一個 ずつ づつ。 【ずつ】と【づつ】の意味の違いと使い方の例文

「づつ」と「ずつ」の使い分けは?

一個 ずつ づつ

「ずつ」の意味と使い方 「ずつ」は「数量・割合を表す名詞・副詞、および一部の助詞につく副助詞」で、「ある数量を均等に割り当てる」という意味があります。 例えば「一人につき二つずつお菓子を配る」というと全員に対して二つお菓子を配っているという意味です。 また「一定量に限って繰り返す」という意味で使われることもあります。 「一ページずつ読み進める」とは一ページ読み進めるというのを繰り返すと解釈することができるでしょう。 「ずつ」の漢字表現は「宛」 国語辞典等で「ずつ」を調べると「宛」という漢字で出てきます。 これは「ずつ」の漢字表現が「宛」だからです。 例えば「一人宛」は「ひとりあて」ではなく、「ひとりずつ」と読みます。 また「五本宛」も「ごほんあて」ではなく「ごほんずつ」です。 「ずつ」と「づつ」の違い 「ずつ」と似た言葉として「づつ」が挙げられます。 音も意味も同じですが、「ずつ」の方が目にする機会が圧倒的に多いです。 ではなぜ「ずつ」の方が目に触れることが多いのか、またどのように使い分けをしたら良いか確認してみましょう。 基本は「ずつ」を使用する 「ずつ」と「づつ」は対象や状況によって使い分けがあるという意見もありますが、基本的な考えとして「ずつ」を使うとされています。 基本的に「ずつ」を使用すれば問題ない為、他の言葉のように使い分けを覚えたり意識したりする必要もありません。 「少しずつ」や「一本ずつ」等、それぞれが均等であることを伝える時には「ずつ」を使います。 また言葉の使い方を司る文部科学省の内閣告知や内閣訓令では「じ」や「ず」を使って書くことを本則とする記述があるのです。 このことから基本的に「ぢ」ではなく「じ」、「づ」ではなく「ず」を使うことを奨励しているということが読み取れます。 また内閣訓令に従った言葉遣いをしているNHKも「ずつ」が使われているのです。 実際にテレビの字幕等を見ても「づつ」より「ずつ」の方が多く使われており、またその方が読みやすいという声もあります。 なお自分独自の意図を込めて「づつ」と「ずつ」を使い分けることは全く問題ありません。 その他仲間内で使うのも良いでしょう。 ただしビジネスメールや公的な文書等では違和感を持たれたりしないよう、「ずつ」を使うのが無難です。 さらに「融通」や「稲妻」は漢字単体で見ると「ゆう+つう」と「いな+つま」と読みますが、実際の読みは「ゆうずう」や「いなずま」であることが分かります。 これはこれらの言葉を二つに分解すると意味が通じなくなるからとされています。 このように、「ずつ」を使う機会が圧倒的に多いからこそ私たちの目に入る頻度も多くなっているということが分かります。 では「づつ」は自分の中だけ、あるいは身内でしか使わない方が良いかというと必ずしもそうではありません。 例えば「縮れる」は「ちぢれる」、「続く」は「つづく」と書きますが、これは先述の内閣訓令に「前と同じ音が続く場合はそのまま濁点をつける」という例外があるからです。 他にも「鼻血」は「はなぢ」と書きますが、これは「血」が「ち」と読む為だと考えるのが妥当でしょう。 ここでの内容をまとめると、以下のようなことがいえます。 基本的には「ずつ」を使う• 「づつ」を使うのは自分の中や身内に留めておくのが無難• 連続して同じ音を使う場合はそのまま濁点をつける• 「融通」や「稲妻」等分解すると意味が通じなくなる言葉は「ず」を使う• 「鼻血」は「はなぢ」と読む等の例外もある 「ずつ」と「ごと」の違い 「ずつ」と似た意味を持つ言葉として「ごと」が挙げられます。 日本語に慣れ親しんでいる方は感覚的に使い分けることができますが、実は外国人等日本語を一から学ぶ人には難しいという意見もあるのです。 それではどのように使い分けをしているか見てみましょう。 「ずつ」は数量、「ごと」は頻度に使う 「ずつ」は「ある数量を均等に割り当てる」という意味があるのはすでに確認した通りです。 対して「ごと」は「ある頻度や回数を数える」時に使われています。 例えば「一週間ごとに訪問する」や「二回失敗するごとに交代する」は頻度や回数なので「ずつ」ではなく「ごと」を使っています。 ただし「地域ごとに風習は違う」や「家庭ごとに訪問して回る」のように、一定の団体や組織等に対して使う時もあるので注意が必要です。 この場合「地域によって風習は違う」や「家庭を順番に訪問して回る」という意味だと解釈することができます。 なお「ごと」は漢字で「毎」と書きますが、本来「毎」は「まい」としか読まないのです。 名詞や動詞の連体形につく接尾語として使う時には「毎」と読みますが、それは正式ではないという意見もあります。 特に公式な文章等では「ごと」と書いた方が無難だといえるかもしれません。 ちなみに、「ずつ」や「ごと」に似た言葉として「あたり」も考えられます。 「あたり」は「一人につき一つ支給する」のように、「どの程度の割合で割り当てるか示す時に使う」言葉です。 他には「五本につき一本の割合で当たりくじが入っている」のように使います。 「ずつ」の英語表現 「ずつ」を英語で表現すると次のようなものが考えられます。 each ずつ• one by one 一人ずつ• little by little 少しずつ 上記を使った例文も一緒に確認しておきましょう。

次の

「ずつ」と「づつ」どちらが正しい?両者の違い・意味・使い方を解説

一個 ずつ づつ

「ずつ」と「づつ」の違い 「ずつ」と「づつ」の違いを分かりやすく言うと、 一般的に使われる表現が「ずつ」であり、歴史的仮名遣いの名残りとしてある表現が「づつ」であるという違いです。 内閣府では「ずつ」を使うことを推奨していますが、「づつ」でも間違いではないとしています。 「ずつ」と「づつ」というのは、どちらも数量を等しく割り当てることや、一定量を繰り返すことなどを意味しています。 名詞や副詞、助詞などに付属して意味を成す言葉であり、日本では古くから使われてきた表現です。 辞書などで調べると、「ずつ」という表現は記載されていますが、「づつ」という表現は載っていません。 文部科学省が発表した現代仮名遣いに関する決まりでは、「ずつ」を一般的な表現として推奨するとしています。 日本語の中には、この「ずつ」や「づつ」のように、同音の読み方をするために混同されやすい表現が多くあります。 例えば「じ」と「ぢ」も使い分けが難しいものとされています。 内閣府の規定では、「づ」よりも「ず」を使うこと、「ぢ」よりも「じ」を使うことを推奨しています。 濁点を除いた「つ」や「ち」は、「た行」の言葉であり、「す」や「し」は「さ行」の言葉です。 音順に並べた際に、さ行の方が先にあります。 先にある方が推奨して使用されるものであると覚えておくと分かりやすいでしょう。 「ぢ」と「じ」の使い方で混同されがちなのは、例えば「地面」や「町中」、「旅路」などの表現です。 「地面」は「ぢめん」ではなく「じめん」と書きます。 「町中」は「まちぢゅう」ではなく「まちじゅう」、「旅路」は「たびぢ」ではなく「たびじ」です。 これらの表記も覚えておくと役に立つ知識です。 「一つづつ」や「二つづつ」などの表現は、昔、均等に配る際に「ひとつっつね」「ふたつっつあげるね」などのように表現していたものの名残りであるともされています。 これらの表現が言いやすいように変化をして「一つづづ」「二つづづ」となりました。 しかし、字面として見てみると、「つ」が連発していてとても読みにくいものに見えます。 そのため、一般的には「づつ」ではなく「ずつ」を推奨するとしています。 特別なこだわりから「づつ」を使用する際は、平仮名の繰返し記号を使用して「づゝ」とする場合もあります。 これは知人に宛てた手紙などで使用されるものであり、間違いではありません。 推奨表現ではありませんが、目上の人にも使用できるものです。 「ずつ」の意味 「ずつ」とは、 数量を等しく割り当てることや、一定量を繰り返すことを意味しています。 例えば、等しく割り当てる際には「一人に三個ずつ渡す」などのように表現し、繰り返しの際には「一ページずつ進める」などのように表現します。 このように、「ずつ」という表現は数量や割合を表現する名詞や副詞、一部の助詞に付属して意味を成す言葉です。 これらの表現は日本では古くから用いられていたものであり、現在でもよく使用される言葉です。 この「ずつ」という表現は同音である「づつ」と混同しやすい言葉であるとされていますが、文部科学省の発表した言葉の使い方としては「ずつ」という表現が推奨されています。 しかし、これはあくまでも推奨ということであり、「づつ」とするのが間違いであるということではありません。 ただ、一般的には「ずつ」という表現を使うことが好ましいとされているので、公的書類などでは「ずつ」を使用するようにしましょう。 新聞や雑誌、テレビ番組のテロップなどでも「ずつ」を推奨して使用しています。 特別に「づつ」を使いたい理由がない限りは「ずつ」と表記するのだと覚えておくようにしましょう。 「ずつ」というのは、均等に割り当てることや、繰り返すことを意味する言葉です。 「五人ずつのグループを作る」などのように数量の等しさを表現するのに使用したり、「毎日少しずつ努力する」というように繰り返しを表現したりします。 「づつ」の意味 「づつ」とは、 数量を均等に割り当てたりする意味で使われていた歴史的仮名遣いの名残りを意味しています。 同音である「ずつ」と混同されがちな表現ですが、現代語では「ずつ」が推奨されており、「づつ」はあまり使用されません。 内閣府の定めた言葉の使い方では、「づつ」ではなく「ずつ」を推奨しています。 「少しずつ」「一つずつ」という表現を推奨していて、「すこしづつ」「一つづつ」という表現はあまり使用しないとしています。 しかし、「づつ」という表現を完全に間違いであると決めているわけではありません。 あくまでも「ずつ」とすることを推奨しているだけですので、「づつ」を使っても間違いであるとは言えないものです。 例えば、「今日」という言葉の読み方は、現在では「きょう」ですが、歴史的仮名遣いでは「けふ」と読んでいました。 このように、「ずつ」という表現も、昔は「づつ」とされていたものです。 今日という言葉を「けふ」と読む人が現代ではあまりいないように、「づつ」という言葉も間違いではないものの、使用される頻度は少ないのが現状です。 書き言葉などで使用する際には、特別なこだわりがない限りは「ずつ」と表記するようにします。 「ずつ」の例文と使い方 10.僕は新しいパソコンを買うため、アルバイトをして毎月二万円ずつ貯金している。 この言葉がよく使われる場面としては、数量を均等に割り当てたり、一定量を繰り返すことを表現したい時などが挙げられます。 この「ずつ」という言葉は、名詞や副詞、助詞などに付随して意味を成す言葉です。 「ずつ」というのは「づつ」と混同しがちですが、内閣府では「ずつ」という表現を推奨しています。 そのため、公的な書類などでは「ずつ」と表現するのだと覚えておくようにしましょう。 どうしても個人的に「づつ」という表現が使いたいという場面以外では、「ずつ」を使うのが正解だと考えるようにすると明解で分かりやすいです。 「づつ」の例文と使い方 10.「づつ」というと、古文の教科書に載っていた「つつゐづつ~」の和歌が思い出されたが、全く異なる言葉だった。 この言葉がよく使われる場面としては、数量を均等に割り当てたりすることを歴史的仮名遣いを使って表現したい時などが挙げられます。 現代語では基本的に「づつ」ではなく「ずつ」を推奨していますが、「づつ」という表現でも間違いではありません。 実際に、昭和21年までは、歴史的仮名遣いの名残りである「づつ」を使用していました。 しかし、同年に定められた現代仮名遣いの決まりの中で一度「ずつ」表記に統一されています。 その後、昭和61年に「ずつ」でも「づつ」でも間違いではないけれど、「ずつ」を推奨するという形に定められました。 このように一度「ずつ」に統一されたという経緯があるため「ずつ」という表記の方が一般的な認識として浸透しています。 どうしても「づつ」としたい時以外は「ずつ」と表記するようにしましょう。

次の

「づつ」と「ずつ」の使い分けは?

一個 ずつ づつ

「ずつ」の意味と使い方 「ずつ」は「数量・割合を表す名詞・副詞、および一部の助詞につく副助詞」で、「ある数量を均等に割り当てる」という意味があります。 例えば「一人につき二つずつお菓子を配る」というと全員に対して二つお菓子を配っているという意味です。 また「一定量に限って繰り返す」という意味で使われることもあります。 「一ページずつ読み進める」とは一ページ読み進めるというのを繰り返すと解釈することができるでしょう。 「ずつ」の漢字表現は「宛」 国語辞典等で「ずつ」を調べると「宛」という漢字で出てきます。 これは「ずつ」の漢字表現が「宛」だからです。 例えば「一人宛」は「ひとりあて」ではなく、「ひとりずつ」と読みます。 また「五本宛」も「ごほんあて」ではなく「ごほんずつ」です。 「ずつ」と「づつ」の違い 「ずつ」と似た言葉として「づつ」が挙げられます。 音も意味も同じですが、「ずつ」の方が目にする機会が圧倒的に多いです。 ではなぜ「ずつ」の方が目に触れることが多いのか、またどのように使い分けをしたら良いか確認してみましょう。 基本は「ずつ」を使用する 「ずつ」と「づつ」は対象や状況によって使い分けがあるという意見もありますが、基本的な考えとして「ずつ」を使うとされています。 基本的に「ずつ」を使用すれば問題ない為、他の言葉のように使い分けを覚えたり意識したりする必要もありません。 「少しずつ」や「一本ずつ」等、それぞれが均等であることを伝える時には「ずつ」を使います。 また言葉の使い方を司る文部科学省の内閣告知や内閣訓令では「じ」や「ず」を使って書くことを本則とする記述があるのです。 このことから基本的に「ぢ」ではなく「じ」、「づ」ではなく「ず」を使うことを奨励しているということが読み取れます。 また内閣訓令に従った言葉遣いをしているNHKも「ずつ」が使われているのです。 実際にテレビの字幕等を見ても「づつ」より「ずつ」の方が多く使われており、またその方が読みやすいという声もあります。 なお自分独自の意図を込めて「づつ」と「ずつ」を使い分けることは全く問題ありません。 その他仲間内で使うのも良いでしょう。 ただしビジネスメールや公的な文書等では違和感を持たれたりしないよう、「ずつ」を使うのが無難です。 さらに「融通」や「稲妻」は漢字単体で見ると「ゆう+つう」と「いな+つま」と読みますが、実際の読みは「ゆうずう」や「いなずま」であることが分かります。 これはこれらの言葉を二つに分解すると意味が通じなくなるからとされています。 このように、「ずつ」を使う機会が圧倒的に多いからこそ私たちの目に入る頻度も多くなっているということが分かります。 では「づつ」は自分の中だけ、あるいは身内でしか使わない方が良いかというと必ずしもそうではありません。 例えば「縮れる」は「ちぢれる」、「続く」は「つづく」と書きますが、これは先述の内閣訓令に「前と同じ音が続く場合はそのまま濁点をつける」という例外があるからです。 他にも「鼻血」は「はなぢ」と書きますが、これは「血」が「ち」と読む為だと考えるのが妥当でしょう。 ここでの内容をまとめると、以下のようなことがいえます。 基本的には「ずつ」を使う• 「づつ」を使うのは自分の中や身内に留めておくのが無難• 連続して同じ音を使う場合はそのまま濁点をつける• 「融通」や「稲妻」等分解すると意味が通じなくなる言葉は「ず」を使う• 「鼻血」は「はなぢ」と読む等の例外もある 「ずつ」と「ごと」の違い 「ずつ」と似た意味を持つ言葉として「ごと」が挙げられます。 日本語に慣れ親しんでいる方は感覚的に使い分けることができますが、実は外国人等日本語を一から学ぶ人には難しいという意見もあるのです。 それではどのように使い分けをしているか見てみましょう。 「ずつ」は数量、「ごと」は頻度に使う 「ずつ」は「ある数量を均等に割り当てる」という意味があるのはすでに確認した通りです。 対して「ごと」は「ある頻度や回数を数える」時に使われています。 例えば「一週間ごとに訪問する」や「二回失敗するごとに交代する」は頻度や回数なので「ずつ」ではなく「ごと」を使っています。 ただし「地域ごとに風習は違う」や「家庭ごとに訪問して回る」のように、一定の団体や組織等に対して使う時もあるので注意が必要です。 この場合「地域によって風習は違う」や「家庭を順番に訪問して回る」という意味だと解釈することができます。 なお「ごと」は漢字で「毎」と書きますが、本来「毎」は「まい」としか読まないのです。 名詞や動詞の連体形につく接尾語として使う時には「毎」と読みますが、それは正式ではないという意見もあります。 特に公式な文章等では「ごと」と書いた方が無難だといえるかもしれません。 ちなみに、「ずつ」や「ごと」に似た言葉として「あたり」も考えられます。 「あたり」は「一人につき一つ支給する」のように、「どの程度の割合で割り当てるか示す時に使う」言葉です。 他には「五本につき一本の割合で当たりくじが入っている」のように使います。 「ずつ」の英語表現 「ずつ」を英語で表現すると次のようなものが考えられます。 each ずつ• one by one 一人ずつ• little by little 少しずつ 上記を使った例文も一緒に確認しておきましょう。

次の