ヒドララジン。 妊娠と薬_04

アプレゾリン錠10mg

ヒドララジン

ただし、血圧の下がりすぎも赤ちゃんによくないので、慎重に用いなければなりません。 ニフェジピン(アダラート)に代表されるカルシウム拮抗薬は基本的に禁忌なのですが、医師が治療上の有益性が大きいと判断した場合、必要最小限の範囲で使用されることがあります。 催奇形性を疑わせる報告があるので、妊娠初期の使用は控えたほうがよいかもしれません。 また、末期においては、分娩の遅延に注意が必要です。 カルシウム拮抗薬には、子宮筋の収縮を抑制し分娩を遅らせるという害作用があるのですが、これを逆手にとった応用処方です。 早産防止のためにニフェジピンを使用した102人の女性を調査したところ、安全性にとくに問題がなかったという報告があります。 ただ、頻脈をともなう重い高血圧など 症状によっては医師の判断で使用されることがあります。 とくに中期以降が危険です。 胎児の腎臓の働きを低下させたり、尿の出を悪くして羊水を減少させるおそれがあります。 重大な障害を残した症例や死亡例も報告されています。 この系統が妊娠中に使用されることはまずありません。 拡張期血圧が100mmHG以上(標的臓器障害または腎基礎疾患がある場合はそれ以下)の慢性高血圧女性または拡張期血圧が105mmHG以上の急性高血圧女性では、下記の薬剤の使用が示唆されている[今日の治療薬(Am. Obstet. Gynecol. 163, 1990)]。 いずれも慎重に投与する。 緊急時には徐々に注射投与も行われるが急激な血圧の降下には注意が必要である。 ヒドララジンは末梢細動脈の拡張作用をもち、間接的な陽性変力作用もあるので反応性の頻脈や心拍出量の増加をみる。 [薬局 Vol. しかし子宮収縮を低下させる可能性はあるので出産のさいは気をつける必要がある。 妊娠初期でないのでCa拮抗薬も有用である。 また、分娩まで使用すると子宮筋の収縮が障害されて分娩が遷延する可能性が指摘されるので注意が必要である(その作用は早産の予防に用いられている)。 [薬局 Vol. Teratogenicity with these agents has been demonstrated in animals, but no cases of possible human malformation or deformity have been reported Hennessy and Horvath, 1992. However, it must be recognized that human studies have been very limited. It is recommended that a drug only be used during pregnancy if the potential benefit outweighs any potential risk to the fetus. 5, No. 1 September 1996] カルシウム拮抗薬が妊娠中に高血圧や不整脈、狭心症、早産などの治療に使われたとしても、母親と胎児は安全と思われる。 この系統は動物実験で奇形発生が認められるものの、催奇形を示す人での報告はない(Hennessy と Horvath 、1992)。 けれど人での臨床研究が非常に限られたものである点に留意しなければならない。 治療上の有用性が、胎児に起こりえるあらゆるリスクを上回るときだけに使用する。 The risk to a fetus exposed to this agent is minimal. Magee et al. 1994 studied 57 infants of women treated in the first trimester with verapamil. The frequency of malformations was not significantly increased in this population. Many investigators have looked at the effects of the drug in late pregnancy. No adverse drug-related effects were seen in infants of 137 women with second and third trimester exposures to verapamil Orlandi et al. , 1986; Marlettini et al. , 1990. 5, No. 1 September 1996] Verapamilは、妊娠中に早産防止や不整脈に用いられる。 この薬に曝露した胎児の危険性は少ない。 妊娠初期にVerapamilにより治療を受けた妊婦の57人の子供を調べたところ、奇形の割合はとくに増えなかった(Magee et al. 1994)。 妊娠中期から後期に曝露した137人においても、胎児毒性はみられなかった。 Orlandi et al. , 1986; Marlettini et al. , 1990. It is generally used in the second half of pregnancy for hypertension, cardiovascular disease and pre-term labor. A retrospective study of 102 women who received nifedipine for inhibition of pre-term labor found the drug to be a safe means of therapy Waisman et al. , 1989. In addition, no increase in the frequency of congenital anomalies was observed in 57 infants exposed to nifedipine in-utero in the first trimester Magee et al. , 1994. Clinical trials involving from 20 to 99 infants of women treated with nifedipine in the second and third trimesters also failed to show any treatment-related adverse effects Read and Wellby, 1986; Ferguson et al. , 1990; Meyer et al. , 1990; Bracero et al. , 1991; Fenakel et al. , 1991; Murray et al. , 1992; Sibai et al. , 1992; Glock and Morales, 1993; Roy and Pan, 1993; Smith and Woodland, 1993; Childress and Katz, 1994. ニフェジピンも胎児に対する危険性は少ないと考えられる。 一般的に、この薬は妊娠中期の高血圧や心疾患、もしくは早産の治療に使われる。 早産防止のためにNifedipineを使用した102人の女性を調査した後ろ向き研究は、この治療手段が安全であることを示した Waisman et al. , 1989。 さらに、妊娠初期にNifedipineに曝露した57人の子供において、先天奇形の割合が増えることはなかった Magee et al. , 1994。 Increases in the frequency of fetal death, growth retardation, and skeletal and cardiovascular malformations were seen when rats were treated with doses of nifedipine 9-62 times greater than "the human dose" Fukunishi et al. , 1980; Cabov and Palka, 1984; Yoshida et al. , 1988; Komai et al. , 1991; Richichi and Vasilenko, 1992. Digital abnormalities were observed in the offspring of rabbits exposed to 3. 5-14 times the human dose Danielsson et al. , 1989, 1992. It has been hypothesized that these abnormalities may have been the result of decreased uteroplacental blood flow rather than from direct effects of the drug Yoshida et al. , 1995. Cardiac failure and decreased fetal and placental weights were also observed in a dose-related fashion in rats Momma and Takao, 1989; Furuhashi et al. , 1991. 5, No. 1 September 1996] ニフェジピンによる動物実験においては、用量依存性があることが示されている。 人用量の9〜62倍を与えたネズミにおいて、仔の死亡、成長遅延、骨格や心臓奇形の発生率が増えた。 It has been studied in rats and rabbits by Horimito et al 1991. An increase in the incidence of congenital anomalies was not found when administered throughout the critical period of organ formation. 5, No. 1 September 1996] アムロジピンの情報はきわめて少ない。 器官形成期におけるネズミの研究では催奇形性は示されなかった。 Suggestive of an association. [Perinatology. The latter may result in oligohydramnios. [Perinatology. さらに、後者は羊水過少症をまねくかもしれない。 1 わが国においては、ACE阻害剤の妊婦又は妊娠している可能性のある婦人への投与については既に禁忌としている。 なお、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに公表されたバンダービルト大学の研究者の調査結果(注)について、参考情報として添付文書に記載する必要性があるか否かについては、専門家の意見を聴いて検討する予定。 (注)妊娠初期にACE阻害剤を服用した妊婦から生まれた児は、本剤を服用していない妊婦から生まれた児に比べ、奇形のリスクが高い(2.71倍。 2 米国においては、ACE阻害剤の妊婦への投与は警告として記載(禁忌とはされていない)。 米国食品医薬品局(FDA)は、バンダービルト大学の調査結果について、その再現性が確認されていないことなどから、ACE阻害剤の添付文書の妊婦に関する項の記載の変更はせず、調査結果などについてそのホームページにおいて情報提供している。 mhlw. 大奇形(majorcongenitalmalformation)のリスク比は、妊娠第1三半期にACE阻害薬に曝露された乳児は、降圧薬の曝露のなかった乳児と比較して2. 72〜4. 27]〕で、有意なリスクの増加が示された。 確認された奇形の種類は心臓中隔欠損が約半数で、残りは中枢神経系、泌尿器系、その他の器官であった。 ACE阻害薬を服用していた母親は、降圧剤を使用していなかった母親に比べ平均年齢が高く、他の慢性疾患の罹患率も高かった。 糖尿病に罹患していない母親の乳児に限定して観察研究が行われた。 また、妊娠第1三半期以降のACE阻害薬への曝露についても研究が行われた。 ACE阻害薬はすでに胎児の腎臓が発達する時期である妊娠第2第3三半期のリスク増加に関連していることがわかっている。 しかし、アンジオテンシンII受容体は胎児発達の早期段階に存在する。 アンジオテンシンII受容体の広範な発現により妊娠初期にACE阻害薬への曝露は催奇性があるとするのであれば、アンジオテンシンII受容体拮抗薬もまた催奇性をもつ可能性がある。 しかし、さまざまな先天奇形が起きておりそのメカニズムははっきりわかっていない。 Cooper WO, Hernandez-Diaz S, et al. N Engl J Med. 2006 June 8;354(23):2443-51. 主な症状は腎形成不全,羊水過少,頭蓋の形成不全,子宮内胎児発育遅延,動脈管開存症等である。 [Perinatology. サイアザイドおよび関連利尿剤で新生児に血小板減少症を引き起こしたという報告がある。 おそらく、フロセミドやブメタニド等のようなループ利尿剤もこのようなリスクを伴う。 妊娠後半においては、このタイプの製剤は十分な適応がある場合にかぎって、しかも最小有効量を投与すべきである。 また、利尿効果に基づく血漿量減少、血液濃縮、子宮・胎盤血流量減少があらわれることがある。 重症妊娠中毒症における全身性の浮腫にはフロセミドなども用いられる。 [薬局 Vol. 母体の血圧低下、子宮胎盤循環不全、胎児の脱水、高窒素血症、血小板減少などをまねき、胎児仮死を起こす危険性がある。

次の

ヒドララジンとは

ヒドララジン

女性に降圧剤が処方された場合、特に確認しないといけないのが 妊娠の有無です。 妊娠中の高血圧の基準は収縮期血圧が140mmHg、拡張期血圧が90mmHg以上とされており、通常は 降圧剤での薬物治療は収縮期血圧が160mmHg、拡張期血圧が110mmHg以上になった時に開始することとなっています。 エナラプリル(商品名:レニベース)やイミダプリル(商品名:タナトリル)などの ACE阻害薬や、ロサルタン(商品名:ニューロタン)、カンデサルタン(商品名:ブロプレス)、バルサルタン(商品名:ディオバン)などの ARBは 羊水過少症や催奇形性のリスクがある理由から禁忌となっています。 妊婦に使用できない併用禁忌の降圧剤は非常に多いため、禁忌薬を全て覚えるのではなく、使用できる薬剤を覚えておくことをオススメします。 妊娠中に使用できる降圧剤についてそれぞれの作用機序や特徴についてまとめてみました。 妊娠中(妊婦)の高血圧への第一選択薬 妊娠中の降圧剤の第一選択薬は妊娠20週未満では メチルドパ(商品名 アルドメット)、 ヒドララジン(商品名 アプレゾリン)、 ラベタロール(商品名: トランデート)となっており、妊娠20週を過ぎると ニフェジピン徐放剤(商品名: アダラートL・CR)が加わります。 メチルドパ水和物(商品名:アルドメット)の作用機序・特徴 規格• アルドメット錠125mg 1 錠中メチルドパとして125mg含有• アルドメット錠250mg 1 錠中メチルドパとして250mg含有 作用機序 アルドメット(メチルドパ)は下記の3つの作用機序があるとされています。 用法・用量 メチルドパとして、通常成人初期1日250~750mgの経口投与からはじめ、適当な降圧効果が得られるまで数日以上の間隔をおいて1日250mgずつ増量します。 通常維持量は1日250~2,000mgで1~3回に分割経口投与し、年齢、症状により適宜増減します。 特徴 ・硫酸鉄と併用すると吸収が低下する ・尿を放置すると黒くなる 主な副作用 再評価時の主な副作用はめまい(3. 28%)、起立性低血圧(3. ヒドララジン塩酸塩(商品名:アプレゾリン)の作用機序・特徴 ヒドララジンは抗ヒスタミン作用より、血圧降下作用の強いことが見いだされ、1954年に国内で承認を受けた古くからある降圧剤です。 規格 アプレゾリン錠10mg、25 ㎎、50 ㎎、10%アプレゾリン散「チバ」 があります。 作用機序 降圧作用機序については十分に判明されていないそうですが、末梢細動脈の血管平滑筋に直接作用し、血管を拡張するとされています。 用法・用量 ヒドララジン塩酸塩として、最初は、通常成人1日30~40mgを3~4回に分割経口投与し、血圧値をみながら漸次増量します。 維持量は各個人により異なりますが通常成人1回20~50mg、1日30~200mgとし年齢、症状により適宜増減します。 ラベタロール塩酸塩(商品名:トランデート) 規格 トランデート錠剤の50mgと100mgと2つの規格があります。 なお年齢・症状により適宜増減します。 主な副作用 主な副作用はめまい・たちくらみ(1. 5%)、頭痛(0. 4%)、倦怠感(0. 3%)、悪心・嘔吐(0. 3%)となっています。 ニフェジピン徐放剤(商品名:アダラートL/CR)妊娠20週以降 規格 アダラートCR錠は10mg、20mg 、40mgの3種類が、アダラート L錠は10mg、20mgの2種類があります。 作用機序 Ca拮抗薬。 用法・用量 本態性高血圧症,腎性高血圧症の場合 アダラートL ニフェジピンとして、通常成人1回10~20mgを1日2回経口投与。 症状に応じ適宜増減します。 アダラートCR 通常、成人にはニフェジピンとして20~40mgを1日1回経口投与。 ただし1日10~20mgより投与を開始し、必要に応じ漸次増量します。 特徴 アダラートLは1日2回経口投与にて24時間有効血中濃度が持続、CRは1日回経口投与にて24時間有効血中濃度が持続します。 主な副作用 主な副作用は頭痛・頭重感(2. 77%)、顔面潮紅・顔のほてり(2. 26%)、動悸(1. 31%)となっています。 そのた妊娠中に注意が必要な薬剤はこちらにまとめています。 会社HP:• ブログ: 2006年 京都薬科大学 薬学部卒。 調剤併設ドラッグストアのスギ薬局に新卒で入社。 調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号 MBA を取得。 2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。 2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。 「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」 というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。 1983年11月 岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。 大学より京都・大阪で14年間、沖縄Iターン特集立ち上げのため沖縄県で4年間暮らし、現在は福岡県民。 1歳の息子と妻の3人家族。 当面の目標は、 「息子の成長スピードに負けないこと」 座右の銘は、 「まくとぅそうけい なんくるないさ」 =「誠実に心をこめて努力をしていたら、なんとかなる!!」 記事作成のサイトポリシーについては この投稿者の最近の記事.

次の

ヒドララジンとは

ヒドララジン

Key:RPTUSVTUFVMDQK-UHFFFAOYSA-N ヒドララジン(Hydralazine)は血管に直接作用して弛緩させるの一つであり、の治療に用いられる。 商品名 アプレゾリン。 特にとへの作用が高い。 系薬剤に分類される。 血管平滑筋 ()の弛緩により、血流の 末梢抵抗 ()が減少し、を低下させ、 ()を軽減させる。 しかし、血圧低下作用は短時間しか持続しない。 での ナトリウム利尿 ()を維持するためにはある程度以上の血圧が必要であり、身体はヒドララジンによる血圧低下をリセットして血圧を上昇させる。 高血圧治療薬の長期的有効性は、血圧-ナトリウム利尿曲線(圧利尿曲線)を移動させる事で発現する。 に収載されている。 効能・効果 [編集 ] ヒドララジンは心臓に対して刺激作用()を持つので第一選択薬には採用されない。 この刺激作用で心拍数とが上昇し、冠血管疾患を有する患者のやを誘発する。 ヒドララジンは濃度の上昇させ、体液貯留をもたらす。 ヒドララジンは重症高血圧の治療に用いられるが、本態性の第一選択薬ではない。 しかしに対しては、との併用が第一選択とされている。 DNAメチル基転移酵素 ()の阻害活性を有するため、の治療にも適用される。 ヒドララジンはアフリカ系米国人のの治療にと 併用 ()される。 禁忌 [編集 ] ヒドララジンは次の患者には禁忌である。 虚血性心疾患のある患者• 大動脈弁狭窄、僧帽弁狭窄および拡張不全(肥大型心筋症、収縮性心膜炎、心タンポナーデ等)による心不全のある患者• 高度の頻脈および高心拍出性心不全(甲状腺中毒症等)のある患者• 肺高血圧症による右心不全のある患者• 解離性大動脈瘤のある患者• 頭蓋内出血急性期の患者• 製剤成分に対し過敏症の既往歴のある患者 そのほか、英語版の添付文書では、特発性全身性エリテマトーデスの患者に禁忌とされている。 副作用 [編集 ] 重大な副作用には、SLE様症状(発熱、紅斑、関節痛、胸部痛等)、劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、うっ血性心不全、狭心症発作誘発、麻痺性イレウス、呼吸困難、急性腎不全、溶血性貧血、汎血球減少、多発性神経炎、血管炎がある。 相互作用 [編集 ] ヒドララジンは以下の薬剤の血圧低下作用を増強する。 Bourreli, B. ; Pinaud, M. ; Passuti, N. ; Gunst, J. ; Drouet, J. ; Remi, J. 1988. Canadian Journal of Anaesthesia 35 3 : 242—248. , Pamela A. Harvey, and Mark J. Mycek. Lippincott's Illustrated Reviews: Pharmacology. 2nd ed. 190. World Health Organization 2013年10月. 2014年4月22日閲覧。 Kandler MR, Mah GT, Tejani AM, Stabler SN, Salzwedel DM. Hydralazine for essential hypertension. Cochrane Database of Systematic Reviews 2011, Issue 11. Art. : CD004934. DOI: 10. CD004934. pub4. Bhushan, Vikas, Tao T. Lee, and Ali Ozturk. 2007. First Aid for the USMLE Step 1.. McGraw-Hill Medical. 251. 978-0071597944. 5 October 2010. Annals of Hematology 90 4 : 379—387. 2016年4月11日閲覧。 2016年4月11日閲覧。 TGA eBusiness Services. Link Medical Products Pty Ltd 2005年3月27日. 2014年2月13日閲覧。 Rossi, S, ed 2013. Australian Medicines Handbook 2013 ed. Adelaide: The Australian Medicines Handbook Unit Trust. 978-0-9805790-9-3. 2008年10月5日閲覧。 Knowles HJ, Tian YM, Mole DR, Harris AL July 2004. Circ. Res. 95 2 : 162—9. 関連項目 [編集 ]• ジヒドララジン ()• カドララジン ()• エンドララジン ()• 盗血現象•

次の