俳優 死亡。 sam.leonardjoel.com.au : 「ワイルド・スピード」の俳優事故死、高速運転が原因と断定

三浦洋一 (俳優)

俳優 死亡

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 所属事務所によると、萩原さんは、悪性腫瘍の一種である消化管間質腫瘍で11年から闘病していたが、容体が急変した。 本人の強い希望で病名の公表を控えていたという。 埼玉県生まれ。 67年、16歳でグループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルとしてデビュー。 「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」がヒットし、アイドル的な人気を集めた。 解散後は沢田研二さんや岸部一徳さん、故井上堯之さんらとロックバンド「PYG(ピッグ)」を結成。 日本のロックの黎明(れいめい)期を支えた。 75年にソロアルバムを出し、ロックシンガーとして活動。 「大阪で生まれた女」がヒットした。 17年に歌手活動50周年の記念アルバム「LAST DANCE」を発表し、昨年6月まで記念ライブを行った。 俳優としても活躍し、72年に始まった日本テレビのドラマ「太陽にほえろ!」に「マカロニ刑事」の役で出演。 スタイリッシュな容姿と常識破りなキャラクターで、反体制的な70年代の若者の支持を集める。 74~75年の「傷だらけの天使」では、水谷豊さんとのコンビで怪しい探偵社の下働き役を好演した。 不真面目ながら筋を通す若者像は、学生運動に敗れ去った後の冷めた社会の空気を象徴する存在となった。 75年からは倉本聰さん脚本の「前略おふくろ様」に主演。 これまでのイメージとは一転。 板前修業をする、母親思いの心優しき青年を演じてみせた。 映画では72年の「約束」などに続き、74年に「青春の蹉跌(さてつ)」に主演する。 上昇志向の強いエリート大学生を冷徹に演じ、キネマ旬報男優賞を受けた。 神代辰巳監督とはこの後も「もどり川」「恋文」「離婚しない女」などでタッグを組んだ。 80年には黒澤明監督の「影武者」に出演、94年には「居酒屋ゆうれい」で主演を務めた。 結婚・離婚を繰り返す私生活や、大麻取締法違反容疑や映画出演料をめぐる恐喝未遂容疑で逮捕されるスキャンダルでも注目を集めた。 萩原健一さんの妻・理加さんのコメント 生前に、お世話になりました仕事関係の皆様、ファンの皆様に、心よりお礼申し上げます。 これまで、本人の強い意向により、病のことは公表せずに参りました。 最期は、とても穏やかで安らかに、ゆっくりゆっくり、眠る様に息をひきとりました。 今はまだ、心の整理がついておりませんので、皆様、どうかご理解頂けると幸いに存じます。

次の

俳優の大杉漣さんが死去 66歳 名脇役として活躍 食事後に腹痛訴える

俳優 死亡

3月29日、日本を代表するタレントの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなりました。 個人的にはかなり大きな衝撃で、未だに亡くなったという事実を受け止められずにいます。 これほど広い世代に浸透し愛されていたタレントさんは少ないとは思いますが、その死が私たちに与える影響はとても大きいと思います。 志村けんさんの命を奪った新型コロナウイルスですが、その脅威は依然として衰えていません。 にもかかわらず、未だに感染拡大を楽観視し、自粛要請にも応じずに生活を送っている方が多く見受けられるのは大変残念です。 今回の志村さんの死を重く受け止め、どんな人でも感染し、死に至る可能性があることを認識していく必要があるように思います。 有名人の死は政治家の自粛要請よりもはるかに大きなインパクトがあるように感じます。 そういった想いから、新型コロナウイルスに感染し、残念ながら命を落とした有名人を調べることにしました。 これを機に一人でも多くの人が認識を改めて貰えることを願わずにはいられません。 Contents• 享年70歳でした。 志村さんについては思い入れも強く、別記事で詳しくまとめています。 享年60歳でした。 4月4日に肺炎症状が見られることから入院し、同7日にPCR検査で新型コロナウイルスの感染が確認されていました。 氏は1983年に毎日放送へ入社し、ディレクターとしてダウンタウンの出世作『4時ですよーだ』や、関西を代表するTV番組『ちちんぷいぷい』の立ち上げにも貢献していました。 特にダウンタウンの浜田雅功さんとは仲が良く、昨年9月、TV番組『ごぶごぶ』の企画で浜田さんとの共演も果たしていました。 享年84歳でした。 氏は大学時代に全日本学生選手権を制した強豪として知られ、全日本柔道連盟(全柔連)副会長、日本オリンピック委員会(JOC)理事などを歴任しています。 近年は講道館柔道九段として指導に当たっており、今月5日まで講道館で勤務していました。 講道館と同じビルに事務局を構える全柔連では役員、職員合わせて19人が新型コロナウイルスに感染し、クラスターが発生しています。 享年80歳でした。 オムロン創業者である立石一真さんの三男で、1963年に前身の立石電機へ入社。 47歳で社長に就任し、社名変更やカンパニー制の導入など社内改革に取り組むと共に、事業の多角化や本格的なグローバル展開を進め、同社を日本を代表する制御機器メーカーへ成長させました。 昨年11月からは同社の名誉顧問に就任していました。 享年63歳でした。 1975年『お美津』での主演で女優として芸能界にデビューしました。 映画やテレビドラマなどで活躍し、近年では1996年から2014年までの17年間、『はなまるマーケット』の総合司会を薬丸裕英さんと共に務めていたことでも知られています。 岡江さんについては別記事で詳しくまとめています。 享年81歳でした。 氏は、探偵小説作家の大坪砂男さんの長男として生まれ、俳優を志し、NHK大河ドラマ『勝海舟』や、TVドラマ『ナースのお仕事』、『相棒』、『トリック』、、映画『「武蔵野心中』、『踊る大捜査線 THE MOVIE』などに出演しています。 近年では、演劇組織『夜の樹』を主宰し、演出家としても活躍されていました。 享年40歳でした。 東京都出身。 曾祖父の善竹彌五郎さんは狂言界で初の人間国宝となった人物で、父の善竹十郎さんも狂言師という家系に生まれ、3歳から稽古を積んでいたそうです。 近年では、大学やカルチャースクールで狂言を指導し、伝統を守りつつも、オペラとのコラボを実現したりなど、狂言の普及に尽力されていました。 享年58歳でした。 氏は4月1日に発熱の症状が表れ、翌日に入院、新型コロナウイルス陽性が確認されていました。 東京都出身で、出版社勤務を経て、シャンソン歌手に転身、1997年には第19回日本アマチュアシャンソンコンクール歌唱賞を受賞していました。 2000年から『シャンソンの祭典 パリ祭』に出演しており、これまでCDアルバム『あの空へ』『あの道へ』を発表しています。 享年74歳でした。 氏は、外務省勤務から外交評論家に転身し、当時の橋本龍太郎内閣で沖縄問題担当の首相(総理大臣)補佐官を務めました。 その後、小泉純一郎内閣でも首相補佐官に任命され、イラク戦争後の復興に取り組みました。 退任後は、外交評論家として活動されていました。 享年28歳でした。 山梨県出身の力士で、初土俵は平成19年3月、地方巡業で初っ切りを務めたこともあったそうです。 元々糖尿病を患っており、4月8日の入院から経過が心配されていました。 4月4日から発熱の症状が現われたものの、8日の入院まで医療機関での受け入れに時間がかかっていました。 享年69歳でした。 1950年、ニュージャージー州生まれで70年代から俳優として活躍されていました。 享年59歳でした。 ネット番組収録のため、インドに旅行した際、3月18日に陽性と判明し、病院で治療を受けていました。 ニューヨークのレストランで高級インド料理提供し、世界的に人気を獲得していました。 享年81歳でした。 ミュージカル「ラグタイム」「蜘蛛女のキス」をはじめ、台詞劇「マスター・クラス」「マザーズ・アンド・サンズ」などを手がけ、トニー賞を4受賞するなどされた方です。 現在、東京で上演されているミュージカル「アナスタシア」も氏が手掛けたことで知られています。 近年、肺がんを患い克服したものの、慢性的な肺疾患に苦しんでいたそうです。 享年52歳でした。 ティンテッド・ウィンドウズやアイヴィーといったバンドでも活躍し、作曲家・プロデューサーとしても映画『ラブソングができるまで』など多くの映画音楽を手掛けるなど、幅広く活躍されていました。 アメリカのドラマ『クレイジー・エックス・ガールフレンド』ではエミー賞も受賞しています。 享年85歳でした。 氏の父親は公民権運動支援者で、故キング牧師らが愛用したモーテルをニューオーリンズで営んでいました。 そこで多くの黒人ミュージシャンと出会い、音楽の道を選んだと言われています。 教育者としても著名で、複数の大学で若い世代に対し音楽の指導を行っていました。 享年59歳でした。 フィラデルフィア出身で、トランペットの巨匠マイルス・デイビス氏の影響を強く受け、アート・ブレイキー氏やトニー・ウィリアムス氏などの大物ドラマーのバンドに起用されました。 公演のためたびたび日本も訪れており、人気を獲得していました。 享年61歳でした。 1990年代に活躍し、98年にはグラミー賞を受賞するなど人気を博しました。 第2次大戦前から続く長寿音楽ラジオ番組『グランド・オール・オプリ』の25年来の主要メンバーとしても知られていました。 死因は不明ですが、新型コロナウイルスに感染していたそうです。 享年94歳でした。 1950年代から、TV局のハウス・バンドのメンバーとして活躍する他、ベニー・グッドマンやフランク・シナトラなどのバンドでもサイドマンとして活躍していました。 その後、約80年間にわたり活躍し、伝説のギタリストと評されています。 息子のジョン・ピザレリさんもジャズギタリストとして有名です。 享年86歳でした。 オードリー・ヘップバーンと共演するなど映画女優としての地位を確立した後、ジャーナリストへ転向し、マーロン・ブランドやモントゴメリー・クリフトなどの伝記を執筆していました。 享年73歳でした。 セインツ、イーグルス、ラムズ、オイラーズ、ビルズの5球団で11シーズン(出場127試合)にわたってプレーしていた選手です。 生まれつき右足のつま先と右手の指がないという障害を持ちながらも、フィールドゴール(FG)のNFL最長記録を保持していたことでも有名です。 享年91歳でした。 40年以上にわたってマーサズ・ヴィニヤード島で暮らしていましたが、2017年に家族の近くで暮らすためにオハイオに移り住んでいました。 享年73歳でした。 1971年にデビュー、シカゴのフォーク・シーンで人気を博し、ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランさんと並び、世界的にも高い評価を受けていました。 代表曲「エンジェル・フロム・モンゴメリー」は多くのミュージシャンがカバーしており、昨年にはソングライターのとして殿堂入りも果たしています。 また、2020年のグラミー賞では生涯功労賞に輝きました。 享年79歳でした。 今年2月から脳卒中のリハビリのため介護施設で療養していましたが、新型コロナウイルスに感染し入院していました。 『Team Fortress 2』のソルジャー役が特に有名で、『スターフォックス64』のペッピー・ヘア役、『Age of Empires II』のナレーターなど数多くのゲーム作品に出演してきました。 享年64歳でした。 70年代に音楽業界に入り、80年代には音楽プロデューサーとして人気コメディー番組『サタデー・ナイト・ライブ』に貢献しました。 他にも、ルー・リードさんやマリアンヌ・フェイスフルさんらの作品を手掛け、2011年にはメタリカがルー・リードとコラボしたアルバム『Lulu』を共同プロデュースしていました。 享年80歳でした。 1970年代から俳優として活躍し、映画『ナッシュビル』、『カンバセーション…盗聴…』、『ペーパー・ファミリー』など数多くの映画・TVドラマに出演していました。 享年44歳でした。 エミー賞にもノミネートされたヘアスタイリストで、エイヴァ・デュヴァーネイさん、タイラー・ペリーさん、リー・ダニエルズさんなどの作品に携わっています。 その他にも数々のハリウッド映画やTVドラマを担当していました。 享年82歳でした。 氏は1970年に発表した『超現実数』の業績で知られ、米プリンストン大学の教授を歴任して名誉教授に就任していました。 また、生命の誕生や死を単純なルールでシミュレーションする『ライフゲーム』でも有名です。 享年48歳でした。 ニューヨークポスト紙で25年間にわたってスポーツ関連の写真を撮り続けており、関係者の間では有名な存在でした。 氏はブルックリン出身で、メジャーのヤンキー・スタジアムやNBAニックスのマジソンスクエア・ガーデンを主な取材場所としており、その人柄と撮影技術から各選手から絶大な信頼感を獲得していました。 享年77歳でした。 スティーヴン・スピルバーグ監督やバリー・レヴィンソン監督などの作品の撮影を担当していたことで知られています。 これまで『E. 』『カラーパープル』『太陽の帝国』『わが心のボルチモア』『バグジー』の5作品で『アカデミー撮影賞』にノミネートされました。 享年92歳でした。 氏は『クールジャズ』の先駆者として、約70年にわたって活躍、マイルス・デイビスさんなどとの共演で知られていました。 享年35歳でした。 4月6日には、自身のTwitterとインスタグラムで新型コロナ陽性で入院していることを発表し、酸素マスクをする写真と共に「祈ってほしい」と訴えかけていました。 氏は2011年に、米ヒップホップを代表する雑誌『XXL』の「FRESHMAN」として選出され注目を集め、多くのアーティストの作品にも参加していました。 享年75歳でした。 「ジークフリート&ロイ」は、ラスベガスで長年猛獣(ホワイトタイガー)を使ったイリュージョンを行い、80年代には日本でも公演を行っていました。 氏は03年のショーの最中にホワイトタイガーに襲われ重傷を負い、復帰を果たしたものの09年の公演を最後に引退していました。 相方のジークフリート・フィッシュバッカー氏(Siegfried Fischbacher)は「世界は偉大なマジシャンの一人を失い、自分はベストフレンドを失なった」とコメントしています。 享年64歳でした。 3月16日から入院し、19日に検査結果で陽性だと判明していました。 1955年広島県生まれで、家族に連れられて2歳の時にブラジルへ移住し、父親の影響で7歳のころから合唱に関わるようになったそうです。 その後、サンパウロ音楽院音楽学部で音楽を学び、一時期、東京大学へも留学していました。 1994年のサンパウロ州立交響楽団合唱部の創立時から指揮者として指導に当たり、退団後も市立合唱団の首席指揮者を努めていました。 ジャマイカ 【サム・クレイトン・ジュニア(Sam Clayton Jr. 享年58歳でした。 映画『クール・ランニング』のモデルとなった一人で、1993年製作の映画は熱帯の国から88年カルガリー五輪に初出場した選手の奮闘ぶりをユーモラスに描いて世界中でヒットし、日本でも人気を博しました。 氏は負傷のため五輪では滑走しませんでしたが、代表の初期メンバーとして知られていました。 のちにレゲエ音楽の分野でプロデューサーなどとして国際的に活躍していました。 享年92歳でした。 氏は、ミラノ・スカラ座劇場の改修工事中にオペラ上演に使用されたアルチンボルディ劇場の設計も手掛け、「国際建築の巨匠」と呼ばれる著名な建築家でした。 享年89歳でした。 1947年のミス・イタリアに輝き、ミケランジェロ・アントニオーニさんの映画『愛と殺意』(1950)や、フアン・アントニオ・バルデムさんの映画『Death of a Cyclist』(1955)で主演し、国民的な女優として活躍していました。 息子は、スペイン語圏において最も有名な俳優の一人であるミゲル・ボセさんです。 享年84歳でした。 1935年に靴の生産地として名高いサンマウロパスコリで生まれ、50代で靴作りを開始、1968年に自身の名を冠したシューズブランド『セルジオ ロッシ』を立ち上げました。 息子のジャンヴィト・ロッシ(Gianvito Rossi)氏もシューズデザイナーとして有名です。 享年86歳でした。 王女はブルボン・パルマ家の一員で、スペイン国王フェリペ6世の親戚にあたります。 世界の王族で初めての新型コロナウイルス感染による死者となりました。 享年76歳でした。 医療施設に負担をかけたくない、という想いから発熱後も自宅療養を続けていましたが、呼吸困難の症状が出たために緊急入院していました。 1998年、レアル・マドリードに32年ぶりとなる欧州タイトルをもたらしたことで知られ、5年間の在任中(1995-2000)での獲得タイトルはCL優勝2回、リーグ優勝1回、スペインスーパーカップ1回、インターコンチネンタルカップ1回、という輝かしいものでした。 氏がレアル・マドリードの礎を築き、後任のフロレンティーノ・ペレス会長によってレアル・マドリードはクラブ世界一の座へと上り詰めました。 享年70歳でした。 1980年代後半に出版した小説『ラブ・ストーリーを読む老人』で世界的に有名となり、『カモメに飛ぶことを教えた猫』は日本でも中学校の英語の教科書に採用されるなど、浸透していました。 享年69歳でした。 氏は、ジ・アローズを結成する前、日本に在住し、ミュージシャン、モデル、俳優としても活躍していました。 享年76歳でした。 映画『スター・ウォーズ』シリーズでカルアン・イーマット役を演じた俳優として知られ、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』でも声の出演を果たしています。 また、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『シャーロック・ホームズ』シリーズ(ガイ・リッチー版)、『アベンジャーズ』シリーズなど、多くの作品で方言指導を行っていました。 享年78歳でした。 『Little and Large』というコンビ名で1960年代から活躍していました。 元々は歌手として活動していましたが、徐々にコメディアンとしての地位を確立していきました。 享年79歳でした。 ケンブリッジ大学出身の高学歴なことで知られ、1970年に始まった伝説的なコメディ番組『ザ・グッディーズ』の出演メンバーとして一躍有名になりました。 番組はイギリスのみならずニュージーランドやオーストラリアでも放映され、高視聴率を稼いでいました。 氏の持ちネタである『レディー・コンスタンス・ド・カバレット』は特に有名で、『Did somebody call?(誰かお呼びになりました?)』というフレーズは流行語となりました。 享年76歳でした。 リーズ・ユナイテッドの下部組織出身で、同クラブで14年以上にわたってプレーし、センターバックを中心に活躍していました。 氏は、通算で公式戦726試合に出場し、2度のリーグ優勝やリーグカップ、FAカップなどのタイトルを獲得しており、クラブのレジェンドとして親しんでいました。 また、イングランド代表としても活躍し、1966年にイギリスで開催されたワールドカップで優勝を果たしています。 享年68歳でした。 元日本代表のMF中田浩二氏も在籍していた2005~2009年にマルセイユで会長を務めていました。 享年86歳でした。 カメルーン出身のサックス奏者であり、70年代前半のデビュー以降、代表曲『Soul Makossa』などの大ヒットによって世界的に知られ、アフロ・ジャズ・ミュージシャンとして活躍していました。 フェラ・クティと並ぶアフロ・ミュージックの巨星として、約半世紀にわたりアフリカ音楽を世界に広めていました。 享年67歳でした。 滞在先のカイロで感染が確認されたそうですが、元々心疾患があったということです。 氏は、民主化要求運動「アラブの春」を機にカダフィ政権から離反し、2011年に反体制派を率いてカダフィ独裁政権を打倒、暫定首相に就任してリビアの安定に尽力しました。 (他にも新型コロナウィルス関連の記事を書いています。 お時間があればご一読ください。 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・•

次の

【随時更新】新型コロナで死亡した世界の有名人・著名人まとめ(俳優、タレント、ミュージシャン、スポーツ選手、政治家など)

俳優 死亡

3月29日、日本を代表するタレントの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなりました。 個人的にはかなり大きな衝撃で、未だに亡くなったという事実を受け止められずにいます。 これほど広い世代に浸透し愛されていたタレントさんは少ないとは思いますが、その死が私たちに与える影響はとても大きいと思います。 志村けんさんの命を奪った新型コロナウイルスですが、その脅威は依然として衰えていません。 にもかかわらず、未だに感染拡大を楽観視し、自粛要請にも応じずに生活を送っている方が多く見受けられるのは大変残念です。 今回の志村さんの死を重く受け止め、どんな人でも感染し、死に至る可能性があることを認識していく必要があるように思います。 有名人の死は政治家の自粛要請よりもはるかに大きなインパクトがあるように感じます。 そういった想いから、新型コロナウイルスに感染し、残念ながら命を落とした有名人を調べることにしました。 これを機に一人でも多くの人が認識を改めて貰えることを願わずにはいられません。 Contents• 享年70歳でした。 志村さんについては思い入れも強く、別記事で詳しくまとめています。 享年60歳でした。 4月4日に肺炎症状が見られることから入院し、同7日にPCR検査で新型コロナウイルスの感染が確認されていました。 氏は1983年に毎日放送へ入社し、ディレクターとしてダウンタウンの出世作『4時ですよーだ』や、関西を代表するTV番組『ちちんぷいぷい』の立ち上げにも貢献していました。 特にダウンタウンの浜田雅功さんとは仲が良く、昨年9月、TV番組『ごぶごぶ』の企画で浜田さんとの共演も果たしていました。 享年84歳でした。 氏は大学時代に全日本学生選手権を制した強豪として知られ、全日本柔道連盟(全柔連)副会長、日本オリンピック委員会(JOC)理事などを歴任しています。 近年は講道館柔道九段として指導に当たっており、今月5日まで講道館で勤務していました。 講道館と同じビルに事務局を構える全柔連では役員、職員合わせて19人が新型コロナウイルスに感染し、クラスターが発生しています。 享年80歳でした。 オムロン創業者である立石一真さんの三男で、1963年に前身の立石電機へ入社。 47歳で社長に就任し、社名変更やカンパニー制の導入など社内改革に取り組むと共に、事業の多角化や本格的なグローバル展開を進め、同社を日本を代表する制御機器メーカーへ成長させました。 昨年11月からは同社の名誉顧問に就任していました。 享年63歳でした。 1975年『お美津』での主演で女優として芸能界にデビューしました。 映画やテレビドラマなどで活躍し、近年では1996年から2014年までの17年間、『はなまるマーケット』の総合司会を薬丸裕英さんと共に務めていたことでも知られています。 岡江さんについては別記事で詳しくまとめています。 享年81歳でした。 氏は、探偵小説作家の大坪砂男さんの長男として生まれ、俳優を志し、NHK大河ドラマ『勝海舟』や、TVドラマ『ナースのお仕事』、『相棒』、『トリック』、、映画『「武蔵野心中』、『踊る大捜査線 THE MOVIE』などに出演しています。 近年では、演劇組織『夜の樹』を主宰し、演出家としても活躍されていました。 享年40歳でした。 東京都出身。 曾祖父の善竹彌五郎さんは狂言界で初の人間国宝となった人物で、父の善竹十郎さんも狂言師という家系に生まれ、3歳から稽古を積んでいたそうです。 近年では、大学やカルチャースクールで狂言を指導し、伝統を守りつつも、オペラとのコラボを実現したりなど、狂言の普及に尽力されていました。 享年58歳でした。 氏は4月1日に発熱の症状が表れ、翌日に入院、新型コロナウイルス陽性が確認されていました。 東京都出身で、出版社勤務を経て、シャンソン歌手に転身、1997年には第19回日本アマチュアシャンソンコンクール歌唱賞を受賞していました。 2000年から『シャンソンの祭典 パリ祭』に出演しており、これまでCDアルバム『あの空へ』『あの道へ』を発表しています。 享年74歳でした。 氏は、外務省勤務から外交評論家に転身し、当時の橋本龍太郎内閣で沖縄問題担当の首相(総理大臣)補佐官を務めました。 その後、小泉純一郎内閣でも首相補佐官に任命され、イラク戦争後の復興に取り組みました。 退任後は、外交評論家として活動されていました。 享年28歳でした。 山梨県出身の力士で、初土俵は平成19年3月、地方巡業で初っ切りを務めたこともあったそうです。 元々糖尿病を患っており、4月8日の入院から経過が心配されていました。 4月4日から発熱の症状が現われたものの、8日の入院まで医療機関での受け入れに時間がかかっていました。 享年69歳でした。 1950年、ニュージャージー州生まれで70年代から俳優として活躍されていました。 享年59歳でした。 ネット番組収録のため、インドに旅行した際、3月18日に陽性と判明し、病院で治療を受けていました。 ニューヨークのレストランで高級インド料理提供し、世界的に人気を獲得していました。 享年81歳でした。 ミュージカル「ラグタイム」「蜘蛛女のキス」をはじめ、台詞劇「マスター・クラス」「マザーズ・アンド・サンズ」などを手がけ、トニー賞を4受賞するなどされた方です。 現在、東京で上演されているミュージカル「アナスタシア」も氏が手掛けたことで知られています。 近年、肺がんを患い克服したものの、慢性的な肺疾患に苦しんでいたそうです。 享年52歳でした。 ティンテッド・ウィンドウズやアイヴィーといったバンドでも活躍し、作曲家・プロデューサーとしても映画『ラブソングができるまで』など多くの映画音楽を手掛けるなど、幅広く活躍されていました。 アメリカのドラマ『クレイジー・エックス・ガールフレンド』ではエミー賞も受賞しています。 享年85歳でした。 氏の父親は公民権運動支援者で、故キング牧師らが愛用したモーテルをニューオーリンズで営んでいました。 そこで多くの黒人ミュージシャンと出会い、音楽の道を選んだと言われています。 教育者としても著名で、複数の大学で若い世代に対し音楽の指導を行っていました。 享年59歳でした。 フィラデルフィア出身で、トランペットの巨匠マイルス・デイビス氏の影響を強く受け、アート・ブレイキー氏やトニー・ウィリアムス氏などの大物ドラマーのバンドに起用されました。 公演のためたびたび日本も訪れており、人気を獲得していました。 享年61歳でした。 1990年代に活躍し、98年にはグラミー賞を受賞するなど人気を博しました。 第2次大戦前から続く長寿音楽ラジオ番組『グランド・オール・オプリ』の25年来の主要メンバーとしても知られていました。 死因は不明ですが、新型コロナウイルスに感染していたそうです。 享年94歳でした。 1950年代から、TV局のハウス・バンドのメンバーとして活躍する他、ベニー・グッドマンやフランク・シナトラなどのバンドでもサイドマンとして活躍していました。 その後、約80年間にわたり活躍し、伝説のギタリストと評されています。 息子のジョン・ピザレリさんもジャズギタリストとして有名です。 享年86歳でした。 オードリー・ヘップバーンと共演するなど映画女優としての地位を確立した後、ジャーナリストへ転向し、マーロン・ブランドやモントゴメリー・クリフトなどの伝記を執筆していました。 享年73歳でした。 セインツ、イーグルス、ラムズ、オイラーズ、ビルズの5球団で11シーズン(出場127試合)にわたってプレーしていた選手です。 生まれつき右足のつま先と右手の指がないという障害を持ちながらも、フィールドゴール(FG)のNFL最長記録を保持していたことでも有名です。 享年91歳でした。 40年以上にわたってマーサズ・ヴィニヤード島で暮らしていましたが、2017年に家族の近くで暮らすためにオハイオに移り住んでいました。 享年73歳でした。 1971年にデビュー、シカゴのフォーク・シーンで人気を博し、ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランさんと並び、世界的にも高い評価を受けていました。 代表曲「エンジェル・フロム・モンゴメリー」は多くのミュージシャンがカバーしており、昨年にはソングライターのとして殿堂入りも果たしています。 また、2020年のグラミー賞では生涯功労賞に輝きました。 享年79歳でした。 今年2月から脳卒中のリハビリのため介護施設で療養していましたが、新型コロナウイルスに感染し入院していました。 『Team Fortress 2』のソルジャー役が特に有名で、『スターフォックス64』のペッピー・ヘア役、『Age of Empires II』のナレーターなど数多くのゲーム作品に出演してきました。 享年64歳でした。 70年代に音楽業界に入り、80年代には音楽プロデューサーとして人気コメディー番組『サタデー・ナイト・ライブ』に貢献しました。 他にも、ルー・リードさんやマリアンヌ・フェイスフルさんらの作品を手掛け、2011年にはメタリカがルー・リードとコラボしたアルバム『Lulu』を共同プロデュースしていました。 享年80歳でした。 1970年代から俳優として活躍し、映画『ナッシュビル』、『カンバセーション…盗聴…』、『ペーパー・ファミリー』など数多くの映画・TVドラマに出演していました。 享年44歳でした。 エミー賞にもノミネートされたヘアスタイリストで、エイヴァ・デュヴァーネイさん、タイラー・ペリーさん、リー・ダニエルズさんなどの作品に携わっています。 その他にも数々のハリウッド映画やTVドラマを担当していました。 享年82歳でした。 氏は1970年に発表した『超現実数』の業績で知られ、米プリンストン大学の教授を歴任して名誉教授に就任していました。 また、生命の誕生や死を単純なルールでシミュレーションする『ライフゲーム』でも有名です。 享年48歳でした。 ニューヨークポスト紙で25年間にわたってスポーツ関連の写真を撮り続けており、関係者の間では有名な存在でした。 氏はブルックリン出身で、メジャーのヤンキー・スタジアムやNBAニックスのマジソンスクエア・ガーデンを主な取材場所としており、その人柄と撮影技術から各選手から絶大な信頼感を獲得していました。 享年77歳でした。 スティーヴン・スピルバーグ監督やバリー・レヴィンソン監督などの作品の撮影を担当していたことで知られています。 これまで『E. 』『カラーパープル』『太陽の帝国』『わが心のボルチモア』『バグジー』の5作品で『アカデミー撮影賞』にノミネートされました。 享年92歳でした。 氏は『クールジャズ』の先駆者として、約70年にわたって活躍、マイルス・デイビスさんなどとの共演で知られていました。 享年35歳でした。 4月6日には、自身のTwitterとインスタグラムで新型コロナ陽性で入院していることを発表し、酸素マスクをする写真と共に「祈ってほしい」と訴えかけていました。 氏は2011年に、米ヒップホップを代表する雑誌『XXL』の「FRESHMAN」として選出され注目を集め、多くのアーティストの作品にも参加していました。 享年75歳でした。 「ジークフリート&ロイ」は、ラスベガスで長年猛獣(ホワイトタイガー)を使ったイリュージョンを行い、80年代には日本でも公演を行っていました。 氏は03年のショーの最中にホワイトタイガーに襲われ重傷を負い、復帰を果たしたものの09年の公演を最後に引退していました。 相方のジークフリート・フィッシュバッカー氏(Siegfried Fischbacher)は「世界は偉大なマジシャンの一人を失い、自分はベストフレンドを失なった」とコメントしています。 享年64歳でした。 3月16日から入院し、19日に検査結果で陽性だと判明していました。 1955年広島県生まれで、家族に連れられて2歳の時にブラジルへ移住し、父親の影響で7歳のころから合唱に関わるようになったそうです。 その後、サンパウロ音楽院音楽学部で音楽を学び、一時期、東京大学へも留学していました。 1994年のサンパウロ州立交響楽団合唱部の創立時から指揮者として指導に当たり、退団後も市立合唱団の首席指揮者を努めていました。 ジャマイカ 【サム・クレイトン・ジュニア(Sam Clayton Jr. 享年58歳でした。 映画『クール・ランニング』のモデルとなった一人で、1993年製作の映画は熱帯の国から88年カルガリー五輪に初出場した選手の奮闘ぶりをユーモラスに描いて世界中でヒットし、日本でも人気を博しました。 氏は負傷のため五輪では滑走しませんでしたが、代表の初期メンバーとして知られていました。 のちにレゲエ音楽の分野でプロデューサーなどとして国際的に活躍していました。 享年92歳でした。 氏は、ミラノ・スカラ座劇場の改修工事中にオペラ上演に使用されたアルチンボルディ劇場の設計も手掛け、「国際建築の巨匠」と呼ばれる著名な建築家でした。 享年89歳でした。 1947年のミス・イタリアに輝き、ミケランジェロ・アントニオーニさんの映画『愛と殺意』(1950)や、フアン・アントニオ・バルデムさんの映画『Death of a Cyclist』(1955)で主演し、国民的な女優として活躍していました。 息子は、スペイン語圏において最も有名な俳優の一人であるミゲル・ボセさんです。 享年84歳でした。 1935年に靴の生産地として名高いサンマウロパスコリで生まれ、50代で靴作りを開始、1968年に自身の名を冠したシューズブランド『セルジオ ロッシ』を立ち上げました。 息子のジャンヴィト・ロッシ(Gianvito Rossi)氏もシューズデザイナーとして有名です。 享年86歳でした。 王女はブルボン・パルマ家の一員で、スペイン国王フェリペ6世の親戚にあたります。 世界の王族で初めての新型コロナウイルス感染による死者となりました。 享年76歳でした。 医療施設に負担をかけたくない、という想いから発熱後も自宅療養を続けていましたが、呼吸困難の症状が出たために緊急入院していました。 1998年、レアル・マドリードに32年ぶりとなる欧州タイトルをもたらしたことで知られ、5年間の在任中(1995-2000)での獲得タイトルはCL優勝2回、リーグ優勝1回、スペインスーパーカップ1回、インターコンチネンタルカップ1回、という輝かしいものでした。 氏がレアル・マドリードの礎を築き、後任のフロレンティーノ・ペレス会長によってレアル・マドリードはクラブ世界一の座へと上り詰めました。 享年70歳でした。 1980年代後半に出版した小説『ラブ・ストーリーを読む老人』で世界的に有名となり、『カモメに飛ぶことを教えた猫』は日本でも中学校の英語の教科書に採用されるなど、浸透していました。 享年69歳でした。 氏は、ジ・アローズを結成する前、日本に在住し、ミュージシャン、モデル、俳優としても活躍していました。 享年76歳でした。 映画『スター・ウォーズ』シリーズでカルアン・イーマット役を演じた俳優として知られ、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』でも声の出演を果たしています。 また、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『シャーロック・ホームズ』シリーズ(ガイ・リッチー版)、『アベンジャーズ』シリーズなど、多くの作品で方言指導を行っていました。 享年78歳でした。 『Little and Large』というコンビ名で1960年代から活躍していました。 元々は歌手として活動していましたが、徐々にコメディアンとしての地位を確立していきました。 享年79歳でした。 ケンブリッジ大学出身の高学歴なことで知られ、1970年に始まった伝説的なコメディ番組『ザ・グッディーズ』の出演メンバーとして一躍有名になりました。 番組はイギリスのみならずニュージーランドやオーストラリアでも放映され、高視聴率を稼いでいました。 氏の持ちネタである『レディー・コンスタンス・ド・カバレット』は特に有名で、『Did somebody call?(誰かお呼びになりました?)』というフレーズは流行語となりました。 享年76歳でした。 リーズ・ユナイテッドの下部組織出身で、同クラブで14年以上にわたってプレーし、センターバックを中心に活躍していました。 氏は、通算で公式戦726試合に出場し、2度のリーグ優勝やリーグカップ、FAカップなどのタイトルを獲得しており、クラブのレジェンドとして親しんでいました。 また、イングランド代表としても活躍し、1966年にイギリスで開催されたワールドカップで優勝を果たしています。 享年68歳でした。 元日本代表のMF中田浩二氏も在籍していた2005~2009年にマルセイユで会長を務めていました。 享年86歳でした。 カメルーン出身のサックス奏者であり、70年代前半のデビュー以降、代表曲『Soul Makossa』などの大ヒットによって世界的に知られ、アフロ・ジャズ・ミュージシャンとして活躍していました。 フェラ・クティと並ぶアフロ・ミュージックの巨星として、約半世紀にわたりアフリカ音楽を世界に広めていました。 享年67歳でした。 滞在先のカイロで感染が確認されたそうですが、元々心疾患があったということです。 氏は、民主化要求運動「アラブの春」を機にカダフィ政権から離反し、2011年に反体制派を率いてカダフィ独裁政権を打倒、暫定首相に就任してリビアの安定に尽力しました。 (他にも新型コロナウィルス関連の記事を書いています。 お時間があればご一読ください。 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・•

次の