俺 もっと なる かっこよく 歌詞。 【レペゼン地球】シングル全曲まとめ(歌詞付き)

Ivy to Fraudulent Game インタビュー 「俺たちの音楽や俺の歌は、もっとたくさんの人に伝わっていける、 しかもその人に深く入っていけるものだと信じています」

俺 もっと なる かっこよく 歌詞

Ivy to Fraudulent Game インタビュー 「俺たちの音楽や俺の歌は、もっとたくさんの人に伝わっていける、 しかもその人に深く入っていけるものだと信じています」 2017年12月6日、1stアルバム「回転する」をリリースしたIvy to Fraudulent Game。 結成から7年、本作をもって、満を持してのメジャーデビューとなる。 メンバー自ら「新しいところに行けた」と語るこのアルバムは、作詞・作曲を手掛ける福島由也(Dr)と、フロントマンである寺口宣明(Gt. )のこだわりと覚悟が随所に詰まった1枚だ。 バンドのキーマンでもある寺口と福島の2人に、本作へかける思いや音楽との向き合い方を聞いた。 寺口 「曲の雰囲気やアプローチとしては、また新しいところに行けた感じがありますね。 その範囲だったら何をしてもOKという感覚ですね。 僕自身、リスナーとして音楽を聴いて、感動することがある。 いちリスナー、いちファンとして聴きますね。 そうして聴くことによって見えるところもあるし。 俺自身、福島の作る音楽が本当に好きなんでしょうね。 彼の作る曲が魅力的だと思わなければ、お客さんとして客観的に聴くことはできないんじゃないかと思います」 福島 「歌っている人が一度客観的に曲を聴くというプロセスは、普通のバンドだとなかなか経ることができない。 だからこそ、結果的にああいう歌が歌えるんでしょうね」 寺口 「いろんな曲を作ってくるので面白いです。 『ありがとう』くらい」 福島 「だから、何を思ってるか分からない(笑)。 何も返事がないんです」 寺口 「曲を聴いて『何を表現したいのか分からない』ということがあれば、当然それは解消してから自分のものにしています。 でも、そういうことはほとんどありません。 全てが(福島の考えと)イコールじゃなくても良いというか…全てが彼の考えと同じで良いのであれば、福島が歌えば良いだけですよね。 このズレはありだと思っています。 答え合わせをしないことで、別の形になることもある。 福島 「その行為自体、お客さんと全く一緒というか。 僕がどう思って書いたかというのは、聴く人にとっては関係ないことじゃないですか。 それをノブがちゃんと体現しているのがすごく良いですよね。 だから、ノブが歌ったことに対しても、お客さんが自由に解釈すれば良いと思っています。 僕の曲をノブがリスナーとして聴くのと一緒で、一回ノブが歌ったものに関しては、僕はまたリスナーに戻る感覚で聴きます。 そこからまた影響を受けて、それが曲にフィードバックされて…という流れです。 これらは聴く人を選ぶジャンルかもしれないとも思う一方、今作は非常にポップな1枚になっていると感じました。 でも、自分がリスナーとして聴くときと、お客さんがリスナーとして聴くときって、そこまでのズレはないと思うんです。 ポップにしてやろうとか、迎合してやろうという気持ちは全くないですね」 寺口 「だから、ジャンルがどうとか、そういうことでもないよね」 福島 「うん。 僕は別に、この音楽が閉鎖的だとは思っていない。 歌詞も一見暗いけど、割と普遍的なことを歌っていると思います。 そういう意味では大衆性というか、多くの人が持っているものに共鳴する部分は存在していると思っていて。 福島 「まずは1曲1曲、『なんか良いな』みたいなところから始めていって、1曲できたら『これにないものを』という作り方をします。 コンセプトを設けてというよりは、割と曲単位ですね」 寺口 「自分の中では、歌のテーマみたいなものはあります。 技術的なテーマもあれば、もっとメンタル的なものもありますね。 ただ、作品としての一貫性を持たせるということは意識していないかな。 寺口 「そこは、今作のレコーディングの中では一番大きなテーマだったかもしれません。 前作のレコーディングの時に言葉でつまずくことがあって。 それで自分の歌を見つめ直した時に、もう少し伝わった方が確かに入ってくるようになると自覚したんです。 それでこの半年くらい、言葉の発音はすごく意識して向き合ってきました。 最近も、『今歌っている母音が何か』というのはずっと意識しています。 ずっと歌のことを考えていて、それが音にも声にも出ているんだと思います。 かといって、つまらない歌になってもいけないので、その辺りの良さと聴きやすさとのバランスですね。 こいつが良い歌詞を書くので、歌詞カードを見ずとも感じてもらえたらなと」 福島 「はっきり歌わないと、割と理解しがたい歌詞かもしれないしね。 最初に言ったポップネスのようなものも、ノブの歌や発音が大きいと思っています。 ライヴ以上に歌詞が際立つと感じましたが、いかがですか? 寺口 「ライヴの時の自分ってコントロールしづらい部分があって。 だからこそカッコいい部分もあると思うので、どちらが正解なのか分からないですけど…ステージに上がる直前まで歌のことばかり考えていて、降りたらあまりライヴの時の記憶はない(笑)。 でも俺、良い歌を歌うと思いますよ。 この歌詞は、どういうところから出てきたのでしょうか? 福島 「自分が音楽を鳴らす意味みたいなものを、1曲に込められたと思っています。 僕は何かにつけていちいち不安になったり、細かいことを気にしたりしてしまうんですが、それって別に得することではないですよね。 でも、僕はそれを音楽にできる。 普通に生きていたらマイナスになることでも、それを音楽に昇華することで、そう考えることさえも有益にできる。 それが僕の音楽との向き合い方なんです。 これは僕が音楽を作る側としての気持ちですけど、聴く側でも、音楽に何かを見出していく人はいると思うんですよね。 それをこの曲で表せたと思っています。 『革命』ってタイトルをつけているけれど、そんなに大きな内容を歌っているわけではなくて。 対自分というか、もっと狭い世界の話です。 それがアンバランスな面白さでもあると思います」 寺口 「頭のギターリフはこの2~3年、福島が楽屋や家でずっと弾いていたギターリフなんです。 それが形になったんだなって。 新しいところに行ったというのは、僕も思いました。 でも、歌詞の世界観はやっぱり福島。 サウンド面も含め、いちリスナーとして『このバンド、こういうこともやるんだ』って感じましたね。 ただ、こういう明るいアップテンポの曲は俺の中でのイレギュラーでもあって。 ちゃんと届く曲になっていると思いました。 福島 「そういう人たちも、何かと向き合っていければいいと思います。 僕はその人の人生とは関係ないから、その人はその人の解釈でその曲を聴いてくれればいい。 それが結果的にその人のためになれば僕はすごく嬉しいし、それが結果的にまた僕のためになる。 それがまた、音楽のすごく良いところだなと思います。 福島 「あれは多分、ギターというよりリズムだと思うんですよね。 あの跳ね方というか、軽快な感じ。 コード感とかは俺の手癖ばかりなので、ビート感や、ノブの歌の表現によるものもあるかもしれません」 寺口 「一人で弾き語りをする時にできていて、バンドだと映えないと思っていた自分の色が、バンドでもやっと使えるようになったという感じです」 福島 「僕らは歌モノだからね。 初めて聴いた時は驚きました。 福島 「そこも意識してはいます。 曲を作る時は1曲ずつですが、アルバムとしてどう成立させるか考えた時に、まず歌い出しの一節がこの言葉であるインパクトは強いですよね。 これも強烈なアレンジですよね。 福島 「とはいえ、すごく自然に、好きなように作った曲です。 自分がリスナーとして聴く音楽と、やる側としての音楽が一番近い感じというか。 改めてレコーディングしたことで、この曲たちへの印象は変わりましたか? 福島 「ライヴでは半端なくやってきた曲なので、その段階でどんどん成長してきていますよね。 それを音源として、どうすればさらにかっこよくなるか、悩んでいた気がします」 寺口 「おそらくですけど『青写真』は、18歳の時にデモ音源を出してから、ライヴでは一度も外したことがないですね。 いろんなものを吸って、曲も成長するし、変わってきたと思います。 「青写真が侵されてく」って19歳の頃から歌ってきて、もう23歳なので侵されまくっているよね(笑)。 SNSなどでの反響はありましたか? 寺口 「『これがメジャーか』みたいなことを言う人はいるね」 福島 「ああ(笑)。 MVに対して『予算をちゃんと使ってるな』とかなら分かるんです。 福島 「そこは全く意識してないですね」 寺口 「純粋に聴けないやつが多いよね、最近は」 福島 「人の情報に流される人が多いなと思っていて。 自分の中で判断基準を持っていないというのは、かっこよくないと思うんです。 その人自身の解釈をちゃんと持つというのは素晴らしいことだと思うし、そうじゃないと音楽が価値を持たない気がする。 今回は公演数も多く、初めてIvyを見に来るというお客さんも多いのではないかと思います。 どんなツアーになりそうですか? 福島 「ワンマンでツアーができるって、すごく良いですよね。 本当の自分たちの良さを見せたいと思ったら、短い尺だと結構難しかったりするので。 寺口 「20代半ばに入ります(笑)。 自分はとにかく良い音楽、良い歌をと精進するのみですね」 福島 「来年のことを考える余裕もないというか…でも、常にそのくらい、今やっていることと真剣に向き合っていられたらいいですね。 来年もそうありたいし、多分そうだと思います。 でも、余裕が生まれたら良いなとも思います(笑)」 インタビュー・文:小島沙耶 (12月28日更新).

次の

新たなる幕開けのための幕開けによる狂詩曲〜キミがいればオレたちも笑顔∞〜の歌詞

俺 もっと なる かっこよく 歌詞

月日が流れるのは早いなぁと思います。 これまでゲストの方に歌っていただくシングルが多かったんですけど、コラボレーションはバンドにとっても良い刺激になるし、自分たちの音楽が世の中により広がっていくので、すごく大事にしている事なんです。 &Gt. などとのコラボで、若い方たちにも僕らの事を知ってもらえる事が多く、今が9人だけでこれまで培ってきた経験を曲に込めるのには良いタイミングなんじゃないかと思って、今回自分たちだけのシングルを出しました。 僕たちも歌詞のある音楽をやっているんだぞ!という所を知ってもらえたら嬉しいし、スカパラのメンバーについても掘り下げて聴いてもらえたらと思っています。 音楽って、好きなバンドがいるとそのバンドと一緒に時代を過ごしますよね。 中学や高校で好きだったバンドとかは、その時の思い出と共にある。 そういう意味では、バンドは思い出を束ねるものだと思うんです。 僕もバンドが思い出なのかなって思うし、人生そのものかもしれない。 夢みたいな事をずっとやり続けている訳ですけど、その夢みたいな事が自分にとっては人生なので。 でも、その夢の中でさえも大変な事が起こる訳で、人に言えない苦労とか悲しい事もあって。 メンバーが2人亡くなったり、脱退しているメンバーもいるけど、メンバーが一丸となってその悲しみを乗り越えて耐えていっている所も含めて絆になって、9人でやってこられているのかと思います。 そういう事も含めて一つの事を歌詞にした感じです。 谷中敦:個人として勝負しなきゃいけない局面に立たされる時もある訳じゃないですか。 その事がきっかけで人生が大きく変わるような時って物凄く緊張すると思うし、孤独にもなると思うんだけど、そういう時って実は、自分自身の経験や培ってきたものや関わって来た人たちと戦っていると思うと勇気が湧いてくるんです。 自分自身そういう所があるけどバンドという集合体でも同じですね。 今まで関わった色んなお客さんも含めてメンバーと思うような気持ちで、ステージに立ち続けるっていう事がスカパラには一番合っているのかなと思います。 谷中敦:ありがとうございます。 背負えって言われてないですけど 笑。 この間コロンビアでライブをやったんですが、日本人のお客さんがいない状態だったんですね。 そんなアウェイの状況のなかで、そこにいたコロンビアの人たちにとっては初めて観る日本人のアーティストがスカパラっていう人がほとんどだったと思うんですね。 そういう意味では背負わざるを得ないというか、責任あるなって。 でも、だからこそ誇りとして楽しくかっこよくやりたいなと思います。 加藤隆志:スカパラのゲストボーカルとして迎えるシンガーの方たちは本当に凄い方たちばかりなので、メンバーだけでの歌唱のときはいい意味でのプレッシャーがありますよね。 それでも、今作の2曲はスカパラのメンバーでしか表現できない、スカパラにしか歌えないものだと思うので、歌唱の良しあしとしてではなく僕たちが歌うという所に意味があると思っていて、そこが歌詞とリンクしていると思います。 ゲストボーカルものとは違う深さというか、スカパラの良さをより知ってもらうための楽曲にもなっています。 言葉のイメージは全くなくて、良いメロディーを作りたいという感じでした。 実は5年ぐらい前からメロディーがあったので、それを作り変えてピンと来る感じにしたんです。 沖祐市:僕らデビューしてから29年バンドをやってきて、色んなバンドの方やアーティストと繋がってきたし、そのアーティストを推しているお客さんとも繋がってこられたじゃないですか。 僕らがゲストを招いてライブをやると、僕らのファンだけに限らずそのゲストの事が凄く好きで見に来てくれるお客さんもいる。 それで僕らの事も知ってくれて、音源やライブにワクワクしてくれたり。 今回の曲に限らずですけど、自分で聴いてもワクワクできるものならきっとそんな人たちにも届くんじゃないかと思っているので、メロディーを作るときはそういう人たちの背中をポンと押してあげるぐらいのパワーがあるものを作りたいなと思っています。 沖祐市:そうですね。 やっぱり自分がそうやって音楽を好きになったから。 谷中敦:その質問も勉強になりますね。 これは泣きながら泳いでいるという感じですね。 一生懸命泳いでいるから涙なのか、水なのかもわからないそういう無我夢中の感じを表現した内容です。 加藤隆志: 10代や20代の子だってこの経験はきっとしていると思うんです。 20代の前半くらいまでって、可能性に対してひたすら追い求めている時期だと思うし。 挫折したりとか、これだけやってもここまで結果として出なかったなとか、そういう事も付き物だと思うんです。 でも明日はあるし、明日も生きていかなきゃいけない。 涙を無視して生きていかないといけない事は実は沢山あるんですよね。 「大きな 仕事も」っていうフレーズでは「仕事」って書いてあるけど、サラリーマンだけじゃなくて若い世代の子だって戦っていると思っています。 僕も子供がいるからわかるけど、そういう世代の子も毎日何かに戦っているんですよね。 今の子って、SNSがあるから僕たちの時代よりもっと複雑な事情が多いと思うし。 自分の居たい場所に居られずに、涙を飲んで次の居場所に向かっていかないといけない事もあると思います。 10代とか20代の方にとって僕らはお父さんの世代ですが、大人になっても同じような事はその先にも待っている。 でも、僕らはみんなの倍以上生きているから「大丈夫、大丈夫」というメッセージを伝えることができたらいいなって。 加藤隆志:フェスとかに出るとお客さんは10代や20代の子が多いんですよ。 そこで初めて見る人たちに、僕らが何を言えるのかな?っていつも思うんですけど、20年後、30年後もやっているぞ!という所を出すのが、彼等の勇気にも繋がるんじゃないかと思っています。 辞めないで自分の信じた事をやっていったら、こういう事も待っているぞ!という立ち位置でいたいです。 谷中敦:僕らの世代と若い世代の夢っていう感覚は違うと思うんですよね。 歌手になりたいとか、石油王と結婚するとか、そういうキラキラした夢はないですね…。 谷中敦:なるほど。 僕らの世代は分不相応な夢を見て、そこに向かっていこうという感覚なんです。 なので、今の時代の方たちの方が現実的に夢を見ていると思います。 それは素晴らしい事だとも思います。 僕らの場合は自分のキャパシティ以上の夢を見て傷つく事を繰り返してここまで来ているので、そのやり方も面白いよっていうことも言いたいです。 大変ですけどね。 加藤隆志:そうですね。 谷中敦:今って分不相応が一番カッコ悪いってなっているじゃないですか?自分を自分以上に見せる事とかはやらないだろうし。 僕らは背伸びして、カッコつけてでもカッコ付かないのが楽しかったんです 笑。 なのでまた別の夢の考え方があるなと思います。 分不相応でも大きめな夢を見て欲しいなって思う訳ですけど、なかなかそれも大変ですしね。 加藤隆志:僕らの時代は仮面ライダーって本当にいるんじゃないか?って思っていて。 つまりその役者になりたくて、それを言っている訳で。 沖祐市:中学生かな。 加藤隆志:MVに出てくれた中学生は、僕が始めた頃よりも遥かに上手い子たちでしたよ 笑 茂木欣一:みんな上手いよね。 俺らのときはもちろんYouTubeとかないからイメージだけでやっていて、俺なんか叩き方間違ってるからね 笑 加藤隆志:右と左が間違っているんですよ。 ドラムの写真をただ見つめて、ここにハイハットがあって、ここにスネアがあるから、僕は左手をハイハットの方に伸ばして右手をスネアの方に伸ばすというイメージだけで、教室の机で練習していたんです 笑。 でももう戻れないや!ってね 笑。 常に新しい事を作り出していきたいなっていう気持ちでいっぱいですね。 谷中敦:俺らの世代は間違って脱線して走っていても、そのまま道が出来ればいいじゃん!って思っていたから 笑。 スカパラは、そういう事を怖がらずにやっていかなきゃなって思いますね。 そういう夢の見方やモノを提示していくバンドではありたいです。

次の

スカパラ「俺達ははみ出し続けてきた!」新曲がコラボなしの理由は?

俺 もっと なる かっこよく 歌詞

-最後を飾る「The King」はアンセムというか、ファンを称えつつ、自分たちはてっぺん取るぞという気持ちを歌っていますね? N'Taichi:あれはええ。 曲も歌詞も。 N'Eita:今までずっと書きたいと思ってたんですよ。 お客さんに対して、自分はどういうふうに恩返ししていきたいのかってことを。 それは自慢になることですわ。 "FABLED NUMBERがこんな頃から知ってるんだぜ"とか、"メンバーと仲がいいんだぞ"とかって。 バンドが大きくなったからとか、いい曲を書いてくれるからとかだけではなく、お客さんにとって自慢できる存在になることなんじゃないかって。 たとえば、僕らがB'zと昔から友達だったら自慢になるじゃないですか。 俺らはもっともっと大きくなっていくんや。 それが恩返しになる。 その期待に応えていくぞっていうね。 盛り上がるところで、歌詞は日本語にしてわかるようにしようと思いました。 なおかつ、かっこよくないとあかんから全部日本語だとうまくいかないんで、最後だけ。 そこをうまーく考えて"おおきにな"って。 ありがとうだとダサいんで。 あれ普通に聴いたらわからないんですよ。 オーキニーナーって何のことやろなってなるんですけど、歌詞カードを開くことで"おおきにな"って言ってるやんって。 Chii:そうそう。 それが1番好きで、おおきになってハヤらせたい(笑)。 N'Taichi:あっこがないとな。 Chii:あそこ来ていっつも鳥肌が立つ(笑)。 それを本格的にエディットして完全な自分色で昇華できるバンドはラウド・シーンでいうところ俺らしかおらんでしょう。 エレクトロ・ダンス・ミュージックって謳ってるうえに激しさもあるバンドがJAMIROQUAIどうカヴァーするの?ってところでリスナーの期待や興味を掻き立てられるところもあると思うし。 N'Eita:それがっかっこいいものになれば、なんでやるんやろなって問いに対する答えにもなりますよね。 FABLED NUMBERやっぱすげえってなるし、JAMIROQUAIを知らない人は普通にいい曲だなってなるし。 -作品の中で全然浮いてないですよね? N'Taichi:そうですね。 それはやっぱりさっき言った「Push me」があるからだと思います。 N'Eita:他にもいろいろ候補曲はあったんですけど、僕らよりちょっと年齢が上の人は絶対、JAMIROQUAIを知ってるけど、僕らの年代の人は案外知らないかもしれない。 それをやるんだって年齢上の人や玄人っぽい人にもアピールしたかった。 それは少しやらしいですけどね。 でも、そのやらしさは、この業界では超大事です(笑)。 -最後にリリース後の活動について教えてください。 N'Eita:動員も含め、バンドとして力をつけていく活動ももちろんしていきますけど、実は僕らもう制作に入ってるんです。 FABLED NUMBER来るに違いないと思ってる人たちに、やっぱ来た!と思ってもらえるようなね、それが出てしまったことでシーンを一気に変えるような作品を作るぞ!見とれよ!ぐらいの気持ちで制作に取り組んでます。 今回のミニ・アルバムはそれを匂わせる作品であって、これでメジャー移籍決めたいんすヨってそんなんじゃないんです。 "こいつら100%来そうな匂いがぷんぷんしてんなこの5曲"と思ってもらいながら、僕らのことをより一層知ってもらえたらいいですね。 いよいよ本気で牙を剥いてきた、ということだろう。 バンドとしての次なるフェーズへ向かうことを目的にして、新たにSxunを交えて制作に入ったというこのミニ・アルバムで、FABLED NUMBERはその潜在能力にさらなる攻撃力をプラスして、よりコアな方向へと振り切ってみせている。 リード・チューンの「Symphonies Of The Dawn」の中に漲る、超アッパーなバイヴレーションは鮮やかで痛快なことしきり。 B」ではヘヴィでラウドな圧が渦巻く一方、センスフルなエレクトロ要素がフュージョンしていく様には醍醐味が満載だ。 無難に万人受けをするよりも、純粋にFABLED NUMBERらしくありたいといい意味で開き直った結果は見事に吉と出たようだ。 杉江 由紀.

次の