ジン・ウヅキ。 シオン・ウヅキ (しおんうづき)とは【ピクシブ百科事典】

ジン・ウヅキ

ジン・ウヅキ

概要 CV: の兄。 過去のミルチア戦役で両親を失ったシオンにとっての親代わりでもあり、唯一の肉親。 元星団連邦特殊作戦軍情報部大尉であり、ミルチア戦役後に軍を退役し、第二ミルチアの自宅で古書店を経営しているが、妹のシオン曰く仕事は半年以上続いた事が無いとの事(古書店の前は医者を開業していたとのこと)。 温厚な性格の持ち主だが、電子データが一般化する中で紙媒体の本を取り扱う古書店を経営し、人類の宇宙進出が進み既に形骸化して久しい過去の風習を復活させるなど、古い風習や知識に触れる事を喜びとするものの、それを理解しようとしない妹からは変人扱いされている。 U-TIC機関(オルムス)に所属するマーグリスとは、祖父の下で剣を習い競いあった同門であり、同時に宿敵(彼の顔に傷を付けたのも、またジンである)。 加えて、マーグリスの補佐官であるペレグリーとはかつて恋仲であったなど、オルムスとは因縁浅からぬ間柄である。 戦闘に於いては祖父より教えられた剣術を駆使して戦うが、生身でA. を一刀両断するだけの戦闘能力を発揮するなど、その腕前は達人の粋にまで達している。 その立ち振舞や技、声などはのを彷彿とさせる。 ただし、作中既に結婚し一子を儲けているシタンとは違い、彼は未婚者である。 基本的に周囲に対しては任務中は厳しく、日常的には慇懃な物腰で接しているが、彼の性格の本質は 他人を本当に理解できないであった。 ジンにはシオンに似通った部分があり、それらを理解しているのは古くから付き合いのあるマーグリスやペレグリーくらいである。 更には 他人を本当に理解できない自分も他人から本当に理解されない部分もあり、EP3の終盤でマーグリスとの一騎討ちに勝利したシーンでは… ジン、貴様は大した男だ……。 だが、その強さのために貴様は常に孤独なのだよ。 自分で数少ない理解者を断って来たのだ。 もう、誰も貴様を理解するものはいない…… ……と、マーグリスが自決する直前に言い残したセリフがジンの本質を見事に表している。 関連項目 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 06:59:51• 2020-07-19 06:59:48• 2020-07-19 06:57:53• 2020-07-19 06:57:35• 2020-07-19 06:56:39 新しく作成された記事• 2020-07-19 06:54:25• 2020-07-19 06:45:31• 2020-07-19 06:56:39• 2020-07-19 05:44:53• 2020-07-19 05:01:36•

次の

ジン・ウヅキ (じんうづき)とは【ピクシブ百科事典】

ジン・ウヅキ

概要 ゼノギアス本編で、序盤より主人公を支え大活躍するキャラクター。 ・ ラハン村郊外に居を構え、妻ユイ、愛娘ミドリと共に暮らしている。 優しさと柔和さが滲み出た温和な人物で、長い長髪、暗めの緑系で纏まった衣装、そして眼鏡を着用する。 知的な外見通り非常に博識で、ラハン村の住民からは「先生」と呼ばれ親しまれている。 ただ、あまりに落ち着いた風貌・性格から29歳とは思えない程老練しており、若干老けて見えるのが玉にキズ。 隠された過去・現在 詳しくはネタバレになる為伏せるが、彼は物語序盤より非常に重要な役目を持って登場し、劇中終盤までその暗躍は明かされない。 鬼畜眼鏡 まず彼を語る上でかかせない点が、あらゆる面で「劇中最強」という事である。 単純にステータスが非常に優秀で、 伸び率こそ悪いが序盤から冗談のような高さのHPを持ち、ゼノギアスというゲームにおいて非常に重要なステータスである素早さも全キャラクター中堂々一位。 おまけに攻撃力は主人公と同等かそれ以上な上に、劇中終盤では決戦に向け、殺人術として自ら封印した刀を解禁。 手がつけられない凄まじい強さを発揮する。 極めつけに習得する特殊能力も非常に使いやすく、搭乗するギアも主人公機に匹敵する戦闘能力を誇る。 自身の経歴も圧倒的で、エリート中のエリート所の騒ぎでない。 しかし、彼はそれらを鼻にかけることは一切せず、自らが信じた物を貫き、大切な物を守る為に最期まで主人公達を導き、戦いに身を投じていく。 …その異常なまでの戦闘力の高さ、声優の田中秀幸氏のボイスも相まって慇懃すぎて逆に警戒感を抱かせるほどの物腰の柔和さ、そして敵サイドの形式上トップとされる存在と定期的にコンタクトを取っている、等の面から「絶対こいつは途中で裏切る。 だからあまり戦闘で頼りすぎると痛い目に遭う」と深読みしすぎて使わなかったことから逆にいらない苦労を負ったプレイヤーもいたとか。 そして彼を語る上で切り離せないのは、やはりだろう。 ORヴェルトール戦の罠 物語の終盤で駆るORヴェルトールと初対決となるのだが、これは負けバトルとなっている。 やり込みプレイをすれば勝てないこともないが、負けバトルのためかこの闘いにシタンは参加できない。 うっかりシタンをPTに組み込んだまま戦闘に突入すると 2人で戦わないといけなくなる。 なのでこの戦闘ではシタン以外の誰かを入れなければ3人PTにはできなくなる。 余談 スタッフが共通しているにおいて、が登場している。 関連イラスト.

次の

卯月コウとは (ウヅキコウとは) [単語記事]

ジン・ウヅキ

概要 ゼノギアス本編で、序盤より主人公を支え大活躍するキャラクター。 ・ ラハン村郊外に居を構え、妻ユイ、愛娘ミドリと共に暮らしている。 優しさと柔和さが滲み出た温和な人物で、長い長髪、暗めの緑系で纏まった衣装、そして眼鏡を着用する。 知的な外見通り非常に博識で、ラハン村の住民からは「先生」と呼ばれ親しまれている。 ただ、あまりに落ち着いた風貌・性格から29歳とは思えない程老練しており、若干老けて見えるのが玉にキズ。 隠された過去・現在 詳しくはネタバレになる為伏せるが、彼は物語序盤より非常に重要な役目を持って登場し、劇中終盤までその暗躍は明かされない。 鬼畜眼鏡 まず彼を語る上でかかせない点が、あらゆる面で「劇中最強」という事である。 単純にステータスが非常に優秀で、 伸び率こそ悪いが序盤から冗談のような高さのHPを持ち、ゼノギアスというゲームにおいて非常に重要なステータスである素早さも全キャラクター中堂々一位。 おまけに攻撃力は主人公と同等かそれ以上な上に、劇中終盤では決戦に向け、殺人術として自ら封印した刀を解禁。 手がつけられない凄まじい強さを発揮する。 極めつけに習得する特殊能力も非常に使いやすく、搭乗するギアも主人公機に匹敵する戦闘能力を誇る。 自身の経歴も圧倒的で、エリート中のエリート所の騒ぎでない。 しかし、彼はそれらを鼻にかけることは一切せず、自らが信じた物を貫き、大切な物を守る為に最期まで主人公達を導き、戦いに身を投じていく。 …その異常なまでの戦闘力の高さ、声優の田中秀幸氏のボイスも相まって慇懃すぎて逆に警戒感を抱かせるほどの物腰の柔和さ、そして敵サイドの形式上トップとされる存在と定期的にコンタクトを取っている、等の面から「絶対こいつは途中で裏切る。 だからあまり戦闘で頼りすぎると痛い目に遭う」と深読みしすぎて使わなかったことから逆にいらない苦労を負ったプレイヤーもいたとか。 そして彼を語る上で切り離せないのは、やはりだろう。 ORヴェルトール戦の罠 物語の終盤で駆るORヴェルトールと初対決となるのだが、これは負けバトルとなっている。 やり込みプレイをすれば勝てないこともないが、負けバトルのためかこの闘いにシタンは参加できない。 うっかりシタンをPTに組み込んだまま戦闘に突入すると 2人で戦わないといけなくなる。 なのでこの戦闘ではシタン以外の誰かを入れなければ3人PTにはできなくなる。 余談 スタッフが共通しているにおいて、が登場している。 関連イラスト.

次の