確定拠出年金 おすすめ。 私ならこれを選ぶSBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)おすすめ投資信託、おすすめポートフォリオ。

私ならこれを選ぶSBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)おすすめ投資信託、おすすめポートフォリオ。

確定拠出年金 おすすめ

ポートフォリオのバランスを直しておこう! と考えたのが配分変更しようと考えた理由です。 もともとの運用方針にポートフォリオのバランスを直すことを「リバランス」と言います。 ロボアドバイザーはAIが自動でリバランスをしてくれますが、確定拠出年金は自分でリバランスをしないといけないので注意しましょう。 関連記事: 確定拠出年金の手数料をチェックしないと損する 確定拠出年金の手数料はいくつか種類がありますが、信託報酬手数料は1つ1つの銘柄によって変わっていきます。 確定拠出年金は60歳までの長期運用なので手数料の違いはとても大きいんですね。 自分の運用している銘柄の手数料を見直そう!と考えました。 そこで驚きの結果が… 三井住友信託のサイトで確定拠出年金銘柄の情報を見ることができます。 SMTAM・外債インデックスL:信託報酬0. 大和住銀DC外国株式ファンド: 信託報酬1. SMTAM・DCバランス70:信託報酬0. 投資信託の中でも特に手数料が安いETFでは信託報酬が0. これからあと30年間も高い手数料を払い続けるのは良くない!と思い配分変更に着手しました。 確定拠出年金の配分変更の方法 さっそく配分を変えていきます。 わたしの場合は三井住友信託のサイトではなく確定拠出年金の運用会社「 JIS&T」のサイトで行います。 右側の「商品配分変更」をクリックします。 「変更後の商品配分」にそれぞれ配分割合の数字を入力します。 最後に画面の1番下の「申し込み」をクリックすると配分変更が完了します。 わたしが選んだ三井住友信託の確定拠出年金のおすすめ銘柄 配分変更をしたわたしのポートフォリオはこちらです。 すべての銘柄をパッシブ(インデックス)ファンドに変更し、バランス型の比率を高くしました。 SMTAM・外債インデックス: 投資対象は海外株式。 信託報酬0. 直近利回り10. SMTAM・外債インデックス: 投資対象は海外債権。 信託報酬0. 直近利回り3. SMTAM・DCバランス70: バランス型。 信託報酬0. 直近利回り10. 直近と長期の利回り実績も高く、市場平均と同等の成績で運用をしてくれます。 手数料が大幅に下がったので長期的にみれば正しいはず…。 たしかに面倒な部分もあるね。 そういう人は インデックスファンドとバランス型へ投資することだけ意識して後はほったらかしでもいいと思うよ。 確定拠出年金以外だとロボアドバイザーを使うと手間がほとんどなくて楽に運用ができるのでおすすめ。 いかがでしたでしょうか。 あなたも確定拠出年金のポートフォリオを時々見直して配分変更を考えてみてください! でも資産運用に集中しすぎて本業がおろそかになったり疲れてしまっては本末転倒です。 手数料の安いインデックスファンドやロボアドバイザーを利用して資産運用に時間をかけないで本業やサイドビジネスで収入を増やすこともおすすめですよ。 ちなみに 個人型確定拠出年金(iDeCo)でロボアドバイザー「THEO」で運用できる「MYDC」があるので面倒な人はこちらを使ってみるといいかもしれません。 企業型DCでおすすめの銘柄は? 企業型のDCは投資信託を選べる幅が狭いですが、なるべく良い銘柄を選ぶことで資産を着実に増やしていけるでしょう。 おすすめの銘柄については「でまとめているので是非合わせてお読みくださいね。

次の

確定拠出年金(企業型)、おすすめの配分や運用は?企業型DCのお得な活用

確定拠出年金 おすすめ

確定拠出年金の運用商品 確定拠出年金は、いくつかの運用商品があります。 大きく分けると3つ。 「定期預金」「保険」「投資信託」です。 これらの商品は、 毎月の拠出額の範囲内で自由に組み合わせ運用することができます。 また選択した商品は変更も可能ですから、途中で好みの組み合わせで運用することもできるでしょう。 リスク ただ 「リスク」についてきちんと理解しておく必要があります。 絶対に損をしたくないという方は、「定期預金」や「保険」がおすすめ。 しかし、 定期預金は途中で解約してしまうと受け取れる金利が予定よりも下がってしまうので注意しなければいけません。 保険は、「元本確保型」が含まれている場合があります。 この場合も、 途中で解約すると元本割れになる可能性がありますので十分注意しましょう。 そのうえ、保険は運用時の手数料が明確になっていません。 たとえば積み立て年金保険の場合、保険運用の手数料を差し引いた金額が利率になります。 リスクを回避するなら定期預金や保険が良いとはいえ、定期預金のデメリットや 「保険はこういう商品である」ことを重々理解したうえで選択するようにしましょう。 また元本確保型を選択する場合は、商品の特徴をしっかり理解しておくことも大切です。 投資信託 将来受け取れる年金額を増やしたいというのであれば、 投資信託が良いでしょう。 ただし、株式型の投資信託で利益を求めながら運用リスクもとれる商品を選ぶ必要があります。 もちろん、元本確保型にはなりません。 そして、 「商品の手数料」にも注目しましょう。 ご存知のとおり、確定拠出年金は60歳まで原則解約ができません。 長期運用が前提ですので、投資信託を運用する場合はかかる管理費用もしっかりチェックしておく必要があります。 投資信託には インデックス型とアクティブ型がありますので、そのへんもきちんと理解しておくほうが良いでしょう。 ちなみに、一般的にアクティブ型のほうがインデックス型より運用コストが高くなりやすいといわれています。 しかし、将来多くの年金額を受け取るには アクティブ型の投資信託のほうがメリットになります。 ですから、選択する場合は支払うコストに見合うリターンであるかも十分に確認し、決断するようにしましょう。 ちなみに、 確定拠出年金での投資信託は、「日本株式」「日本債権」「海外株式」「海外債券」「不動産(REIT)」「バランス」などに区分されています。 インデックス型とアクティブ型は、先ほど説明したとおりになります。 2017年現在•

次の

iDeCo(個人型確定拠出年金)はどこがいいか。おすすめ金融機関はここだ!!

確定拠出年金 おすすめ

ポートフォリオのバランスを直しておこう! と考えたのが配分変更しようと考えた理由です。 もともとの運用方針にポートフォリオのバランスを直すことを「リバランス」と言います。 ロボアドバイザーはAIが自動でリバランスをしてくれますが、確定拠出年金は自分でリバランスをしないといけないので注意しましょう。 関連記事: 確定拠出年金の手数料をチェックしないと損する 確定拠出年金の手数料はいくつか種類がありますが、信託報酬手数料は1つ1つの銘柄によって変わっていきます。 確定拠出年金は60歳までの長期運用なので手数料の違いはとても大きいんですね。 自分の運用している銘柄の手数料を見直そう!と考えました。 そこで驚きの結果が… 三井住友信託のサイトで確定拠出年金銘柄の情報を見ることができます。 SMTAM・外債インデックスL:信託報酬0. 大和住銀DC外国株式ファンド: 信託報酬1. SMTAM・DCバランス70:信託報酬0. 投資信託の中でも特に手数料が安いETFでは信託報酬が0. これからあと30年間も高い手数料を払い続けるのは良くない!と思い配分変更に着手しました。 確定拠出年金の配分変更の方法 さっそく配分を変えていきます。 わたしの場合は三井住友信託のサイトではなく確定拠出年金の運用会社「 JIS&T」のサイトで行います。 右側の「商品配分変更」をクリックします。 「変更後の商品配分」にそれぞれ配分割合の数字を入力します。 最後に画面の1番下の「申し込み」をクリックすると配分変更が完了します。 わたしが選んだ三井住友信託の確定拠出年金のおすすめ銘柄 配分変更をしたわたしのポートフォリオはこちらです。 すべての銘柄をパッシブ(インデックス)ファンドに変更し、バランス型の比率を高くしました。 SMTAM・外債インデックス: 投資対象は海外株式。 信託報酬0. 直近利回り10. SMTAM・外債インデックス: 投資対象は海外債権。 信託報酬0. 直近利回り3. SMTAM・DCバランス70: バランス型。 信託報酬0. 直近利回り10. 直近と長期の利回り実績も高く、市場平均と同等の成績で運用をしてくれます。 手数料が大幅に下がったので長期的にみれば正しいはず…。 たしかに面倒な部分もあるね。 そういう人は インデックスファンドとバランス型へ投資することだけ意識して後はほったらかしでもいいと思うよ。 確定拠出年金以外だとロボアドバイザーを使うと手間がほとんどなくて楽に運用ができるのでおすすめ。 いかがでしたでしょうか。 あなたも確定拠出年金のポートフォリオを時々見直して配分変更を考えてみてください! でも資産運用に集中しすぎて本業がおろそかになったり疲れてしまっては本末転倒です。 手数料の安いインデックスファンドやロボアドバイザーを利用して資産運用に時間をかけないで本業やサイドビジネスで収入を増やすこともおすすめですよ。 ちなみに 個人型確定拠出年金(iDeCo)でロボアドバイザー「THEO」で運用できる「MYDC」があるので面倒な人はこちらを使ってみるといいかもしれません。 企業型DCでおすすめの銘柄は? 企業型のDCは投資信託を選べる幅が狭いですが、なるべく良い銘柄を選ぶことで資産を着実に増やしていけるでしょう。 おすすめの銘柄については「でまとめているので是非合わせてお読みくださいね。

次の