マイ ナンバー キャッシュ バック。 今度マイナンバーカードを普及させたいって事でマイナンバーカードを作

DMM FXの口座開設でキャッシュバック

マイ ナンバー キャッシュ バック

ホントに!いろんなキャンペーンがあり過ぎて全然ついていけてないわ そう、 ワタシもすっかりポイントキャンペーンに振り回されている一人です(エヘン) そんな中、国が率先してポイントプログラムを開始する、というニュースを見ました。 ネットの情報によると 2020年10月から開始されるとのことで。 正直、ネットで調べても詳細がよく分からないのですが…• マイナンバーカードを取得する• 国の専用サイトにアクセスしてアカウント(マイキーID)を取る• 国の専用サイトにアクセスして〇〇ペイなどにチャージする。 チャージした金額に対して〇割かのプレミアムが上乗せされる こんな感じなのではないでしょうか。 詳細はこれから少しずつ分かってくることでしょう。 マイナンバーカードでキャッシュレス化に? ただ、ひとつ確実なことは、マイナンバーカードを取得しなければキャッシュバックの対象にならないという点です。 こうすると、相変わらずこのような声が聞こえてくるんですよね。 ・ そんなことしたら、何を買ったかマイナンバーでバレてしまう。 ・ マイナンバーは社会保障とか税で使うものなのにさっそく国は嘘をついている。 ジャーナリストなどという肩書を書いている人さえ平気でこんなウソな情報を流しますので油断なりません。 そもそもマイナンバーカードをキャッシュレス決済に活用する場合、マイナンバーを使うのではなく、 マイナンバーカードのICチップの中にあるシリアル番号(正式に言うと利用者証明用電子証明書発行番号)を利用するのです。 このことに関しては少し前にこのような記事を書いております。 これならワタシも使ってみたいな~ でも、やっぱり心配な点はいっぱいあるんですよね。 仕組みが分かりにくい このポイント還元制度を使うためには、まずはマイキーIDを設定する必要があります。 マイキーIDとは、ポイントプログラムを利用するための会員番号みたいなもの。 いわゆる自治体ポイントと同じような仕組みを、このポイントプログラムにも活用していくのではないか、と想像できます。 この自治体ポイントナビというサイトに自分でアクセスし、マイキーIDを登録することがキャッシュバックを受ける第一歩となります。 実はワタシはすでにマイキーIDは登録済みです。 まあ、登録しただけでなんにも使ってはいないんですけどね。 で、どうやら、マイキーIDを取得した後は、再度専用サイトにアクセスして、提携しているキャッシュレスカードにチャージすることが必要になります。 チャージすると25%分のプレミアムが上乗せされるなんて情報も流れています。 でもね、 これってお年寄りとかってこの作業絶対無理ですって。 ふるさと納税でもなんでもそうなのですが、 一定以上知識や経験がないと減税や免税の恩恵が受けられないという仕組みってどうも納得できないんですよね。 情弱だから仕方がないんじゃ?と厳しい意見もありますでしょう。 でも、 国のやることですからね、公平性とかむしろ弱い人こそ救済できる仕組みとする必要があるのではないかと思うんです。 自治体によって温度差がある? これも現時点ではなんとも言えませんが、このようなポイントプログラムに対して私たちが住んでいる 自治体がどの程度積極的に推進かも重要だと思うんです。 例えば、このプログラムを実施するにあたって、マイナンバーカードの申込みが殺到した場合はどうするのか。 出前型で出張をやっている自治体などもあると聞きます。 また、マイキーIDはパソコン操作できない人でも登録できるように、例えば近所の商店街や公民館でも登録できるような仕組みとするのかどうかとか。 自治体の温度差によって、マイナンバーカードやマイキーIDの取得のしやすさもだいぶ変わってくると思います。 どんなお店で使えるかは不明 ネットの記事によると、クレジットカード会社らと提携してこのポイントプログラムを開始するとのことで。 おそらく、百貨店や大手のショッピングモール、コンビニなどでは利用可能となることでしょう。 ただ、 未だにクレジットカード導入に積極的ではないお店(例えば業務スーパーとかね)は利用できるか不明です。 あと、個人経営のお店が連なる商店街などはバーコード決済もクレジット決済も未導入のお店が多いでしょう。 このように使える店、使えない店が乱立することになり、他のキャッシュレス決済と合わせてもそれぞれのお店のレジでは相当な混乱も懸念されるのではないしょうか。 最後に ということで、国が実施予定のマイナンバーカードを用いたポイントプログラムについてまとめみました。 この事業自体、うまくいかないなどとネットでは評判ですが、 この事業がうまく行くか行かないか、ということよりも、自分にとって得できるかどうかのほうが数十倍も重要です。 これからいろいろな情報が明らかになってくると思います。 せっかく目の前にぶら下がっているオイシイ情報ですから、とりっぱくれのないようにしっかりと準備を進めたいですね。 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 株をなんとなく始めて15年。 未だに億り人になれず、最近になって経済的自由をゲットするために本気に取り組み始める。 好きなものは、馬券、ポイ活、 LINE Pay、飛び地。 【メインテーマ】 日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。 スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 【ブログのポリシー】 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。 実体験に基づき本当に良いものは良い、悪いものは悪いと感じたことをそのままに表現することが信条です。 申し訳ありません。 NEW ENTRY.

次の

e

マイ ナンバー キャッシュ バック

20,000円 キャッシュバック!! 新規取引数量の確認方法は キャッシュバック方法 月末時点の取引状況を集計し、キャッシュバック条件を達成したお客様には翌月中旬に【DMM FX】口座にキャッシュバックいたします。 キャッシュバックに関する注意事項• 注文が成立した時点で、取引とみなします。 注文中の注文は含まれません。 キャッシュバック付与時に口座を解約していた場合は対象の資格を失いますので、ご了承ください。 新規取引Lot数量のみカウントされます。 口座開設手続きにおいて書類の不備等で口座開設までにキャッシュバックが終了してしまった場合は適用対象外となりますので、余裕をもったお申し込みをお願い致します。 本サービスに係る公租公課その他諸費用はお客様ご自身の負担により支払うものとします。 詳細は税務署にお問い合わせください。 外国為替証拠金取引約款第7条1項の各号に定める禁止行為を行った場合、又はそのような行為を行ったと当社が判断した場合は全ての取引が適用対象外となります。 お取引の対象となる通貨ペア及び銘柄の価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の経済・社会情勢、金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。 お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。 口座管理費及び取引手数料は無料です。 為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。 当社の提示するビッド価格 売付価格 とアスク価格 買付価格 には差 スプレッド があります。 相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。 上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。 お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

次の

e

マイ ナンバー キャッシュ バック

9月3日に行われた第5回デジタル・ガバメント閣僚会議で、「マイナンバーカード」の普及策について、具体的な方針が打ち出されました。 マイナンバーカードは、2016年の開始から2年以上経過しましたが、交付は現在約1,700万枚で 普及率はわずか14%に留まります。 開始前に目標に掲げていた「2019年3月末時点で8,700万枚」には遠く及びません。 そこで2020年に、 マイナンバーカード保持者が、別途発行される「マイキーID」と紐づけたキャッシュレス決済を行う場合に、事前チャージで25%相当のポイントを還元する制度を導入する方向で検討を進めているそうです。 驚異的な還元率ですが、果たして本当にマイナンバーカードの普及や消費支援につながるのでしょうか。 先日、総務省の専用サイトもOPENしました。 「マイナポイント」の付与にマイナンバーは直接使いません。 マイナンバーカード保持者がオンライン上で別途手続きを行うことで、 「マイキーID」という別のIDが発行されます。 「マイキーID」と「〇〇ペイ」などのキャッシュレス決済を紐づけた場合に、事前チャージで「マイナポイント」を国が付与します。 チャージ額2万円に対して5,000円程度のポイントを還元する案が、今のところ有力案として挙がっています。 ちょっと見られないような還元率です。 nanacoなどプリペイド方式のキャッシュレス決済では、クレジットカードを使ってチャージを行うことで、チャージ分と決済分のポイントを二重取りする策が使えます。 節約家の間では浸透しているワザですが、最近ではカード会社がこれを警戒して、ポイント付与の対象外にしたり限度額を設けたりするのが一般的です。 このような時代背景の中、 チャージで大量のポイントを付与しようという方針に、マイナンバーカードの普及現状に対する国の焦りを感じます。 マイキーID発行までの遠い道のり…追加コストも必要 25%という驚異的な還元率なら、すぐにでも手続きをしたいと感じる方は多いと思います。 しかし、 「マイキーID」発行の手続きはなかなか大変です。 ・ 郵送 ・ パソコンかスマホ ・ 証明写真機 の3つの方法があります。 ・郵送 「個人番号カード交付申請書」に必要事項を記入し、写真を貼ってポストへ投函 ・スマホかパソコン 専用フォームから「個人番号カード交付申請書」に記載された申請書ID等を入力し、顔写真の画像とともに送信 ・証明写真機 機械で証明写真を撮ったあと、申請書IDを入力 どの方法で申請しても、1か月程でマイナンバーカードが自宅に届きます。 2 専用サイト「マイキープラットフォーム」から活用ソフトをダウンロード 専用サイト「」にPCからアクセスします。 そこからマイナンバーカードの情報を読み込むための専用ソフトをダウンロードします。 3 ICカードリーダーライターかスマホでマイナンバーカード情報を読み込む 専用ソフトをダウンロードできたら、ICカードリーダーライターか、公的個人認証サービス対応のスマホをPCに接続します。 マイナンバーカードの情報をカードリーダーライターかスマホから読み込み、専用ソフトに情報を送信します。 筆者はここが最大の難関だと感じます。 まずPCがなければ手続きできませんし、カードリーダーライターは2,000円~4,000円ほどします。 5,000円のポイント還元を受けるために、3,000円のハードウェアを買うのは気が引けます。 参考: また、公的個人認証サービス対応のスマホでも同様の操作はできるのですが、 対応しているスマホが少ないです。 iPhoneは現状では対応していません。 参考:マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン(PDF) 獲得したマイナポイントは何に使えるのか? 苦労して5,000円分のマイナポイントを獲得しても、使える先が限られていればあまり意味はありません。 例えば、国が地方振興を支援するために、 「自治体ポイント」への交換に限定するような展開も筆者はあり得ると思います。 自治体ポイントは、 マイナポイントと同様に「マイキーID」を使用して付与されています。 発行している自治体は2019年5月時点で約100。 これは全国の自治体の5%に過ぎません。 地域のアンテナショップや地元商店街での使用に限られているケースも多いです。 参考: 「マイナポイント制度」今後の動きに要注目 増税に関わる消費支援政策を単一で行うのではなく、 キャッシュレス決済やマイナンバーカードの普及など、何か他の目的とくっつけて実行しようと国が画策する場面を最近よく見かけます。 便乗して「あれもこれも」と達成しようとすると、制度が複雑になり、消費者にとって使いにくい「支援策」になることが懸念されます。 獲得したマイナポイントが、楽天スーパーポイントやdポイントなどの有名どころに交換できれば、手続きの手間を考えてもなかなか魅力的な制度だと思います。 まだ不明な点も多いため、続報にアンテナを張っていきましょう。 (執筆者:石田 彩子).

次の