スマホでsuica。 モバイルSuica(スイカ)の使い方!スマホでSuicaがもっと便利になる

モバイルPASMOとモバイルsuicaは両方スマホに入れられる!併用共存可能

スマホでsuica

あわせて読みたい 2月26日より年会費無料に 2020年2月26日より、Androidアプリ『モバイルSuica』は 年会費が無料になりました。 これまでビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)以外で『モバイルSuica』を利用する場合、年会費1,050円 税込 が発生していたため、仕方なく『Google Pay』で利用していた方も多いのでは? 年会費が無料になったので、『Google Pay』より機能面で優れている『モバイルSuica』に移行することをオススメします。 AndroidスマホでSuicaを利用する方法は2パターン Android端末から『Suica』を利用する方法は、「モバイルSuica」または「Google Pay」からの2パターンです。 それぞれどのような違いがあるのか見ていきましょう。 4よりもバージョンが新しい端末である必要があります。 以前は『モバイルSuica』の利用には年会費1,050円 税込 が発生していましたが、2月26日より年会費が無料になったため、再発行やネット購入できる『モバイルSuica』の方が使い勝手がいいからです。 それでは「モバイルSuica」の登録手順を紹介していきます。 「モバイルSuica」アプリの特徴 チャージ時の注意点 ・1回の入金額は500円~10,000円 ・入金上限額は携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円 ・AM2:00~AM4:00の間はチャージ不可 ・駅の窓口や券売機、精算機でのチャージ不可 オートチャージ ビューカードで「モバイルSuica」を登録している方は、自動的に入金されるオートチャージが使えます。 ただし、 『Suica』での買い物やバスの利用時にはオートチャージ機能は使えないので気を付けてください。 また、利用明細書や領収書は出力できません。 クレジットカードでチャージ 「モバイルSuica」に登録したクレジットカードからチャージ可能。 利用できるクレジットカードは以下のとおりです。 セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどの店舗が対応しており、店員に「Suicaにチャージしてください」と言ってください。 また、一部の駅に設置してある「モバイルSuica」対応のチャージ機からも入金可能です。 JRE POINTからのチャージ ビューカードのクレジット払いで貯まるJRE POINTをチャージすることも可能。 1ポイント1円として利用できます。 ただ、利用できるポイントは通常ポイントのみ。 期間限定ポイントは利用できません。 チャージするときの注意点 ・1円単位でチャージ可能 ・入金上限額は携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円 ・AM2:00~AM4:00の間はチャージ不可 ・駅の窓口や券売機、精算機でのチャージ不可 クレジットカードでチャージ 「Google Pay」に登録したクレジットカードからチャージ可能。 利用できるクレジットカードは以下のとおりです。 セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどの店舗が対応しており、店員に「Suicaにチャージしてください」と言ってください。

次の

Android携帯でSuicaを始めてみたくなった方へ。モバイルSuicaの登録方法

スマホでsuica

あわせて読みたい 2月26日より年会費無料に 2020年2月26日より、Androidアプリ『モバイルSuica』は 年会費が無料になりました。 これまでビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)以外で『モバイルSuica』を利用する場合、年会費1,050円 税込 が発生していたため、仕方なく『Google Pay』で利用していた方も多いのでは? 年会費が無料になったので、『Google Pay』より機能面で優れている『モバイルSuica』に移行することをオススメします。 AndroidスマホでSuicaを利用する方法は2パターン Android端末から『Suica』を利用する方法は、「モバイルSuica」または「Google Pay」からの2パターンです。 それぞれどのような違いがあるのか見ていきましょう。 4よりもバージョンが新しい端末である必要があります。 以前は『モバイルSuica』の利用には年会費1,050円 税込 が発生していましたが、2月26日より年会費が無料になったため、再発行やネット購入できる『モバイルSuica』の方が使い勝手がいいからです。 それでは「モバイルSuica」の登録手順を紹介していきます。 「モバイルSuica」アプリの特徴 チャージ時の注意点 ・1回の入金額は500円~10,000円 ・入金上限額は携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円 ・AM2:00~AM4:00の間はチャージ不可 ・駅の窓口や券売機、精算機でのチャージ不可 オートチャージ ビューカードで「モバイルSuica」を登録している方は、自動的に入金されるオートチャージが使えます。 ただし、 『Suica』での買い物やバスの利用時にはオートチャージ機能は使えないので気を付けてください。 また、利用明細書や領収書は出力できません。 クレジットカードでチャージ 「モバイルSuica」に登録したクレジットカードからチャージ可能。 利用できるクレジットカードは以下のとおりです。 セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどの店舗が対応しており、店員に「Suicaにチャージしてください」と言ってください。 また、一部の駅に設置してある「モバイルSuica」対応のチャージ機からも入金可能です。 JRE POINTからのチャージ ビューカードのクレジット払いで貯まるJRE POINTをチャージすることも可能。 1ポイント1円として利用できます。 ただ、利用できるポイントは通常ポイントのみ。 期間限定ポイントは利用できません。 チャージするときの注意点 ・1円単位でチャージ可能 ・入金上限額は携帯情報端末内の残額とあわせて20,000円 ・AM2:00~AM4:00の間はチャージ不可 ・駅の窓口や券売機、精算機でのチャージ不可 クレジットカードでチャージ 「Google Pay」に登録したクレジットカードからチャージ可能。 利用できるクレジットカードは以下のとおりです。 セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンなどの店舗が対応しており、店員に「Suicaにチャージしてください」と言ってください。

次の

2019年10月からはスマホ機種変の新基準は「モバイルsuica対応」格安スマホでもSuica OK(山崎俊輔)

スマホでsuica

キャリアから格安スマホに乗り換えると、Suicaは使えなくなるという認識がありませんか?実はそんなことはなく、Suicaやその他のおサイフケータイは格安スマホでも使えます。 iPhoneは対応する機種が限られますし、Androidも同様。 しかし、モバイルSuicaに対応しているスマホならば格安SIMで問題なく、モバイルSuicaを使うことができますよ。 ちなみに、Windows 10 mobileではモバイルSuicaを使えません。 この記事では、iPhoneやAndroidにおけるモバイルSuicaの対応状況と、使い方を解説します。 iPhoneだと、iPhone7と7PlusのみがモバイルSuicaを使える iPhoneは、長い間おサイフケータイを使えませんでした。 しかし、2016年9月に発売されたiPhone7シリーズからはようやく、モバイルSuicaとiD、QUICPayの3つの電子マネーに対応したのです。 iDとQUICPayは、対応するクレジットカードを使って使用します。 モバイルSuicaは、現在持っているSuicaカードを本体に移行させる形でもSuicaを使えますし、新しくカードを作ってクレジットカードで料金をチャージすることもできます。 ちなみに、コンビニでのチャージにも対応しているのでご安心ください。 現金でチャージしたい場合は、コンビニなどに行きましょう。 「Suica」アプリからは、グリーン券の購入やモバイルSuica特急券、定期券の購入も可能。 オートチャージも設定できますので、基本的にはAndroidのSuicaと殆ど変わらずに使うことができますよ。 iPhoneのおサイフケータイ機能「Apple Pay」は、TouchIDで認証を行うことで利用可能なシステム。 しかしSuicaは、エクスプレスカードに設定することで認証なしでもすぐに支払いを行えます。 改札ではiPhoneをかざすだけで通り抜けることができますし、お店での買い物のときにも便利ですね。 日本のおサイフケータイに使われるfelicaは今のところ、iPhone7にしか搭載されていません。 つまり、おサイフケータイを使いたいなら基本的にはiPhone7か7Plusを購入するしかないことに注意しましょう。 ちなみに、iPhoneのSuicaは月額料金がかかりません。 格安simでiPhone7のご利用を検討中なこちらも参考に。 AndroidのモバイルSuicaは、ビューカード会員でない場合年会費が 1030円かかることに注意が必要となります。 ビューカード会員なら当面年会費が無料になりますので、ビューカードを持っている方はカードをチャージ用に登録すると良いでしょう。 そしてAndroidのおサイフケータイ対応端末の場合、モバイルSuica以外にiD、QUICPay、さらにnanaco、WAON、楽天Edy、Ponta、ヨドバシカメラゴールドポイントカードなど、様々なおサイフケータイアプリに対応しています。 スマホがあれば何でもできる時代になりつつありますが、Androidの格安スマホなら、iPhone以上にどこでも支払いができますね。 Androidのおサイフ対応スマホにおける、現在のおすすめは? おサイフケータイに対応しているスマホは、あまり多くありません。 基本的にfelicaに対応するのは、日本の端末に限られています。 arrows M03は、Android 6. 0を搭載した富士通のSIMフリースマホです。 多くのMVNOで販売されているので、セット購入しやすいことが特徴ですね。 おサイフケータイ機能の他に、防水防塵やワンセグにも対応。 代わりにスペックはあまり高くありませんので、性能よりも機能重視の方におすすめです。 スペックが低いと言っても、3Dゲームなどをプレイするのでなければそれほどストレスを感じる場面はないと考えて良いでしょう。 ちなみに、CPUなどスペックはほとんど変わらない前機種のarrows M02もおサイフケータイに対応しています。 こちらは型落ちのためより安く販売されているので、安くおサイフ対応スマホがほしい方はこちらをおすすめします。 シャープからは、SH-M04という新機種が登場予定です。 おサイフケータイや防水に対応していながらも、定価で 29800円と価格が安いことが魅力の端末ですね。 セールなどで安く購入できる場合もありますが、性能はややSH-M04より抑えめであるため、注意が必要です。 ちなみに、ドコモやauのおサイフケータイ対応スマホなら格安SIMへの乗り換え後も、おサイフ機能をそのまま使えますよ。 まとめ 格安スマホに乗り換えても、対応している端末ならばモバイルSuicaやその他のおサイフケータイ機能を使うことができますよ。 iPhoneユーザーならiPhone7シリーズ、Androidユーザーはarrows M03やSH-M04などに乗り換えてみてはどうでしょうか。

次の