導きの地 全部レベル7。 【MHWアイスボーン】導きの地で全地帯Lv7は可能!ただし途方もない時間が必要

【アイスボーン】導きの地の仕様解説|最新情報まとめ【モンハンワールド(MHW)】

導きの地 全部レベル7

導きの地の専用素材はマカ錬金で交換可能 まず初めに知っておいて欲しいのは、導きの地の専用素材は一度入手したものなら、 ほとんどがマカ錬金を利用して交換可能となっています。 その為自分の地帯レベルが低くても、マルチプレイで一度でも素材を入手しておけば履歴がつくので、マルチプレイとマカ錬金を活用するのもおすすめです。 マカ錬金による交換が不可能なのは、古龍・金レイア・銀レウス・バゼル・ジョー・ラージャン・ティガ亜種・ジンオウガ亜種の歴戦素材は交換できないので、 登場したら最優先でストックしておきましょう。 最優先は歴戦イヴェルカーナ 歴戦イヴェルカーナから取得できる『 歴戦の冠角』は、ほぼ全ての素材へと交換可能な万能素材となっています。 もちろん歴戦古龍などのLv7で出現する歴戦素材には交換できませんが、それ以外は交換可能です。 その為、最優先として 歴戦イヴェルカーナが登場する地帯はどこでもいいのでLv7にしておきたいです。 おすすめは溶岩・氷雪地帯をレベル7固定にする まず筆者がおすすめする地帯のレベル上げ方は、最終的に 溶岩・氷雪地帯を レベル7にする方法です。 以前までは森林と荒地をレベル1にする『11777』がおすすめでしたが、現在は必要となる素材が多い 溶岩・氷雪地帯をレベル7で固定しておくと便利です。 その他の地帯は自分の欲しい素材と相談して上げましょう。 溶岩地帯の歴戦ラージャン素材は、カスタム強化の上限解放やラージャン武器の強化に要求される数が多いので優先してLv7で固定したい地帯です。 氷雪地帯はマカ錬金で交換素材の多い、歴戦イヴェルカーナが出現し、キャンプから遠くレベルが上げにくい地帯なので、Lv7で固定しておきたいです。 マカ錬金での交換ができない歴戦素材の出現地帯 森林:カーナ・クシャ 荒地:カーナ・ナナ・テオ・金レイア 珊瑚:カーナ・キリン・ネロミェール・銀レウス 瘴気:カーナ・ハザク・ティガ亜種 溶岩:クシャ・テオ・ナナ・ラージャン・バゼル 氷雪:カーナ・ジンオウガ亜種・ネルギガンテ 溶岩・氷雪地帯をLv7にしておけば、マカ錬金で交換不可能な8種類の歴戦モンスターを狩猟することが可能です。 全地帯をバランスよく上げるのは非推奨 全地帯をバランスよく上げると、レベル7の地帯が少なくなるor無くなってしまうので、登場するモンスターが少なくなってしまいます。 導きの地の素材はマカ錬金で交換可能な点や、歴戦古龍がレベル7から登場する事を考えると、『 レベルを上げるなら上げきる』事を推奨します。 レベルを上げきる前に素材の履歴を埋めておこう 地帯レベルを上げるのは大切ですが、 必ず素材を入手しながらLv7にしましょう。 マカ錬金で交換可能な素材なら、一度入手するだけでOKです。 バフバロのようなどこでも出現するモンスターならいいのですが、歴戦では無いトビカガチやクルルヤックなどは地帯レベルがあがると登場しなくなるので要注意です。 レベルの微調整は痕跡集めがおすすめ! 導きの地では地帯レベルを上げていると、レベルMAXの地帯レベルが下がってしまうこともあります。 その場合。 わざわざモンスターを倒すよりも簡単で、時間もかからないので、痕跡を集めて地帯レベルを微調整していきましょう。 逆にLvを上げたい地帯以外の痕跡を入手してしまうと、レベルが下がる原因になるので、しっかりと痕跡を見て入手するようにしましょう。 陸珊瑚ならキリン、瘴気ならラドバルキンやヴァルハザクといったように、 その地帯にしか登場しないモンスターの痕跡の方がゲージ上昇率が高いです。 ちなみにLv7の地帯は通常では地帯ゲージが表示されませんが、 ギルドカードならLv7の地帯でもゲージが表示されます。 ギルドカードで確認しながらLv7地帯を調整することをおすすめします。 効率良く地帯レベルを上げるなら、罠と痕跡を活用しよう 地帯レベルが上昇する要因は、モンスターの狩猟だけでなく、罠・痕跡採取・部位破壊といった調査ポイントが入手できるものでも上昇します。 その為、普通に狩猟するよりも、痕跡集めをして罠を何度も使って狩猟する方が地帯レベルは上昇します。 陸珊瑚ならキリン、瘴気ならラドバルキンやヴァルハザク、氷雪ならベリオロスといったように、 その地帯にしか登場しないモンスターの方がゲージ上昇率が高いです。 といった方法で地帯レベルを上げる事も可能です。 この方法はソロよりもマルチプレイで行なうと効率がいいです。 この方法は罠の補充が必要なので、キャンプから遠い氷雪地帯ではやりにくいです。 マルチプレイでの地帯レベル上げがおすすめ 2019. 12月のアップデートで、『他のプレイヤーが特殊痕跡を入手した場合、自分も特殊痕跡が入手可能になる』という変更がありました。 その為4人でのマルチプレイだと、特殊痕跡の入手量が4倍になるので効率がかなり上がります。 モンスターの強さによってゲージの上昇量は変わらないので、森林地帯ならドスジャグラス、荒地地帯ならクルルヤックを呼び出してマルチプレイでタコ殴りにすれば特殊痕跡を回収しながら簡単にレベル上げ可能です。 痕跡集めと罠も利用すればさらに効率がいいです。 しかしあくまで導きの地は探索なので、自分の狩猟したいモンスターと別のモンスターを狩りに行くプレイヤーや、狩りに参加せずに採取を行うプレイヤーも参加する事もあります。 その為、絶対にマルチプレイが最高率という訳ではありません。 まとめ ・導きの地は全ての地帯をレベルMAXにできないので、レベルを上げる地帯を選ぶ必要がある ・溶岩・氷雪地帯をレベル7で固定するのがおすすめ ・歴戦イヴェルカーナの素材で、ほとんどの素材がマカ錬金で交換可能。 リオレイア希少種などの素材は交換できないので集める必要あり ・地帯レベルを7にするまでに、マカ錬金で交換可能な素材を入手して履歴をつけておく アップデートの度に仕様が変わる導きの地ですが、2019年12月5日現在ではこの方法がおすすめだと思います。

次の

【MHW】アイスボーン本編クリア後の「導きの地」攻略編【アイスボーン】

導きの地 全部レベル7

『導きの地』地帯ポイント上限上昇の条件:イガグリ氏調査 考察 (左からそーか氏、ぴぴぴ氏、イガグリ氏のギルドカード。 導きの地の地帯レベルの合計値についてメンバー内で差がでたことから調査が始まったようです) 考察1. 調査回数は影響しない 理由、イガグリの方がぴぴぴより回数が多い。 考察2. 調査時間も影響しない 理由、放置で稼いだ時間では上限は上がらない。 考察3. 最大数は全員同じでは無い 理由、3人は明らかに違う。 考察4. 解析回数ではなく狩猟数が関係していると考える 理由、そーかはMRカンストまでの間も導きをしていたため、狩猟数はかなり多い。 ぴぴぴは殆どをアプデ後 解析結果の分配 のマルチによって回数を稼いだため狩猟数は解析回数の4分の1以下。 イガグリはガンキンで解析回数を稼ぎ狩猟数がかなり少ない為、あまり最大値が上がっていない。 合計値は、順に31. 1、28. 8、27. 1 全てメンバーで調節したため7の余剰分等考えても間違いなし 狩猟数に比例していると考えていい。 最後に. 余計なトラブルを防ぐためにメンバー内のみでの例を挙げています。 他の方の名前を出したりするのは控えて下さい。 攻略本の前情報があったため思い込みの面が強いかもしれませんが、今後ぴぴぴのレベルの最大値が徐々に上がるようであれば更に信憑性が増すと思います。 調査内容 注・追記:地帯レベル7であればどのモンスターを倒しても上昇量は同じという検証結果も出ています。 珊瑚地帯を7ギリギリで固定し、環境を固定した状態で共に100頭狩猟しました。 瘴気地帯のドスギルオスに罠を置き珊瑚地帯が6に下がった瞬間までの検証です。 1枚目と2枚目の間にズレがありますが上昇量の検証には影響ないものです。 危険度2の結果は、この条件が同じで無い為省くことにしました。 モンスター毎によるポイントは、危険度で分類されている可能性はもちろんありますが、自分は取得出来るMRポイントに依存していると考えます。 すでにカンストしている方が多い中で確認する方法は狩猟時にもらえる友好度があります。 つまり、上限1レベルを上げるのに必要な友好度は約123500。 友好度カンストを優に超える数になります。 MR100時の初期値は27. 0だと考えているので、4地帯レベル7に必要な30. 0にするには友好度換算で約37万以上のモンスターを狩猟しなくてはいけないことになります。 全地帯レベル7の42. 0にするには約185万以上と現実的では無い気がします。 最後に 推論が多く明確な結論が得られる検証ではありませんでしたが、自分達が気になっていた「上限は上がる」という考察が実証できて良かったです。 あくまで自分達の結果なので意見や他の条件での検証は引用リツイートでしてくれると幸いです。 全地帯レベル7にするには、歴戦イヴェルカーナ換算で約5873頭必要です。 多いと捉えるか少ないと捉えるかはあなた次第です。 ・導きの地でモンスターを狩猟することで地帯レベルの合計上限値が上がる。 ・合計上限値の上昇量は取得出来るMRポイント 友好度を参照できる に依存していると思われる。 ・上限値の上昇はアップデート12. 03(氷雪エリアの追加)時点から始まった。 ・地帯レベルの合計30(4か所レベル7)にするために必要な狩猟回数は危険度3の歴戦個体で大体1059体。 (友好度370,500) ・地帯レベルの合計42(全地帯Lv7)にするために必要な狩猟回数は危険度3の歴戦個体で大体5295体(友好度1,852,500)。 危険度3の歴戦個体でも取得できるポイントに差がある点にご注意ください。 まとめ イガグリ氏と睡眠は甘えメンバーの皆様、非常に有意義な情報をありがとうございます。 調査お疲れさまでした。 追記 全地帯レベル7達成の報せ!おめでとうございます! お疲れさまでした! 再掲:こちらの記事は古い情報になります。 最新の情報は下記の記事をご覧ください。

次の

【MHWアイスボーン】地帯レベルはどこから上げる?導きの地をチャート化して解説!【モンハンワールド】

導きの地 全部レベル7

1:エンドコンテンツ 導きの地が問題になっている、どうもイツキです。 アイスボーンのエンドコンテンツである、導きの地について書いて行きたいと思います。 発売から1週間以上経過しているので、導きの地にの事は既に知っている人や実際にプレイしている人も多いと思います。 しかし、今この導きの地について問題が浮上しています。 2:導きの地とは 先ほどのタイトル通り、エンドコンテンツに相当しストーリークリア後に通い詰めるエリアになります。 4つのエリアからなる、 「複合エリア」でそれぞれに 「地帯レベル」が存在します。 地帯レベルは、各マップごとに設定されており 「レベル1~7」まであります。 このレベルを上げる事を目的として、ハンターはモンスターを討伐することになります。 モンスターは、 「登場した時点で4地帯のどれか」に設定されておりその該当する地帯モンスターを討伐することでその地帯レベルが上昇します。 導きの地では、 「モンスターから手に入る素材や採取出来る素材が特殊な物に変化」します。 このアイテムは、 「マスターランクの武器をカスタム強化する為に必須」となります。 上位の時に、あるのが当たり前だった 「回復能力付与」を手に入れる為には必ず導きの地でモンスターを倒す必要があります。 3:問題点 文章で見ると、一見良さそうに見えますが問題点が非常に多いです。 多すぎるので、箇条書きで書いて行きたいと思います。 ・地帯レベルが上がりにくい ・地帯レベルが下がる ・地帯レベルを上げ過ぎると手に入らない素材がある ・呼び出したモンスターが直ぐに帰ってしまう ・呼び出すために必要な痕跡?が貯まらない ・呼び出すための必要な痕跡がランダムを取得 ・上げたい地帯レベルの為に出現モンスターのリセマラが必要 ・トグモードを使用したリセマラが横行(修正済み) ・マルチで探索に行くと人によっては行動がバラバラになる事が多い ・マルチで指定検索をかけて探索に行ってもそのモンスターがいない ・マルチでは行く前の時点でエリア状況が全く把握出来ない ・切断行為による高効率(想定外)の地帯レベル上げ ・マスターランクによって地帯レベルに上限が掛かっている ・地質学による落とし物2回取得可能 ざっくりと書いてもこれだけあります。 問題点として挙げましたが、さほど重要では無い物から大問題まで様々あります。 多すぎるので、大まかにまとめて書いて行こうと思います。 ・地帯レベルについて 地帯レベルは、 「レベルが低いほど上がりやすい」というシステムになっているので上げれば上げる程 「上がりにくく」なります。 その状況から横行しているのが、 「切断による地帯レベル上げ」です。 ザックリ説明すると、 マルチで地帯レベルの低い人を探して探索に入りネットを切断しモンスターを討伐、地帯レベルが低い設定(他人の設定)で自分の地帯レベルを大きく引き上げるという流れです。 恐らく、 マルチに接続した時点ではホストの地帯レベルですが、ネットを切断した事で設定だけを自分のデータに反映させているという事だと思います。 正直理屈はどうでも良く、 運営の想定している以外の方法で不法(想定より遥かに楽)に上げているのが プレイヤーとの格差を広げたりコンテンツの寿命にもかかわる話だと思います。 また、 「地帯レベルは下がる」という事も問題だと思います。 せっかく上げたのに、 モンスターを倒したら地帯レベルが下がったという事が頻発します。 地帯には、相性のようなものが存在し倒したモンスターの対となる地域が下がるという仕組みだと思います。 (間違ってたらコメント下さい)このシステムによって、 上げたい地帯のモンスターが出ないのでリセマラや切断という行為に繋がっているのだと思います。 ・呼び出すモンスター 導きの地では、特定の地帯レベルを上げたい場合や倒したいモンスター場合に 「特殊痕跡を使ってモンスターを呼び出す」事が出来ます。 しかし、 この特殊痕跡は中々集まらず狙って特定の特殊痕跡を集めるのは難しい状態です。 更に、せっかく呼び出しても 「短期間で帰ってしまう」場合があり滞在する時間も問題になっています。 恐らく、 側ではこの特殊痕跡を使って欲しかったと思うのですが使い勝手が悪い部分も多いです。 恐らく、 特殊痕跡の入手のしにくさが大きな問題だと私は思います。 個人的には、 「フィールド上のにある特殊痕跡の出現頻度を増加」させて 「その地帯で入手した痕跡で地帯のモンスターを呼べる」ようにし、 「討伐で貯まる痕跡取得ポイント?をもっと貯まりやすく」するべきだと思っています。 モンスターを2体くらい倒せば、必ず何かの特殊痕跡が入手出来る位で丁度良いと思っています。 ・ 個人的に、 一番問題だと思っている部分です。 野良でマルチをすると、部屋がいくつも作られていますが 「どのモンスターと戦っているのか分からない」という 致命的な欠点があります。 部屋に入ってみたら、倒したいモンスターがいないから退出するというケースが後を絶ちません。 他にも、 この地帯レベルを上げたいから設定している部屋に入ったのに別のモンスターを関係無い狩り始めるというケースも非常に多いです。 私の実例を挙げると、 荒地レベルを上げる為に部屋を作りましたが私を含む 2人が荒地モンスターのロスを狩り、 残りの2人は瘴気地帯の歴戦を狩り始めました。 結果は、 荒地組1乙・ 瘴気組5乙で トータル6乙という無残なものでした。 通常のクトであれば、何度もクト失敗になっているレベルです。 結局のところ、 「 地帯レベルが下がるというシステム上どうやっても利害関係が一致しない場合は一緒に狩りをするメリットが無い」という事になります。 一緒にモンスターを狩るゲームなのに一緒に狩るとデメリットがあると言うのは大問題だと思います。 地帯レベルを下がらなくするか、下がる量か上がる量を調節してバランスをとる必要があります。 ・地質学 これは、最近で話題になっている無いようです。 地質学というスキルを、レベル1でも発動させると落とし物が2回拾えるというものです。 これは、 以前から存在したというコメントも見受けられましたが導きの地という新たなコンテンツによって注目を集めています。 拾えるアイテムは、通常のクトとは違い 「カスタム強化に使える」アイテムが拾えます。 そんな必須アイテムが、2倍の効率で入手出来る用になるという状態です。 これが、仕様なのかバグなのかは判断しかねますが何かしらの発表や対応が必要だと思います。 ・個人的まとめ プレイヤーが一番苦労している、地帯レベルの上昇値にテコ入れをし討伐時の上昇値を高く設定します。 特に、地帯レベルが低い時の減少幅は大きく減らすべきだと思います。 ここが、改善されればモンスターを倒してもデメリットが無くなります。 私は、荒地の地帯レベルを7まで上げましたが歴戦を倒しても10分の1も上昇していないと思いました。 もう少し、上がりやすくても良いと思います。 既存の特殊痕跡をもっと入手しやすくしクトを誰でも効率良く回せるようにすることで快適に狩りが出来ます。 この調整があれば、モンスターが居なくなったから抜けるという頻度が減るはずです。 マルチは、常に探索のモンスターを表示する事でマッチングの無駄を省きます。 簡単に、修正案を書いてみました。 書いたところで、どうなるわけでもありませんが何かしらの修正は必須と言えるでしょう。 (これはあくまでも、個人的にこうすれば良いのでは無いのかと言うものなのでこれ自体は修正案ではありません。 ) 4:ver10. 12の内容から見る 想像以上にアクセスがあり、私を含めたユーザー皆さんが関心が高いかが伺えました。 タイトルに修正確定という内容が盛り込まれているのに、根拠になるものが示されていないのは良くないと思い追記しています。 下の画像は、ver10. 12のアップデートで公開された調整内容の一部です。 これは、公式サイトでいつでも確認出来ます。 私が、 修正がで良くなると言っている根拠は下の色付けの文章です。 システム上、 切断するという行為自体は無くす事が出来ません。 ゲームシステム以前に、 切断による地帯レベル上げはプレイヤーが意図的に回線を切断(の設定による切断)しているため 「やろうと思えばいつでも切断出来る」はずです。 仮に、 やる必要が無くなっても切断する事は出来ます。 これに対して、 対策をするという事は「回線の切断をしなくても良い」と言うプレイ環境が必要です。 色付けの文章にも書いてありますが、この切断による地帯レベル上げを無くすためには既存の環境を変えるしかありません。 既に、 トグモードでの再抽選(リセマラ)の穴を塞いだ以上(恐らく他の抜け穴はまだある)それをやらなくても問題が無い環境にしてくれるはずです。 そういった意味で、修正確定という文をタイトルに入れさせていただきました。 公式サイトより抜粋した内容です。

次の