アントニン レーモンド。 旧井上房一郎邸

レーモンドと白石建設

アントニン レーモンド

本記事では、建築家アントニン レーモンドの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。 アントニン レーモンドは、建築だけでなく、家具や、なんとピアノまでデザインしています。 現在もアントニン レーモンドの思想は、レーモンド事務所に受け継がれています。 移築されたアントニン・レーモンド自邸リビングルーム• 旧井上房一郎自邸• 夏の家 軽井沢• イタリア大使館中善寺保養所 軽井沢• 1. アントニン レーモンドの略歴 アントニン レーモンドはチェコのクラドノ生まれです。 プラハ工科大学出身。 1910年にアメリカへ移住して、姓をレーモンド Raymond に改姓しています。 フランク・ロイド・ライトの事務所に入所して、1919年、帝国ホテル設計としてライトの助手として来日したのが日本とのつながりの最初です。 1922年にフランクロイドライトから独立して、レーモンド事務所を開設します。 またオーギュスト・ペレ設計のル・ランシーの教会堂を参考にしたと言われる東京女子大学礼拝堂を設計しています。 また、有名なものには軽井沢のイタリア大使館中善寺保養所があります。 これは、一般公開しているので誰でもみられます。 内装はレーモンド夫人の影響が強いと言われる市松調模様があり、平面プランニングも面白いです。 日本家屋の中に欧米生活様式を入れ込んだ独特のディテールはレーモンドスタイルと言われます。 前川國男、吉村順三、ジョージ・ナカシマなどの日本を代表する建築が、レーモンド事務所出身です。 第二次世界大戦後の1947年に再来日します。 パシフィックコンサルタンツを共同設立して、設計事務所を作り、建築学会賞となるリーダーズダイジェスト東京支社の設計をします。 戦後のレーモンド事務所では、増沢洵なども学んでいます。 戦後の日本に近代建築に大きな影響を残した建築家といえるでしょう。 また「」は現在も設計活動を行なっています。 2. アントニン レーモンドの 代表作 紹介 レーモンド自邸 アントニン レーモンドの自邸兼事務所は麻布に1951年に建てられました。 その後、1978年に取り壊されるまでの27年間、麻布の笄町に存在していました。 敷地は約600坪という広大な場所で、現在のレーモンド事務所はその敷地内にあります。 実はこの自邸県事務所の資材は、リーダースダイジェストの施工の際に、施工のための利用した資材を再利用したものです。 今でいうリサイクルですが、この思想と行動がレーモンドの人柄を物語っているように思います。 丸柱を挟んで、登り梁がありますが、これは1本の柱を二つに割ったものです。 丸柱を挟んでボルトで締めています。 また、建具は芯を外す独自のスタイルです。 この形式を「レーモンド・スタイル」と呼びます。 アントニン レーモンド設計の夏の家です(長野県軽井沢町、1933年)。 元々はアントニン レーモンドの夏の事務所としても使われていました。 その後、日本火災海上宿泊施設として使用され、軽井沢タリアセン敷地内に移築されました。 現として一般公開されています。 イタリア大使館中善寺保養所 日光 イタリア大使館保養所は、アントニン レーモンドの設計の傑作の一つです。 イタリア大使とその家族が別邸として使用していました。 1階は、暖炉のある食堂と書斎が中央にある居間を通して繋がるワンルームの仕様となっていて、とても開放的です。 2階は主に寝室です。 杉皮張りで仕上げられた内外装は、レーモンドの夫人の影響が大きいと言われています。 言語: 日本語• ISBN-10: 4306044882• ISBN-13: 978-4306044883• YAMAHA G2Bです。 この機種は、限定で販売されたため、極めて希少なモデルです。 中古市場でも出回っていますが、程度の良いものはなかなか出てきません。 もし、YAMAHA G2Bで良いものが出た場合は、試し弾きをしてから買うようにしましょう。 以下のサイトでも購入できます。 5 5.最後に.

次の

建築家 アントニン レーモンドの戦前・戦中時代の作品

アントニン レーモンド

ごてごてしたもの チェコ出身の建築家アントニン・レーモンドは1919(大正8)年の大晦日,フランク・ロイド・ライトとともに来日した。 ライトの設計事務所スタッフとして,帝国ホテル建設の現場監理を行うためだった。 ライト離日後も日本に残り,日本で自らの事務所を主宰し,戦時中は一時アメリカへ戻るが戦前・戦後を通じて数多くの作品を日本に残した。 日本の伝統的建築から多くを学び,軽井沢の夏の家など丸太を多用した木造建築などでよく知られている。 一方で,レーモンドはコンクリートを用いた設計に戦前の早い時期より取り組み,仕上げを打放しとする実験的な作品にも秀作が多い。 木造建築と打放しコンクリート,まったく異なる材料,そして構法で,それぞれの作品のデザインや規模ももちろん異なり,一見すると互いのなかに共通するものがあるようにもみえない。 ひとりの建築家のなかで,この二つの素材はいったいどのように扱われていたのだろうか。 今回は,レーモンドの作品のなかでも打放しコンクリートの系列を取り上げ,その造形に隠されたこの建築家独自の考えを探っていきたい。 そこにはわれわれも忘れがちな,日本の建築に累々と受け継がれてきた建築の作法のようなものが,レーモンドが外国人であるがゆえに,より一層明確に意識されているように感じられるからだ。 まずは,レーモンドの『自伝』のなかに記されている,次の文章に眼を向けてみたい。 「不幸にもル・コルビュジエの後期の作品,教会(ロンシャン)とか,インドのチャンディガールの作品とか,マルセイユ(ユニテ・ダビタシオン)の仕事でさえ,日本の建築家たちに驚くほどの悪い影響を及ぼした。 …(中略)…日本の建築家はそれにヒントを得て,その方向に表現を誇張した。 私はこの人びとの努力の,ある結果を『ごてごてしたもの』とよぶ。 その超ブルータリズムはアメリカにいくつか例があるとしても,ヨーロッパにはその例をみないものである」 レーモンドはコルビュジエからも多くの影響を受けたが,とくにその後期の作品,荒々しい打放しコンクリートが特徴的なブルータリズム(ブルータル(brutal)=獣のような,野蛮な)と呼ばれるデザインに対しては懐疑的だった。 レーモンドの眼には,この種の造形が「ごてごてしたもの」と映り,この傾向に追随,助長させている日本の建築家たちに警鐘を鳴らしつづけた。 レーモンドはさらに,それが「重厚で,複雑な,冗長なもの」であって,「コルビュジエの記念碑的創造が有害な方向に,若い人たちの作品に影響するのを許してはならない」とも記している。 では,レーモンドが目指した打放しコンクリートのデザイン,この「ごてごてしたもの」の対極にある建築の姿とはいったいどのようなものだったのだろう。 年代を追いながら,レーモンドの代表的作品を見ていくことにしたい。 そのなかでクローデルはまず,祖国の住まいを思い起こし,「巴里におけるわれらの室は,四方を壁にかこまれ,…一種の穴のよう」と言う。 「われらの国の方形な窓」は,あたかも「空気と光を追いのけようとしている」ようだ。 一方,日本の家は,「時,季節,太陽などのもつその日その日の現実性を目的」としてつくられている。 レーモンドの自邸も同様に,「家をして一個の箱たらしめる代りに,これを以て一の衣裳,生きるため,呼吸するための要具」として考えられていて,そこには「外界の生活と家の中なる生活との微妙な交感」が生み出されていると述べる。 また,先述したブルータリズム批判のところでレーモンドは,「初期のコルビュジエの仕事は,ほとんどが鉄筋コンクリートの開発であり,それにつづくものであった。 そして彼は,柱や梁の表現は鉄筋コンクリートに限ると信じていた」とも記している。 コルビュジエはのちに近代建築の5原則を発表し,鉄筋コンクリート造の柱梁架構にもとづく,自由度の高められた平面を高らかに宣言することになる。 レーモンドもまたこの新たな架構技術を果敢に応用することで,クローデルがいみじくも指摘した日本の家の,「呼吸する衣裳」としての建築を実現しようとしたのである。 インドでの実践 このような「呼吸する衣裳」として建築をとらえていく姿勢は,レーモンドの打放しコンクリートを用いた作品に一貫しているように感じられる。 レーモンドは1937(昭和12)年の暮れ,戦時体制を強めつつあった日本を離れ,上海,サイゴン,プノンペン,そしてバンコックなどを経由してインドへ渡った。 インド南東部の仏領ポンディシェリで,ヒンズー教僧院の宿舎を設計するためだった。 高温多湿の風土のなか,機械換気が期待できない状況下において良好な居住環境をいかにしてつくりあげるか。 地下1階地上3階,各階に17室を直線状に配し,全長が200mにもおよぼうとする規模の宿舎を,レーモンドはすべて鉄筋コンクリート造で建設することを決意する。 とくに打放しコンクリートとルーバーの表現については,紐ニューヨーク育ナショナルシティバンク名古屋支店(1952年)や安川モートル新社屋(1954年)などのオフィス建築,また国際基督教大学図書館(1961年)や南山大学各施設(1964年)などの大学関連施設の設計に応用されていくことになる。 この宿舎は,インドの反英独立運動の活動家で,のちに宗教家に転じインド哲学,神秘思想の著作で知られるオーロビンド・ゴーシュが指導する僧院のためのものだった。 この僧院の門人たちの人力で建設され,建設プロセスそのものがオーロビンド・ゴーシュの教えに沿うものだったという。 かれらによる打放しコンクリートの施工は「それまでにできたどの建築にもまさる立派な」仕上がりだったと,レーモンドはのちに振り返って語っている(「私は何故打放しをやるか」『建築文化』第16巻173 号,1961 年3 月)。 建設工費を抑えるために限界まで薄くしたコンクリート断面が,「比類のない優雅さと軽快さ」を生み出したと,かれらの尽力を讃えるのである。 建築学会の機関誌『建築雑誌』1951年11月号が発端だった。 構造家の坪井善勝と竹山謙三郎が,「一本足で立ったバレリーナ」「竹馬にのった少年」(竹山)とたとえた,ヤジロベエのような片持ち梁構造の妥当性に異が唱えられたのである。 また,日本ではそれまで当然のように考えられてきた耐震壁が極端に少なく,固有周期が長くなることから地震が起こった際の揺れの問題なども懸念された。 これに対し,ニューヨークのレーモンド事務所で構造設計を担当したポール・ワイドリンガーは「竹山謙三郎,坪井善勝両氏の論文に答えて」(『建築雑誌』67巻783 号,1952 年2 月)として両氏の批判に反はん駁ばくする。 主柱と一体化され両側に伸びる梁は片持ち梁ではなく,両端の鋼管柱が応力を分担していること。 また,耐震壁の問題にしても,中央コア部の壁面にせん断力に対する強度が十分与えられているとあらためて強調するのである。 これを受けて坪井,竹山は再度文章を起こしているが(同誌67巻786 号,1952年5月),そもそも正確な情報が伝わっていなかったこと,また戦前からの日本の耐震構造理論の保守性などについて,この論争をめぐっては指摘されている。 このような反応を建築界に巻き起こすほどに,この建物の構造は当時の日本にあっては先鋭的で,結果として多くの建築家たちの耳目を集めることになった。 では,レーモンドはなぜ,このような特殊な構造をあえて構想,計画する必要があったのだろうか。 「開放的かつ伸縮性あるフロア・プランを要求された」(「リーダーズ・ダイジェスト支社々屋に就て」『建築雑誌』67巻787号,1952 年6 月)とレーモンドが述べているように,事務諸室を壁で仕切ることなく,さまざまな使用形態に対応できる平面計画への対応が条件としてまず課されていた。 自由度のある,フリープランとしての空間の開放性が求められたのである。 この建物の敷地は,現在はパレスサイドビルディング(毎日新聞東京本社)が建つ竹橋の一角,外濠越しに皇居の平川門や石垣,広大な緑を望める場所にある。 建物の高さは,対面する緑の連なりを分断しないよう2層におさえられ,ファサードを全面ガラスのカーテンウォールにすることで,眼前の石垣や樹木を一望できる開放性が得られる。 そして,梁端の柱を鋼管とすることで,視野がさらに広がった。 また,庭園のデザインが彫刻家イサム・ノグチに依頼されている。 その際にレーモンドが,「建物の美を追求するのに建築士の趣味の記念物としてではなく,『生活芸術』としてこれを追求した」と語っているのが興味深い(「リーダーズ・ダイジェスト支社々屋に就て」)。 ヒューマン・スケールで統一された自由度の高い平面と,外部の自然環境と結びついた空間の開放性。 日本の伝統的建築にみられる空間の特質を「生活芸術」ととらえ,それをオフィスというビルディングタイプへ応用してみせたところに,このリーダーズ・ダイジェスト東京支社の大きな意味合いがあるように感じられる。 また,同じ文章のなかでレーモンドは,「材料をその有する特質に応じそれを愛しつつ取り扱った」とも吐露している。 打放しコンクリート,その肌目へのレーモンドの美意識をこうしたところからも読み取ることができるのである。 45度の角度でジグザグ形に折り込まれた厚さ18cmの壁面に対し,その中央に直線状の壁を挿入することで中空三角形の切断面をもつ柱状部がつくられる。 この三角形断面の中空柱が屋根梁としても用いられ,壁面と屋根を一体化しているのである。 鋼板を型枠に用いた打放しコンクリートの仕上げは滑らかで美しく,ジグザグ形の壁に穿うがたれたスリット窓から陽光が注ぎ込んで,その表面を照らし出す。 堂内の空間を光と闇に分けて,祈りの場にふさわしい荘厳な雰囲気が生み出されている。 折板アーチをたんに構造的要素としてだけ用いるのではなく,音楽ホールあるいは劇場としての空間のありかたが模索されるなかで,その造形的特徴を最大限に活かすすべが同時に検討されていたことがわかる。 建設費も一般の寄付に多くをよっているという厳しい条件下で,コストダウンを図るために使用するコンクリートの量をいかに減らしていくかが大きな課題となっていた。 このようなさまざまな与件を解決すべく,折板アーチのもつ各特長が応用されていったのである。 レーモンド自身,「私は何故打放しをやるか」と題した文章のなかで次のように語っている。 「コンクリート打放し仕上げを採用する理由は,それが実用的であり同時に美しいからである。 …(中略)鉄筋の被覆を極度に薄くすることによって単位コンクリート量当りより軽快な,従ってより経済的な構造が得られる。 より軽量なら地震によるモーメントも小さくなるし,そこでまた基礎も小さくてすむ等々の利益がある」(『建築文化』16 巻3 号,1961年3 月)。 この考えは, 群馬音楽センターにもそのまま当てはめることができるだろう。 素材としての美しさを引き出しつつ,軽快な架構と合わせ経済性をも実現し得る構造として,鉄筋コンクリートとその打放し仕上げの可能性が追求されていったのである。 形のためにできたものではない ところで,群馬音楽センターを正面から脇に回ると折板壁が連続しているさまが眼前に迫り,あたかもトーチカのようにも見える。 音楽ホールにしては,打放しコンクリートの造形性があまりに強く醸しだされ過ぎてはいないか。 当時はこれを,弾薬庫や防空壕のようだと批判する人もいたらしい。 これらはいずれも教会建築だが,その教えに則り,礼拝堂内部を光の空間として形づくるための構造的試みがなされたのである。 レーモンドが「ごてごてしたもの」と呼んだもの,コルビュジエのブルータリズムに範を得た日本の建築家たちの打放しコンクリートの表現と,レーモンドのそれとは,一体どこが違うのだろうか。 レーモンドはそれがコンクリートの可塑性に対する考え方にあると述べている。 「…(コルビュジエは)教会の仕事の頃から…,鉄筋コンクリートを塑性材と考え,彫刻的効果に合わせていった。 これは新しい概念であり,彼の後期の作品には十分に表現されている」(括弧内筆者)(『自伝』)。 コンクリートを「塑性材」として扱い,あたかも彫刻を手で練り上げていくように,建築を建築家個人の造形の対象とすることをレーモンドは嫌った。 レーモンドの打放しコンクリートが,その素材の美を愛でつつもたんに造形的効果のみをねらったものではなく,建物の目的や機能,周辺の自然環境と密接な関わりをもって構想されていることは,これまで見てきたとおりである。 かつてレーモンド事務所のスタッフでもあった吉村順三は,群馬音楽センターの建物を見てそれを「誠実な建築」と呼び,「折板が経済的であり,音響上効果的であるというファンクションからでてきた構造であって,折板という形のためにできたものではない」と評したが,この「形のためにできたものではない」という言葉には「ごてごてしたもの」の対極にある建築のありようが示されているように思える(「誠実な建築」『新建築』36巻10号,1961 年10 月)。 群馬音楽センターの設計を担当した五代信作は,次のようなレーモンド事務所のエピソードを紹介している。 「日本語の達者なレーモンドが,毎日仕事上で話す簡単な英語で,私どもが記憶している言葉なのですが,建築はsimple, natural,economical, direct, そしてhonestでなければならないということです。 …問題にぶつかった時でも,レーモンドはこれらの原則のいくつかを挙げて即座に明確な回答を与えてくれます」。 この五つのポイント,単純性(simple),自然性(natural),経済性(economical),直裁性(direct),誠実性(honest)は「レーモンドの5原則」として知られるようになるもので,設計に対するレーモンドの原理的態度をよく表わしている。 それらはやはり,日本の伝統的建築からインスピレーションを得た教えでもあって,この原理が集約的に投影されていくのがまさにレーモンドの構造に対する取り組みだった。 レーモンドはよく,私淑するオーギュスト・ペレの次の言葉を引用する。 「構造は建築家の母語である。 建築家は構造を通して考え,自分を表現する詩人である」(『自伝』)。 構造は造形のための手段としてあるのではけっしてなく,あくまでも「構造を通して」建築の原理が発見されていかなければならない。 日本の近代建築から当時,しだいに失われようとしていたこうした建築の理解のありかたに対し,レーモンドはあらためて注意を促そうとしていたように思える。 「ごてごてしたもの」とは,新しい形態の創出が目的化されていこうとする当時の建築界の状況を批判したものでもあって,それはレーモンドにおける原理の追求,その発見のプロセスとは相容れないものだったのである。

次の

アントニン・レーモンドの教会建築「東京聖十字教会」に行ってきた【行き方、特徴、内観など】|くりたび

アントニン レーモンド

西麻布(笄町)所縁の建築家 の建築家アントニン・レーモンドをご存知でしょうか。 このブログでも過去に東京タワー横にあるレーモンド設計のを紹介したことがあります。 レーモンドは教会などを中心に数々の名建築を日本に残した、日本の近代建築の要となる建築家です。 ですからレーモンド設計の建物を知っている方は多いかもしれません。 しかし、実はアントニン・レーモンドは、設計事務所も自宅も笄町、現在の西麻布にあったという事は、あまり知られていないかもしれません。 フランク・ロイド・ライトの弟子 レーモンドはプラハ工科大学で建築を学んだ後、アメリカへ移住します。 そこで、フランク・ロイド・ライトの事務所で働き始めます。 1919年ライトと一緒に設計のため初来日します。 これをきっかけに1922年に独立して日本にを設立するのです。 レーモンド自身は関わっていませんが、この設計事務所はの建設にも貢献しています 霊南坂から笄町へ レーモンドは1923年、現在の赤坂1丁目あたりに自邸を構えますが、その後1951年から1978年まで笄町に自邸兼事務所はありました。 ちょうど現在の麻布税務署のあたりのようです。 霊南坂の自邸も笄町の自邸兼事務所も残念ながら現存しませんが、この笄町のレーモンド邸を本人の許可を得て、そっくりそのままコピーした人がいます。 それが後にレーモンド建築の傑作の1つ、の設計依頼をする群馬県高崎市の実業家井上房一郎です。 群馬県高崎市にあるレーモンド邸 自宅を焼失した井上房一郎はレーモンドから図面の提供を受け、さらに笄町のレーモンド邸を実測した上で高崎市に自邸を建築します。 笄町のレーモンド自邸はレーモンド没後取り壊されましたが、は現在、高崎市の所有となり、の一部として一般公開されています。 これは、是非見てみたいと思い、レーモンド建築の傑作、群馬音楽センターと共に見学に行ってきました。 旧井上邸ではアクリルがはまっている屋根もレーモンド自邸では、古い写真によると藤棚だったようで、家の中心に緑が配置されたモダンな作りだったことがわかります。 また、家具はレーモンドの妻、ノエミ・レーモンドデザインのものが多数置かれていました。 和室の照明はイサム・ノグチです。 この旧井上邸は現在、森美術館で開催中の「」にも取り上げられています。 群馬音楽センター 群馬音楽センターは1961年竣工の音楽ホールです。 高崎市の文化振興に貢献した井上氏の依頼によって設計されました。 また、この群馬音楽センターにはレーモンドギャラリーが併設されており、当時の貴重な図面などを見ることができます。 高崎市美術館にある井上邸からも徒歩でいける距離なので、是非、両方見学することをオススメします。 西麻布のもう1つのレーモンド建築 アントニン・レーモンド建築が西麻布に現存するのはご存知でしょうか。 の自邸、現カニングハム・メモリアル・ハウス、の事務所として、現在も引き続き音楽のために使用されている木造建築です。 根津美術館の裏手にあるシンプルなこの家にカニングハムは47歳から101歳で他界するまで暮らしました。 現在も、このカニングハム・メモリアル・ハウスにて年に何回かコンサートが行われており、申し込めば誰でも鑑賞できるようなので、機会があれば行ってみたいと思っています。 西麻布でお気に入りのカフェ「」にも近く、いつでも行ける気になっているせいか、なかなか行けてないのです。 レーモンドメモリアルルーム 笄町にあった自邸は現存しませんが、現在代々木に移転したレーモンド設計事務所内に当時のリビングルームがとして、移築・保管されています。 ここは月に1回公開しているようなので、こちらも機会があれば是非足を運んでみたいと思っています。

次の