ヴィッパーな俺。 VIPPERな俺とは (ヴィッパーナオレとは) [単語記事]

まとめて読む

ヴィッパーな俺

身体意識、って奴があります。 そちらに意識を向ける。 武術なんかやっている人だと、正中線とか、そういう風に言います。 スポーツなんかやっている人なら、軸とかいう人もいます。 他にも、臍下丹田とか、人間の体には、いくつか動くときに、重要な体系として機能する動作群があります。 ヨガなんかでいうチャクラ、気功なんか言う経絡・経穴、別に解剖学でどうこうというのは無いんですが、そういう風に意識できるポイントがあるんです。 それらがいい状態を保っているのか?いい状態を保つようにフィードバック制御をします。 そのために、ヴィバッサナーって感じで、当然として観察というかセンサーを働かしている必要があります。 例えば、スマホをいじりながら歩いているアホ。 ゾンビみたいですが、彼らの意識は体にありますか?ないですよねぇ。 だから、間抜けな体の使い方をしています。 センサーを意識していない。 ああいうことを続けていれば、当然、使わない機能は衰えるわけで、どんどんマヌケな存在になっていくでしょう。 これはダメでしょ? で、生活の一部だけ、訓練に充てて、あとが出鱈目な人もいますが、それもアウトですわ、俺に言わせればね。 例えば、座禅なんかするとしましょう。 センター、正中線というようなものがキチンと意識出来る場合。 意識が澄み渡った感じになります。 実際、仏像なんかでもそういう風な姿勢で座禅している奴も多いです。 歩いている時、脚の軸は、脛骨にあります。 外側の腓骨に置いている人も街中では見受けられますが、ああいう人の精神状態は良くないでしょうね。 こういう時のヴィバッサナーは重心に置きます。 臍下丹田に重心があり体重は足の中心にキチンと落ちていくように歩く。 こういう風に、自らの感覚を観察しながらフィードバックして行動する。 歩行禅、って奴があります。 歩く足に合わせて、右・左、ってラベリングしていくんですが、軸がキチンと出来ていると、これは、ヤバいぐらい意識が澄み渡りますよ。 数年前、これをやり始めたころ、今まで自分がどれほど、自らの体の声に無頓着であったかと気づかされましたわ。 まぁ、まとまりなく回答すればこんなもんです。

次の

造り手紹介 Vodopivec / ヴォドピーヴェッツ

ヴィッパーな俺

修行が始まる前、そして始まってからもずっとあることが気になっていた。 ヴィパッサナーに行く前日に例の親友に電話すると、 「先入観を与えたくないから何も言わない。 ただし、1つだけ言っておく。 あ、あと耳栓はマスト。 どういう意味か聞いても、「修行が始まったらすぐにわかる」の一点張りで教えてくれなかった。 沈黙が破られたのはDAY4のことだった。 修行中に突如として特別イベントが発生することがあるのだが、俺たち修行者は江戸時代の高札よろしく、玄関前に張り出されたたった一枚の紙きれで知らされる。 会話も視線をあわせることも禁止されているため、その情報の真意を探ることすらできない。 疑心暗鬼のまま満身創痍の体にむち打って、とにかく高札の指示どおり道場に集合すると、日本代表監督の解任会見さながらの緊迫感に包まれていた。 いよいよここからがヴィパッサナーの幕開けである。 それは、いつもはくだらない与太話を垂れ流すゴエンカ師が、瞑想法について語り出すところから始まる。 ところが、次の瞬間耳を疑うような通告を突きつけられる。 「背筋を伸ばし足や手を開いてはいけません。 そして瞑想を一度開始したらピクリとも動いてはいけません」 「痛くても、痒くても、くすぐったくても、痺れを感じてもいかなる場合でも身体を動かしてはなりません」 まさに、死刑宣告である。 というものも、この時背中の痛みはピークを迎え、修行どころの騒ぎではなかった。 もうどんなにしんどくても体勢を変えたり、足をくみかえたり、体育座りで回復をはかったり、できないのだ。 俺は一人、天を仰いだ。 無情にも、そんな俺を無視して、指導は次のように続く。 「鼻の下にある意識を頭のてっぺん2cm四方以内に移動させなさい。 厳密に言うとこの時間までやっていたのは「アーナーパーナ」という呼吸法を主とした瞑想で、これから始まるのが「ヴィパッサナー」らしい。 いつまでも絶望していてもしかたないので、とりあえずものはためしに観察をはじめる。 でも、あまりの恐ろしさから、姑息な手段に手を染めてしまった。 最後列の恩恵をフルに活用して、背中と壁の間にクッションを挟みこみ、背中の痛みを少しでも軽減させるという、せめてもの抵抗だったが、おかげで心持ち修行に集中できるようになった。 はじめのうちは極めてゆっくり、ゆっくりと意識を頭からつま先まで移動させていった。 それぞれの部位で生じる感覚を感じたら、次の部位へと移動させていくことを4、5回繰り返すと、1時間が終わる。 集中しているときには1周30分ほどかかることもあった。 この時にイメージしたのは、でからだ測定されるときに表れる画像(下の画像)で、全身を順番に輪切りにスキャニングしていった。 すると次へ次へと、意識を集中させた部位のみに様々な感覚が起こる。 いや本当は順番が逆だ。 何も知覚できないと次の部位に移動できないから、何とかして見つけようとする。 ともかく、ふだんならば感じないようなささいな身体の変化、いや変化と呼べるようなものではない、揺らぎと表現した方が近いかもしれないものが知覚できるようになり、どんな微細な感覚も逃さなくなっていった。 だから、大きな声では言えないが、デリケートな部分をスキャニングするときは自分磨きに近いものがあり、苦しい修行のささやかな楽しみだった。 ヴィパッサナーを手解きされたその日の夜のグループ瞑想で、異変が起きた。 瞑想をはじめて30分ほど過ぎた頃だっただろうか、突然全身から白い光があふれだし、身体と外界を分ける境界線が消えた。 あまりの快感に何が起きているのか混乱した。 初めての精通に匹敵するといっても大げさではない。 それまで悩まされてきた体の痛みも感じない。 たとえどれだけ言葉を尽くしたとしても、この時の衝撃を表現するのは難しい。 かといって精通だけで説明を終えるのも情けない話だが、スピリチュアルな話をしたところで体験していない人間にとって、語られれば語られるほどヤバイ奴になるのだから仕方ない。 この興奮を誰かに伝えたいが、聖なる沈黙という制約のため、誰にも伝えられない。 加えて覚醒してしまったため、なかなか寝付けない。 身もだえして寝れない夜を明かした。 ところが、翌日DAY5にチャンスが到来した。 瞑想中に先生が4名ずつ呼びだし、質問をする機会が定期的にあったのだが、ちょうどこの日が我々新しい生徒のカテゴリーだった。 先生は日本語が話せないので、ボランティアリーダーの方が通訳してくれるのだが、そこで現状を報告し、アドを求めることができる。 つまり、修行中で唯一喋ることができる時間なのだ。 そこで、私はありのままに自分の身体に起きたことを話した。 「身体から光があふれ、真っ白になりました。 」 しかし、先生は「ソウデスカ」とそっけない返事。 心の中で、「えー、違うの?間違っているの、俺?」と自問自答し、気のせいか通訳のボランティアリーダーも怪訝な顔で俺を見ている。 「なら、他の奴に聞いてみればいい。 同じことを体験しているはずだ。 」 とばかり、次の人にターンを譲ったが、他の3人ともそんな不思議体験をしていなかった。 「うそーーん。 俺だけ?」 穴があったら入りたい。 ただただ辱めを受けた。 「あの感覚はなんだったのか、あれはだったのか。 修行のせいで頭がおかしくなってしまったのか」 やり場のない気持ちを抱えたまま、弱者の部屋に戻った。 ところが、その日の夜の瞑想でまた覚醒した。 やはり、ではなかった。 これだ、間違いない。 友人から聞いた話だと、麻薬そっくりの高揚感を得ることができるからヴィパッサナーの修行にはジャンキーも集まってくるらしい。 たぶん、これこそがジャンキーの求める脳内麻薬だ。 修行中に、ゲップしまくる奴がいて本気で殺意を覚えたことがあったが、一度目を開けじっくり観察してみると、ゲップを通り越してまるで痙攣をおこしている。 尋常じゃない様相だった。 そう、麻薬と違って、覚醒のスイッチは自分で入れることはできない。 何度も何度もスキャニングする過程で、突然覚醒する。 覚醒しても、その状態を維持することも難しい。 まるでになりたての頃のだった。 俺自身が俺自身をコンできない。 しかし、それでいいのだ。 コンしようとしてはいけない。 ヴィパッサナーとは心を平静にただありのままに観察することなのだから。 痒み、痺れ、痛みといった身体に起こる様々な現象、それらは放っておけば消える、無常の現象。 それと同じように自分の潜在意識、心の深い部分に溜まっている怒り、妬み、憎しみなどの嫌悪な感情もやがては消える無常の現象。 どちらも自分の身体の内部に起こる無常の現象であり、これらにその都度、反応すること無く客観的に観察して常に自分の心を平静に保ち続ける。 感情も含めて自分の目にするすべての現実は、自分自身で作り出したものなのだ。 これまでは、そうしたものを理性でコンしようとしてきた。 なぜなら、感情を理性でコンすることが世の中では正しいとされているからだ。 そして、それ以外の方法を俺は知らなかったから、そう訓練してきた。 しかし、どれだけ訓練しても感情の嵐の中では理性の出る幕などない。 弱い人間だからと一蹴してしてしまえばそれまでだが、だって人間だもの。 感情に振り回されないためには、理性を磨くだけでなく、感覚によって嫌悪・渇望・無知といった感情を受け流せばいいのである。 、常なるものはない。 とどまってはいけない。 親友のメッセージの意味がやっとわかった。 この境地に達した時、やっとこの苦行のなかに平静さを取り戻すことができるようになった。 もし、修行に行かれる場合はマストアイテムです。 弱者の部屋のメンバーは俺のことを教徒だと思っていたに違いない。 tokyonobushi.

次の

ラッパーとヴィっパーのちがいってなに?・・・

ヴィッパーな俺

(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。 手札からレベル3以上の「Kozmo」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 (2):1ターンに1度、500LPを払い、除外されている自分の「Kozmo」モンスター3体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地に戻り、相手に500ダメージを与える。 【ID:86013171】 カテゴリーから探す• 返品について 原則、お客さま都合による返品・交換はお断りさせていただいております。 シングルカードの状態に関しては、傷の状態を確認した上で当店基準の美品として発送いたしております。 その為、傷の状態による返品・交換には対応致しておりません。 完全美品をお求めのお客様はご理解の上ご利用ください。 返送に関して ご注文情報の不足、もしくは長期不在により返送がされた場合、再配送代が発生いたします。 再配送代に関しては、ご注文時の送料を追加で請求させていただきます。 送料無料までご購入された場合でも、再配送の場合発生いたしますので、ご了承くださいませ。 返品に関して ご注文内容と異なる商品が届いた場合、もしくは商品の状態に不備がある場合、ご連絡をお願いいたします。 状況を確認させていただき、代替品の再発送、返送のご依頼をさせていただきます。 商品ご到着より3日以内にご連絡をお願いいたします。 Amazonログイン&ペイメント Amazonに登録済みの決済情報・配送情報を利用するため、入力を省略できスムーズに購入できます。 PayPal PaypalのIDとアカウントが必要となります。 事前にご準備ください。 楽天銀行振込 前払い 振込手数料はお客様でご負担ください。 ご入金確認後の発送となります。 銀行振込(ジャパンネット銀行) 振込手数料はお客様でご負担ください。 ご入金確認後の発送となります。 郵便振替 振込手数料はお客様でご負担ください。 ご入金確認後の発送となります。

次の