすすめスポット(埼玉 東京スカイダイビングクラブ) 東京スカイダイビングクラブ 概要 1991年11月に設立され、埼玉県比企郡川島町にあるクラブです。 本田航空(株)所有のホンダエアポートを借用し、活動場所としています。 会員数は約1600名(2014年9月現在)。 元日本代表チームのメンバーなど国内トップクラスのインストラクターが指導してくれます。 活動日は土、日、祭日と平日の特定日で、メディアでも多く取り上げられている有名なクラブです。 その他の特徴としては、都心から最も近いドロップゾーンであること、アジア最大級のスカイダイビング専用機(19人乗りキャラバン)を持っていることなどがあります。 専用機で約20分遊覧しながら富士山よりも高い高度約3800mまで上昇し、ジャンプ。 天候に恵まれれば、東京湾を一望することができます。 スカイダイビングスクールとは? クラブに入会し、会員登録をすれば、スクールに入ることができます。 アメリカのケネス・F・コールマンが発案したAFFという教育方法で、比較的短期間でスカイダイビングをマスターできます。 AFFコースは、1人で自由に空を飛べるようになるまで、段階を踏んでトレーニングしていくコースです。 まずはグランドトレーニングから行い、その後、空中トレーニングに入ります。 空中トレーニングは7段階のレベルに分かれています。 最短7回のジャンプで卒業できますが、習得のレベルによっては同じレベルを繰り返し行うこともあります。 追加分のジャンプには費用が発生しますので、それぞれ1回でクリアできることが理想です。 このコースを卒業すれば、1人で飛ぶことができます。 スカイダイビングスクール受講の料金は? 入会費、会費が各3万円、受講料が17万円で計23万円です。 受講料にはグランドトレーニングの1~7回分それぞれの受講料と用具一式のレンタル料、施設使用料が含まれています。 ちなみに体験スカイダイビング(タンデムジャンプ)は3万2000円で、+8,000円でハンドカメラによる動画撮影、+1万6,000円でカメラによる動画、写真撮影が可能です。 スカイダイビングスクール入校の必要条件は? 年齢が16歳以上であること。 ただし、20歳未満の方は保護者の同意が必要です。 また、心身ともに良好であることも必要条件となっています。 体験ジャンプでは、身長や体重によっては体験不可になることもあるようですのでご注意を。 関東おすすめスポット(茨城/千葉 スカイダイビングFast) スカイダイビングFast 概要 2006年に設立され、千葉県と茨城県の県境にある大利根飛行場を拠点にするダイビングクラブです。 大利根飛行場は東京から車で1時間45分、成田空港からは車で30分です。 平日も開催しており、JR布佐駅から送迎車も出ています。 上空からの眺めとしては、日本一の流域面積を誇る利根川の迫力を堪能でき、広大な自然を目で楽しむことができます。 ダイビング回数が9000回とかなりベテランのインストラクターと高度2000mからのジャンプなので、初心者におすすめのクラブです。 パラシュートが開いてからはインストラクターと会話をしながら降りて来ることができますので安心して体験することができます。 体験スカイダイビングの料金は? 料金は4万9,800円です。 カメラ撮影を希望の場合は+1万円です。 体験スカイダイビングの参加条件は? 16歳以上で健康な方であればどなたでもOK。 未成年者は保護者の同意が必要です。 また体重は80㎏までと制限があります。 関東おすすめスポット(栃木 スカイダイブ藤岡) スカイダイブ藤岡 概要 2009年に設立した栃木県栃木市藤岡町にあるクラブで、東京から車で1時間の栃木と埼玉の県境の辺りを拠点に活動しています。 ドロップゾーンは縦7㎞、横4㎞と広大な「渡良瀬遊水地」の中にあります。 熱気球、ウルトラライトプレーン、スカイダイビングで共同利用しているスカイスポーツのための専用拠点です。 5人乗りのヘリコプターで高度約4000mまでわずか8分で移動可能。 東は筑波山、西は富士山、南は東京副都心・東京湾、北は日光連山と360度大パノラマが堪能できます。 関東ならではの都会と自然を一緒に味わえるのが魅力です。 AFFスカイダイバートレーニングコースとは? 東京スカイダイビングクラブと同様に、アメリカのケネス・F・コールマンが発案したAFFという最も安全で習得が早いといわれる教育方法を使っています。 平日、土日祝も開催しています。 まずは所要時間6~8時間のグランドトレーニングを行い、レベル0~7までの8段階のジャンプをインストラクターと一緒に飛びます。 レベル7のジャンプをクリアすれば、最短8回で1人でジャンプができるようになります。 その後、インストラクター以外のダイバーと飛ぶためにはライセンスの取得が必要になり、こちらではそのためのトレーニングコースもあります。 トレーニングコース受講の料金は? 入会費・年会費で3万円、グランドトレーニング(実地講習)で1万5,000円、その他各レベルのジャンプ講習にそれぞれ2万~3万500円です。 受講料は各レベルの受講が終了後に支払うことでOK。 ちなみに体験スカイダイビングの料金は体験する時間帯によって異なりますが、最も安価なのは8時半のクラスで2万8,000円、最も高価なのは14時のクラスで3万2,000円です。 8時半のクラスは、さらに学生や団体などその他の割引もあるようです。 また体重が80㎏以上だと追加料金が掛かるようなので注意が必要です。 +1万2,000円で静止画OR動画撮影、+1万5,000円で静止画と動画の撮影を付けることができます。 トレーニングコース受講にあたっての必要条件は? 20歳未満の方は保護者の同意が必要です。 また、体重が90㎏以上の方は安全上の問題で体験不可。 その他飲酒されている方や、心臓病などの持病のある方などいくつかNGがあるようなので確認が必要です。 体験スカイダイビングについても同様の制限があります。 まとめ スカイダイビングの魅力、そして関東で体験できるエリアについてお分かりいただけましたでしょうか?飛び降りる一瞬怖いという感覚があるかもしれませんが、その後は広大な景色を見渡しながら爽快感を味わうことができるようです。 まるで鳥になったような感覚が忘れられず、ハマってしまう人も多いとか。 ご興味を持たれた方はぜひ1度体験されてみてはいかがでしょうか?.

次の

パタヤのスカイダイビング: パタヤの 10 件のスカイダイビングをチェックする

スカイダイビング 人気

「FlyStation Japan(フライステーションジャパン)」はウィンドトンネルと呼ばれる民間人用垂直型風洞装置を利用して、屋内でスカイダイビングが楽しめる日本初の施設です。 通常のスカイダイビングよりも利用制限が少なく、お値段もお手頃なため、これから人気爆発すること間違いなしの最新アクティビティです。 フライステーションへのアクセス まずは場所を確認しましょう。 最寄り駅はJR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」です。 東京駅から1時間以内でいける、東京寄りの埼玉県にあります。 ここで注意したいのは、フライステーションは駅のすぐ近くにある「イオンレイクタウン」にあるわけではない、ということ。 越谷レイクタウン=商業施設のイオンレイクタウン、というイメージを持っている方もいると思いますが、「越谷レイクタウン」は駅名です!フライステーションは駅から徒歩10分ほどの場所にあります。 越谷レイクタウン駅の改札を出たら右に曲がります。 左に進むとイオンレイクタウンがありますが、その反対側です。 この景色が見える方に向かってください。 東に向かって線路沿いを進んでいき、突き当りを右に曲がり、橋をわたると施設が見えてきます。 駐車場も完備しているので車での来場も可能です。 フライステーションに到着!立派な外観にワクワクが止まりません!今回はasoview! 編集部スタッフの永山が体験します。 永山はスカイダイビングは未経験。 初の屋内スカイダイビング体験にワクワクがとまりません! 早速、中に入ってみましょう! 予約方法・料金・制限について 来場時間は説明や着替えの時間があるので、余裕を持って体験開始の1時間前に受付できるようにしましょう。 フライステーションの利用には事前予約が必要です。 予約はホームページ、asoview! から可能です。 【アソビュー限定】1フライトプラン 参加者 4,500円(税込) 2フライト+Taxiフライプラン 参加者 9,600円(税込) 通常料金 1フライトからご利用することができます。 (1フライト=1分間) 下記は1フライトあたりの料金です。 一般 :4,500円• キッズ :4,200円• バースデー:4,300円 休日• 一般 :5,000円• キッズ :4,700円• 提示のない場合、割引対象外になりますので、以下を必ずご確認ください。 キッズ:生年月日の記載のある身分証明書 バースデー:生年月日の記載のある身分証明書 オプション• フルフェイスヘルメット:500円• タクシーフライ :600円 (インストラクターが、約8~10メートルの高さまでお連れします。 ネックゲイター :200円 (おしゃれなオリジナルネックゲイターです。 ) フライトギフト券• 2フライト券(1~2名での利用) :10,000円• 5フライト券(1〜5名様でシェア可) :25,000円• 10フライト券(1〜10名様でシェア可):50,000円• 写真・Taxiフライは含まれておりません。 【アソビュー限定】1フライトプラン 参加者 4,500円(税込) 2フライト+Taxiフライプラン 参加者 9,600円(税込)• おすすめキーワード• その他• ただし、比較する料金は世の中で誰でも確認できる一般公開したプランのみが対象となります。 copyright c All rights reserved ASOVIEW Inc.

次の

グアムでスカイダイビング!予約や料金・気になる全てを紹介!

スカイダイビング 人気

スカイダイビングの着地 航空機で、高度1,000 - 4,000程度まで上昇後に跳び出し(EXIT)、事前に設定した高度まで降下(、フリーフォール)したらを開いて着地する。 一般的には、スピード感やスリルを楽しむレジャーと受け取られているが、落下により発生する相対風を利用した身体コントロールのスキルやパラシュートの操縦技術を競うスカイスポーツでもある。 選手権が行われたのが始まりとされ、現在では各国、各地方での大会の他、も行われている。 競技世界大会および世界記録の認定機関は FAI である。 スカイサーフィン種目で2001年スペイン大会及び2004年ブラジル大会において山崎真由美&溝井康氏 カメラ 組が銅メダルを獲得した実績がある。 スカイダイビングの開始最高高度は、従来はが1959年から1960年にかけて行ったで達成された値と一般に認識されていた。 ただしこれは内記録であり、航空宇宙世界記録としてのの公認はない。 1960年8月16日、プロジェクト・エクセルシオ Excelsior III にてにより31,330mが達成された。 このミッションはフィルム映像記録され当時のライフ誌の表紙を飾った。 その後、超高々度からの超音速フリーフォールを目指す計画が複数立てられ 、10月にはにてが高度約128,000フィート(39,044m)からのダイビングを成功させた。 バウムガルトナーは同時に人類初の超音速フリーフォールを達成したとされる。 2014年10月にはグーグル社の幹部アラン・ユースタス Alan Eustace が、高度135,890フィート(41,419m)の成層圏からダイヴに成功し、バウムガルトナーの高度記録と速度記録を更新した。 最大落下速度は時速1,322kmに達した。 日本ではを使って航空機から落下するためにはの許可が必要である(第90条)。 また、やなどの規制も多い。 競技 [ ] アキュレシーランディング [ ] アキュレシーランディング(精度着地)はパラシュートの操縦精度を競う競技。 競技中の風の状況を読みながらパラシュートをコントロールして地上に置いたターゲットにどれだけ近く着地できるかを競う。 スカイダイビング競技の中では最古参の部類に入る。 ターゲットの中心はデッドセンターと呼ばれる直径3cmの円であり、一般的には靴の踵でそこにタッチすることを目指す。 デッドセンターを踏めれば、計測は0cmとなる。 世界大会レベルではデッドセンターを踏めるのは当然のスキル [ ]であり、順位は誰が先にデッドセンターをはずすかという争いとなることも多い。 フォーメーションスカイダイビング [ ] 動画 フォーメーションスカイダイビングの練習 フォーメーションスカイダイビングでは4 - 16人のチームで一定の時間内で幾つの隊形(フォーメーション)を作れるか、そのスピードと正確さを競う。 競技は、通常試合の前日に競技課題表の中からくじ引き方式により、1ラウンドの課題を決める。 その組合せと順序は数十万通りとなり、大会の度に各チームは戦術を練る必要がある。 採点はヘルメットにビデオカメラを装着したスカイダイバーが競技者と一緒に降下して撮影した映像で審判が判定する。 このカメラマンはチームの一員として構成され、その撮影テクニックも採点に影響するため、空中での撮影技術も競技の重要な要素となる。 ちなみに、フォーメーションスカイダイビング競技は、スポーツの世界では珍しく男女の区別なく行われる競技で、男女混成のチームも珍しくない。 フリースタイル [ ] フリースタイル FREESTYLE とは、演技者とカメラマンのペアで、フリーフォール中に規定演技や自由演技を行い、その技術や正確さ、芸術性を競う、空中のかとも言える競技。 スカイサーフ [ ] スカイサーフ SKYSURFING とは専用のサーフボードのバインディングに足を固定し、カメラマンとチームを組み空中で技を競う競技。 回転やイーグルと呼ばれる(カメラマンと一緒に行う)高度な技を50秒という規定時間内で競う。 競技は1ラウンド10点満点で合計7 - 10ラウンドの合計点で競う競技。 フリーフライ [ ] フリーフライ FREEFLY とは2人組のペアがお互いの足と足を合わせるなど特定の「形」を演じ、その速さと正確さを競うフリー演技とVRWと呼ばれるポイントを4人のチームで競うフォーメーション競技もある(単純に垂直姿勢-椅子に座ったような姿勢、立った姿勢、逆さまの姿勢-で自由落下するだけの遊びもフリーフライに含まれる)。 キャノピーフォーメーション [ ] キャノピーフォーメーションは、自由落下ではなく、パラシュートを開いた状態で特定の「形」を演じる競技。 わざと失速して素早く移動したり、足で相棒のパラシュートにしがみつくなどのテクニックを使用する。 失敗するとパラシュートが絡まる恐れがあり、危険度が高い。 キャノピーパイロッティング [ ] キャノピーパイロッティング(Canopy Piloting)は小型の高速パラシュートで着地寸前に滑空角度を浅くして、地上すれすれを水平に滑空する競技。 上級者はおよそ200メートルもの距離を滑空する。 一般的なスカイダイビングのイメージとその実際 [ ] タンデムジャンプ 命綱もなく速いスピードで落下するさまと、もしパラシュートが開かず地面に叩きつけられたら、という想像が未経験者の恐怖をたいへん煽るスポーツである。 恐怖感のある初心者はの腹に体を固定して2人で飛ぶからスカイダイビングを始めることもできる。 ベリーフライ(俯せの体勢)の場合の降下速度はと約9. 頭を下にした姿勢ではが少なくなるため時速300キロメートル程度まで増速可能である。 それ以上の速度の必要な試験ジャンプでは空気抵抗を少なくするためのコーンなどを使用する。 もし真空中の落下であれば高度3,000mからの落下で地上では毎時871kmになる。 大気中では体重の重いジャンパーほど降下速度が速くなるので他の降下者と速度を合わせるために体重の軽いジャンパーがバラストを用いることがある。 降下中は自分の落下速度との比較物が周囲にないため強烈な風圧は感じてもスピード感はほとんど無く、体験者は「強い風に乗って空に浮かんでいる感じ」という感想を述べることが多い。 パラシュートが開いた直後にジャンパーが上昇するという誤解がある。 これはエアカメラマンが降下しながらパラシュートによって減速する被写体のスカイダイバーを映した映像を見て生じる誤解であり、ジャンパーが降下開始後に上昇することはない。 訓練していない人間が自由落下すると自然に頭部が下になるように回転しながらアウトオブコントロールな状態で落下する。 頭部を下にした降下姿勢を維持するにはフリーフライのヘッドダウンの技術を習得する必要があり、基本技術を習得する平均ジャンプ回数は100回くらいである。 事故 [ ] 不適切な姿勢のランディング(着地)によって負ったの部位に関して、110,000回の降下をもとにしてとったのグラフ。 パラシュートが全く働かなければ死亡事故となるため、通常のメインパラシュート(主傘)に加えて、リザーブパラシュート(予備傘)を装備し、さらに、意識を失った場合のために自動的に低高度を検知してパラシュートを開く装置もつけるという安全対策が施されてはいる。 リザーブパラシュートにはその使用の有無に関わらず有資格者が一定期間毎に点検する、というとりきめもあったがあくまで自主的なとりきめでそれが誠実に行われているかどうかははっきりしない、という場合はある(なお、航空機乗員用の非常用パラシュートは別扱い)。 たとえ安全対策が施されていようが、一旦事故が起きた場合、激しい衝撃が身体に加わる可能性が高い。 事故率については総ジャンプ数の把握が困難なため正確な統計がない。 一説には重傷を負う事故が1000回に1件、死亡事故は5万回に1件程度といわれている。 日本国内の死亡事故は1997 - 2000年に3件 発生している。 米国内での死亡数が年間60名前後 である。 世界での数値として正確には不明の死亡が把握されている。 着地時に激しく転倒して負傷するなどの事故はそれなりの頻度で発生している。 パラシュートを開こうとしたのに全く開かなかったという事故はほとんど発生しないが、パラシュートが絡まって墜落する事故は起きることがある。 事故によっては、専門家から(安全装置も含めて)パラシュートの構造等に問題があり事故が起きた可能性がある、と指摘されることがある。 「 一般に、被訓練生の死亡事故は少ない。 [ ]」 [ ] [ ]と主張する者もいる。 その一方で「 事故の原因は、不注意や技量の未熟な者が無謀にも高度なテクニックに挑戦するなど、気をつければ防ぐことの出来る事故がほとんどである [ ]」 [ ] [ ]と主張する者もいる。 「」も参照 理論 [ ] 自由落下 [ ] 運動方程式 [ ] 自由落下時に発生する抗力は以下の式となる。 D は、発生する抗力• - が自ら製作したパラシュートで、天文台の屋根から降下。 - のが気球から落下傘降下した。 人類初の空中からの降下。 - 日本で初めて落下傘による降下実験が行われる。 - 藤倉工業により、落下傘の国産化がはじまる。 - で「第1回世界パラシュート選手権大会」が開かれる。 - 在任のにより、からスポーツ・スカイダビングがに持ち込まれる。 - 日本に最初のスカイダイビングクラブであるインペリアル・スポーツ・パラシュートクラブが発足。 会長には笹島穣が就任。 - 第6回世界パラシュート選手権大会に笹島穣が日本代表選手として初出場。 - 全米パラシュート協会が設立。 - で、スカイダイバーが墜落死する事故が起こる。 日本で初めてのスポーツ・スカイダイビングの死亡事故 ()• - でが開催。 スカイダイビングが公式競技として行われる。 - パラシューティング世界選手権、フリースタイル女子で岡崎葉子が優勝。 日本人初。 逸話 [ ]• 宇宙飛行士は、訓練の一環として繰り返しパラシュート降下を行い、著書で次のように述べている。 「教官はニコライ・コンスタンチノヴィッチだった。 功労スポーツマスターの称号を持ち、ソ連の名パラシューターのひとりで、いくつかの世界記録の保持者でもあり、その中には、パラシュートを開かぬままで14,500m以上も降下した記録も含まれている。 … パラシュート降下は人格を練り、意志を強固にする。 わが国の数十万の青年男女がこの勇壮なスポーツを楽しんでいるのは本当に良い事だ。 」 脚注 [ ] 注釈 [ ]• - AFPBB・2012年10月15日• Wired. 2014年10月27日. 2014年11月3日閲覧。 日本パラシューティング委員会 JPC,2005年解散 、による(東京新聞2004年1月25日付記事より)• 55名2010年、68名2009年、64名2008年、他 - drop zoneより• 2004年1月11日の埼玉県川島町、及び同年8月10日のグアム島マンギラオでの2名死亡事故では、減速用と予備が絡まった(2004年11月30日付毎日新聞記事より)• 260• , p. 248• 2014年9月21日閲覧。 夕刊 東京 : p. 1969年12月15日• ユーリー・ガガーリン著、江川卓訳、「地球は青かった」1961、新潮社、1966、筑摩書房。 参考文献 [ ]• 『現代体育スポーツ大系』28、浅見俊雄、宮下充正、渡辺融、講談社、1984年。 阿施光南『いまから始める趣味のスカイスポーツ』イカロス出版、2008年。 飛田主税 1998-10. 航空と文化 AIR FORUM 日本航空協会 64 : 20-24. 小宮國男 2010-02. 日本航空宇宙学会誌 日本航空宇宙学会 58 : 43-48. 夕刊 東京 : p. 1969年12月15日• 1976-09. 航空情報 臨時増刊 スカイスポーツ 酣燈社 364: 78-92. 岸野 正剛『今日から使える物理数学』講談社〈講談社ブルーバックス〉、2018年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ]• 『』 -• - 日本航空協会• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の