神棚 方角。 御札の飾り方!方角や向きや高さは?複数ある場合や神棚の順番は?

床の間や神棚の方角はどっち?仏壇を祭るには意味と方角を理解して!

神棚 方角

神棚は、空いているスペースに適当に設置するものではありません。 方角が決まっており、設置する位置についてもルールがあります。 基本的に、神様は人の目線より高い位置に設置するのが一般的です。 そのため、神棚を設置した部屋の上に人が歩き回るのも、人の目線より下になるのも良くありません。 1階に神棚を設置した場合、天井に「天」か「空」「雲」などと、紙に書いて貼ることも必要となってきます。 また、神棚を取り付ける方角についても、東向きか南向きに神棚を向けることも基本的なことです。 さらに、設置する際、神棚の下を人が通るような場所は、神棚を設置するうえで避けなくてはいけません。 なぜなら、神様の下を人が行き来することで、神様が落ち着かないという理由からです。 他にも、綺麗な場所、掃除してある場所に神棚を設置することも大事なことです。 神棚を設置するのに、方角はもちろんですが、基本的にお客様をお出迎えする空間に設置するとよいとされています。 大抵は、リビングなどに神棚を設置しているといわれています。 北向きは、太陽のエネルギーの影響のない方角です。 部屋を選ぶ時にも北向きは、日が当たらず湿気が溜まりやすく、なんとなく、ジメジメしたイメージを持たれる方もいると思います。 さらに、水回りが北向きになるとカビに悩まされる方角です。 風水で北の方角は、水が常に流れていれば、悪いものを流す方角だと言われていますが、神棚に水は流すものではありません。 風水では、北の方角に流れない水があると、悪い気が溜まるといわれています。 水の他にも、榊や酒をお供えするので、水モノを停滞させることになります。 このことから、北の方角に神棚を設置すると、水を停滞させてしまうので、悪い気が溜まってしまうということになり、神棚を設置するには適していません。 神棚を設置する時は、方角や設置場所以外にも高さが重要になってきます。 高すぎて見上げるような場所に設置するよりは、大人が直立したとき、少し見上げるような場所に設置するとよいです。 高い位置に神棚を設置するのは、よいとされていますが、高い方が良いからと言って、高すぎる位置に神棚を設置するとお参りや掃除、お供えなどがしにくくなってしまうので、適度な高さが大切です。 人の目線より下に神棚を祀ると、神様を見下す形になってしまので、低い位置に神棚を設置するのは避けたほうがよいです。 アパートなどで、吹き抜けのロフトの部屋の場合、神棚を設置する場所を悩まれる方も多いでしょう。 ロフトを寝室にする場合、神棚より高い位置に寝ることになります。 ロフトに神棚を設置するのは寝室の空間となるので、下の空間に神棚を設置したら、神棚の上に板を設けて、板に天、空、雲などを書いて上から見下ろさないようにしましょう。 神棚を設置する時期は、引っ越しや何かおめでたいことがあった時など、何か節目があった時にするわけではありません。 神棚が欲しいと思ったタイミングで揃えましょう。 神棚を設置する日は、できれば大安がよいとされています。 ただ、お札が年初めでないと揃えることができない場合もあります。 たとえば、地元の小さな神社などは常に神主がいるわけではありません。 そのような小さな神社は、初詣の時にお札を販売します。 新しいお札をお出迎えする準備として、年末の28日くらいを目安に神棚を掃除して神棚に神様をお出迎えする準備をするとよいです。 ただし、29日は二重の苦しみという語呂合わせがよくない日となり、31日も一夜飾りということになってしまうので、それ以外の年末の大安日を狙うのもよいでしょう。 神棚の種類ですが、一般的に3社宮と1社宮の種類の神棚があります。 3社宮は、お札を3枚並べることができ、氏神様、信仰神社、天照大神の神棚を祀ることができます。 それに対して、1社宮は、3枚のお札を重ねて祀る方式の神棚です。 これは伊勢神宮の一般的な種類ですが、近年は1社のみのお札を祀るものや2社のお札のみ祀る神棚もあります。 さらに、伊勢神宮の神棚の材質も基本的には、木材でヒノキやケヤキを使用し、白木造りとなっています。 また、屋根に桧皮葺 ひわだぶき や茅葺 かやぶき などが用いられる神棚もあります。 近年は、インテリアに合いやすい神棚も多数販売されています。 神棚の種類で押さえておきたいのは、3社を祀るか、1社のみ祀るかです。 3社祀る場合、重ねるか一列にするかも押さえておくとよいでしょう。 基本的にNGです。 神棚は人の出入りがしない寝室に設置するのは避けましょう。 神棚は、多くの人が集まる場所で、お客様を通すような場所に設置することが推奨とされています。 つまり、プライベートな空間となる寝室や2階など、来客を通さない部屋に神棚を設置することはおすすめできません。 神棚は人が集まる場所、お客様を通す場所に設置するようにしましょう。 さらに、一人暮らしなどで、ロフトなどがある部屋においても、同様です。 高い位置に神棚を設置しようとしても、ロフトを寝室にしている場合は、ロフトに神棚を設置するのは、やめましょう。 いくつも部屋がない一人暮らしなどのアパートやマンションでは、置き場所に困るところがありますが、基本的に寝室に設置するのは避けた方がよいです。 会社や、職場の事務所などに神棚を設置する場合、一般家庭と同じような神棚にするか、お稲荷様にするかで、お供えするものも異なります。 稲荷様の神棚にする場合は、赤色の社で1社タイプにすることもできますし、お稲荷様と一般家庭と同じ神棚の両方を設置しても可能です。 その場合、お札はそれぞれに祀ることになります。 それぞれのお札も全く違うものになるので、祀る神棚を間違わないように注意が必要となってきます。 また、会社や店舗の神棚は、大きいものほど良いと言われていますが、会社や店舗の年商規模から大きさを考えることになります。 会社の場合は、今より成長して伸びることを希望して、大きめの神棚にすることがあります。 そして、会社が成長すれば、また大きめに買い換えることがあります。 方角においては、北に祀り南に向けるか西に祀り、東に向けることになります。 ただし、神棚を背面にすることは避けた方がよいです。 また、神棚の頭上や左右にトイレや階段がないようにしましょう。 2階以上でもトイレなどがないかを確認しましょう。 それから、お稲荷様と神社のお札は異なります。 マンションやアパートに神棚を設置する方角は、東向きか南向きにして神棚を設置しましょう。 これは、戸建てであろうとマンションやアパートも同様です。 また、集合住宅は、上の階層があるケースもあります。 神棚を設置した天井部分には、「天」や「空」「雲」などと紙に書いて貼るようにしましょう。 マンションやアパートなどでも、寝室などに神棚を設置するのはよくないとされています。 しかし、ワンルームなどでは止む負えないケースもあります。 神棚の下を人が通るような場所に神棚を設置しないようにしましょう。 そして、水回りの近くを避けて設置するようにしましょう。 また、賃貸の場合は壁に穴を開けられないという取り決めがあるケースもあります。 その場合、置き型の神棚もあるので、できるだけ目線より高い位置に置くようにしましょう。 神棚の下がタンスなどになっても大丈夫なので、なるべく低い位置に設置しないことを意識しましょう。

次の

神棚の設置場所・向きの方角と設置ポイント10個!日取り・会社・マンション

神棚 方角

お神札(お札)について(お神札の並べ方) お神札に巻いてある薄紙は上巻紙といい、お神札を各家庭の神棚へおまつりするまで清浄に保ち、汚れることのないように施されたものです。 神棚にまつる際には、取り外してからおまつりします。 お神札の納め方は、神棚の形により変わります。 一社型は、手前から神宮大麻(じんぐうたいま)氏神大麻(うじがたいま)崇敬神社(すうけいじんじゃ)のお神札の順番に重ねておまつりします。 三社型は中央の扉に神宮大麻、向かって右側に氏神大麻、左に崇敬神社のお神札をおまつりします。 普段のおまつりの時は少し開けて、お正月や氏神様のお祭りの時には全開にして、海の幸や山の幸をお供えしておまつりするのも良いでしょう。 モダン神棚などの扉の付いてない神棚にはそのまま丁寧にお神札を棚に並べれば大丈夫です。 神棚・神具の配置について 神棚にお神札を納めたら次にお供えをするために新具を設置します。 神棚にお供えするものの器などを神具と言います。 神棚と共に神具を揃えておきましょう。 一般的には、水玉(1個)皿(2枚)榊立て(1対)瓶子(1対)神鏡(1個)を揃えます。 写真のように揃えるのが理想ですが、できるところからで大丈夫です。 神棚の前に神具が配置されるように並べます。 もありますので、迷われた方はそちらをおすすめします。 神棚のお供え物について お皿・・・・向かって左にお米(洗米)、右にお塩(盛り塩)を入れます。 榊立て・・・榊(生榊・ブリザーブド・造花)を入れます。 瓶子・・・・お神酒(純米酒)を入れます。 水玉・・・・お水を入れます。 米・塩・水・お酒・榊の水は毎日新しく取り換えるのが理想です。 ただし毎日は難しい方は毎月1日・15日に新しいものに取り換えるのも良いでしょう。 榊(生榊)も毎月の1日には新しいものに変えましょう。 ただし枯れてしまってそのままではいけません、枯れる前には取り換えましょう。 お正月などの特別なおまつりの時には、お飾りなどと共に海の幸、山の幸なども供えましょう。

次の

神棚の場所・位置・配置はどこが良い?方角や向き、マンションやアパートの場合は?

神棚 方角

お神札(お札)について(お神札の並べ方) お神札に巻いてある薄紙は上巻紙といい、お神札を各家庭の神棚へおまつりするまで清浄に保ち、汚れることのないように施されたものです。 神棚にまつる際には、取り外してからおまつりします。 お神札の納め方は、神棚の形により変わります。 一社型は、手前から神宮大麻(じんぐうたいま)氏神大麻(うじがたいま)崇敬神社(すうけいじんじゃ)のお神札の順番に重ねておまつりします。 三社型は中央の扉に神宮大麻、向かって右側に氏神大麻、左に崇敬神社のお神札をおまつりします。 普段のおまつりの時は少し開けて、お正月や氏神様のお祭りの時には全開にして、海の幸や山の幸をお供えしておまつりするのも良いでしょう。 モダン神棚などの扉の付いてない神棚にはそのまま丁寧にお神札を棚に並べれば大丈夫です。 神棚・神具の配置について 神棚にお神札を納めたら次にお供えをするために新具を設置します。 神棚にお供えするものの器などを神具と言います。 神棚と共に神具を揃えておきましょう。 一般的には、水玉(1個)皿(2枚)榊立て(1対)瓶子(1対)神鏡(1個)を揃えます。 写真のように揃えるのが理想ですが、できるところからで大丈夫です。 神棚の前に神具が配置されるように並べます。 もありますので、迷われた方はそちらをおすすめします。 神棚のお供え物について お皿・・・・向かって左にお米(洗米)、右にお塩(盛り塩)を入れます。 榊立て・・・榊(生榊・ブリザーブド・造花)を入れます。 瓶子・・・・お神酒(純米酒)を入れます。 水玉・・・・お水を入れます。 米・塩・水・お酒・榊の水は毎日新しく取り換えるのが理想です。 ただし毎日は難しい方は毎月1日・15日に新しいものに取り換えるのも良いでしょう。 榊(生榊)も毎月の1日には新しいものに変えましょう。 ただし枯れてしまってそのままではいけません、枯れる前には取り換えましょう。 お正月などの特別なおまつりの時には、お飾りなどと共に海の幸、山の幸なども供えましょう。

次の