レンタルサーバー 独自ssl。 独自SSL・SSLサーバー証明書 導入料金比較

オプション独自SSL

レンタルサーバー 独自ssl

WordPressでブログを始めたいけど、安いレンタルサーバーを知りたい、と考えている方へ。 WordPressブログで稼ぎたい場合に、初期投資の費用を圧倒的に安く始める方法を紹介します。 ブログを始めたいけど、最初からお金をかけるのは不安、という人は多いでしょう。 また、安いレンタルサーバーにしても、選ぶ上でのポイントを知っておきたいのではないでしょうか。 本記事では、下記の内容を解説します。 WordPressのレンタルサーバーを選ぶ上でのポイント• ポイントを踏まえた最安のレンタルサーバー 先に結論を書くと、の無料レンタルサーバーを使う方法が極めて低コスト、かつ、おすすめです。 実は本サイトも、このサーバーを使っています。 Googleアドセンスの審査も合格していますので、ブログで稼ぐ上で十分なサーバーと言えるでしょう。 WordPressのレンタルサーバーを選ぶ上でのポイント SSLの重要性 ブログで稼ぐ目的なら、「独自SSL」に対応しているサーバーを選びましょう。 これは最近、必須となったポイントです。 SSLに対応してないサイトはGoogleから冷遇されるため、非常に不利になります。 具体的には、Google検索結果の表示順位に、SSLかどうかが影響するようになりました。 これはGoogleが公言していることで、SSL優遇の傾向は今後も強くなるでしょう。 そのため、 稼ぐ目的であれば独自SSLは必須になります。 その他のポイント その他のサーバーを選ぶポイントとしては、次の点をおさえておけば良いでしょう。 WordPressが使える• 独自ドメインが使える• 容量が十分にある 容量については、WordPressブログを運用するのに必要な量として、数GBはあると良いでしょう。 これらの条件を満たせれば、安いレンタルサーバーでも大丈夫です。 ポイントを踏まえたレンタルサーバー比較(最安はどこ?) では、上記のポイントをおさえた上で、どのレンタルサーバーが最も低コストでしょうか。 冒頭でも触れましたが、結論から言うと、でドメインを契約し、付属の無料レンタルサーバーを使うのが最安です。 機能面でも上記ポイントをおさえており、優れています。 では具体的に他のサービスと比較し、理由を解説します。 定番の「エックスサーバー」 「 」は定番のレンタルサーバーです。 機能面では申し分ないのですが、費用はそれなりにかかる方です。 月額900円(+初期費用3,000円)からと、決して安いサーバーではありません。 機能としては、先に挙げたポイントは全て十分にクリアでき、ディスク容量については200GBも使えます。 また、定番のサーバーのため、ネット上に情報が豊富な所が最大のメリットです。 「ロリポップ!」 「 」も有名どころです。 「ライトプラン」ならWordPressが使えて、割と安上がりなプランになります。 サーバー代は月額250円(+初期費用1,500円)。 加えて、独自ドメインを別途、他で契約すると、年額1,200円程度かかるので、ドメイン代も全て含めると、 月に350円程度のコストになります。 機能面は必要なポイントを全ておさえており、ディスク容量も50GBと十分です。 だいぶ安上がりですが、続いてさらに低コストなサーバーを見ていきます。 「エックスフリー」 無料のレンタルサーバーも紹介しておきます。 「」はWordPressが使える無料のレンタルサーバーですが、稼ぐ目的ではおすすめできません。 理由は、 独自SSLに非対応となっているからです。 以前はそれでも問題なかったのですが、先に書いた通り、今はGoogleから冷遇されて不利になります。 特にブログで稼ぐ目的の場合は、ここは重要なポイントとなるため、独自SSL非対応は致命的なデメリットになります。 一方で、無料であることを利用して、WordPressのお試し用サーバーとして使う手はあるでしょう。 「スタードメイン」の無料レンタルサーバー でドメインを契約すると、「無料レンタルサーバー」が付属してきます。 (他社ドメインからの移管でも使えます。 ) これを活用すると、 機能のポイントをおさえた上で最安のサーバーになるため、これが最もおすすめな方法です。 独自ドメイン利用可能• 独自SSL無料• WordPressに対応• ディスク容量3GB• 設定方法等については公式マニュアルあり この機能性で、実質的にドメイン代だけの年額1,200円で使えます。 月にして100円という缶コーヒー1缶分の価格。 これは、独自SSL機能に対応しているサーバーの中では、圧倒的な低コストになります。 ちなみにですが、特に、稼ぐためにブログを始める場合は、あまりサーバー選びに時間をかけず、どんどん記事を書いていくことの方が重要です。 サーバーは後から移行もできるため、最低限のポイントをおさえた安いサーバーで良いので、早く執筆をスタートさせることが大事です。 スタードメインの無料レンタルサーバーについて解説 では、スタードメインの無料レンタルサーバーについて、もう少し詳しく解説します。 スタードメイン「無料レンタルサーバー」のメリット 格安で使える割にメリットは多いです。 では、上に書いてないメリットも含めて紹介します。 サーバー代は無料(ドメイン代のみでOK)• 独自SSL機能が無料• WordPress日本語版の簡単インストール機能あり• 後からスターサーバーの有料プランへ切り替え可能 後々、スターサーバーの有料プランに簡単に切り替えできる拡張性は良いですね。 ブログが何年も長続きして、容量が欲しくなったとしても安心です。 スタードメイン「無料レンタルサーバー」のデメリット デメリットはあまり気にならない範囲ですが、ディスク容量が3GBと少なめな点です。 ただ、本ブログもこのサーバーを使っていますが、画像やWordPressプラグインを使っても容量は全然平気な感じです。 毎日記事を書いたとしても、1年以上は容量いっぱいにならないでしょう。 なので、まずはお試しにこのサーバーで始めて、ブログが長続きして収益が出そうならスターサーバーの有料プランに切換えていく、という手は良い方法と思います。 スタードメイン「無料レンタルサーバー」の使い方(申し込み~WordPressインストール) ドメインを申し込み後、公式マニュアルを見ながら設定等できます。 (その他、参考になるサイトも後で記載します。 ) まず でドメインを申し込みます。 (他社ドメインからの移管でもOK) 長く使うなら、「. com」が長期的には安いです。 そのページの下の方に「サーバー申込マニュアル」へのリンクがあります。 このマニュアルの手順に沿って、無料レンタルサーバーへの申し込みをしましょう。 参考になるサイト WordPressブログの始め方をわかりやすく解説しているサイトを紹介します。 レンタルサーバーとしては、エックスサーバーが定番ですが、 実はスタードメインのサーバーも使い方はあまり変わりません。 とてもわかりやすいので、リンクしておきます。

次の

SSLサーバー証明書 標準独自SSL|Zenlogic

レンタルサーバー 独自ssl

「常時SSLにするとSEOに効果がある」 GoogleがSSLを推奨したことで、SSLを導入するサイトやブログが増えました。 しかし、SSLは「価格が高いし導入したくない」「仕組みがよくわからない」「必要性はあるの?」といった理由で、見送るケースも多いです。 私はWeb制作の仕事をしていて、このような場面には何度も遭遇しました。 とはいえ、最近では常時SSLの需要増加に伴い、無料でSSLを提供してくれるレンタルサーバーがあります。 WordPressを使った個人ブログや企業のオフィシャルサイトで活用してみてください。 ちなみに、当サイトも の独自SSLを使って常時SSLを実現していますよ。 このページでは、独自SSLが無料で利用できるレンタルサーバーを比較します。 もちろん、常時SSLも可能ですよ。 SSLとは?|基本的な仕組み SSLは、インターネット上の通信を暗号化する技術です。 送受信するデータを暗号化することで、クレジットカード情報、個人情報の漏洩やデータの改ざんを防止できる効果があります。 そのSSLを全てのページに適用させるのが常時SSLです。 常時SSLのサイトやブログは、セキュリティが高いとして、検索エンジンにも評価されるようになり、注目が高まりました。 しかし、問題は料金がかかること。 年間数千円から10万円以上するSSL証明書もあります。 大企業ならともかく個人ブログや新規で売り上げのたたない小さなショップでは、手痛い出費となりますよね。 ところが、レンタルサーバーによっては、無料でSSLを提供してくれます。 これから、新しくサーバーをレンタルする場合や乗り換えを検討しているのであれば、大きなポイントとなります。 レンタルサーバーで無料の独自SSLを導入するメリットとデメリット メリット ・料金が無料(初期費用、更新費用ともに) ・面倒な手続きが不要 ・マニュアルが用意されているから設定方法が簡単 ・複数サイト(マルチドメイン)でも適用可能 最大のメリットは、料金が無料なことです。 レンタルサーバーが無料SSLのサービスを提供している限りは、更新料が必要なく、ずっと無料で利用できます。 そして、レンタルサーバーでは、マルチドメインで複数のサイトを運用することも可能です。 そのすべてのサイトに無料で独自SSLを導入できます。 通常は、1つの証明書に対して、1ドメイン(IPアドレス)しか対応していません。 そのため、ドメインの数だけSSL証明書を取得する必要があり、コストがかかります。 レンタルサーバーの無料SSLなら、複数サイトで独自SSLを無料で適用できるので、コストを大幅におさえられます。 また、面倒な手続きも不要で、簡単に独自SSLを導入できるのも魅力です。 私がこのサイトを常時SSL化したときは、思い立ってから1時間程度で導入できました。 デメリット ・グローバルサインやジオトラストなど知名度があるSSL証明書は無料ではない ・サイトシールがもらえない ・レンタルサーバーを解約したり移設するとSSLが使えなくなる ・SSLの無料サービスが終了する可能性もある グローバルサインやジオトラストなど知名度やシェアの高いSSL証明書は、無料ではありません。 簡単かつ手軽に証明書が取得できるので、人気が高まっています。 しかし、SSLとして機能が不十分というわけではありません。 どちらかというとグローバルサインやジオトラストがより強固で信頼性が高いということです。 公的機関や学校などセキュリティの信頼性を明示したい場合は、高いお金を支払って有料のSSLを導入した方がいいかもしれません。 とはいえ、通常のサイトやブログでは、無料の独自SSLでも大丈夫かと思います。 私は、企業やショップのWebサイト制作を請け負っていましたが「SSLは高いしいらない」というお客さんが多かったんですよね。 それでも、お問い合わせフォームや資料請求にはSSLを適用させた方がいいんです。 そんなときは、レンタルサーバーの無料SSLが大活躍します。 ただし、無料SSLはレンタルサーバーが提供しているものです。 別のサーバーに移設すれば、当然使えなくなります。 移設先のレンタルーサーバーがSSLに対応しているかどうかは確認しておきましょう。 スポンサードリンク 注意したいこと|レンタルサーバーで無料のSSLは2種類ある レンタルサーバーで無料で提供されるSSLには「独自SSL」と「共有SSL」があります。 共有SSL 共有SSLは、レンタルサーバーが取得しているSSLの一部を、共有で借してもらえるサービスのこと。 無料で提供されているレンタルサーバーも多いです。 しかし、共有SSLにはデメリットがあります。 それは、URLで独自ドメインが使えないことです。 例えば、あなたのサイトのURLがhttp:example. comだったとします。 ところが、共有SSLを適用させると、以下のようにURLが変わります(例:さくらのレンタルサーバーの場合) https:example. com http:がhttps:になるだけです。 これが、本来のSSLのURLです。 レンタルサーバーで、無料のSSLを探す場合は、独自SSLであるかどうかを確認しましょう。 次項では、独自SSLが無料で利用できるレンタルサーバーを紹介します。 独自SSLが無料!おすすめのレンタルサーバーを比較 エックスサーバー すべてのプランにおいて、無制限・無料で独自SSLが利用できます。 私もこのサイトを含む、4つのサイトをエックスサーバーで運営していて、無料で常時SSLにしています。 しかも、管理画面から簡単にSSLを設定できるため、特別な知識が必要なく気に入っています。 およそ、1〜2時間程度でSSL対応できましたよ。 また、月額900円(税抜)の低価格で、高速&大容量のサーバー利用できるためコスパがよく、人気があるサーバーです(運用サイト数120万件以上)。 個人から企業まで幅広いサイト運営でおすすめ。 独自SSLが無料で利用できます。 月額費用890円で容量300GB、データ転送量が無制限は魅力。 エックスサーバーに対抗しているようにもみえます。 8つのプランがあり、個人から企業まで求めるスペックに応じて選択できます。 そのため、少し精度を上げておきたい中小企業におすすめです。 海遊館やニフレルといったアクセスの多い観光施設のサイトでも利用されています。 2015年にサービスが開始され、比較的新しいサービスですが、Yahoo! JAPANのIaaS型クラウド基盤の採用や365日無料電話サポートなど、品質やサポート体制は他社にも負けておらず、今後も期待できるレンタルサーバーです。 マネージド専用サーバーの特長は、データ転送量が無制限であること。 アクセス数や動画、画像が多いサイトでもメリットがあります。 アクセスが集中して、転送量がオーバーしてもサーバーが落ちてしまうことを防ぎやすくなります。 しかし、暗号化での送受信は無料も有料も同じ。 仕組み自体には遜色ありません。 では有料のSSLは、なぜ料金が高いのか。 その大きな違いは「信用度」です。 SSLは、契約にあたってシマンテック、GMOグローバルサインといった認証局での審査が必要です。 料金が高いSSLほど、審査が厳しいので信用度が高いことの証明になります。 それに伴い、SSLサーバ証明書を導入している証明となる「サイトシール」を貼ることができます。 公的機関や大企業など、信用を大事にするサイトであれば、有料のSSLを契約した方がいいかもしれません。 とはいえ、先程も書いたようセキュリティに遜色はないため、個人利用や会社のポリシーによっては、無料のSSLで十分だと思います。 まとめ 個人の利用では がおすすめ。 多くのブロガーやアフィリエイターが使っていることで有名です。 コスパのよさはピカイチですよ。 月額料金の安くしたいなら です。 ページ数の少ない小規模サイトや個人ブログなら機能的にも十分です。 は実績が少ないものの、スペックやサービス内容は目を見張るものがあります。 小規模~中規模の中小企業のコーポレートサイトやショッピングサイトなどの利用に最適。 プランが豊富なので選びやすいです。 専用サーバーなら です。 転送量無制限なので、動画や写真を扱うサイトやバズが起こって一時的にアクセスが集中するようなサイトで威力を発揮します。 サーバーが落ちて、ユーザーを逃してしまうリスクを減らすことができます。 3つともに特徴がありますが、どれも無料で独自SSLが使える有名なレンタルサーバーですよ。

次の

独自SSL・SSLサーバー証明書 導入料金比較

レンタルサーバー 独自ssl

独自SSLはブログ初心者もチェックしておきたいポイント もし、これからブログアフィリエイトを始めようという人がこの記事を読むと「独自SSL」のことはよくわからないと思います。 簡単に言うと、サイトのセキュリティのことで、ブラウザーの画面上部ページのURLの前に緑の鍵のマークが出ている場合がありますが、あれがSSL URLがHTTPSで始まる です。 検索エンジンの大手であるGoolgeが、今後はSSL化されたサイトを有利に扱うとアナウンスした以上、検索エンジンからの集客を狙うアフィリエイターにとっては、重要なポイントです。 レンタルサーバーをこれから借りようと思っている人は、この「独自SSL」が無料かどうかを確認してから契約するのがおすすめです。 私は、数社のレンタルサーバーと契約していますが、すべての会社が独自SSLを無料で提供してくれているわけではありません。 独自SSLは、新たなサイトやブログを立ち上げる際に、今後は必須となるでしょうから、これを無料か有料かというのは大きな違いです。 ちなみに、有料の場合は年額で1サイト当たり数万円かかる場合が多いので、これが無料で利用できるサーバーのお得感がわかりますよね。 これからのレンタルサーバーの選び方 レンタルサーバーの中で、一番最初に独自SSLを無料で利用できるようになったのはエックスサーバーだったと記憶しています。 さすが老舗、ブロガーやアフィリエイターに圧倒的支持を集めているエックスサーバーだなあと思ったのを覚えています。 それに続いて、他社レンタルサーバーでも独自SSLを扱えるようになってきましたね。 また最近よく見かけるのが「クラウド型サーバー」と呼ばれるものです。 クラウド型サーバーとはどんなものなのか、私もまだきちんと説明できるほどには勉強しておりません。 でもその特長として、操作やサイト表示のスピードが速く、プランのアップグレードが容易だという点があるようです。 ですので、これらのクラウド型サーバーを選ぶのも一つの方法でしょう。 サーバーを選ぶときにチェックしたいことに関しては以下の記事にも書いています。 登録できるドメインやメール数は、無制限に使えるサーバーが増えています。 ただ、プランによっては制限があるものもあるので、確認しておきたいところです。 ワードプレスの簡単インストールについても、多くのサーバーが対応しています。 ですので、あまり比較材料にはならないと思いますが、中にはワードプレスインストールがワンクリックでできないサーバーもありますので、チェックしておきましょう。 ワードプレスサイトを複数運営したいという人は、データベース数を確認するのも忘れないように。 また、お試し期間の日数もチェックしてサーバーを選んでください。 今回ピックアップしたサーバーは、すべて独自SSLが無料で使用できるサーバーです。 少しコストがかかっても確実性の高いサーバーを選びたいという人には、やはりエックスサーバーがおすすめです。 エックスサーバーほど高くもなく、初心者にやさしいと評判なのはです。 とにかく低コストにこだわりたいという人には、やをおすすめします。 エックスサーバー エックスサーバーは、ブロガーやアフィリエイターからとても評判の良いサーバーです。 安定していて、スピード感もあり、マルチドメインやワードプレスの簡単インストール機能はもちろん、操作画面も使いやすくサポートやセキュリティもしっかりしています。 X10プランで、ディスク容量200GB、一日の転送量は70GB、データベースは最大で50個まで作成できます。 費用は、契約期間によって異なり、 36か月契約だと最安値の月額900円で契約できます。 初期費用が3,000円かかります。 ロリポップ ロリポップは低コストで初心者にも使いやすい人気のレンタルサーバーです。 2017年7月11日より、独自SSLが無料化されました。 ワードプレスの簡単インストール付き、電話サポートもありですので、初心者に人気なのもわかります。 操作画面も使いやすく、サーバー稼働率は99. 99%以上なのも安心。 さらに、無料お試し期間が10日間ついています。 スターサーバー ネットオウルが提供する、新しいクラウド型レンタルサーバーです。 格安サーバーでありながら無料で独自SSLが利用できます。 データ容量100GBで、 ワードプレスサイトが最大20個まで運営可能です。 初心者にも使いやすく、サイトのアクセス増加に応じてプランのアップグレードもできます。 ワードプレスサイトを1つだけ作りたいという人なら、月額250円のライトプランでもOKでしょう。 無料お試し期間が2週間ついています。 MixHost MixHostは、 初期費用無料、月額480円から利用できる、高性能クラウド型レンタルサーバーです。 レンタルサーバーとしての使いやすさと、クラウドサーバーのいいとこ取りしたような、レンタルサーバーです。 一番安いプランは月額480円 エコノミープラン で、マルチドメイン、メールアドレス、データベース、FTPアカウント無制限なので、ワードプレスサイトの大量生産も可能です。 ただ、このエコノミーは ディスク容量が10GBしかないので、容量が必要な人は、 スタンダードプラン 月額980円 ディスク容量30Bがおすすめです。 サーバー稼働率99. 無料独自SSLがデフォルト対応。 30日間無料お試しつきです。 私も実際に使っていますが、非常に使いやすいです。 クラウドサーバーということで、敬遠する人もいるかもしれませんが、ていねいなマニュアルとサポートもついていますので、初心者にもおすすめ。 Zenlogic ファーストサーバー、つまりZenlogicは、2016年20周年を迎え、新たに「プランS」というお得なプランを売り出しています。 このプランSでは、データ容量が300GB、データベース数無制限、ワードプレスなどの簡単インストール機能もついています。 365日メールでのサポートがあり、平日は電話でカスタマーサービスに相談することも可能です。 プラン1以上のプランになると、休日でも電話サポートサービスがついてきます。 特別価格の「プランS」は、期間限定となります。 期間中に申し込めば、利用期間はずっと、最安で 月額890円 12か月契約 です。 初期手数料もゼロ円。 注目! JETBOY 2017年8月1日よりプラン改定により業界最高水準のハイスペックサーバーを低価格で提供しているようです。 高速SSDサーバーが、 月額290円と業界最高水準のコストパフォーマンスが魅力。 料金プランは、ミニSSDからビジネスプロSSDまで6段階に分かれていますが、クラウド型サーバーなので、サイト規模に併せてスケールアップができます。 つまり、最初は一番低額な「ミニSSD」から始めて、サイトが大きくなりアクセスが増えるにしたがって、プランをグレードアップすることが可能なんです。 一番安い「ミニSSD」プランだと、ディスク容量5GBで、データベースは3つまで使用可能。 ディスク容量は小さいですが、 月額290円でワードプレスサイトを独自SSLで、最大3つ運営できるのはJETBOYだけでしょう。 独自ドメイン10個、サブドメイン20個と制限されていますが、転送量は無制限です。 初期費用が必要ですが、ミニSSDプランの場合1,000円です。 無料お試し期間14日間つき。 正直、この価格でこのスペックはかなり魅力的です。 ワードプレスのインストールもカンタンで高速だというので、私も試してみようかなと思っています。 これからブログやサイトを始める人は上記サーバーがおすすめ レンタルサーバーの契約を考えている人は、上記のサーバーがおすすめです。 特にサイトやブログのアフィリエイトで長期的に安定して稼ぎたいなら、常時SSL化は必須になります。 レンタルサーバー他社で、毎月の使用料が安いサーバーはいくらでもありますが、独自SSLは高額なことが多いです。 他の会社でも今後独自SSLが無料で配布されるサービスは始まると思いますが、サイトやブログをいったん構築してしまってから、常時SSL化するのは、とても手間がかかります。 できるなら、最初からSSL化しておく方が余計な作業をしなくてすみますよ。 追記:xpXも独自SSL無料サービス開始 エックスサーバー系で、ワードプレスサイトに特化したサーバー「 」でも、2016年8月17日より、独自SSLが無料で取得できるようになりました。

次の