蒼き 翼 の シュバリエ 評価。 蒼き翼のシュバリエへのレビュー:生徒の日々の食事に加えて面談で3回食事させる鬼畜先生

蒼き翼のシュバリエ(PS Vita):始めました

蒼き 翼 の シュバリエ 評価

絆を紡ぎ、天空を翔けろ! 永きにわたる闇の支配からの解放を求め、かつて敗れた光の騎士は、《生徒》たちとの絆を紡ぎ、「魔王」へと挑む。 儚く幻想的な世界を舞台に物語が展開する、王道ファンタジー・ダンジョンRPG。 自由なキャラカスタマイズ、迷宮探索、アイテム収集といったダジョンRPG本来の楽しさに、 「食事」「面談」等のシミュレーション要素が加わり、あなただけの物語をドラマティックに体感することができる。 ストーリー 光と闇の最終決戦に敗れた光の騎士は、新たな命を得て、地に降り立つ。 果たせなかった100年前の遠い日の誓いのため。 この時代に待つ「生徒たち」を導き、「絆の力」で今度こそ、魔王を倒すために。 冷たい雨に打たれる、唯一残った光の地《アルダ》の片隅で、 光と闇の戦いは静かに、再び幕を開ける。 プレイスタイルに合わせたパーティ編成 仲間になる「生徒たち」は、職業や能力値など、様々なカスタマイズが可能。 ビジュアルも数パターンから選択できるので、愛着をもって育成できる。 罠で魔物をおびき寄せろ 迷宮内に存在する「トラップポイント」にエサを仕掛け、貴重なアイテムを持ったモンスターをおびき出そう。 魔物のリーダーを一定時間内に撃破すると、パーティを強化する装備品が入手できる。 さらに、迷宮内全ての「トラップポイント」を撃破すると、レアアイテムが手に入ることも!? 生徒との絆を紡げ 面談や食事、冒険を通じて、生徒との絆「ソウルランク」が深まっていく。 ランクを高めることで、魔王に対する唯一の力を手にすることができる。 関連グッズ.

次の

蒼き翼のシュバリエ 攻略

蒼き 翼 の シュバリエ 評価

スポンサーリンク 基本情報• 登場人物• クラス• エクストラ• クエスト• モンスター• その他• タイトル情報 タイトル 蒼き翼のシュバリエ ハード プレイステーション・ヴィータ ジャンル 本格ファンタジー・ダンジョンRPG 発売元 エクスペリエンス 発売日 2019年7月25日 リンク• 関連攻略タイトル• Amazon•

次の

蒼き翼のシュバリエ

蒼き 翼 の シュバリエ 評価

【PS VITA】 タイトルは変わっているがPC、およびで発売されていた「」のリメイク作品。 や剣の街の異邦人と世界観を同じくするダンジョンRPGだ。 ちなみにこれ一本で名作DRPG「新釈・剣の街の異邦人~黒の宮殿~」も遊べるのでかなりお得ではある。 数百年の後、騎士たちのリーダーであった主人公は何者かの力によって転生し… 新たな騎士候補たちを生徒として育てて魔王に再び挑む、というストーリーとなっている。 ダンジョンRPGとしては最近のものに慣れている人にはかなりシンプルに感じるかと思う。 どちらかといえば初心者やライトゲーマー向けと言えるだろう。 ポイントに餌を置いて装備品を持った敵部隊をおびき寄せるシステムはや剣の街と同じ…というかその原型がのはず。 ゲームバランスは基本的に簡単でほとんどの戦闘は楽勝。 ただし少し格下の相手でも魔法を使われると一気に全滅の危機に陥ることもあるのでちょっと偏っている部分もある。 自分でキャターを作ることができず、生徒たちとの絆を深めながらゲームを進めていくという寄りの路線。 ほど露骨ではないが恋愛・お色気イベントも用意されている。 好きな人は好きだが、嫌いな人は嫌いかも? からの変更点はそんなに多くはなく、ハッキリと分かるのはまずキャターのビジュアルの変更。 もちろん以前の絵に戻すこともできる。 重要な点はメインクラスの変更が可能になったことと、サブクラスを設定すると成長が遅くなるデメリットが廃止されたことだ。 これによりダンジョンRPGとしては遊びの幅が広がった。 アイテムの種類は多く、ダンジョンもバラエティに富んでいる。 シンプル過ぎてDRPGとしては微妙だったリメイク元がようやくポテンシャルを活かせた感じだ。 ただアイテムの数が多い割に持てる数が少ないとか、罠にセットするアイテムの種類やランクの指定が細かくて煩わしいとか、UIが微妙に使いづらいとかそういう未熟な部分がなぜか改善されずに放置なので良作と言える出来には至っていない。 ビジュアルの追加と細かい部分の変更・調整がほとんどなのでわざわざ名前を変えてまで発売するほどのものではなく「+」くらいのタイトルが妥当だろう。 ただダンジョンRPGとしての面白さはアップしているのでそこそこ遊べる作品になっている。 ライト路線なのでガチ勢には物足りないだろうが軽く遊びたい人や初心者には悪くないと思う。 スコア:73点(100点中)判定:佳作.

次の