12 人 の 死に体 子供 達 キャスト。 『十二人の死にたい子どもたち』13人目の男の子0番は誰?真相と結末についてまとめてみた

『十二人の死にたい子どもたち』13人目の死体役にとまん 「生実演」企画も

12 人 の 死に体 子供 達 キャスト

堤幸彦監督が手がける、安楽死志願の未成年12人による密室サスペンスで、マスクとニット帽で素顔が隠されていた4番を演じるキャストが、橋本環奈であることが発表された。 11月にキャスト陣が明らかになると、同タイミングでワーナーブラザースジャパン公式Twitterに投稿された特報映像の再生数は瞬く間に増え、24時間600万回を突破、『銀魂』や『ファンタビ』を超え、2018年ワーナー作品におけるNo. 1の再生数を記録(ワーナー調べ)。 また、公式Youtubeにアップされた新たな予告編は24時間で100万再生を超える大反響に。 その波は日本国内に留まらず、中国まで伝染。 未成年12人を演じるのは、 杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜ら日本映画界を席巻した若手スター俳優5人と、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「SPEC」シリーズで数々の若手俳優を発掘してきた堤幸彦監督にオーディションから選ばれた 吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗という新進俳優6人。 劇中では自らを「作られた人間よ! 大勢の大人が時間とお金をかけて作った商品よ!」と言い放つ衝撃的な台詞も…。 今回は弾けるような笑顔を封印しており、本作でのシリアスかつ鬼気迫る迫真の演技、新たな一面に期待が高まる。 橋本さんは発表までをふり返り、「緊張しました。 逆にここで私だって発表されてがっかりされたら辛いし…」とコメント。 「こういう出し方をしたことによって、『4番誰??』っていうことで、SNSでも盛り上がっていただいたみたいで、それがすごくうれしくて」と話す。 今回のシリアスな役柄を演じるにあたり、「素を出さないことですかね(笑)っていうのも違うんですけど」と言いながら、「ここに集まってる人たちは、子どもたちはみんな、死が終わりじゃないって思っていると思うんですね。 そういった題材のシリアスなものだったので、私自身も死について考えるというよりは、人生について考えるきっかけになった作品だなと思います」と真摯に語った。 しかも、本作では同世代の俳優、女優による、白熱の演技合戦も大きな見どころとなる。 「めちゃめちゃ刺激受けました」と橋本さん。 「ひとりが成長すると、相乗効果がすごくて、それこそ、同世代で集まることによって、そういった化学反応みたいなものが生まれてくるのを、堤さんが予想していたとするならば、怖いです(笑)。 たとえばシンジロウ(新田真剣佑)が泣くシーンで、台本には泣くって書いてないのに、全員が泣いちゃったりとか、感情も感染していきました」と、壮絶な撮影現場の様子を明かしている。 『十二人の死にたい子どもたち』は2019年1月25日(金)より全国にて公開。 《text:cinemacafe. net》.

次の

十二人の死にたい子どもたち : 作品情報

12 人 の 死に体 子供 達 キャスト

もくじ• 映画「12人のしにたい子どもたち」は子供が見ても大丈夫か? 今から12人の死にたい子供たちを見てくる — ぺっちゃん peuxan 親としては、子供が「12人の死にたい子どもたち」を見に行くって言ったら、動揺するタイトルですよね! 怖いのか?残酷な映像とか、死にたくなってしまうような内容なのか?心配になります。 結論から言うと、怖そうな雰囲気を出していますが、怖くはありません。 驚かす場面もないし、殺し合いとか残虐ではないし、タイトルのように死にたくはならないと思います。 ただ、12人のそれぞれの喋りで状況を理解していく内容なので、小学生でも高学年じゃないとわかりにくいかもしれません。 詳しいあらすじとネタバレはの記事に書きましたので、内容を確認してみてくださいね。 スポンサーリンク 映画の感想は、12人全員がスゴイ! 「十二人の死にたい子どもたち」 本日公開です。 皆さんぜひ劇場でご覧下さい。 よろしくお願いします。 しかも出演するのは、ほとんど13人だけ! 0番は、よく顔も見えないし、セリフもない! 橋本環奈ちゃんが見たい!まっけんがみたい! 出演している俳優のファンだから観に行くという方も多いと思います。 カッコいい!可愛い!というノリで観に行くと違和感があるかもしれません。 全員が心に闇を持った暗い役で、帽子にめがね、地味な服・・・。 まっけんは、キラキラオーラが全く消されていて、帽子にメガネで顔がよくわからない! 橋本環奈の可愛さは、際立っていました! ただ、全員の演技がすごい!大勢参加するオーディションで選ばれた12人なだけあります。 ひとりひとりの個性や雰囲気が完成されていて、入り込んで見られました。 特に原作の小説を読んでから、映画を観に行ったので、ドラマ「花のち晴れ」のような杉咲花の可愛い声でアンリどうなるの?ということが気になっていました。 ところが、杉咲花のスゴさに驚きました!低い声で、威圧感抜群、アンリのイメージそのものでした。 どうして「集い」に参加したのか、他の参加者に話してみると、自分にとっては深刻な悩みだけど、他の人には「そんなことで?」という悩みだったり、「それ違うんじゃない?」ということで反応も面白い。 誰かに共感できるかもしれないし、悩みが軽くなるかもしれません。 ひとりで考え込むよりも、人の考え方を聞くことで何かが見つけられるかもしれません。 大人になってから観ているから、そう思えるのかもしれません。 でも、家庭と学校の狭い世界の悩みで悩んでいる10代の学生に観てほしい、おすすめしたいと思います。 解決方法は見つからないかもしれないけど、何かを感じるはずです。 の記事に書きましたが、それぞれの悩み・心の闇に何かを感じられると思います。

次の

映画『十二人の死にたい子どもたち』キャストとあらすじ。4番と13人目詳細も

12 人 の 死に体 子供 達 キャスト

映画『12人の死にたい子供たち』の犯人やトリック、結末のネタバレを、原作小説から可能な限り簡単にまとめてみました。 映画『12人の死にたい子供たち』の原作は冲方丁氏著の同名小説です。 『死にたい』という共通の望みを持って、集団自殺をするために廃病院に集まった12人の未成年たちですが、そこにはすでに息を引き取った13人目の遺体がありました。 13人目の人物は誰なのか?そして彼を殺害した犯人は誰なのか?『死にたい』ものの『殺されたくない』12人の子供たちが極限状態の中、真相に迫っていきます。 以下、404ページにわたって綴られる原作ミステリー小説から、 犯人やトリック、結末のみにスポットを当て、可能な限りわかりやすくネタバレ解説でまとめています。 映画『12人の死にたい子供たち』の犯人と結末のネタバレにつながりますので、ご注意ください。 映画『12人の死にたい子供たち』のあらすじ その日、12人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。 『みんなで死ねば、怖くないから』ところが、彼らはそこで13人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。 突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。 あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる奇妙な出来事。 彼らだけしか知らない計画のはず。 まさかこの12人の中に殺人鬼が・・・? 死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられていく。 全員、ヤバい。 気が抜けない。 いつ誰が殺人鬼に変身するのか!?パニックは最高潮に。 引用元:映画『12人の死にたい子供たち』公式HP 集いの概要 映画『12人の死にたい子供たち』の登場人物は『死にたい』という共通の望みを持った未成年たち12人です。 集団で安楽死をする『集い』の主催者であるサトシ (高杉真宙)により、サイトを通じて廃病院に集められた11人の未成年は、サトシによって決められた集合時間に合わせてそれぞれバラバラに、病院の地下にある多目的ホールに集合しました。 この多目的ホールが集団自殺を決行する場所なのです。 なお、廃病院の入り口からそれぞれ別々に入った未成年たちは、集合場所である多目的ホールに至る以前に、それぞれ2番〜12番まで(1番は主催者のサトシが所持)の番号札を取っていて、それぞれが1番〜12番までの番号札を持った状態になっています。 集いのルール 主催者・サトシが決めた、この集いのルールは以下の4つ。 スポンサーリンク 想定外の事態、それは、集団自殺の会場となる多目的ホールに、12人の未成年たちが集合した時点で、 すでに亡くなっている13人目の誰かがいたことでした。 13人目の誰かが横たわっている側には空の薬の包みとペットボトルの水があり、この人物は皆が到着する直前に自ら命を絶ったようです。 『どうせこれから自分たちも後を追うのだから、1人くらい先に自殺した人間がいても問題はない』と考える未成年がいる一方、『これは自殺ではなく、他殺かもしれない。 もし他殺で、12人の中に殺人犯がいた場合、今自殺することはできない』と考える未成年もいました。 こうして、12人の子供たちは『死ぬ』ために、13人目の死の真相を犯人、そして13人目が誰なのか?という謎を解き明かすことになっていくのでした。 スポンサーリンク ここでは、映画『12人の死にたい子供たち』に登場する12人の未成年たちとそれぞれの死にたい理由について、ネタバレでご紹介していきます。 なお、物語の鍵となるため、途中までは伏せられている死にたい理由についてもネタバレしますので、ご注意ください。 番号札 死にたい理由 1 サトシ(高杉真宙) 集団自殺の会場となる廃病院は、サトシの父が経営していた病院。 父は自殺、医大に落ちた兄を母が刺すという家庭環境で育ったことから、死に魅了されている。 2 ケンイチ(渕野右登) 学校でいじめを受けているから。 3 ミツエ(古川琴音) 熱狂的なファンだったバンドのメンバーが死んだため。 4 リョウコ(橋本環奈) 人気アイドル。 偽りの自分を続けて行くことに疲弊して。 5 シンジロウ(新田真剣祐) 難病に侵され、余命わずかなため。 6 メイコ(黒島結菜) 父を一生縛るため。 父への異常な執着心から、自らの保険金を父に受け取らせることで、父を縛ろうとしている。 7 アンリ(杉崎花) 自分のように生まれてこなければよかった子供を失くすため。 不妊手術の制度化を世へ訴えるため。 8 タカヒロ(萩原利久) 安眠するため。 母親から睡眠薬を過剰摂取させられ、安眠できない毎日から解放されるため。 9 ノブオ(北村匠海) 自分をいじめていた相手を、階段から突き落とし殺してしまった罪滅ぼしのため。 10 セイゴ(坂東龍汰) 母とその恋人からかけられた保険を無効にするため(契約から1年以内に自殺すれば保険金は支払われない)。 11 マイ(吉川愛) 援助交際でヘルペスにかかってしまったため。 12 ユキ(竹内愛紗) 交通事故に遭い、片腕に力が入らないという後遺症が残ったため。 画像出典元:映画『12人の死にたい子供たち』公式HP 死にたい理由に大小はありませんが、実に様々な理由で、12人の未成年たちが『死にたい』と考えています。 それでは、早速13人目の人物を殺した犯人と結末について、ネタバレしていきます。 スポンサーリンク しかし、兄・ユウキを多目的ホールのベッドへ寝かし、服毒自殺をしたかのような偽装を施したのはユキではありませんでした。 ユキは兄・ユウキを車椅子に乗せ、廃病院へやってきたものの、車椅子ごと院内へ入ることができなかったため、兄のそばを離れ、自動ドアのスイッチを探しに行ったのです。 その隙をつき、新たな犯人が現れ、ユウキを連れ去り、多目的ホールへ寝かせたのでした。 つまり、『12人の死にたい子供たち』内に、ユウキを殺した犯人はいなかったが、 ユウキを連れ去り、自殺を装わせた犯人はいるということになります。 13人目の自殺を偽装した犯人とその理由をネタバレ 13人目のユウキを連れ去ったのは、アンリ (杉崎花) とノブオ (北村匠海)でした。 この2人は、集合時間に合わせて、続々と到着する残り10人の死にたい子供たちの目を避け、ユウキを多目的ホールへさも自殺したかのように見せかけて、寝かせたのです。 なぜ犯人は自殺を偽装したのか? 他の10人の死にたい子供たち全員が、13人目が死んでいると勘違いしたように、 アンリとノブオもまた、13人目が死んでいると勘違いした2人でした。 屋上から見ていた2人は、誰か(ユキ)がユウキを連れてきたのは知っていましたが、その場からユキが離れていたため、誰かが殺人を犯し、遺体を車椅子に乗せ、廃病院へ連れてきたのだと思い込みました。 2人は、この想定外の遺体が見つかることで、集いが中止になり、安楽死したいという自分たちの目的を遂げることができなくなるのではないか?と考えました。 12人の中でも、特別『死にたい』という思いが強かったアンリとノブオは、そうなることだけは避けたかったのです。 2人は考えた結果、この車椅子の遺体を一足先に目的を達成した人物、つまり自殺したと偽装すれば、集いは予定通り進行するだろうという結論に至ります。 とはいえ、廃病院へは集合時間に合わせて、次から次に参加者がやってきます。 アンリが屋上から参加者を監視し、ノブオが身を隠しながらユウキを運び、多目的ホールに運び込み、服毒したと見せかけるための偽装を施したのでした。 スポンサーリンク そして迎えた結末、結局12人の死にたい子供たちは 誰1人として死ぬことはありませんでした。 『死にたい』という望みを抱いて集まった12人は、謎を追求する過程において、『今死ななくてもいいのではないか?』という思いを抱くに至っていたのです。 その大きなきっかけとなったのは、アンリの死にたい理由である不妊制度でした。 自分なんか生まれてこなければよかったと考えるアンリは、そういう子供を失くすために、世に不妊制度の導入を訴える遺書をすでに書いていました。 アンリの死にたい理由が明らかになった時、他の参加者たちは『死にたいけど、生まれてこなければよかったとは考えていない』と反論したのです。 事実、12人のうちの死にたい子供たちの数人は、自分が自ら死を選ぶことによって、第3者に訴えたいという思いから死を望んでいますし、『死にたい』という思いを抱いていることがイコールで『生まれてこなければよかった』という存在否定にはなりません。 また、アンリが生まれてきたこと自体を否定する内容の遺書を遺していることが明らかになった以上、アンリと一緒に死ぬことで一緒にされたくない、つまり今この場では死にたくないという流れが生まれます。 自分の思いを訴えるために必要なことは自ら命を絶つことではなく、生きて世に訴えかけることではないのか?と諭され、アンリ自身も今回死ぬことは諦めたようです。 投票を行った結果、満場一致で『今回の集団自殺はなし』という結果になり、解散することに。 笑顔を見せる参加者もいる中、『死にたかった』子供たちは帰って行ったのでした。 明かされた主催者・サトシの目的と次回の集い 皆が出て行った後、2人きりになった集いの主催者・サトシとアンリ。 サトシは集いが結局死者0名で終わったのが、今回が3回目であることを明かしました。 死にたい理由が『死に魅了されているから』という理由であるサトシは、死と隣り合わせになった状態の参加者が死について語り合う時間を目の当たりにすることで、『死』そのものを堪能していたのです。 『死にたい』について徹底議論した結果、参加者が『死なない』という選択をして出て行くこともまた、とても気分が良く、『どうせいつかは死ぬのだからそれまで生きるのもアリかな?』という思いに至るのだと、サトシはアンリに語るのでした。 次回、また集いが開催されることを知ったアンリは、参加を約束し、サトシと別れたのでした。 スポンサーリンク 以上、映画『12人の死にたい子供たち』の犯人やトリック、結末のネタバレあらすじでした。 犯人探しで盛り上がっていくストーリーの中、実は13人目は生きていて、犯人はいなかったという結末に驚かされました。 そして、死ぬために集まった12人の子供たちが、結果的に『死なない』という選択肢を選び、また日常に戻っていくラストも印象深かったです。 今生きているからこそ、死ぬことができ、『生』と『死』はひとつといっても過言ではないと思います。 『死』を徹底的に突き詰めることは、それは同時に『生』に向かっていることにもなり、参加者たちの心の変化にも繋がっているのでしょう。 結末の参加者たちの心境の変化があっけないようにも思えましたが、サトシのセリフにもあるように、『死にたい』という気持ちは小さなきっかけで変わることも多々あるようです。 『死にたい』は決して『生きていたことをなかったことにしたい』とイコールではない、つまりは『生きていた自分を認めて欲しい』に繋がってくると思われることから、そういう部分が『自分は生きててもいいんだ』という思いに繋がってくるのだろうと思いました。 最初はもっと血なまぐさい物語なのかと思っていましたが、予想外に前向きな結末となり、清々しい気持ちになれる物語でした。 キャストが将来有望な演技派揃いということで、映画の仕上がりも期待できそうですね。

次の