古川 恵一 幹部。 【神戸山口組幹部狩り】神戸山口組傘下三代目古川組古川恵一総裁機関銃で蜂の巣射殺【六代目山口組】

六代目山口組に射殺された神戸山口組・古川幹部…「絶対的暴力」は分裂終結へのカードか

古川 恵一 幹部

98ID:nOFioycJ9 兵庫県尼崎市神田南通1丁目の路上で、27日午後5時8分、すさまじい発砲音が鳴り響いた。 機関銃とみられる銃で10発ほど撃たれた男性が救急搬送されたが、死亡が確認された。 亡くなったのは、神戸山口組の幹部で傘下組織「三代目古川組」の古川恵一総裁(59)。 現場を見た人はこう言う。 「バンバンと音がして、車が急発進していった。 イレズミの男性が、倒れてすごい血が流れていた」 捜査関係者がこう話す。 「犯人は複数いたようで、古川組長は約10発、撃たれ即死のようだ」(捜査関係者) 現場からは男2人組が車で逃走していたが、同日午後、京都府内で1人の身柄が確保された。 「京都南インターチェンジ出口付近で不審な車を見つけて、職務質問。 すると拳銃を出そうとして揉み合いになり緊急逮捕。 容疑は銃刀法違反と 公務執行妨害だ」(捜査関係者) 逃走した車から銃も発見されたという。 10月10日には神戸市で六代目山口組のヒットマン、丸山俊夫被告が神戸山口組の中核、山健組の組員2人を射殺した事件があったばかり。 そして同月18日には、服役していた六代目山口組のナンバー2、高山清司若頭が出所。 六代目山口組の幹部が人事異動するなど、指導力を発揮していた。 「高山若頭は『原点に立ち返れ』『やるときはやらねば』というメッセージを、出所後に発していた。 六代目山口組の関係者が関与した可能性が高いと見ている。 さらに抗争が激化しそうだ」(捜査関係者) 10月の丸山被告の犯行後、六代目山口組や神戸山口組の本部は使用制限を命令が出され、より取り締まりが強化される中での犯行だった。 元山口組顧問弁護士の山之内幸夫氏は、こう話す。 「丸山被告の犯行は偶発的なところもあった。 だが、今回は何者かが神戸山口組の幹部を狙って、ヒットマンを送り込んでいる。 高山若頭が出所したことで、抗争は収束すると思っていたのだが…」 神戸戦争の行方は今後、どうなるのだろうか。

次の

古川恵一総裁の弟は山口組幹部?引退後は居酒屋店を経営

古川 恵一 幹部

出典: 古川氏は三代目古川組の 総裁だという報道もありますが、実質的には引退しており、現在は 堅気であるという話も出ています。 日刊ゲンダイでは、古川氏について以下のように記載されていました。 「古川氏は 神戸山口組の幹部と言われていますが、しばらく前に実質的にヤクザ稼業は引退し、阪神尼崎駅の近くで居酒屋を細々と営んでいました。 」 (捜査関係者) 神戸山口組とは、2015年の分裂の際に 井上邦雄氏が起こした組織です。 2019年現在、構成員の数は5,000以上と大きく、古川氏は1次団体である神戸山口組で幹部職にあったといわれています。 一般的な会社組織では『幹部』というとある一定の職についている人たち全員を指しますが、神戸山口組では幹部という名前の地位が存在しているようです。 ちなみに、古川氏には弟さんがいるのですが、その情報はほとんどありません。 名前などは公表されていませんが、一部の掲示板によると 霊感商法をしていたという話があります。 掲示板情報では、下の名前が『陽明』として活動してたみたいですが、証拠がなにもないため、真実かどうかは不明です。 また、弟さんは一時期ヤクザ稼業にいた経歴はあるものの、現在は堅気という情報もあります。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 たぶん出所出来たとしても何十年先の話、ヒットマンの報酬ってやっぱり家族の生活の面倒を見てくれるってことなんだろうか? 弘道会ナンバー2高山若頭の「やれ!」の一声で いったいどれだけの人数が動くのだろうか? 現場の士気も上がります。 忠誠心も強いです。 高山若頭は抗争で山口組を1つにするつもりなのか?対話はないのか? 使用者責任を逃れる為の偽装破門者は大勢居るからね! オレオレやらしたり、店をやらせたり 辞めた事にして暴対法と使用者責任を逃れる為に 自動小銃じゃあ無期でしょね 犯人の1ヶ月の行動と通話履歴が指示役へ繋がる鍵でしょね。

次の

【兵庫】神戸山口組幹部・古川恵一総裁が 機関銃で10発 撃たれ死亡 ヒットマン確保 激化する神戸戦争

古川 恵一 幹部

古川組 設立者 古川雅章(古川真澄) 本部 首領 山崎博司(本部長)、仲村石松 構成員数 推定 約320人(分裂前) 上部団体 、 敵対組織 、、、 古川組(ふるかわぐみ)は、に本部を置く暴力団。 との2社で、それぞれ別々の団体として存続している。 - 「『三』代目古川組」。 三代目組長は仲村石松(神戸山口組若中。 で長らく最高幹部を務めた経歴を持ち、三代目琉真会会長も兼任)。 三代目古川組の総裁に転じた人物は二代目古川組組長古川恵一と同一人物だが、2019年11月27日射殺される。 - 「古川組」。 山崎博司組長(本部長)。 2017年5月、古川恵一親分を追い出す形で山崎博司が三代目組長を名乗る。 しかし2017年6月、同組は、自らは三代目古川組ではなく「古川組」であり、古川組二代目組長が山崎博司であるという声明を出した。 つまり同組では古川恵一を二代目と認めていない。 特異な治安環境を持つ兵庫県尼崎市には旧来より、分裂前の山口組に、有力な二次団体が、3社あった。 - 大平一雄初代は山口組の歴史上初めての「本部長」職を務めた。 古川組 - 本項• 四代目 - 任侠山口組若頭。 通称「マナイケ」。 大平一雄も相当の大物であったが、初代大平組ナンバーツーであった古川雅章(古川真澄)は古川組として独立以降、その権勢をもしのいだ。 古川組独立後も大平組と古川組は友好関係にあった。 古川組は過去、東京と沖縄に事務所を展開していた。 沖縄県で古川組の活動を行うために設立されたは、勃発のきっかけとなった。 第4次沖縄抗争はヤクザ俳優主演の実録「」で描かれている。 略歴 [ ] 初代 [ ] 古川雅章(六代目山口組舎弟/五代目山口組若頭補佐/四代目山口組若中/大平組舎弟頭)• 2005年10月、古川組組長古川雅章(古川真澄)は、引退した。 2005年11月、古川組若頭古川恵一は、二代目古川組組長に襲名し、六代目に参画した。 2015年12月8日、六代目山口組を離脱した。 2015年12月9日、に参画した• 2019年11月27日、午後5時過ぎで自動小銃(系である?)と見られるもので10発程撃たれ死亡。 享年59。 犯人は二代目を2018年12月5日に破門された元竹中組直参であり、京都市内で京都府警に逮捕された。 各勢力の現在 [ ]• 古川雅章(古川真澄) - 2005年引退、2006年死去。 古川恵一 - 古川雅章の息子。 カタギとして半生を過ごし、中年になってから業界入り。 実父の古川組を継承し六代目山口組直参に。 2015年11月20日、直接、食べ物を持って尼崎の組事務所を訪問した 若頭補佐から、六代目山口組若中として神戸山口組に対抗するよう、激励を受ける。 竹内照明の意に反し、2015年12月9日、六代目山口組から脱退し、神戸山口組に移籍する。 神戸山口組で直参から幹部に昇格。 2017年04月30日、子分全員がに参画。 このときに古川組事務所の土地建物も取られる。 2019年5月以降、尼崎で焼処ダイニング店を運営。 2019年11月27日射殺。 古川恵一の息子 - 表の本業として尼崎で焼処ダイニング店を経営していたが、2019年5月以降社会不在。 山崎博司 - 二代目古川組若頭であったが、2017年4月30日、に参画。 古川組から古川恵一親分を追い出し古川組事務所の土地建物を手に入れる。 この際、親分追放の経緯を知らせた簡潔な文書を業界内関係先に送っている。 古川組事務所 - 2017年、に移った山崎博司の実効支配のもとに移り、2017年10月以降は任侠山口組そのものの本部機能を持つこととなる。 2018年9月4日組事務所としての使用禁止の仮処分。 以降は組事務所として使用できなくなった。 大興會 - 任侠山口組で「三代目」となる。 大平組・中村彰宏三代目(任侠山口組若中)は中村天地朗二代目(引退、存命)の実子。 平野権太会長は野内組相談役。 坂田会 - 東京都新宿区。 旧・坂勝会。 坂田勝良会長は三代目直参、野内組舎弟頭補佐を兼任。 二代目石元会 - 古川組東京事務所。 浅草石元会。 石元正広初代は・の実父であるが、太一がこの組織に関わったことはない。 - 側と側に分裂している。 仲本政弘グループ(六代目山口組三代目司興業 琉真会) - 仲本政弘は琉真会初代会長。 六代目山口組参加。 三代目司興業に参加。 仲本政弘会長は司興業特別相談役。 仲村石松グループ(神戸山口組三代目古川組三代目琉真会) - 仲村石松は琉真会で仲本政弘らに仕え、長く幹部を務めた。 仲村石松は琉真会三代目会長、古川組組長代行に。 2017年7月6日、仲村石松が古川組三代目を継承し、古川恵一は総裁職に就く。 構成 2015年 [ ]• 組長 - 古川恵一• 副組長 - 上江州信夫(同信会会長)• 若頭 - 山崎博司(山崎会会長)• 若頭代行 - 福原恵巳(極誠会会長)• 本部長 - 新井孝寿(雅新会会長)• 副本部長 - 板谷志郎(真和会会長)• 舎弟頭補佐 - 牧 秀三(牧組組長)• 舎弟頭補佐 - 田脇伸弥(田脇組組長)• 舎弟頭補佐 - 中村彰彦(大興会会長)• 若頭補佐 - 渋谷忠弘(渋谷組組長)• 若頭補佐 - 塩脇光太郎(二代目石元会会長)• 若頭補佐 - 山崎秀豊(山崎組組長)• 若頭補佐 - 仲村石松(誠真会会長)• 若頭補佐 - 坂口卓也(坂口組組長)• 若頭補佐 - 鳥越 豊(鳥越組組長)• 若頭補佐 - 花井陽介(凱世会会長)• 最高顧問 - 仲本政弘(二代目琉真会総裁)• 特別相談役 - 仲本政英(二代目琉真会会長)• 相談役 - 重枝長二郎(天伸会会長)• 相談役 - 中西克英(中西会会長)• 舎弟 - 山尾龍二(山尾組組長)• 舎弟 - 八木憲増(八木組組長)• 舎弟 - 国吉真二(真心会会長)• 舎弟 - 森元重行(森元興業組長)• 幹部 - 澤口尚徳(澤口興業会長)• 幹部 - 坂田勝良(坂勝組組長)• 幹部 - 上田龍一(上田会会長)• 幹部 - 上野 進(二代目井上総業組長)• 若中 - 若柳 隆(若柳組組長)• 若中 - 橋本晃成(秀心会会長)• 若中 - 井上廣治(博栄会会長)• 若中 - 畠山 太(畠山組組長)• 若中 - 芹澤信繁(芹信興業組長) 出典 [ ]• 日刊ナックルズ 脚注 [ ] [].

次の