インスタ 拒否。 インスタで知らない人からのタグ付けを削除・通報・拒否する方法。スパム行為とはサヨナラ!

【インスタ】ダイレクトメッセージは既読がつく!削除や拒否方法、ストーリーも解説

インスタ 拒否

kiwamiです。 今回は 「Instagramのダイレクトメッセージを拒否する方法」についてご紹介します。 Instagramではダイレクトメッセージと言う機能を使ってユーザー間で、他のユーザーには見えない様にプライベートのやり取りをする事が可能です。 便利な機能なのですが、この機能と困ったところは「自分をフォローしている人なら誰でも送信出来る」というところです。 相互にフォローしている必要はなく、片方からの一方的なフォローでOKなのです。 これではフォロワーの多い芸能人はどうするのだろう?と考えてしまうのですが、今のところそうなっています。 望まない相手からダイレクトメッセージが送信された場合、どの様に対処すれば良いのでしょうか?以下で説明します。 Instagramのダイレクトメッセージを拒否する方法 Instagramでダイレクトメッセージを拒否するには相手をブロックするしかありません。 【関連】 ブロックをすると、相手からすると「ダイレクトメールを送れている」様に見えるのですが、こちらにはそれが表示されません。 厳密に言うとサーバーにはダイレクトメールが溜まっているのですが、それをブロックにより非表示に出来る、という事になります。 ちなみに、相手へのブロックを解除すると、ブロック中のダイレクトメールが全てこちらの手元に届きます。 さらに相手にはその瞬間に「既読」の表示がされるので注意が必要です。 【関連】 ブロックをすると、その相手とのダイレクトメールの今でのやりとりも全て非表示となります。 この方法では「送ってくる度に対応する」という事になってしまうのですが、今のところこの方法しかない様です。 「相互フォローをしている場合のみ」などの設定が出来れば良いのですが、ちょっと残念ですね。 もちろんのですが、有名人などは非公開アカウントにしては意味がないでしょうし、難しいところです。

次の

【インスタ】ダイレクトメッセージは既読がつく!削除や拒否方法、ストーリーも解説

インスタ 拒否

インスタでDM(メッセージ)を拒否する方法 DMを拒否できるのはメッセージリクエストに保留されている相手に限ります。 こちらがフォローしておらず、過去にDMのやり取りを行ったことがない相手からのメッセージがメッセージリクエストに保留される仕組みになっています。 相互フォローや以前にDMした人からのメッセージをブロックせずに拒否したい場合は、先に相手のアカウントをして、次にメッセージリクエストにDMが届いた時に拒否するようにしてください。 それではDMを拒否する手順を具体的に解説していきます。 上記の手順であればDMを拒否したことが相手にバレる心配はないのですが、「アカウントをブロック」もしくは「報告する」を選択してしまうと、 相手にブロックしたこととDMを拒否したことが伝わってしまうので注意が必要です。 メッセージの内容が悪質であったり、こちらが返信していないにも関わらず、繰り返しメッセージが送られてくるような場合以外は「無視する」で拒否するのが無難です。 Androidから行う場合 まずはDMマークをタップしメッセージリクエストへと進みます。 DMの拒否設定を解除する方法 特定のユーザーからのDMを受け取り拒否したものの、やはり解除したい場合は、そのユーザーのプロフィールページを開いてメッセージを送信すると解除することができ、拒否する前のメッセージも見れるようになります。 ブロックリストやミュートリストのようにDMを拒否したリストは存在しないので、DM内の検索から相手の名前やユーザーネームを入力して探すようにしましょう。 ユーザーネームの一部を入力しただけでも候補として表示されます。 知らない人がDMを送れないようにする設定 その都度、DMを拒否するのではなく見知らぬユーザーからDMが届かないようにしたい場合は、DMを閉鎖してしまいましょう。 そして、新しいメッセージリクエストを許可する対象ユーザーを「フォロー中の人のみ」に変更してください。 これでフォロー外のユーザーからのDMは、メッセージリクエストにも届かなくなります。 まとめ インスタでDMを拒否する方法やDMを解放しない設定は以上です。 ごくたまにしか迷惑なDMが届かない場合は拒否を、フォロワー数が多い方やスパムDMが蔓延しているような時期は解放しない設定がおすすめです。

次の

インスタグラムのタグ付けを、拒否したい…迷惑…|スッキリ削除を

インスタ 拒否

スポンサードサーチ フォローリクエストの許可方法、拒否方法 実際にフォローリクエストがきた時に、許可する方法。 拒否する方法です。 リクエストを許可する方法 インスタグラムの下部にある、ハートマークのアイコンをタップし、「アクテビティ」画面を表示します。 新しく、フォローリクエストがある場合には一覧で表示されています。 フォローを許可したいユーザー名に表示されている、チェックマークをタップすれば許可は完了です。 リクエストを拒否する方法 許可する時と同様の方法でアクテビティ画面を表示。 リクエストを拒否したいユーザー名のバツマークをタップすれば拒否する事ができます。 ちなみに、拒否したからと言ってフォローしてきたユーザーに「拒否されました」のような通知がいく事はありません。 ただし、相手側から見てみると、リクエスト申請を行った相手のプロフィール画面上で、「リクエスト済み」となっていた項目が、「フォローする」とリクエスト前の状態に戻る事になります。 ですので、 直接的に「拒否した」という事はなくても、リクエスト前の表示に戻る事で「フォローを拒否されたんだ…」とバレる事になります。 インスタグラムの仕様上、拒否された後でも、何度でもリクエストは送る事ができてしまうので、どうしても断りたい場合にはアカウントをブロックする他ありません。 もし間違って、フォローリクエストを送ってしまった場合。 送った相手のプロフィール画面で「リクエスト済み」で表示されているところをタップすると、リクエストを取り下げる事が可能です。 相手が既に許可した後でも、「フォロー中」の表示をタップすれば、フォローをやめれます。

次の