運命 に 導 かれ し サイヤ 人 孫悟空。 【ドッカンバトル】極限Zエリア「運命に導かれた3人のサイヤ人」の攻略情報

【ドッカンバトル】極限Zエリア「運命に導かれた3人のサイヤ人」の攻略情報

運命 に 導 かれ し サイヤ 人 孫悟空

【熱く震える力】超サイヤ人孫悟空の考察です。 リーダー評価:8. 0点 サブ評価:8. 50 倍 必殺技倍率 5. 05 倍 超絶特大レベル 10 5. 45 倍 3 度目の必殺 5. 戦闘中に『 4 段階の変身』を行います。 条件・パッシブ・必殺追加効果の変化は下記の通りです。 パッシ ブだけを見てみると、 DEF上昇 倍率が下 がって行くので変身すると守りが薄くなる…ように見えますが、この悟空は必殺追加効果で『 ATK,DEF が無限上昇 』していくので、『連続攻撃』スキルの発生含め、基本的に防御性能は変身しても同等以上を保ち続けます。 ダメージカットは必殺技への耐性も強く、これなら防御性能としてはDEF15万くらいのキャラ程の存在感も出せるでしょう。 火力についてはより単純で、シンプルに『パッシブ倍率』『必殺倍率』が変身の度に高まって行きます。 どちらかと言うと防御寄りのキャラクターであり、火力はコ スト 58 フェス限の 中でもそこまで高い方ではありませんが、ブルーになった際は1度だけながら『確定会心』を繰り出せますから、やはり長い闘いにおいては火力の方も十分高まって行きます。 何度も何度も変身を重ねるという特殊な性能をしていますが、これも『地球育ちのサイヤ人・孫悟空』の進化の軌跡を感じさせてくれる、魅力的な部分でしょう。 しかし、肝心のその『4段階変身』は、ドッカンバトルのゲームデザインに 即している とはおよそ言い難く、性能面では邪魔になってしまうケースすらあります。 何せ、ブルーへの変身には『最短でも 9 ターン』を要し、『』『』『』のような既存の高難易度イベントでは、『勝ちよりも変身させるのを優先する』くらいの指針で戦わない限り、まず超サイヤ人ブルーを見ることは叶いません。 新高難易度イベント・『』では遂に本領発揮…と思いきや、こちらはもっと極端な長期戦なのでブルーの『1回だけの確定会心』『超高確率気絶』という長所も活きず、またブルーになると『ATK,DEF無限上昇』も消えてしまうので、そこまで大活躍と言う程でもなく…。 何なら悟空伝では 【運命に導かれしサイヤ人】孫悟空に『 リバースドッカン覚醒』させて使った方が正直強く、せっかくビジュアル面でのアドバンテージである『4段階変身』が、逆に性能的にはお荷物になる、という状況が生まれるケースもあります。 また気力が足りなかったり、悟空が行動する前に敵を倒して『必殺を撃たずにターンが終了』した場合、追加効果でDEFが上がらないまま変身が移行してパッシブのDEF倍率が下がってしまうので、『変身によって実質的に弱体化してしまう』という問題を引き起こすケースもあり、どうにも性能デザインのゲームへの噛み合わなさを感じてしまう瞬間もあるでしょう。 【使用動画】 敢えて『リバースドッカン覚醒』させて、『』で孫悟空の系譜デッキで使用しています。 リバースすることで変身機能がなくなり、『ATK,DEF無限上昇』が消失しなくなるので、この手のイベントではリバースした方が適性が上がるという珍しいキャラクターです。 せっかくの変身機能が活きないのは残念ですが、『リバースメダル1枚と引き換えに適性イベントが1個増える』というのは普通に良いことでもあり、 『』の実装は追い風でもあるでしょう。 今後もこの手のイベントが増えれば、リバースして受け要員が出来そうです。 変身は色々と問題もありますが、攻撃・防御 共に良い水準なのは間違いないので、解放適正は十分高いです。 スキルは『連続攻撃』最優先でしょう。 ATK,DEF 無限上昇の重ね掛けが狙え、特に DEF はパッシブの DEF 上昇と掛け算になり、ダメージカットまで持っていますから非常に優れたガード 役となれます。 アタッカーとしても中々なので『会心』も悪くはありませんが、ブルーになれば1度ながら『確定会心』もありますし、どう考えても優先は連続攻撃でしょう。 正直、1発でも多く必殺を撃てるかどうかで性能が相当変わるので『連続攻撃』全振りでもいいくらいです。 例えばフレンドにこのベジータを選んでやれば、極系キャラは選べませんが『』デッキを構築可能で、倍率的にも『カテゴリバトルロード』にも対応出来る可能性は十分あります。 『超サイヤ人 3 』『ゴッド』の際は気力リンクから臨戦態勢が無くなって短期決戦になったりします。 『 超サイヤ人 3 』カテゴリなんかではこの辺の形態の時はリンクの一貫性を取りやすいでしょう。 リーダーとしての使い道は非常に多いですから、その辺もしっかり活かしてあげましょう。 【老界王神は使うべき?】 や や常設イベントで技上げ可能です。 特に での技上げは圧倒的に楽なので、基本的にはこのイベントを使ってあげていきましょう。 【引けたら当たり?外れ?】 排出対象のドッカンフェスで引き当てることになります。 色々と問題のある部分もありますが、基本的にはカテゴリバトルロードでも通用する防御性能を持ち、リーダースキルも非常に幅広く応用可能なもので、 十分に当たりと言えるキャラクターです。 所持カテゴリも多く、取り敢えず入れておけばしっかり受けつつダメージを重ねてくれる存在ではあります。 ただ、『カテゴリ世代フェス限』という括りの中で比較してみた場合、そこまで強いと言える部類ではないでしょうか。 高難易度イベントで通用する実力は十分持っているのですが、カテゴリ世代フェス限というゲームトップ集団の中でも特別キラリと光る何かを見出せるかは微妙な所です。 激怒悟空のリダスキ範囲広すぎて、また死亡するカテゴリーリーダー増えるな。 超系リーダーと考えれば、 身勝手とバーダック3の完全死亡が内定している。 身勝手はザマスと激怒悟空で完全に出番なし。 超サイヤ人全形態対象だから、ある意味激怒悟空とアルハンと、少年期悟空と純粋サイヤカテリーダーの4体いれは,もう超系リーダーはいらんよな。 超系パーティー9割組めるし。 4体で。 by 126. 159. 209. 激怒悟空に神次元と超3のカテゴリがつくと思うか? by 126. 142.

次の

佐世保鎮守府の超サイヤ人 改訂版

運命 に 導 かれ し サイヤ 人 孫悟空

「カカロット……とうとうお前には勝てなかったな……」 特徴的な髪形の老人は呟く。 かつてのライバルを思い浮かべて、彼は体を持ち上げようとした。 「父さん!あまり動いては体に響きます!」 「トランクスか……余計な心配はするな。 遅かれ早かれ俺は死ぬんだ、最後くらいは恰好をつけさせやがれ……」 彼はようやく体を起こし、対面する息子と話をする。 死ぬ時でも無様な姿は見せたくはないと口にして。 「トランクス……今そこにいるのか…?」 「はい、ここにいます……!父さん、無理はしないでください……!」 かつての歴戦の面影はどこにもなく、彼の視線は虚空をさまようだけだった。 その名に恥じぬ命を燃やしたと思っている。 」 「お前から見た俺は、一体どう映っていたんだ………お前とこうしてしっかりと話すのは初めてかもしれない……聞かせてくれ、俺のことを」 彼は使えない目で、気で、心で、それでも息子をしっかりと見据えて。 「いやー、あぶねえところだったぞ!!」 「……?」 彼の目の前にはかつてのライバルの姿が。 彼は状況を読み込めていない。 ……彼のほうは納得がいっていないようではあるが。 「体が若返っていやがる……カカロット、全部貴様の仕業だな……?」 「貴様……!あと少しで俺は死ぬはずだったんだ!こんなことをして閻魔の野郎にグチグチと文句を言われるのは俺なんだぞ?!それをわかってこんなことをしているんだろうな?!!」 「そ、そんなに怒んなって~……せっかく用があって連れてきたのによ~」 「さっき『連れてきちまった』などと言っていたくせに、どうせろくな用じゃないんだろ」 「いいっ?!ベジータ、おめえしばらく見ないうちに随分鋭くなったなぁ!」 「貴様が何も変わっていないだけだろう……」 彼の言葉は、いつもの厳しい口調であるだけだったが、それは悟空の顔を険しくさせた。 しかし、彼がそのことに微塵も気づく気配はなかった。 「そうだな……オラはなにも変わっちゃいねえよ。 ずっとこのまま、誰もいないところで、一人でいたんだ。 きっと誰にも想像がつかないくれえの時間をよ」 「ベジータ、分かるだろ?オラはあの時のまんまだ。 見た目だって、気の大きさだって、何もだ。 何も変わってないんだ。 ……だから、おめえと今戦っても、オラはたぶん一瞬で負けちまうさ」 「なっ…」 彼は至極寂しそうに言葉を吐いた。 旧友と戦えないことが一番気がかりなことかのように。 「それでもオラはおめえに会いたいと思ったんだと思う。 オラは孫悟空だけどよ、ドラゴンボールでもあるんだ」 「おめえに会って頼みを聞いてほしい……たぶん、そんだけの理由でドラゴンボールが願いを叶えてくれたんだと思う」 「カカロット…まさか、とは思っていたが……。 なるほど、それなら…確かに、辻褄が合う」 「だが、貴様がドラゴンボールだというのなら何故今頃になって俺をここへ連れてきた?恐らく貴様は貴様自身が宇宙だと言えるほどの時間を過ごしてきたはずだろう」 「それもただの人間なら狂ってしまうくらいにだ。 いくらカカロットでもまともじゃいられないだろう」 「今さらになって、何がお前をそうさせた…?!言え、カカロット!!」 彼は殊に怒りを覚えているわけではなかった。 それは彼自身にもわからない、一種の『寂しさ』だったのだろう。 「あはは…。 ベジータ、オラはこの前地球に行ったんだ。 つっても、おめえのいた地球じゃねえし、おめえの感覚じゃ相当昔のことだ。 一人の子供によ。 」 孫悟空はつらつらと言葉を紡いだ。 たったそれだけのことが、ベジータには永遠を感じさせるものだった。 「つっても夢の中だぞ?んでも、おかしいなーって思っちまった。 でも、あの世界は確かに存在してたぞ?オラもうすっげー行ってみたくてたまんねえんだ!」 「それに、感じただろ?あの時、とんでもねえヤな気があったのを」 夢の中の世界の話だと気にも留めなかったことが、今、重大な意味を持った。 それは、彼にとって良いものかはまだわからない。 「ふん…。 なら、貴様は俺に夢の続きを見て来いとでもいうつもりか?」 「おおっ?!よくわかったなベジータ!!おめえやっぱすげえなー!!」 「それはお前がわかりやすい方向に話を持っていくからだ」 「それはそうと、俺を『向こう』に飛ばすんなら早くしやがれ。 まにあわなくなっても知らんぞ」 「その前に『向こう』の説明をしねえと……」 「まず、艦娘っちゅうのがいてよ…」 かつて宇宙の地上げ屋として恐れられた民族の彼が、このときから一つの惑星の運命を変えることになるとは、誰が予想しただろうか。 しかし、その特徴的な髪形は簡単に忘れられるようなものではなく、窓を勢いよく開けると。 「あ、あなたは…………!!」ガラガラッ 「ふん…」 「ずいぶんと久しぶりだったな、名も知らんガキ」.

次の

佐世保鎮守府の超サイヤ人 改訂版

運命 に 導 かれ し サイヤ 人 孫悟空

『ドラゴンボール』シリーズの主人公。 元々は戦闘民族サイヤ人の星である惑星ベジータで生まれたサイヤ人。 サイヤ人名は「カカロット」。 惑星ベジータがフリーザによって破壊される直前に地球へ向けて飛ばされており、そのおかげで誰にも気づかれずに生き残ることになる。 地球で孫悟飯に拾われ、孫悟空と名付けられる。 当初はサイヤ人特有の凶暴性を有していたが、崖から誤って転落した際に頭部を強打し、サイヤ人としての記憶を一切喪失することになる。 孫悟飯が所有していたドラゴンボールが縁となって様々な出会いを経験し、そしてたくましく成長した孫悟空は、ピッコロ、ベジータ、フリーザ、セルなどの地球や宇宙を脅かす強敵と闘い、そして仲間たちと共に乗り越えてきた。 その強さへの探究心はとどまるところを知らず、ついには神の次元へと到達するなど、常により強くなろうとする純粋な戦闘バカである。 しかし、そんな純粋さに惹かれるものは数多く、破壊神ビルスでさえ、地球や孫悟空に影響を受けている。 何者にも物怖じしない性格なので、破壊神ビルスなど目上には敬意を評しつつも接し方は基本的になれなれしい。 はてには全宇宙全神の王である全王ですら対応が変わらず、そのせいもあって全王唯一の「友達」となっている。

次の