伊藤健太郎 ドラマ。 伊藤健太郎『東京ラブストーリー』評価が真っ二つの理由はキャスティングにあり?

伊藤健太郎の昼顔でのキスシーンが話題に!何話で相手は誰だった?

伊藤健太郎 ドラマ

C NTV 放送中のドラマ「今日から俺は!! 」(日本テレビ)で、主演の賀来賢人さんと共に活躍し、ドラマを盛り上げている伊藤健太郎さん。 11月からは、今年公開された映画『ルームロンダリング』に引き続いて、同ドラマバージョンもスタートしました。 そして、健太郎さんが出演している映画『コーヒーが冷めないうちに』 2018年9月 、『覚悟はいいかそこの女子。 』 2018年10月 と合わせて、11月9日からは『ういらぶ。 』が上映されています。 今回は、今年もっともブレイクの兆しを見せている俳優のひとりといえる伊藤健太郎さんをご紹介します。 ドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」で役者デビュー 14歳ごろから「健太郎」としてモデル業をしていたそうですが、2014年に斎藤工さん、上戸彩さんらが出演し、話題となったドラマ「昼顔」に出演したことで役者デビューを飾りました。 斎藤工さんが教師として勤務する学校の生徒役で、初演技にして、キスシーンなどにも挑戦。 今年9月にゲスト出演したトーク番組「A-Studio」でもその話題に触れていましたが、現場がピリっとした空気で緊張する間もなかったそう。 そんな中でも存在感のある演技で当時から注目していた人も多かったはずです。 そして2015年にはドラマ「学校のカイダン」、「トランジットガールズ」のほか映画『俺物語!! 』に出演。 2017年には映画5本、ドラマ5本出演し、徐々に重要なキャラクターを演じるようになりました。 わずか4、5年ほどで順調にキャリアを積み重ねてきた印象があります。 ドラマ「今日から俺は!! 」で新境地 C NTV 放送中のドラマ「今日から俺は!! 」は賀来賢人さん主演、福田雄一監督の作品とあって放送開始前から話題になっていました。 その中で、いわば2番手として出演しているのが伊藤健太郎さんです。 福田監督は映画『銀魂』シリーズのほか、「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「スーパーサラリーマン左江内氏」 2017、日本テレビ などコメディ要素の強い作品を数多く手がけてきました。 今回も、福田監督らしい役者のアドリブをふんだんに取り入れたドラマで、素で笑っているような場面も放送される、ここでしか見られない作品に仕上がっています。 伊藤健太郎さん演じる伊藤真司は、転校を機にツッパる男子高校生。 橋本環奈さん演じる京子にデレデレな様子もあって、そのギャップも見どころと言えそうです。 また、賀来賢人さんと共に主題歌も担当しており、歌と、一部ダンスも披露。 健太郎さんのこれまでの出演作にはない多様なスキルを求められるドラマですが、新たな魅力に溢れ、新境地とも言える作品になったのではないでしょうか。 今のうちに観ておきたい、伊藤健太郎出演作品 初主演作『デメキン』 2017 2017年に出演した映画5本のうち、『デメキン』は伊藤健太郎さんにとって初主演作品となりました。 お笑い芸人・バッドボーイズの佐田正樹さんの半生をつづった実録自伝小説で、健太郎さんが佐田さん役を演じています。 ストーリーがリアルであることに加え、劇中に登場したバイクや特攻服は実際に佐田さんのものが使用されいたりと、他の不良映画とは一線を画すような作品になりました。 健太郎さんは暴力的に戦う場面のほか、方言にも挑戦し、ハードルの高いお芝居が求められていた中でも、主役として存在感を放っていました。 とはいえ映倫区分としてはPG12(12歳未満の年少者に、助言・指導が必要)で、暴力的な場面もハードになりすぎず、誰でも観ることができますので、ご安心ください。 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』 2017 教師を演じた生田斗真さんと、その生徒である高校生を演じた広瀬すずさんのラブストーリー。 響が恋に悩む様子場面でそっと寄り添い、支える藤岡を演じていました。 今のところ主演作は『デメキン』のみなのですが、作品において欠かせないキャラクターとして登場していることが非常に多く、本作もそのひとつです。 ヒロインに好意を持ちながらも、最終的に恋に敗れるキャラクターはありがちですが、この人物がいなければ作品は成立しない! と思わせてくれる説得力があります。 『コーヒーが冷めないうちに』 2018 C 2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会 一方で、主人公(ヒロイン)に最初から好意を抱き、恋を実らせたあともずっと寄り添い続けるキャラクターも見事でした。 本作では、有村架純さん演じる主人公・時田数と、のちに恋人になり、家族になる新谷を演じています。 初々しさを感じるふたりのデートシーンから、クライマックスに至るまで、ヒロイン・数に欠かせない存在であり、圧倒的に良いキャラクターでした。 今年21歳を迎えた健太郎さんの年齢的な部分を考えても、これまでもこれからも恋愛要素のある作品にたくさん出演されると思いますが、恋を実らせても、あるいは恋に破れても作品において必要なキャラクターとして存在できるのは、伊藤健太郎さんご自身が持つ雰囲気と、演技の魅力です。 年末まで、映画にドラマに出演作が盛りだくさん! 放送中の「今日から俺は!! 」、「ルームロンダリング」に加え、12月2日からはMBS・TBS系列で「この恋はツミなのか!? 」の放送が控えています。 健太郎さんが24歳のサラリーマン・小日向大河、柏木由紀さんが女流棋士の駒田多恵を演じます。 そして、映画映画『コーヒーが冷めないうちに』、『覚悟はいいかそこの女子。 』、『ういらぶ。 』も見逃せません。 今後は、作品における重要なキャラクターとしてだけでなく、主演としても活躍するであろう伊藤健太郎さん。 期待が高まります。 (文:kamito努) 関連記事 ・ ・.

次の

中川大志&伊藤健太郎:「LIFE!」でW主演の新作コント 若き鬼たちの青春! 長寿シリーズ化狙う

伊藤健太郎 ドラマ

<スポンサードリンク> 伊藤健太郎の昼顔での役は? 引用: 伊藤健太郎さんが出演した「昼顔」は、 2014年7月から9月までに放送されたドラマです。 主人公の上戸彩さんと斎藤工さんの泥沼不倫の様子が、話題を集めました。 「昼顔」での伊藤健太郎さんは、作品全体を通して出演しています。 家庭内トラブルを抱える不良高校生役 昼顔みた。 「木下啓太」は、母親が不倫をしていて心の闇を抱える高校生でした。 担任教師である斎藤工さんの頭を悩まし、様々なトラブルを起こす不良高校生役です。 出演当時は、まだ高校生だった伊藤健太郎さん。 等身大の役だったこともあり、とてもリアリティがありました。 伊藤健太郎はドラマのカギを握る重要な役柄 伊藤健太郎さんが演じた 「木下啓太」は、ドラマ「昼顔」ではとても重要な役割を果たしています。 「昼顔」序盤で、上戸彩さんと斎藤工さんが出会うきっかけを作りました。 また中盤で、上戸彩さんと斎藤工さんの不倫密会シーンを目撃しているのも 木下啓太です。 伊藤健太郎さんは、「昼顔」の物語が進むうえで、とても重要な キーパーソンを演じています。 「昼顔」でドラマデビュー 実は伊藤健太郎さん、「昼顔」がドラマデビューの作品です。 それまでは、モデルとして活躍していた伊藤健太郎さん。 「昼顔」のオーディションを受けたことがきっかけで、「役者の道へ進みたい」と決意されたそうです。 <スポンサードリンク> 伊藤健太郎の昼顔のキスシーンとは 今では、イケメン俳優としてブレイクしている伊藤健太郎さん。 そんな伊藤健太郎さんがブレイクする引き金となったのは、「昼顔」のキスシーンです。 まだ、高校生の伊藤健太郎さんが演じたキスシーンがとても気になりますよね。 伊藤健太郎にとって初めてのキスシーン 「昼顔」がドラマデビューとなった伊藤健太郎さん。 もちろんキスシーンを撮影するのも、人生で初めてです。 きっと撮影をする時は、とても緊張したに違いありません。 伊藤健太郎さんが2018年に出演した 「A-STADIO」で、噂の真相が判明しています。 「A-STADIO」では、釣瓶さんに「(昼顔に出演当時)普段から、キスしているような年齢じゃないだろ?」と質問された伊藤健太郎さん。 それに対して伊藤健太郎さんは、 何も答えず、ただ目を泳がせるだけでした。 この反応は、「YES」とも「NO」とも取れず、意味ありげですよね。 伊藤健太郎のキスシーンは昼顔の何話? 田中日奈子さんは、雑誌「ニコラ」の専属モデルとして活躍。 そして、伊藤健太郎さんと同じく、「昼顔」が女優デビュー作品でした。 ドラマでは、伊藤健太郎さん演じる「木下啓太」の彼女役として、今時の高校生らしい等身大の演技を演じています。 昼顔の濃厚なキスシーンが話題に! 伊藤健太郎さんは、大勢の生徒たちがいる前での激しいキスシーンを披露しました。 事前に監督から、 「全部もみだすようなキスをしてほしい」と指示があったそうです。 その監督の指示通り、ドキドキするようなキスシーンが、ドラマで見ることが出来ます。 このキスシーン、初めてだったことから伊藤健太郎さんは、「余裕が全くなかった」と話していました。

次の

BG(新作ドラマ)に伊藤健太郎の出演予定は?今後の出演情報から予想してみた

伊藤健太郎 ドラマ

戦国を愛し愛され、守り守られ生きる「アシガール」 様々な再放送作で、SNS活動も盛り上がること請け合いのおすすめドラマは17日から毎週金曜10時に再放送される「アシガール」(NHK総合)。 平成に生きる女子高生・速川唯(黒島結菜)が弟の作ったタイムマシンに乗って戦国時代(1559年、永禄2年、歴女なら織田信長が尾張を統一した年とわかるかも)にタイムスリップ。 足軽・唯之助として生き抜いていくことに。 所属する足軽隊が仕える羽木家の嫡男・九八郎忠清(健太郎 現・伊藤健太郎)に一目惚れして、「若君~」と彼を守ろうと奮闘する。 ふつうだったら、サムライにヒロインが守られるものだけれど、女子が男装して愛する男性を守るため戦国の荒野を駆け抜けるシチュエーションが萌える。 この世界、愛し愛され、守り守られ生きるのだ。 死と愛が結びついた戦場での究極の吊り橋効果 現代の歴史の教科書には羽木家の城・黒羽城がどうなるか書かれている。 それは唯にとって衝撃的で……。 愛する若君のために歴史を変えようとする唯だが、未来の者が歴史を変えてはいけないという暗黙のルールがある。 ハッピーエンドになってほしいけれど、未来生まれの唯と戦国生まれの若君には、生きてる時間も、身分も、激しい戦況も、すべてが高いハードルで、それに苦しみつつ、負けずに立ち上がる唯。 足軽の彼女が若君のそばにいられるのは戦場のみ。 死と愛が結びついた場所、それはもう、究極の吊り橋効果。 次第に唯と若君の気持ちが近づいていくキュンと、うまくいかないキュンが、右から左から攻めてきて、グラングランと激しく揺れまくる。 逆境になればなるほど恋は燃え上がるもの。 最初のうち、現代と過去を行き来できていた唯だが、それにも限界が近づいてきて……。 — 2018年12月月22日午後2時50分PST 若君役は苗字がない健太郎時代の伊藤健太郎。 いまでこそ「今日から俺は!! 」の髪をハリネズミのように逆立てたヤンキー役や、朝ドラ「スカーレット」では主人公(戸田恵梨香)の息子にして、白血病で生命を落としてしまう悲劇の青年を演じ、話題の俳優だが、2017年、「アシガール」が本放送されたときは、涼しげなアーモンド型の目元が、時々野生動物のようにギラギラと光る、大型犬ボルゾイみたいな雰囲気が小栗旬や唐沢寿明に似ていると注目度が上がってきたところで、「若君」役でその人気を確立させたと言っていい。 庶民には手が届かない貴い「若君」らしくしゅっとしていて、少し世間知らずで、でも馬を駆る姿や弓を構える姿や剣を振るう姿は風のよう。 甲冑(かっちゅう)姿も様になっていた。

次の