川井 あんり。 河井案里・克行夫妻は今後どうなる?連座制とはわかりやすく解説

河井案里(あんり)が若い頃から可愛いと話題!ファッションにも注目!?【画像】

川井 あんり

河井克行のプロフィール• 名前:河井克行(かわいかつゆき)• 生年月日:1963年3月11日• 出身:広島県• 出身校:慶應義塾大学 法学部政治学科 1991年に広島県議会議員に当選し、1996年からは衆議院議員として活躍。 2019年9月には101代法務大臣に任命されました。 河井克行法相は31日午前、首相官邸で記者団に 「(安倍晋三首相に)辞表を提出し了解してもらった。 国民の法務行政への信頼が停止してしまうと考え、妻と相談の上、今朝決断した」と述べた。 河井氏をめぐっては、 妻の案里参院議員=参院広島選挙区=が7月の参院選で運動員に法定の上限額を超える報酬を渡していたとされる公職選挙法疑惑が週刊誌で報じられていた。 疑惑について河井氏は 「今後調査して説明責任を果たしていく」と語った。 引用元:産経新聞 あくまでも、公職選挙法違反を認めたわけではなく、 法務行政や安倍政権への影響を考えて辞任に至ったとされます。 2016年にもパワハラ疑惑で世間を騒がせただけに、 河井氏本人だけでなく安倍総理大臣の任命責任を問う声も高まっていくと思われますね。 河井克行に対する世間の評判は 色々な疑惑が掘り返されている河井克行氏ですが、世間の評判はどのようになっているのでしょうか。 2019年9月に法務大臣就任して「もう辞任!?」と驚きの声がある一方で、 前から問題ありって疑われてたよね、と残念がる声も聞こえます。 ネットではバッシングの嵐 奇しくも 首里城の火災と辞任発表が重なってしまっただけに、 話題をそらすために辞任のタイミングをあわせたのではないか、とまで言われています。 しかも今回も又、今朝決断したと説明。 何で安倍内閣は大臣辞任を早朝に決断する? 疑われた時点で決断しろよw 今回も早速後任発表。 どう見ても事前に打ち合わせしてるじゃんw 説明がお座なり過ぎる。 先のツイートは河井が河合になっていたので削除し再掲。 弁明の「べ」の字も発言がない中での辞任ってことは、全部事実なんだろうね。 なんで河合あんりは辞めないの? — 温泉親父 fedoronsen 河合法相が辞任の意向とのこと… 内閣改造してこれで2人目の辞任。 だから内閣改造とか余計なことしない方がいいのに!って言ってるのに。。 最近は大臣辞任が続いているため、任命責任を問う声がさらに増えていくでしょうね。 地元・広島での評価もいまいち… 河井克行氏の地元・広島では散々な悪評が立っているようです。 地元の第一タクシー社長が以下のように語っていた記事を見つけました。 「うちは河井事務所から配車の要請があっても、一切お断りしています。 河井先生が乗務員の運転席を蹴るわ、人を人とも思わないような暴言を吐くからです。 『もっと速く走れ!』と法定速度以上を出すよう要求され、危うくスピード違反に加担させられそうになった乗務員もいました。 もうコリゴリですわ」 引用元:日刊ゲンダイ この記事が本当だとすれば、 かなり表と裏の二面性があるように思えますね。 日々のストレスを見えないところで発散していたのかもしれないですが、他人に当たるのは良くないですよね。 過去にはパワハラ疑惑も 2016年には元秘書に対するパワハラや暴行が取り沙汰されていました。 <「あの人は私が車の運転をしとると、運転の仕方や言葉づかいが気にいらんと言っては、 『このやろう』と罵声を浴びせかけ、ハンドルを握る私の左腕めがけて後部座席から革靴のまま蹴ってきよるのです。 こちらは運転中じゃけん、よけることもできん」(中村氏)> 毎日のように殴られていた中村氏は、たまりかねて病院に駆け込み、そのとき撮ってもらったのが掲載されている写真だという。 それ以外にも、中村氏がいうには、 選挙中に強力な対立候補のポスターを見つけると、剥ぎ取れと河井氏に指示され剥ぎ取ったというのである。 引用元:文春オンライン 実際には、秘書だった中村氏が河井氏のポスターを破っていたことで逮捕されてしまったらしいです…。 相当な恨みが募っていたことは事実ですね汗 報道によると、広島では自民党が強く、 対立候補がいないことで河井氏の独壇場になっているようです。 さすがに、世間的にもこれだけバッシングが続くと次の選挙に影響が出そうですね。 スピード違反で県警が見逃した? 週刊文春が河井あんり氏の公選法違反疑惑を報じた後、さらに河井克行の新たな疑惑を報じました。 事件が起きたのは10月5日。 河井氏は、正午から北広島町で始まるイベントのため、急いで広島県内を移動していた。 その際、河井大臣(当時)が急ぐように求め、80キロ制限の高速道路を、60キロオーバーの140キロで走行したという。 50キロ以上の超過は本来、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金となる。 ところが、警護についていた広島県警の後続車両は、140キロで走る河井氏の車を追いかけつつ、事務所に注意を促す電話を入れたのみで、違反を検挙しなかったというのだ。 引用元:週刊文春 警察は警護対象者が一時的にスピード違反をしていた際は、秘書を通じて注意をうながすことがあるようです。 ただ、 世間としては一般人は厳しく取り締まって、法務大臣(当時)は見逃すのか?と思ってしまいますよね。 特別扱いは、実は「前例があるので」だそう。 総理以下大臣車両は実質上、交通取り締まり対象外とのこと。 だから、やり放題。 しっかりしろ、警察! 犯人隠避は立派な犯罪。 に、しては、やや報道が少ない気がします。 文春を通じて、ウグイス嬢や秘書から新たな疑惑が出てこないといいのですが…。

次の

河井克行の妻と子供について!評判と学歴と経歴も調べてみた!

川井 あんり

本日、の来年度の予算施策要望の会が開催された。 知事やの幹部が 選出の国会議員へ対し、 コロナ感染への検査の拡充や 更なる財政支援について要望した。 通常は、の主要幹部が上京し、 直接要望の会を開催するが、 コロナ対策として、県庁から各国会議員の事務所を繋ぎ 今回、初のリモート開催となった。 選出の国会議員は全て参加しているかと思えば、 やはり、 氏と河井あんり氏の2人だけが、 代理の秘書さえも出さず、 欠席であった。 様々な疑惑で表舞台に出ることを嫌ったのかとも思うが、 記者の囲みも出来ないリモートでの開催である。 元々から広島の意見など聞くつもりもないのかもしれない。 河井あんり氏は、前回も欠席。 ちょうど、に疑惑が報じた日であった。 これまで一度の出席していないことになる。 また夫の氏に至っては、 疑惑報道以前より 少なくともここ10年は、 出席したことがない。 これは、以前にも小生は指摘している。 日本国中でコロナへの対策が求められる中、 または土砂災害からの復旧復興も途上の段階で やはり地元の要望すら聞くことがなかったことを露呈した。 お二人にも 地元の要望を聞くよりも もっと大事な仕事があったのかもしれないが。。。 要望を聞く時間もない 忙しいはずの河井夫妻。 実は今日発売された内の巻頭ページで 河井あんり氏の 最近の国会本会議での様子が写真付きで掲載されている。 是非写真はご購入後、ご覧になって頂きたい。 記事の内容は以下の通り。 『6月5日の金曜日。 爽やかな白いスーツで颯爽と本会議場に姿を見せた案里議員だが、 本会議そっちのけで、何やら熱心にノートに書きこんでいる。 望遠カメラで覗くと、 「本間孝……慶大在学中、ゆき江に思いを寄せ、巧を殺す」。 まるで小説の登場人物の設定を書き出しながら、 構想を練っているようだ。 』 『案里議員は最近、熱心に小説を書いているんです。 中略 迫りくる捜査に動揺する気持ちを静める方法のひとつのようです。 このノートも次なる作品の構想でしょうが、 ただ、国会議員が本会議中にやることではないですね』 本会議中に何をやっているのか。 小生は、初回にも 河井あんり氏は、議会議員時代も 議会中に居眠りや資格試験の勉強をしてサボっていたと 記しているが、 国会議員になってもその様子に変化はなかったようだ。 の記事を見て貰えば、 小生が嘘を言っていなかったことが分かって頂けると思う。 また様々な疑惑の渦中にある人物として 多くの注目を浴びていることを分かってさえもいないのだろうか。 自身の秘書らも逮捕され 運動員買収に関しては、秘書も認めてはいる。 そのような中、 このような態度が取れることに 怒りを通り越し、呆れるばかりである。 このような国会議員には 一日も早く退場頂きたい。 ではでは。 syouseihiroshima 6月10日一面 昨年夏の挙で 河井あんり氏陣営が 車上運動員(ウグイス嬢)へ法定の2倍の報酬を支払ったとされる事件。 河井あんり氏の公設第二秘書の立道浩氏を巡る裁判で 昨日、検察は論告で非常に悪質であったとして 懲役1年6か月を求刑した。 来週16日に判決が下される。 検察側が懲役1年6か月を求刑したことは もう少し軽い求刑だと考えられていたため、 関係者の間では驚きだったようである。 通常求刑よりも判決は軽くなることが多い。 そのため量刑が軽くなっても、 罰金刑へ進むことがないようにという 検察側の意図を感じると話す関係者も多い。 判決は、一週間後となるが、 小生は正直、 立道浩氏も河井事件の犠牲者の一人だとも感じている。 本当に真面目な性格で 断れなかったのだろうと慮る 彼を知る人も多い。 しかし、違法なことは違法であるし、 罪は罪である。 何度も言うように 罰金刑であれば、 河井あんり氏の失職に繋がるの適用はない。 弁護側は、最終弁論で 「河井あんり氏を訴訟によって、 失職させたいがための目的としたもので本末転倒」と 検察側を批判。 また、車上運動員(ウグイス嬢)への違法報酬は全国で常態化し 犯行自体は認めてはいるが、 従属的で、 報酬額が法定金額を超えただけに過ぎない。 買収罪の中でも犯情は軽いと 弁護し、罰金刑の適用を求めている。 弁護側も 何としてもを逃れるために 無理な弁護を行っている印象もあり、 何振り構わずの弁護になるのは容易に想像つくが、 まで務めた方の秘書を務め、 また国会議員の現職秘書の弁護で 法定限度額の改正が放置され、法律に不備があるとし、 「報酬額が法定金額を超えただけに過ぎない」という 弁護はとても承服できない。 規定通りに支払った他の候補が馬鹿を見た結果を どのように考えられるのだろうか。 民主主義の根幹であるを 否定するものに繋がると小生は考える。 主犯か幇助犯かの争いはあった。 金額の程度の問題もあったのは事実だが、 それ以上に、報酬を倍払ったという事実は 双方認めた裁判であったことだけは確かである。 この事実を河井あんり氏は どのように感じているのだろうか。 是非、公の場できちんと説明頂きたいものだ。 裁判所はどのような判断を下すのだろうか。 判決は6月16日 火 午後13時30分。 ではでは。 syouseihiroshima 先週、東京永田町に激震が走った。 河井あんり氏を巡る挙での 数々の疑惑を受けて 夫妻の所属する 本部関係者の任意聴取が行われていた。 と各社が報じたからである。 小生は、既に 河井あんり氏の挙では 本部OB職員が派遣されていた。 また任意聴取も行われていると記しているが これが公になった形だ。 小生が確認出来ただけでも OB職員は4名程、河井あんり氏の陣営内に入り 内部の事務や、各種挨拶廻り、 また情報収集等を行っていた。 その4名は、 K氏、T氏、S氏、O氏である。 この中の少なくとも3名が 2月後半から3月頃にかけて 検察の任意聴取を受け、 本部からの巨額の資金投入については 知る由もない。 と証言しているようである。 OBのため、 そこまで詳しいことは分かっていないのかも知れないが、 検察は何らかの事情を知っているとみて 任意聴取を行ったものとみられる。 またその他には 本部の現職職員であるM氏の 任意聴取も行われたのではないかとの証言もある。 M氏は、内のお金の管理を全て任せられる存在であり、 一旦は退職したものの 総裁の強い要望があり、 職員に復帰し、その辣腕を振るっている。 このM氏が指示をしなければ 担当者は勝手に振込すらも出来ないという。 またこのM氏は、 15年程前に起きた、当時最大派閥だったの 所謂、闇事件についても 関わりが指摘されていた人物であり、 本人も証人として出廷している過去もある。 公党の本部関係者が 検察の任意であっても聴取を受けるとは 大事件である。 さらに 関係者の任意聴取を 複数のメディアが報道後、 このM氏は姿を見せなくなっているという。 党本部からの河井氏らへの資金の寄附は 1億5000万円という高額であり、 他の候補者の10倍にものぼる金額であることは ご承知の通りである。 確かに高額であるが、に記載を行えば 法律上問題はない。 しかし、あまりに高額な資金である。 いくらM氏とはいえ、本人の一存で振り込むことは難しいと考えられる。 誰からの指示だったのか等は 事件の真相を知る上では、必要になってくると考えられる。 そうした中、現職職員のM氏にまで 事情聴取が行われたとすれば 検察は徹底的な捜査を目指し、 またにすら揺さぶりを かけていることを意味すると考えられる。 また小生は 本部から振り込まれた 1億5000万円でも、 河井あんり氏が行った選挙は 足りないと感じている。 小生の計算違いであれば良いが、 各議員等に配ったとされるお金も、 この1億5000万円からすら 出すことが難しいのではないかと 心配している。 しかも入手金の時期の計算も合わないと小生は考えている。 その他に流れている巨額の資金はないのか。 河井あんり氏の選挙戦で 裏金と呼ばれるものは無かったのか。 検察には1円単位で 説明のつく、捜査を是非お願いしたいと思う。 河井氏を巡る数々の疑惑。 真摯に対応しない、河井夫妻。 離党勧告すら出せずにいる。 政治不信の元凶となっている。 一日も早い解決が望まれる。 ではでは。 syouseihiroshima 昨年夏の挙を巡る 運動員買収に係る裁判。 先日行われた第三回公判で立道浩氏は、 運動員へ倍の報酬支払いの事実は認めたものの、 報酬額の決定等自身の関与については認めず、 都合の悪いことは分からない等と発言した。 また弁護側は、 立道氏は従属的な立場で報酬決定には関わっていない。 正犯ではなく幇助犯に過ぎないとして 立道氏へ罰金刑で済ませるよう主張した。 しかし、弁護側は、 幇助犯を主張しておきながら、 誰の従属的立場であったのか。 誰の手助けを行ったのか。 幇助犯に当たるのか等を 一切明らかにしなかった。 検察側は、正犯であるとしているが 幇助犯を主張する弁護側が、正犯を明らかにしないという 非常に奇妙な公判であったという印象を持っている。 また検察側は、 取り調べの中で、 夫妻を庇うつもりがあった。 氏の関与が明らかになれば により氏の失職になる可能性がある。 等と 立道氏の発言を紹介した。 小生の指摘した通り、 取り調べの段階で、 報酬決定については高谷真介氏と話をしていた。 報酬額については克行氏に確認していたと思っていたと 発言していた立道浩氏は、 公判の中では、 「記憶が曖昧」等と答え、 誰の指示か等の明言を避け、 氏を庇い続けた。 取り調べの段階との話の食い違いを指摘された立道浩氏は 心証は非常に悪くなったであろうが、 それでもなお、 「検察側に誘導されて調書にサインした」等と証言した。 また、検察側は 週刊誌報道後、上京した際のホテル費用や 今回の立道氏の 弁護士費用等の費用について質問を行うと、 「把握していない。 」 と驚きの発言を行っている。 被告本人が弁護士費用すら把握していないという謎の証言。 氏、河井あんり氏以外に支払う 稀な人物でもいるというのであろうか。 夫妻が用意したである。 夫妻に都合が悪い証言等出来るはずもない。 また先日は、 氏のを務めていた 高谷真介氏は、起訴後に秘書を辞めていたことが 地元紙によって報道された。 国会便覧という 国会議員のプロフィールや秘書の氏名等が掲載された 3月に発行された資料には 氏の氏名欄は空白となっており、 高谷氏は既に秘書を辞めたのでないかと 関係者の間では話に上がっていたが、その通りであった。 先般、書いたが、 既に何らかの裏の取引がなされ、 罪は高谷真介氏ひとりに負わせる。 氏、河井あんり氏は 何が何でも逃げ通すつもりなのではないか。 立道浩氏も、 秘書給与や弁護士費用を考える際、 夫妻に不利な証言は出来るはずがない。 との指摘も事実になりつつある。 高谷真介氏の初公判は6月12日に決まった。 また立道浩氏の次回公判は6月9日となる。 高谷真介氏は、 素直に取り調べには応じていないという情報もある。 今後起訴された二人から 事件の真相に迫ることは難しいと考えられる。 であるならば、 当事者二人に然るべき場で聞くしかあるまい。 氏、河井あんり氏は これまで疑惑についてはなんら説明を行っていない。 話が出来ないのであれば、 徹底的に捜査し、真実を明らかにするしか他あるまい。 一日も早く全貌が分かることを期待したい。 ではでは。 syouseihiroshima 昨年夏の河井あんり氏陣営の 違反事件。 また立道浩氏の第三回公判が本日となった。 先日の第二回公判で 立道浩氏は、 罪状認否は認めたものの 弁護側は幇助犯に過ぎないと主張した。 幇助犯と主張したことは、 立道浩氏は ただ誰かの指示に従い立道浩氏本人は やらされただけで 正犯での罪はない。 だから重い刑は避けて欲しい。 一部の罪は認めるから罰金刑で済ませて欲しい。 そんな思惑があるようにうつる。 何度も言うように 罰金刑であれば、 河井あんり氏へのの適用は出来ない。 幇助犯。 誰の幇助を行ったと主張するのであろうか。 それとも、主犯を探すのは検察側の責任とでも言い、 煙に巻くのだろうか。 夫妻揃って逃げ切りたい中で、 立道浩氏側は、 氏、河井あんり氏の指示に従ったとは 口が避けても言えない。 では誰なのか。 もう一人逮捕された 氏のの 高谷真介氏の名前をあげるのではないかとみる関係者も少なくない。 高谷真介氏は、 起訴された際に、 組織的選挙運動管理者とは見なされておらず、 もし高谷真介氏に 禁固刑以上の判決が出ても、 河井あんり氏の適用には 繋がらない。 よって 高谷真介氏が 勝手にウグイス嬢への支払い額を決めただけ。 河井夫妻は、なにも知らなかった。 こんなストーリーを描きたいのではないか。 また、高谷真介氏の保釈請求も認められていない。 そして高谷真介氏は、 検察の取り調べに徹底的に抵抗しているという話も聞く。 また先日の第二回公判で 立道浩氏は、 領収書を二枚に分けることは認めたものの 金額については知らない。 また都合の悪いことは覚えていないと 証言している。 夫婦のに結びつかないためには どんな証言もするし、黙秘もするし、逃げもする。 適用の可能性がある 立道浩氏はなんとしても罰金刑で済ませたい。 これまでの言動を考えれば、 あの河井夫妻なら 考えそうなことではないか。 有能なが弁護側についていることも 河井夫妻には心強いのだろう。 また未だに公設秘書の立道浩氏は まだまだ夫妻の言いなりになっているのではないか。 夫妻に不利な証言は出来ないのではないかと話す 関係者も存在する。 そして高谷真介氏が 罪を被ることで夫妻を逃がす。 そんなストーリーで裁判を戦うつもりなのではないだろうか。 勿論高谷真介氏に対しても 夫妻は何かの取引を持ち掛けていると 話す政界関係者もいる。 しかし、政界関係者の間では、 高谷真介氏の評価は高い。 あの人がいるまでは、 河井事務所での秘書を続けたいと立道氏は 考えているのではないかと話す関係者もいるという。 立道浩氏は、高谷真介氏の名前さえも 出せない可能性もあるが 弁護側は、誰の幇助とするのか、 小生も非常に興味のある所である。 こんなことがまかり通るとは 小生も考えられないが、 しかし、なんとしても逃げ切りたい 河井夫妻のなりふり構わぬ行動も 予感させる。 弁護側も、 河井夫妻についている以上、 無理な解釈を立ててでも 戦わなくてはならないことは 小生も分かるが、 それで逃げられては困る。 先日、河井夫妻側が準備した弁護士団が、 秘書らへの弁護にもついていると 指摘したが、 その意味が、 これからの裁判で明らかになるかと思う。 裁判所は、法と証拠に基づいて 公明正大な裁判を行ってくれるものと信じている。 また、運動員以外の買収疑惑についても 検察には今後も徹底的な捜査を期待したい。 まだまだ今後も明らかにしていく疑惑は山積している。 一歩一歩着実に真実が明るみに出ることを 期待したい。 ではでは。 syouseihiroshima 辞任の際の内での小坂前町長のコメント 4月10日の 昨年夏のを巡る 河井あんり氏陣営の数々の疑惑。 複数の県議や地方議員、首長や、後援会幹部や運動員に対し 買収が行われたのではないかとの疑惑を メディア各社は連日報道している。 各メディアは、直接議員らへの取材を行い、 その数、数十人。 また総額はが700万円余りと報じ、 は2000万円とも報じている。 また今年1月の河井夫妻の自宅マンションへの家宅捜索で 買収先等を記載したとみられるリストが押収されているとの 報道も連日行われている。 実際には、検察の事情聴取を受けておきながら否定し、 また検察の取り調べに虚偽の証言をしている議員も多いという。 各社数十人の把握が大勢だが、 小生の聞き及んだ数とは大きな開きがあることは事実である。 一人で数千万受領しているのではないかと噂されている人物もいるようで 検察は徹底的に捜査を進めていると感じている。 そうした中、 各紙が 氏への立件へ向けた検討を始めたと報じている。 立件へ向けたハードルは高いのではないかと証言する者も多い。 氏側、あんり氏側は、 買収ではない。 あくまで陣中見舞い的なものである、 また単なる寄附だと詭弁を言い なんとか逃れようとしていることは容易に想像つく。 こうした現金の授受は、 政党間や後援会同士の寄附という形を取り、 へ、その寄附額や日付等を記載すれば 合法となる。 しかし、現金授受を証言している議員や関係者の証言では 氏、河井あんり氏側から 領収書の提出を求められることもなく また発行もしていないとしている。 これが事実であれば、寄附という詭弁は通らないことになる。 またそれを裏付けるように 挙での応援の見返りと感じたと証言する者も多い。 これまで、選挙の関係とは別に 毎年、河井氏側から寄附を貰っている議員等は、 今回の選挙のための買収ではないと 逃げることが出来ないこともないかもしれない。 しかしこれまで河井氏側から 寄附を貰ったこともない議員が、 今回金銭の授受を受けていると証言している中、 この言い訳もなかなか説明がつかない。 いきなり今回だけ寄附を貰うことの意味が どういったものか説明できるはずがない。 小生も証言を行ったとされている議員らの 過去のを確認したが これまで河井氏側のから寄附を貰っていない議員が大勢いた。 こうした捜査も進んでいることが予想される。 また、一番大きな証言、そして動きは、 小坂眞治前長の 責任を取った辞職であると考えている。 小坂前町長は、検察の任意の取り調べを受けたことを認め、 また選挙前に氏から現金20万円入りの封筒を貰った。 その際の会話で 「保守票を二つに割ることが出来れば二人当選する」 等の氏の証言を述べている。 また、後日、寄附という形を取るため、 自身の後援会のへ記載し、 領収書を氏側に送り、何とか逃れようとしたと思われる。 しかし、辞職へと追い込まれている。 そして辞任の際、 マスコミの取材に対し、 「当初の政治資金で…という安易な思いが 成り立つはずがないと深く反省している」 とコメントしている。 このコメントは、 非常に大きいものになると考えている。 政治資金でという考えは成り立たない。 一旦は寄附という形をとった小坂前町長でさえ この詭弁は通らないと 公に証言したことになるからである。 検察は、買収の意図を 明確にするため、 複数から証言や調書を取り、 証拠の積み上げを行っていると考えられる。 少しずつ、しかし確実に 検察は捜査を進めている印象を持っている。 法改正問題や黒川の辞任等 外野も騒がしくなっているが、 静かな闘志を最後まで持って頂き、 どうか、正義は正しいことを 検察には証明して頂きたいと願う。 ではでは。 syouseihiroshima 昨年夏の挙を巡り、 河井あんり陣営が ウグイス嬢への違法な報酬を支払ったとして、 逮捕、起訴された立道浩氏は 先程の第二回目の公判で、 起訴事実を認めた。 立道浩氏は、 「法定上限額を超える報酬を支払ったのは事実。 報酬の支払いへの関与は認めます。 」 と罪状認否は認めた。 また 「共犯者の高谷氏や脇氏と共謀したかどうかは分からない。 」 「多くの選挙で支払われている 常識的な金額と認識していた。 世間を騒がせてご迷惑をおかけしたことについては残念で申し訳なく思っている」 と発言。 河井氏側が用意したと考えられる弁護士側は、 「立道氏は幇助犯に過ぎない。 金額決定には一切関与していない。 事実は認めるが幇助に過ぎない。 」 と発言した。 なんとしても河井あんり氏の当選無効を免れるため、 が適用出来ない罰金刑を取りにいくとみられる。 裁判所には、公正な判決を求めたい。 ではでは。 syouseihiroshima.

次の

河井あんりの経歴や学歴、子供はいるの?若い頃がかわいい!【画像あり】

川井 あんり

2009年に女性記者と知り合い県議に勧誘する 2009年に河井克行氏の行き着けの六本木の店で、初めて河井氏と会って食事をした女性記者は語りました。 食事中にいきなり 「広島の県議にならないか」 と聞かれました。 その気が無いという思いを伝えると 「政令指定都市を選挙区にする県議はいいぞ。 何もしなくても年収1千万円だ」 との会話があったのです。 政令指定都市とは、人口が50万人以上の市の事です。 確かに広島市は合計人口が100万人をゆうに超える政令指定都市です。 でもこの発言は完全に県議という仕事を侮辱しています。 市民のために身を粉にするという議員のスタンスから離れ、収入でしか政治家というのを判断していません。 二次会のカラオケでセクハラ行為 セクハラを受けたという女性記者はさらに続け、二次会のカラオケでセクハラ行為があった事が語られました。 私の横にピッタリ座るやいなや、膝を「の」の字を書く様にさすってきました。 クッションを2人の間に置いてガードしても、それを除けてまた密着してきました。 気持ち悪い手つきで肩を揉んでくることもしました。 そして 「俺には君位がちょうどいいんだ」 と手を握ろうとしてきたこともありました。 女性記者が明らかに嫌がっているという空気を読めずに、一方的に手を出してきているのです。 「髪を切った?」 「彼氏はいるの?」 程度の質問でもセクハラ扱いする若い子に対しては、さすがに 「そんなメンタルの弱さでは今後生きていけないよ」 と思うのですが、ここまでしてくるのは明らかにセクハラでしょう。 しかもそれが衆議院議員という立場と、年収1千万円という好条件をエサに釣っているみたいで、何も本人の魅力はあったものではありませんからね。 セクハラ指摘に関しては「ごめんなさい」 この様に冷静に淡々と回等していたあんり氏ですが、セクハラの件について質問されると途端に それは気持ち悪い思いをしたことでしょう。 あはは。 事実なら申し訳ないです。 私が言ってお詫びしたくらいです。 ごめんねって と、おちゃらけた気味に語ったのです。 本当は旦那の事を怒りたいのでしょうが、ここで旦那の事を批判すると旦那の立場が悪くなります。 なのであえて相手女性に対して私が謝るから許してという事でかわそうとしているのです。 自分がセクハラをされた立場なら、男性の嫁がしゃしゃり出てきて「ごめんね」と謝られたところで関係ないでしょう。 つまりこれは自分達の立場を確保するためのポジショントークなのが丸分かりです。 そういう世代なのかもしれない 河井克行氏は52歳という事で、パワハラ等がまだ横行していた時代で育ったでしょう。 また、校内暴力もバリバリにあった頃に学生だったのです。 そういった環境で育ったから、一連の問題行為を当たり前と思うのかもしれません。 でも政治家である以上、現在の世相や世論に合った言動をしないと次の当選はありませんよ。

次の