クレイ フォー サイト と は。 【楽天市場】プロメア「クレイ・フォーサイト」ピーカ+ICカードホルダー【レイヤードカード付き】:NPCデザインストア 楽天市場店

【プロメア】クレイ・フォーサイトが私を惑わせるので吐き出す

クレイ フォー サイト と は

「きみが新しい秘書か。 よろしく」 クレイ・フォーサイトがそう言って、握手を求めてきた。 おれはそれににっこりと笑って応じる。 大きな手の、大きな男だ。 落ちついた声。 大樹のよう。 なるほど、市民が頼りたくなる気もちもわかる。 支持率の高さに頷いて、そのゆったりとよゆうのある立ち居ふる舞いと不釣り合いな、神経質な深爪にチリリと脳を焼かれた。 柔らかい金の髪が朝日にキラキラと輝いていた。 ああ、美しいな。 と思った。 クレイ・フォーサイトは美しかった。 前任の秘書から仕事を引き継ぎつつ、クレイ・フォーサイトの業務の傍らに仕えて半月、おれの仕事はいったいなんなんなのか。 と思う。 引継ぎ資料は膨大で、そりゃあのクレイ・フォーサイトを支えるのだから、膨大に仕事があるのはわかる。 覚悟もしてきたさ。 だが、クレイ・フォーサイトには実のところ、秘書なんてものはいらないのではないか? そう思ってしまう。 雑務ばかりだ。 感想だ。 そんなことはないさ。 とだれもが言うだろう。 でもな、なんだか掘っても掘っても、辿りつかない気がするんだよ。 クレイ・フォーサイトという男に。 このままじゃ。 辿りつかなくたっていいさ。 おれもそう思うよ。 でも、おれの今まで仕えてきた(政治家の秘書をやっていたのさ)経験から、辿りつかなきゃだめだとわかる。 主人の本質に触れて、惚れないとだめだ。 そうじゃなきゃこんな仕事はできやしない。 そうじゃなきゃ、心から、支えてやりたい。 なんて思えない。 思えなきゃ、高みに行かせてやれねぇよ。 背中を推して踏み台になって泥まみれになって、やれねぇよ。 惚れたから支えたいのか。 支えたいから惚れるのか。 どっちだっていいさ。 重要なのは、その二つが繋がらないと秘書なんて仕事はできないってこと。 今現在、おれはピースがたらないってこと。 「きみは有能だな」 クレイ・フォーサイトが言う。 ありがとうございます。 おれは返す。 あなたほどじゃありませんけどね。 「ふふ」 クレイ・フォーサイトが微笑む。 貴族然としている。 あくまでも「然」。 ぼんやりと思う。 あたりまえだけれど、これが素じゃないんだろう。 惜しいな。 と思う。 そんな中、コールが鳴って、少年がクレイ・フォーサイトを呼んでいると声をかけた。 「ガロだ」 「ガロ?」 「孤児だよ」 元気で騒がしい少年だった。 彼をバーニッシュ火災から助けたことがきっかけでクレイ・フォーサイトは成り上がったらしい。 そう本人に伝えられた。 成り上がりの自認があるところがかわいいと思う。 そのまま、率直に感じたことを伝えた。 「彼が苦手なんですね」 おれが言う。 クレイ・フォーサイトは笑い声を上げて、なぜ? と言う。 それが少々わざとらしくて、おれはここから剥がせるぞ。 と思う。 なるほど、クレイ・フォーサイトの本質はここから辿りつけそうだ。 「緊張していたような気がして。 あなたは静かな人だから、騒がしい人は苦手でしょう」 相性がありますからね。 しかたがありませんよ。 そう微笑んで、クレイ・フォーサイトを緑色の瞳で見た。 おれも身長が高いほうだと思うけれど、どうしても見上げなくてはならなかった。 太陽を見上げているようで気ぶんがよかった。 「ああ、そうだな…」 小さな子どもが叱られなくてとまどっているような、そんな頼りなさでクレイ・フォーサイトはそこにいた。 なんてかわいいんだろう。 と思った。 おまえのことをなんでも教えてくれよ。 と思った。 それがどんなに後ろめたいことでも、おれは肯定してやる。 と思った。 もう惚れていた。 それでよかった。 「おまえ、ずうずうしくなったんじゃないか?」 「猫を被るのをやめただけさ」 「ずっと被っていろよ」 忌々しそうにクレイ・フォーサイトが言う。 だが、わかる。 これはポーズだ。 こいつは、おれが二人の時にしかこうやってじぶんに接しないとわかっている。 おれはプロだ。 衆目の前では秘書らしくふる舞うさ。 それに、 (おまえには軽口を言い合える年齢の近い友人がいたほうがいい。 そう思ったんだよ) 二歳年上のおれは思う。 思うだけだ。 言ったら、逃げてしまう。 一年、秘書として時には友人として隣にいて、クレイ・フォーサイトの本質が掴めてきた。 と自負している。 まちがっているかもしれない。 そんなことはどうだってよいのだけども。 「厳重なゲートをいくつも潜り抜ける必要がある、重大機密を教えられる前だとは思えないな」 「なんだよ、クレイ。 おれに怯えてほしいのか?」 大丈夫だよ。 覚悟はできてる。 おれから迫ったんだからな。 クレイ、なにかを隠しているだろう。 どう考えても、おまえの仕事には、おれが把握していないものがあると思うんだが。 クレイは黙った。 緊張している。 そんなじぶんに怒ってもいる。 後ろめたいのか。 あのガロという少年を前にしたときのようだった。 「あはは! クレイ! おれはおまえは肯定するよ!」 そして、パルナッソス計画。 予想よりも遥かに大きな事実に、おれは笑ってしまった。 途方もなくて? 遠大で? スケールが大きすぎるだろう! ああ、そうだ。 おれは高揚したんだ。 あまりにも大きなものを見ると、人は思わず笑ってしまうだろう? そういうことさ。 おれは高揚したんだ。 「……肯定?」 「ああ、おれは肯定するよ。 おまえも肯定しろ。 これがおまえの正義なんだろ?」 クレイ・フォーサイトは善良な男だ。 だからこそのこの計画だ。 人を救いたい。 善良じゃないなら思いつかない。 実行しない。 そして、クレイ・フォーサイトは優秀だった。 有能だった。 人よりも見えること、できることが多かった。 だからこそのこの計画だ。 そうだろ? 「クレイ、これはおまえの正義だ。 だったら、それを信じて突き進めよ。 後ろなんてふり返るな。 おまえは正しいよ。 なんどだって言ってやるさ。 おまえは正しい」 迷いがあるから、おれに隠してきたんだろう。 ふざけるなよ。 迷うな。 まっすぐ進みつづけろ。 それしかない。 おまえだって、わかってるんだろ。 でも、おまえは善良だから。 深く切った爪がそう物語っている。 おまえの不器用で神経質なまじめさ。 「正しいよ。 信じろ。 悪だけど、悪じゃないって」 ああ、そうさ! 人体実験だね。 人でなしの畜生の仕業さ。 でも、こんなにも大きなことを成し遂げようとするなら、苛まれるんじゃねぇよ。 なぁ、それでも良心の呵責が消えないのなら、おれが叫ぶよ。 クレイ・フォーサイト、おまえは正しい。 おまえは正義だ。 「なぜ………」 クレイ・フォーサイトが呟く。 いつかの頼りない子どものように。 「なぜって、」 おれは噴き出す。 いつのまにか。 と気づいた。 秘書の、友人の、線をとっくに越えていたことを。 衝動のままに、クレイ・フォーサイトを抱きしめる。 キスをしたってよかった。 (なぜって、) 独りぼっちで戦っているおまえに、なんでもしてやりたいと思った。 独りぼっちで立っているおまえの、支えになってやりたいと思った。 そんなの、もう、恋だった。 そんなの、もう、ただの愛だった。 殺したのか?」 刑事がタブレットを指の背で叩く。 焦るように。 彼の前に座るクレイ・フォーサイトはあまりにも落ちついていた。 「いいえ」 クレイ・フォーサイトは首をふる。 資料にあるように、病気と事故です。 「に見せかけて、殺したんだろ?」 「いいえ」 「あんなことに携わったんだ。 精神を病んで…、自殺か?」 「いいえ」 一定のトーン。 まるで機械だ。 刑事は思う。 背中に汗が流れる。 「……なぁ、あんた、恋人がいたことはあるか?」 タブレットを見ながら、刑事は問う。 人を愛したことは? ねぇよなぁ。 愛を知っていたら、あんなことできるはずがねぇ。 人は愛を知って人になる。 なにかの本で読んだよ。 つまり、あんたは人じゃねぇってことだ。 おれはなにを言っているんだ。 刑事は思う。 しかし、やめられない。 攻撃は防御だ。 平凡な刑事は、この正体の掴めない男から逃げ出したかったのだ。 「はい」 クレイ・フォーサイトが言う。 刑事はクレイ・フォーサイトのテーブルの上の手を見る。 爪は短く切り揃えられていた。 「緑色の瞳の……、」 そのクレイ・フォーサイトの声音は、小鳥を慈しむかのように柔らかかった。 と、後に刑事は語る。 「彼はすばらしい、わたしの秘書でした」.

次の

ミルキー勝手にお手本シリーズ👾クレイ・フォーサイト

クレイ フォー サイト と は

クレイ・・ クレイ・・・・・ クレイォォォーー!!! というわけで見事にはまりました。 クレイさん。 なぜ彼はこんなにも私を夢中にさせるのでしょうか。 声がいいのか。 顔がいいのか。 身体がいいのか。 すべて当てはまるんですが、一番の理由は彼が心を見せない人であり、それを探ろうとしてしまう人間は見事に彼にはまってしまうのでしょう。 さて、見事にはまってしまった私は、ここ最近、ずっと以下の疑問と格闘していました。 それは、 Q. なぜクレイはガロを殺さなかったのか? という点です。 答えを、「クレイはガロを愛しているから!」(個人的願望)としてしまうのは簡単なのですが、本当にそんな単純なものなのか?という疑問を持つ私もおり、なるべく様々な可能性を考えつつ考察・解釈(ほとんど妄想)してみました。 長い上にネタバレを含みます。 ご注意くださいね。 という多面的な側面を持った人物である。 この彼の「自殺願望」については氏のコメント(プロメア公式パンフレット)にも出てきており、同じように感じている人も少なくないだろう。 そしてその「自殺願望」は、すでに彼自身の身体だけでなく、「バーニッシュ」そのものに向けられていたと思われる。 個人的な解釈だが、バーニッシュは共感性が高く、誰かを思いやり、誰かのために(もしくは誰かのせいで)ストレスを受ける人物が多い。 中でもクレイは、誰よりも人類のことを考えており、そしてガロという存在から多大なストレスを受けていた。 そのように共感性の高いクレイだからこそ、 「バーニッシュ」そのものと自分自身とを同一化し、「バーニッシュ」に対する弾圧やその燃料としての開発をある種壮大な「自殺」の計画として進めていたのではないだろうか。 人類を救う救世主。 それは彼が受け入れられない自分を打ち消すためであるのと同時に、 その受け入れられない自分を神格化する目的があったのではないだろうか。 リオを核にして壊れたプロメテックエンジンを復活させようとする場面では、彼はリオに対して「神話となる」ということを言っている。 これは、バーニッシュが燃料となり人類を救うことで、バーニッシュ自体を忌み嫌われるものではなく人類の救世主として「神格化」させることを意味している。 それはつまり、 クレイの中のバーニッシュという自分も、「神」として人類の救世主になるということでもある。 したがって、パルナッソス計画の成功は、彼を人類存続の英雄にするだけでなく、「人殺しであるバーニッシュ」という認めたくない自分を神格化させることにもつながるのだ。 クレイにとってのガロ このように、クレイにとってパルナッソス計画の成功は、自身の「英雄、救世主、神」というの確立において大変重要なものであるといえる。 このパルナッソス計画のため、クレイは博士すら殺しており、それほど彼の覚悟が強かったことがうかがえる。 では、なぜクレイはガロを殺さなかったのだろうか。 博士はあれだけあっさり殺したのに、なぜ「早く死んでほしい」とさえ思っていたガロは殺さず見守り続け、計画に反対された際にも捕まえるだけにとどめたのだろうか。 考えられる可能性としては、以下の三つが挙げられる。 つまり、ガロの存在は、認めたくない自分を思い出させるものである一方で、英雄である自分を保つために必須であったため、ガロを殺さなかった可能性がある。 平凡ではあるがより一般的な可能性であり、間違いではないだろう。 クレイは物語において悪役ではあるが快楽殺人を行うような悪人ではなく、真面目に人類存続について考えている人物だ。 したがって、ガロが認めたくない自分を見せつける存在であっても、そのためにクレイが殺人を犯すことはないだろう。 しかしその場合、博士をあまりにもあっさりと殺しすぎではないか、という疑問が出てくる。 博士との生前のやりとりでは、「まさか最初からそのつもりで・・・」「そうかも、しれませんね」といった会話をしており、研究に関わる以前から殺人を計画していた可能性をほのめかしてる。 だが、様々な可能性を検討するクレイが、「人類存続」を目的とした場合に最初から殺人という選択を選ぶのは少々違和感が残る。 つまり、最初から博士を殺すことを計画していた、となると、彼の殺人の目的は「人類存続」ではなく、「 彼自身が英雄となること」であった可能性が限りなく高い (注釈:人類を救うという目的であれば博士の説得なども行動の選択肢にあるはずだが、最初から博士を殺すという行動を選択済みということは、博士の手柄をすべて自分の手柄として横取りして自身が人類の救世主となることが目的だったといえる)。 また、ガロに計画を打ち明けた後、邪魔になることがわかっていながらも殺さず捕まえるだけに留めた点についても疑問が出てきてしまう。 計画に対して「俺が地球の火を消すぜ(うろ覚え)」と明らかに行動を起こそうとしているガロだが、クレイはガロに博士ほどの影響力はないだろうと踏んでいたのだろうか。 それとも、他に理由があったのだろうか。 そもそも、クレイ自身はガロの言葉を聞いて、「お前ならそう言うと思っていたよ」と答えている。 それなら なぜクレイは、わざわざ計画の邪魔をするであろうガロに計画を打ち明けたのだろうか。 このような行動を起こした理由を推測することで、もしかすると、クレイの気持ちを少しでも知ることができるかもしれない。 そこで、クレイがガロに計画を打ち明けた理由について以下に考えてみた。 クレイの未来予想 クレイ・のは「未来を見通すもの(forsight)」からきていると思われる。 その言葉通り、彼は人類の未来の危機を見通し、その対策として様々な案を立てていた。 そのような彼が、 なぜ、わざわざガロに秘密(パルナッソス計画)を打ち明けたのだろうか。 そもそも、ガロは立場的には国家公務員ではあるが階級としては低く、そんなガロに国家機密を漏らすのはまずいはずだ。 この理由を考えるため、クレイの行動選択に応じてどのように未来が変わるのかを図にしてみた。 ガロを完全に言いくるめるもしくは殺してしまえば計画は当初の通り進むわけだが、なぜクレイはガロに計画を打ち明けたのだろうか。 ここで、パルナッソス計画が成功もしくは失敗した後の結末( 図中の赤色)を考えてみよう。 図の右側のとおり、もしクレイがガロを言いくるめてパルナッソス計画を進め成功した場合、残された人間はクレイを恨み、 クレイの世話になっていたガロは(たとえ計画を全く知らなかったとしても)多くの人間に責められるだろう。 もしくは、ガロは計画を知らないまま地球で滅亡の一途をたどる(船に乗れば計画を知ることになり、ガロは反対することが予想されるため)。 また、失敗した場合、クレイは社会的な制裁を一身に受けることになるはずだ。 そしてここでも同様に、クレイの世話になっていたガロは クレイ側の人間として多くの人に責められる可能性が高い。 一方で、ガロが計画を知り、逮捕された場合はどうだろうか。 クレイが計画途中で捕獲しているガロを船の外に放置し、逃亡リスクを上げるような措置を取るとは考えにくいため、おそらくガロの捕まった牢屋はクレイの監視下、つまり船の中にあると考えられる(船外の離れたところであれば管理が厳重だろうけど、エリスが入れるほどのガバガバ管理だし、関係者のみが入れる船内である可能性が濃厚)。 そのため、計画が成功した場合、クレイもガロも惑星移住に成功し、生存すると思われる。 計画が失敗した場合、 ガロは反逆罪的な扱いで逮捕されているため、クレイ側の人間とは判断されず、社会的責任に問われることもないだろう。 計画がガロにバレている状態、つまり、「ガロがクレイと敵対する立場である」という事実が成立した場合、パルナッソス計画が成功しようと失敗しようと、ガロが死亡もしくは社会的評判を落とすことはないのだ(地球が滅亡すればみんな死ぬけど、社会的に責められるなど辛い思いはしない)。 このことは、 クレイが、計画の成功・失敗に関わらずガロの生存や立場が脅かされないような行動選択を取った可能性を示している。 特にクレイは、ガロに計画を話す際に、わざわざ最も非道と思われる実験の一部を彼に見せている。 一般人であるガロにわざわざ国家機密の、それも非道な部分を見せるというクレイの異常な行動は、 わざとガロに反発させて自分と敵対している状況を作り出したかったという気持ちを表しているのではないだろうか。 また、イグニス隊長がれた情報は「ガロはテロ組織の一員であり、クレイの命を狙おうとした」というものであった。 単にガロが悪い人間である、という情報ではなく、「テロ組織」、つまりクレイの計画に反対し抗議した人物である、という情報を流した点にも、クレイがわざとガロを自分と敵対する立場にしたかったことが窺える。 加えて実際には、ガロはクレイの命を狙うなど罪に問われることはしておらず、 クレイの個人的な鬱憤を晴らすような暴言と理不尽な暴力によって捕らわれている。 しかもこれらは多くの人間の前で行われており、パルナッソス計画が失敗した場合に多くの人間が証言するだろう。 もちろんこのような理不尽さをクレイが公衆の面前で晴らす、という点に違和感がありまくりであるし、それに類似した出来事が今までになかったことはエリス博士の驚き方で明白である。 さらに言うのであれば、先にも述べたようにクレイは計画を聞いたガロが納得せずに自ら行動を起こそうとすることをすでに予想していた(「俺が地球の火を消すぜ」「お前ならそういうと思っていたよ」のくだり)。 これらの点を踏まえると、「 ガロを捕える」というところまで、クレイの計画の上だった可能性が高いように思える。 クレイは様々な可能性を考える人物であり、計画が失敗したときのことまで考えていたはずだ。 そして、その計画失敗のリスクが高まろうとも、ガロの命や社会的立場を最優先して、自分の行動決定を行っていたのではないだろうか。 これはもう、クレイにとってガロが行動選択の肝になっている、つまりクレイはガロの幸せに重きを置いて行動していたことを示唆している。 したがって、 Q. なぜクレイはガロを殺さなかったのか? というこの疑問の答えは、少なくとも、 A. クレイにはガロが必要だった となる。 しかし、クレイがガロのことを優先して行動していたことは明らかであり、そのようなクレイに対して(妹大好き)エリスが仲間意識を持っていたのも納得である。 まあ、そのようなクレイの予想を大きく裏切ってガロ(とリオ)は地球を救うわけであり、クレイにとってはガロが自分の思った通りに動かないと地団駄を踏みたくなる状況なわけだが、それもガロをよく知るクレイにとっては、可能性の一つとして見えていた未来だったのかもしれない。 クレイの気持ちを完全に理解することは不可能なため、彼の行動からいろいろと探っていったわけだが、私個人の最終的な結論としては、「 クレイはやっぱりガロのことしっかりとかんがえていたんだなあ・・・愛」となるわけだ。 以上、映画『プロメア』の悪役、クレイ・について考えてみた記事でした。 彼の気持ちについては、次回、自分勝手な解釈(個人的願望)を少し追加したいと思います。 この記事を読んで、共感してもらえればうれしいし、異なる意見があれば聞きたいです。 いろんな人の考えるクレイ・を知りたい... ! それでは、また。

次の

#クレガロ クレイ・フォーサイトは、

クレイ フォー サイト と は

交通系ICカード(自動改札機)、電子マネーICカード(コンビニや自販機など電子マネー決済機)、Felica(フェリカ)やMIFARE(マイフェア)規格などのID系ICカード(IDチェック機)などでご利用いただけます。 尚、発光の仕方は、機械によって変わります。 2mm 厚 *レイヤードカードサイズ: 約53. 汚れは、石けん水で落とした後、十分な水洗いをしてください。 絶対にシンナー、ベンジン、アルコールなどの溶剤を含む薬品を使用しないでください。 また、磁石などに近づけないでください。 紛失、盗難、データ破損についての責任は負いかねます。 色味について モニター画面上で表示されるグッズ画像は、撮影の際の照明、画像データ化などで色味が変わります。 また、皆様がご覧になっているモニター画面の個体差によっても色の見え方はかなり違います。 したがって実際の商品と画面の画像と比べると少し違った印象になる場合もありますので、予めご了承頂きますようお願い申し上げます。 価格 2,310円 価格 2,310円 価格 2,310円 価格 2,310円 価格 5,940円 価格 1,760円 価格 1,870円 価格 1,870円 価格 1,870円 価格 1,980円 価格 1,980円 価格 2,500円 価格 2,500円 価格 2,500円 価格 1,870円 価格 1,870円 価格 2,200円 価格 1,980円 価格 2,200円 価格 2,200円 価格 1,980円 価格 1,980円 価格 1,980円 価格 1,980円 価格 2,200円 価格 1,980円 価格 1,980円 価格 2,200円 価格 1,980円 価格 2,200円 価格 1,980円 価格 1,980円 価格 12,320円 価格 1,320円 価格 660円 価格 680円 価格 2,200円 価格 2,530円 価格 1,650円 お支払いについて 配送について お支払い方法は、クレジットカード(VISA、Master、JCB、Diners、Amex)、銀行振込、コンビニ決済 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、セイユーマート)、ゆうちょPay-easy(ペイジー)サービス、楽天バンク決済がご利用いただけます。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 大量の場合は、宅配便となり、送料が変わる場合がございます。 〇お客様からの運送会社ご指定はできませんので予めご了承ください。 ・メール便を利用する場合、運送会社様の都合や配送状況などにより遅れるケースが発生するため、確実なお届け日をご案内できません。 ご了承くださいませ。 ・メール便はポストへの投函となります。 配達員の手渡しはいたしません。 ・システムエラー、生産状況や交通事情などにより、お届け日が数日程度遅れることがあります。 その際、事後連絡となりますがメール等でご連絡させていただきますので、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。 また、大型連休中やその前後などの繁忙期や、大雪・、台風・地震など天変地異の際は、配送が遅れたり、予測がつかないケースがございますので、ご注意ください。 また、配送希望時間帯はご指定できませんので、予めご了承下さい。 お届け時ご不在の場合は、配送業者の不在連絡票の記載に従って、配送業者に時間帯指定などご連絡頂ければ幸いです。 【領収書ご希望の方は】 領収書をご希望の場合はお手数ですが、メールにてご連絡くださいませ、電子版納品書兼領収書を発行させていただきます。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 連絡先について 返品について 電話番号:03-6453-0585 メールアドレス:npcd shop. rakuten. jp 住所:東京都港区虎ノ門3-25-2虎ノ門ESビル3F 店舗運営責任者名:大柳英樹 ご注文の返品・交換・キャンセルに関しましては、 をご確認ください。

次の