コスモ スクエア 釣果。 【シーサイドコスモ】大阪南港カサゴ釣りポイントを紹介!釣果実績の高いルアーはこれ!

電車で行ける大阪湾タチウオ釣り「コスモスクエア駅」。時合情報も。

コスモ スクエア 釣果

タチウオ釣り@コスモスクエア(東向きの様子) 写真は時合が終わって朝7時ぐらい。 東側にある魚釣り開放エリアから見てきましたが、既に帰った人もいるようで、ところどころ間があいてる感じでした。 これでもハイシーズンよりは、まだ空いていると思います。 コスモスクエアのタチウオをスローワインドで釣ってみる さて、今回は先日の記事にて紹介したスローダート(ワインド)を試してみたく、まず一番スローなパワーシャッド 4インチ(パールグロー)に3Dジグヘッドが無かったので、パワーダートヘッド(グロー14g)をセッティング。 周りをざっと見渡しましたが、エサ釣りもワインドも誰も釣れてない様子。 ほぼタダ巻きに近いような感じで、たまにダートアクションを入れるぐらいで攻めましたが、全くアタリ無し。 当日は結構な北東風でラインが西側に押される状態だったので、エギングのようにラインを一旦海面につけ糸ふけをとってから釣ってました。 ちなみに、コスモスクエアは胸ぐらいまでの柵があって安全なのですが、その分ワインドしにくい(シャクリ難い)場所です。 釣り始めから30分間は何もなく、少しだけ明るくなってきたので、ジグヘッドは変えずパワーダートミノー(ミッドナイトグロー90mm)に変更。 カウント10〜15ぐらい沈めてから、ガンガンシャクる感じではなく軽く数回シャクリフォールさせて巻くという感じで「ゴンッ!」と1匹目は、指2本のベルトサイズ・・・。 その後、同じ感じで2本目、指3. 5本のまぁまぁのサイズ。 この時点で、周りもポツポツとプチ時合(ルアーやワインドのみ釣れてる様子)。 5時30分ぐらいだったと思います。 明るくなってから、パワーダートミノーのスーパーホログラム ピンクグロウバック(夜光)に変更。 何度かアタリがありましたが、フッキングまで至らず。 (お店では駿河ホットピンクは売ってなかった・・) 完全に明るくなってから、メタルジグを30分程投げましたが、あたってくるのは恐らく20cm前後の鯖。 周りでは鯖もポツポツあがってました。 サゴシも釣れてる様子は無かったです。 今回は、結構すぐに明るくなってきたので、暗いうちに効果的なスローワインド(ダート)をしっかり試せてないので、実際に効果的なのかまで正直分からないです。 またエコギア縛りでやってみたいと思います! 釣り場:大阪南港コスモスクエアの場所• 駐車場:駅のすぐ近くに終日400円で停めれるタイムズがあります。 駅から少し離れますが、東側にも同じぐらいの値段で利用できるタイムズがあります。 釣り場:駐車場を抜けて駅側に行くと、エスカレーターがあり2階にあがった後、駅を抜けて海側にいくと階段またはエレベーターで海側に出られます。 釣り解放区は海側に出てずっと右側(東側)にあります。 この釣り場は電車でも行けるので車が無い方にもオススメです。 今回のタチウオ釣りに使用したタックル(ワインド) ロッド:[ヤマガブランクス]ブルーカレント85TZ Nano リール:[ダイワ]12イグジスト 2508 ライン:PE0. 8号 ショックリーダー:フロロ16LB(4号) ルアー:[エコギア]パワーダートヘッド14g、パワーダートミノー、パワーシャッド、ムーチョルチア 人気の記事• こんにちは。 最近流行りのルアーを使ったタコ釣りについ... ハマチやブリ、ヒラマサなどの青物からキジハタ、アカハ... ロックフィッシュ釣りをこれから始めようと考えている人... イカメタルはイカからの繊細なアタリをとって積極的に掛... 明石のタコと言えば高級食材。 そんな美味しいタコを船か... 船のタコ釣り用ロッドを紹介します。 海底の起伏に合わせてタコエ... こんにちは。 こないだ某釣具ブランドのファミリーセール... ジギング(オフショア)に必要なタックルやジグのしゃくり方を紹... タコエギにも色々な種類が発売されています。 その中でも個人的に... 一昔前だと難易度が高かったショアジギングやキャスティ...

次の

大阪南港「コスモスクエア」でタチウオ釣り

コスモ スクエア 釣果

7月11日、大阪のコスモスクエア駅の釣り解放区にアジングしに行ってきました。 高速で大阪目指します。 渋滞もなく、お昼頃には到着。 釣り場はこんな感じです。 駐車場、トイレもあり非常に便利です。 因みに、下が私の相棒、友人Y氏でございます。 さて、今回用意したタックルです。 釣り始めて5分程で待望のアタリがあり、ドキドキしながら釣りあげてみると・・・ アジではなくサバ。 釣れども・・・ 釣れども・・ 釣れどもサバ。 友人Y氏がようやくアジを1匹釣り上げるも続かず・・・ 地元の人らしき方にお話を伺うと、今年はアジはイマイチらしいです。 結局、アジははこの1匹だけ。 釣果はサバ数匹とアジ1匹。 アジングならぬ、サバングになってしまいました。 これはリベンジ決定ですね。 釣りレポは、釣り好きの方みんなのコミニティサイトです。 みなさんの釣果などを思い出として釣りレポに記録しましょう。 メインは青物狙いのつもり でしたが、朝一に鳥山見つけてキャスティングしたらシラスについてる群れのせいか 反応が悪く掛った青物も小さかったので五目釣りに変更した。 まずは砂地のポイントで 甘鯛、蓮子、アオハタをスロ-で狙いました。 知り合いは甘鯛もヒットさせてました(羨ましい 笑 ) 場所を少し変えればアオハタも釣れました。 その後雨がきつくなってきたのでそろそろ終わりかなと思ってた 終了間際に知り合いが大きなマダイ釣りました。 一応五目釣りは達成できた。 まだまだこれからいろんな魚が狙えるのでしばらく通う予定です。 4月18日に琵琶湖へバス釣りに行って来ました。 この日は風もなく穏やかでした。 今回は最近実績のあると言われてるダイワのネコスト5. 8インチを使ってみたくて ネコスト5. 最初に入ったポイントは全く反応がなく30分位して場所移動。 次に入ったポイントでは 一投目からアタリがあって釣れた。 ネコスト5. ダイワ ネコスト5. 8インチで50センチのバスは釣れてます。

次の

南港大橋下(フェリーターミナル横)

コスモ スクエア 釣果

アジングでガシラがヒット! 現地には夕方の3時半頃到着しまずは根魚のガシラ カサゴ をライトワインドで狙ってみることに! 周りにはサビキ釣りをしている人がチラホラと。 隣のエサ釣り師はアオイソメのウキ釣りでガシラを連続でヒットされていました。 根魚の活性は意外にも高いようです。 しかし、ルアーには全くといいほど反応せず、ライトワインドを止めて、ダウンショットリグのワームはオンスタックルのマゴバチに変更。 足元に落とすと 「コツコツ。 」と非常に小さいアタリ! ワームのサイズを小さくすると喰ってくるようですね。 上がってきたのはめちゃくちゃ小さいガシラ。 「やっぱりデカいタチウオじゃないとなー!」 僕はタチウオの虜になってます 笑 写真を取ることもなくすぐさまリリースしちゃいました。。。 その後アタリはあるが、あまりにもサイズが小さいのでのらないバイト多発! フックサイズが少し大きかったのも原因です。 ガシラを専門的に狙ったことがなかったので勉強して実践することが必要ですね。 本命のアジの反応もなく、冬はやっぱり渋い! サビキで釣れないとなると回遊していないのでその場所にいないとわかります。 タチウオの時合いが来ない! 時刻は17時半だんだん辺りが暗くなり夕マズメの時間帯。 赤のケミホタルで狙います。 フルキャストして一度ボトムまでルアーを沈め、時おりシャクリをいれてリアクションバイトも誘発! ただ巻きでゆっくりと竿先に神経を集中させて誘っていると岸際5メートルの表層付近で待望のバイト! 「ドスン!」とタチウオ特有の強烈な引きがきました! 沖の方からケミホタルの発光とシャッドテールの動きに誘われて着いてきたものと思われます。 この感触を味わうと釣りはやめらないですよね! 釣った魚を食べることももちろん楽しみなのですが、僕の場合80%はこのバイトの瞬間が病みつきになっています 笑 慎重にリールを巻いて引き抜き無事にランディング成功! 指4本サイズのいいタチウオでした! ガッツリフッキングされていましたよ! この日は隣のワインダー達が釣れていないことからダダ巻きによるスローなアクションが効果的だったようです。 それからの時間は完全に沈黙。 ルアーからキビナゴの時短テンヤ・太刀魚ゲッターに変更するもアタリすらなかったです。 アタリはこの一回のみで非常に渋い状況。 僕の見える範囲にいる人は誰も釣れていなかったので時合いらしい時間もなく1月のタチウオは厳しいなと思いました。 やっぱり数釣りが出来る夏から秋のシーズンがベストですね。 海水温の上昇で通常ならいない地域にも生息するようになってしまっているようですね。 少し前ですが、Twitterでこのソウキハギを食べます!とツイートしたことで命が助かったとLINEニュースになるぐらい話題になっていました。 フォロワーのリプライを見なければ大変なことになっていたかもしれません。 でっかいカワハギ釣りました!! これからキモ醤油にして食べます!!! — ならティガ narathiga 見た目はカワハギに似ているので間違って食べてしまっては手遅れ。 タチウオの仕掛けではまず釣れないと思いますが、サビキ釣りならアジ、イワシのみならず、色々な種類の魚が釣れますからソウシハギが釣れる可能性が十分あります。 釣り人のみなさんは十分注意して欲しいです。 ちなみにソウシハギは内臓を取り除けば食べられるみたいで沖縄では魚屋に売れているらしい。 それでもちょっと怖いですね。 タチウオを釣って食べる方が絶対に安全。 温暖化の影響により海の生態系が狂ってきているので今後10年、20年と大阪湾で釣れる魚の種類はガラッと変わってしまうのかも… 自分が生きている内はタチウオが波止から狙えることを願っておきます! と言うわけでシーサードコスモの釣果レポは以上です。 それでは。

次の