あつ 森 な つの 貝殻。 連日30度超えのクソ暑いガーナ、感染者4,012(+ 921)

連日30度超えのクソ暑いガーナ、感染者4,012(+ 921)

あつ 森 な つの 貝殻

全編コロナ後書き下ろし! 「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売) 酒井大輔著、日経BP、1760円 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。 消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。 主人公は、商社からやってきた1人の男。 作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。 客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。 実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。 組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。 本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。 ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。 アフターコロナで何を仕掛けるのか。 本書を読めばすべて分かります。 新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。

次の

【あつ森】夏の貝殻の集め方とレシピ|必要数はいくつ?【あつまれどうぶつの森】

あつ 森 な つの 貝殻

元々の人気に加え、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛を追い風に、任天堂のゲーム「あつまれ どうぶつの森」が大人気です。 無人島で暮らす「スローライフ」をテーマにした同作ですが、裏のテーマはスローライフと対極といえる「経済」かもしれません。 なぜならプレーヤーは金に敏感になる仕組みになっているのです。 ゲームをしてない人にも分かるよう、同作の魅力を一味違う視点からお伝えします。 ファミ通調べ)。 全ダウンロード数を加えれば、どこまで上積みがあるか恐ろしい限りです。 海外でも爆発的に売れており、米のウォール・ストリート・ジャーナルや英BBC放送など各国のメディアが取り上げています。 「あつまれ どうぶつの森」は、手つかずの自然が残る無人島に移住したプレーヤーが自身でものを作り、言葉を話す「どうぶつ」たちと交流する……という内容です。 具体的に何をするかと言えば、釣りと虫捕り、貝殻・果物拾いを繰り返し、ベル(金)をためて、家具を買いそろえ、家を拡張し、島を発展させていくのです。 無人島暮らしでも「金」から切れないのです(笑い)。 その本質を、ゲーム関連のツイートを積極的にしている、米大リーグのダルビッシュ有投手が指摘しています。 「借金の森」というのは、絶妙な言い回しです。 これは「どうぶつの森」が、無人島の移住費用を払うなど、同作のキャラクター・たぬきちにいきなり借金をすることを突いて、苦笑しているのです。 最初は約10万ベルですが、次は約20万、その次が約35万と営業されてしまいます。 ローンといっても、催促ゼロ、金利ゼロ、手数料ゼロです。 経営の視点でいうと「手数料と金利ゼロで催促されないなら、ラッキーじゃん。 借金じゃなくて『資産』じゃね?」という気もするのですが……。 まあ、それで「ローン」と言われてお金を借りると、「借金=悪」ととらえてしまうのは仕方のないところです。 さらにいえば、家を拡張しなければローンは発生しませんが、無人島生活を過ごすうちに、モノが集まってきます。 モノを飾る場所が欲しくなる絶妙なゲーム設計になっているのです。 無人島なのに経済活動に組み込まれているのです。 全部する必要はないのがスローライフたるゆえんですが、全部やると資産が早く増えますから、多くのプレーヤーは借金返済のためにダブルワーク、トリプルワークをして、ハードワークの日々を送ります。 しかもゲームのうまい人は、レアな虫を捕まえることができ、レアな虫はカネになります。 誤解なきようにいえば、ゲームの釣りや虫捕りは楽しいものです。 ボタンの絶妙なレスポンスと効果音、操作性などは、任天堂の得意分野ですから、ずっとやり続けてしまいます。 また果物も地面に植えると新しい木になり、そこからもさらに果物が取れるので、大規模果樹園の運営も可能です。 ただし島の面積は限られ、収穫も基本は自分でやるしかないので、広げすぎると泣きを見ます。 リアルの経済で言うと、ビジネスをするとライバルが生まれ、価格競争になるわけですが、「どうぶつの森」にライバルはいません。 そのギスギス感とは無縁なので、そういう意味では「スローライフ」なのかもしれません。 ただし仕事ざんまい、金に縛られる生活になるので、その意味ではスローライフでないと思うのです。 そしてプレーヤーがゲームの世界に慣れたころ、「カブ」を売るキャラ「ウリ」が日曜日午前中限定で出現します。 「カブ」は1つ100ベル前後で買え、かつ10個でワンセットになります。 このあたりも株式そのものですね。 そしてこの株は1週間後(次の日曜日)には腐って1ベルの価値しかなくなるので、土曜日までに売る必要があります。 どのタイミングで売るか、大変悩むのです。 もちろんカブは暴騰することも、底値が続くこともあるので、現実の株取引に近いと言えます。 時間を巻き戻すと「カブ」が瞬時に腐るのです(涙)。 うまいのはゲームらしく、逃げ道を用意していることです。 自分の島で「カブ」が下落しても、他の島では「カブ」の価格が違うため、ネットで接続して他のプレーヤーの島に渡り、「カブ」売り払えば、大量の売却益が手にできます。 しかも「カブ」の変動も非常によくできていてドキドキできます。 早く売りすぎたショック感、売るのが遅かったときのガッカリ感は、なかなか言葉にしがたいものがあります。 ゲームの世界なのに、こんな気分になるのは驚きです。 私の場合だと常時30万ベル(家の拡張費用相当)を投資しており、毎週のようにそれなりの売却益を受け取るので、「カブ」以降ゲームの展開が楽になりました。 しかも売却益に税金はかかりません。 なお一度失敗して、カブを全部腐らせてしまい(30万ベルの損)、大声を上げたこともありますが、総じてもうかっているのは確かです。 リアル世界の「インサイダー取引」が可愛く見えるのは、私だけでしょうか? ゲームをしていない人は、「スローライフのゲームでしょ? 無理をして金(ベル)を稼ごうとするの?」と疑問に思う人もいるでしょう。 それは、家の拡張以外にも、島の発展のためには、橋や坂を作り、アイテムを買い集める必要があるからです。 そのためには金、金、金なのですね。 島を改造して、景色が一変するのは気持ちの良いものです。 大きな声で言えませんが、どうして行政は無駄な公共事業をしてしまうのか。 絶対的な存在になると、見た目を奇麗にして、派手なものを作りたくなるから?……と思えてしまえるのが、ちょっと怖いところです。 他のゲーム、例えばRPGであれば武器の価格や宿泊費がハイパーインフレになるのですが、「どうぶつの森」はそんなことはありません。 ゲームの仕組みをなるべくシンプルに保ちながら、それでいてゲームとしての面白さを担保し、ゲームのバランスも非常に取れています。 だからこそ、経済の視点から考察したくなるのですね。 繰り返しますが、さりげなく指向性がしめされていて、そこに誘導されてしまう、本当に面白いゲームなのです。 ちなみに最後は、センスが問われるのもいやらしいところです。 お金を集めて島を改造して、モノを飾っても、それをどうデザインして美しく見せるかは、その人の感性がどうしても出るわけです。 私のようにセンスのない人は、ツイッターに次々とアップされる素敵な他プレーヤーの島を見ては、心が折れそうになるわけです。 ゲームの中でもそんな格差を見せつけなくても……とぐちってしまいます。 それでも遊び続けてしまうところに、このゲームのすごさがあるのかもしれませんが……。 現実世界は、表の顔があれば裏の顔があるわけです。 ゲームやマンガなどサブカル分野を20年取材して得た知見を語る「記事も鳴かずば撃たれまい」。 第1回は、プレスリリースが記事に採用されないと悩む方へ、メディア経験者の視点から見た改善方法をお伝えします。 外部の会社を使っているのになあ……」というボヤき、ありませんか? 原因はいろいろ考えられますが、メディアからそもそもリリース自体が良くない……と最初から「ダメ出し」をされている可能性があります。 ネットのおかげで、個人や企業の誰もが気軽に情報を発信できるようになりました。 「メディアは不要」「マスゴミいらね」という考えもよく見かけます。 ですが、ネットの話題の多くは、メディアの配信したニュースを受け、話題にしていることが多いのもまた事実です。 商品情報などごく簡単な情報発信なら、流行の「オウンドメディア(自社情報を発信する自社媒体)」でも問題ないでしょう。 しかし、広くアピールするには、メディアの記事の力は無視できません。 記事は広告と違って金を払う必要はありませんし、広告とは違う視点で読まれる傾向にあるので、うまくすれば効果てきめんです。 そもそもお金を払って記事を出すように仕向けたら、それはペイドパブであり、バレたら信頼がガタ落ちです。 ただペイドパブのように、広告を記事のように仕立てたいという誘惑は、記事の効果があることを意味します。 今やメディアを通さず、個人が自らの考えを気軽に発信できるのがネットの良さであるのは間違いありませんが、それでもメディアの出す記事に価値を認めるからこそ、企業は宣伝・広報担当を設け、日々プレスリリースをせっせと送っているわけです。 「記事になれ!」と念じながら。 なぜリリースを出しても、記事になりづらいのか。 理由は簡単です。 漠然とリリースを作って配信しているからです。 漠然としたリリースに、メディアも魅力を感じないからです。 当たり前の話ですが、企業の宣伝・広報担当がワクワクしないリリースに、メディアがワクワクするわけがありません。 ましてや、記事を書く筆も乗ろうはずがありません。 手元にあるリリースが魅力的か、ワクワクする内容か、メディアの属性や方針(好み)も記事の採用確率に関係します。 しかし、そういう媒体は残念ながらリリースのコピーをベースにしたものになりがちで、そういう記事はパワーに欠けます。 ネットで情報は拡散する……というのは「幻想」にすぎません。 やらかして拡散してほしくないネタはキッチリ拡散しますが、企業がプッシュしたいネタは大半の人(ファン以外)にはどうでもいいことなので、総じてスルーされます。 最近はネット広告のほうが話題になったりします。 バナーをクリックさせようと、あの手この手で工夫をしています。 中には消費者庁などにマークされそうな、詐欺的にも思えるネット広告もあるわけですが、その是非はさておき、工夫されていることは確かです。 よくできた広告は「プロモーション」の文字があっても、思わずクリックしてしまいます。 広告はこれだけ工夫をするのに、プレスリリースには、あまり工夫をしない、したように見えないのはなぜでしょうか。 配信して「後はメディアさんヨロシク!」というのは、いささか工夫が足りませんね。 そういう企業に限って、取材したときの対応はよろしくありません。 リリースについて電話で問い合わせても連絡がつかなかったり、電話番号はなくメールアドレスのみ……という場合もありますね。 記者やライターが、すぐ問い合わせたいから電話をすると「問い合わせはメール」とぶっきらぼうに答えたりします。 メールをしても翌日以降になってやっと返信が返ってくるパターンもありました。 「記事にしたくなければ、無理にしなくていい」というツンデレな対応に合うと、記事を書く側からすれば「そこまでやる気がないなら、リリースを配信しなくてもいいんじゃね?」と思うわけです。 この記事を読むような、意識の高い方は「ありえない」と思うでしょうが、これが結構あるのです。 そして、そういう企業のリリースが増えるから、きちんとしている企業のリリースが埋もれます。 それは、現実として直視せざるを得ないのです。 みなさんも想像してください。 取材が終わってくたくたになりながらメールを見ると、数百通以上のリリースが目の前に流れてくることを……。 だから、プレスリリースをほぼコピペした記事の増加も、気持ちは分かります。 裏返せば「こんなリリース、コピーするだけで十分」と足元を見られているわけです。 そんな時代だからこそ、自社のリリースを、自身が重視しているメディアに認知してもらうかは、最優先案件といえます。 改善点はいろいろありますが、すぐできる簡単なことがあるのですよね。 それはリリースのメールの表題(タイトル)を重視することです。 コンパクトで分かりやすく、一読してイメージがつかめるようにしてください。 そこだけでも工夫するのが攻略の第一歩です。 なぜなら、タイトルを工夫するには、プレスリリースを熟知した上で考え抜く必要があります。 商品知識は当然のこと、業界の内情にも通じ、業界内外の流行にもアンテナを張らないと気の利いたリリースは書けません。 記者やライターの立場も考え、どうすればリリースが目に留まるかを考えることです。 もちろん物事に確実なことはありませんから、工夫してもうまくいかないこともあるでしょう。 それでもチャレンジをすれば、伝わる人には伝わります。 ダメなプレスリリースの改善方法は、本当にシンプルなのです。 最初は時間のかかることかもしれませんが、だんだんコツがつかめるはずです。 「働き方改革」の時代でもあるので、なかなか時間は取れないでしょう。 それでも、可能な範囲でやる、それが無理なら心構えだけでも……と思えば、行動が変わるはずです。 その前向きな姿勢が、記者やライターを引き寄せる「エサ」になるのです。

次の

任天堂『あつまれ どうぶつの森』260万本突破 在宅民の心つかむ(2ページ目):日経クロストレンド

あつ 森 な つの 貝殻

全編コロナ後書き下ろし! 「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売) 酒井大輔著、日経BP、1760円 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。 消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。 主人公は、商社からやってきた1人の男。 作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。 客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。 実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。 組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。 本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。 ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。 アフターコロナで何を仕掛けるのか。 本書を読めばすべて分かります。 新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。

次の