ちび まる子 ちゃん ゲスト。 ちびまる子ちゃんの声優交代の歴史の一覧は?初代のままの人もまとめ

佐藤二朗、「ちびまる子ちゃん」ゲスト声優に「“光栄”の一言」

ちび まる子 ちゃん ゲスト

お願い:スポンサーの記述はにてガイドラインが制定されていますので、そちらに従って行ってください。 まるまるちびまる子ちゃん ジャンル バラエティ番組・ドラマの 原作 『』() 企画 松崎容子(フジテレビ編成制作局編成部) 脚本 ドラマ部分:樫田正剛 バラエティ部分構成:樋口卓治、都築浩、そーたに、天野慎也、大井洋一、大悟法弘一 監督 ドラマ部分:、 演出 バラエティ部分:中村肇() 出演者 (・) フジテレビアナウンサー (同上)ほか ナレーター (ドラマ)、(バラエティ) オープニング 『おどるポンポコリン』 エンディング ちびまる子ちゃん(歌:) with 『アララの呪文』 製作 プロデューサー ドラマ部分:東康之 バラエティ部分:菅野貴志(ビー・ブレーン) 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 毎週木曜 19:00 - 19:57 放送枠 フジテレビ木曜7時枠の連続ドラマ 放送分 57分 特記事項: スペシャルドラマのレギュラー化版。 爆笑問題は不定期にと出演時間が重なる日がある。 2007年でドラマ3話(第3回、第8回、第10回)を再放送。 2007年9月27日19:00 - 20:54 は拡大版2時間スペシャル(2時間スペシャルの関東地区調べの平均視聴率は、初回からの16回平均視聴率と同じ、10. との2部構成で放送されていた。 番組概要 [ ] 『』枠で放送された『』が好評だったことから、『』の後番組として放送開始。 番組の仮タイトルは当初『 〜まるまる全部ちびまる子ちゃん〜 まるまるちびまる子! 』が挙げられていた。 まる子こと役は、単発シリーズでのに代わり、オーディションで選ばれたが演じた。 また、まる子以外のキャストも単発シリーズから続投となったのは友蔵役のモト冬樹、戸川先生役の笠井信輔のみで、他は全員一新されている。 番組内容は、放送開始当初は前半に通常のドラマ、後半にバラエティーコーナー、エンディングはとのダンスを放送していたが、開始後数回でほぼ、前半にバラエティ、後半にドラマのパターンが多くなった。 番組のスポンサーは『あるある大事典II』の単独スポンサーだったを筆頭とし、前番組『ミリオネア』のスポンサーだったスポンサー(・・・)を含む複数社で、再春館製薬所は後クレの後にCMが流れていた。 ドラマパートは『』で定着した、エフェクトで漫画の表現を再現するというスタイルを継承している。 2007年には枠にて、『 ちびまる子ちゃん豪華夏休みスペシャル』のタイトルで90分スペシャルが放送され、第4話『 お母さんの日』・第9話『 父の日』・第10話『 幸せ極楽、保健室』の3本が再放送された。 2007年には、2時間スペシャルが放送された。 当初の放送予定は半年とされていたが、最終的に約一年間放送された。 民放で枠における児童層を対象にした連続ドラマは約20年ぶり(一応、同局による『』も存在した)、または、〜放送の特撮番組『』(19:00 - 19:30)以来、33年半ぶりである• 一応この間『木曜の怪談』のほか、『』シリーズなどのも存在した。 また在阪準キー局のでは、 - に自社作品『 』を木曜19:00で放送していた(フジ側は木曜17:00の先行ネット放送)。 放送時間 [ ]• 毎週19:00 - 19:57() キャスト [ ] も参照 さくら家 [ ]• さくらももこ(まる子) -• さくらすみれ(お母さん) -• さくらひろし(お父さん) - ()• さくらこたけ(おばあちゃん) -• さくら友蔵(おじいちゃん) -• さくらさきこ(お姉ちゃん) - 3年4組 [ ]• 戸川先生 - (フジテレビアナウンサー)• 穂波たまえ(たまちゃん) -• 浜崎のりたか(はまじ) -• 花輪和彦 -• 丸尾スエオ -• みぎわ花子 -• 土橋とし子 - 當麻真歩• 城ヶ崎姫子 - 梶浦花(現:)• 冬田美鈴 - 高橋麻友• 野口笑子 -• 永沢君男 -• 藤木茂 - 濱本佑太• 大野けんいち -• 杉山さとし-• 富田太郎(ブー太郎) -• 小杉太 - 乙黒勇希• 山根つよし -• 山田笑太 -• 長山治 - 大隈祐輝• 杉浦とくぞう(とくちゃん) -• 笹山かず子 - 森千絵香• 前田ひろみ - 外島千夏• 西村たかし - バラエティパート• いんだたけきち(インチキおじさん) - (さまぁ〜ず)• (当時、フジテレビアナウンサー)• (フジテレビアナウンサー) エンディング• 6月21日・8月16日・11月8日の3回はドラマが放送されなかった。 第1話(4月19日放送)• 『新学期。 まる子、生き物係になる』の巻• - まる子の夢の中のウェイトレス 第2話(4月26日放送)• 『まる子、忘れ物をする』の巻 第3話(4月26日放送)• 『まる子、遠足の準備が好き』の巻 第4話(5月10日放送)• 『おかあさんの日』の巻• - 雑貨屋店員 第5話(5月17日放送)• 『まる子、お誕生会をひらく』の巻• () - 丸尾くんのお母さん 第6話(5月24日放送)• 『今日は家庭訪問の日』の巻• (当時アナウンサー) - お姉ちゃんの6年2組担任( 高島姓) 第7話(5月31日放送)• 『まる子、ブロマイドをなくす』の巻• - 中野さん• 、(いずれも当時フジテレビアナウンサー) - の声 第8話(6月7日放送)• 『まる子、お泊りに行く』の巻• - たまちゃんのお母さん 第9話(6月14日放送)• 『父の日』の巻• カンニング竹山 - 山ちゃん• - 松岡三郎(みまつやのオヤジ)• - 居酒屋のオヤジ• - 幼稚園児のころのまる子• (フジテレビアナウンサー) - 司会者の声 第10話(6月28日放送)• 『幸せ極楽、保健室』の巻• - 保健室の先生 第11話(7月12日放送)• 『20年後の同窓会』の巻• 20年後のまる子と3年4組の生徒たちの様子を描いた特別編。 さくらももこ(まる子) -• たまちゃん -• はまじ - ()• ブー太郎 - ()• 丸尾くん - ()• 小杉くん -• 冬田さん -• 野口さん - ()• みぎわさん - (ハリセンボン)• とし子ちゃん -• 城ヶ崎さん -• 花輪くん -• 大野くん -• 杉山くん - 第12話(7月19日放送)• 『家庭教師がやってきた』の巻• - お姉ちゃんの家庭教師 第13話(7月26日放送)• 『まる子、家出をする』の巻• - 哲也• - 京子(花屋の店員、哲也の母) 第14話(8月2日放送)• 『まる子、意地をはる』の巻 第15話(8月9日放送)• 『終戦記念特別企画・まる子、ヒデじいのお話を聞く』の巻• - ヒデじい• - おヨネ婆さん• - トシ子さん• - 貯蔵• - 甲田 第16話(8月23日放送)• 『まる子、フランス料理を食べに行く』の巻• - フランス料理店の• - 照子さん• - 照子さんの恋人(実さん) 第17話(9月6日放送)• 『転校生のツトム君』の巻• - 田中ツトム• - 田中浩二(ツトムの父) 第18話(9月13日放送)• 『敬老の日』の巻• - 近所でも有名なミタケのじいさん• 第19話(9月27日放送、2時間スペシャル)• 『まる子カンゲキ』の巻• - 魚辰の辰• () - ダーイシ男、モデルは()• (、)• - おみくじのおばちゃん• - 本人 第20話(10月18日放送)• 『涙の結婚指輪』の巻• - まる子の親戚のマキちゃん• 第21話(10月25日放送)• ドラマ『まる子、はじめてのマツタケ』の巻• - 町内会長• - 町内会長の奥さん 第22話(11月1日放送)• 『まる子、自分の部屋がほしくなる』の巻• - ランプの精• (当時、フジテレビアナウンサー) - ランプの精• (フジテレビアナウンサー)- ランプの精 第23話(11月29日放送)• 『まる子と子犬』の巻• - 獣医 第24話(12月6日放送)• 『まる子、を踊る』の巻• - ピンポンパンのお姉さん 第25話(12月13日放送)• 『ほっかほっかのクリスマス』の巻• ()- 石焼いも屋のおじさん 第26話(1月17日放送)• 『まる子、モモエちゃんに会いに行く』の巻• - ちり紙交換のおじさん 第27話(1月24日放送)• 『熱血教師あらわる』の巻• - 教育実習の田所一太郎• (、、) - 給食のおじさん達• - 車掌 第28話(1月31日放送)• 『たかしくんの給食袋』の巻• - たかしくんの母 第29話(2月7日放送)• 『まる子、ひとり旅をする』の巻• - バスの運転手• () - 女学生• () - 警察官 第30話(2月14日放送)• 『お姉ちゃんのバレンタインデー』の巻 最終話(2月28日放送)• 『まる子とお姉ちゃん、南の島に行く』の巻• 上野樹里 - 二十歳になったまる子• パパイヤ鈴木 - バスガイド• 福井謙二(フジテレビアナウンサー) - 福引のおじさん バラエティ [ ] インチキおじさん企画 [ ] インチキおじさんこと、いんだたけきちが作った「ナーベーダー」というマシンにまる子が乗り、・などが放送される。 インチキおじさんの研究所(スタジオ)で行われるケースもあった。 第1回(4月26日放送) - 『動物園』• ゲスト• (、) - 飼育員 第2回(5月10日放送) - 『カーネーション作り』• ゲスト• - お花の先生 第3回(5月17日放送) - 『Mr. マリックのマジックショー』• ゲスト• 第4回(5月24日放送) - 『回転寿司』• ゲスト• ゲスト• 親子で熱唱! フロオケのど自慢 [ ] 投稿ビデオコーナーであり、そのビデオで親子が風呂の中でをしている場面が放送される。 放送された親子には、番組特製の・・アヒル人形のどれかがプレゼントされる(3つの中から、まる子が選ぶ)。 狙いうち3文字しりとり [ ] パパイヤ鈴木司会のコーナー。 の楽曲、「狙い撃ち」の曲に合わせて、ダンスしながら3文字のみでしりとりをする。 数回答えると、曲のスピードが速くなる。 答えられなかったり、リズムに乗れない、既出の言葉を言う、最後に「ん」がつく言葉、人の名前、3文字以外の言葉や訳の分からない言葉を言ったプレイヤーがアウトとなり、そのゲームは終了する。 第2回まではアウトになると罰ゲームとして、そのプレイヤーの顔写真に鈴木がCGで落書きをする。 『番組対抗スペシャル』では、勝利したチームにラウンドごとに決められた料理が振る舞われる(但し、食べられるのはそのラウンドに参戦した3人のみで、控えのメンバーは食べられない)。 第1回(5月17日放送)• 挑戦メンバー• まる子• たまちゃん• 花輪くん• みぎわさん• はまじ• ヒロシ 第2回(5月24日放送)• 挑戦メンバー• まる子• たまちゃん• 花輪くん• みぎわさん• ヒロシ• 子供チーム• まる子• たまちゃん• 花輪くん• 大人チーム• ヒロシ• 第4回(6月14日放送)• 子供チーム• まる子• たまちゃん• 花輪くん• 大人チーム• ヒロシ• () 第5回(6月21日放送)• 子供チーム• まる子• たまちゃん• 花輪くん• 大人チーム• ヒロシ• 『ちびまる子ちゃん』チーム• まる子• ヒロシ• 戸川先生• 『』チーム• 『ちびまる子ちゃん』チーム• まる子• ヒロシ• 野口さん(())• みぎわさん((ハリセンボン))• 『』チーム• VTR出演• 第8回(8月2日放送)• 子供チーム• まる子• たまちゃん• 花輪くん• 大人チーム• ヒロシ• 『ちびまる子ちゃん』チーム• まる子• ヒロシ• 『』チーム• インチキおじさん• (、)• VTR出演• 『ちびまる子ちゃん』チーム• まる子• ヒロシ• お姉ちゃん• 『』チーム• インチキおじさん• さくら家チーム• まる子• ヒロシ• お姉ちゃん• ゲストチーム• インチキおじさん• (、)• さくら家の特別授業 [ ] さくら家一員と戸川先生とゲスト講師による、特別授業が開催される。 第1回(6月7日放送)• ゲスト講師• ゲスト講師• - テーマ『海の生き物たち』 第3回(7月19日放送)• ゲスト講師• - テーマ『マジックショー』 第4回(7月26日放送)• ゲスト講師• - テーマ『登山家の仕事』 3年4組まるまる新聞 [ ] まる子・たまちゃん・花輪くん・みぎわさんの4人が芸能人にインタビューして新聞を作る。 2007年・の2回放送。 クイズ! まる子検定 [ ] 8月16日のみ実施。 まる子とお姉ちゃんが司会のクイズコーナー。 解答者はヒロシ・お母さん・友蔵・おばあちゃんの4人。 出題者は司会のまる子とお姉ちゃんではなく、副担任の松尾先生がナレーションで担当。 音楽教科書クイズ 唄う! まるまる音楽室 [ ] と男性合唱団が伴奏つきで歌う、音楽科の教科書掲載の楽曲の歌詞を穴埋めして歌う。 さくら家一員4人とゲストチーム4人の対抗戦。 4人全員が正しく歌えるとクリアとなり、1人でも歌詞を間違うとその時点で失敗となる。 クリアすると『おどるポンポコリン』の替え歌で褒められるが、失敗すると『アララの呪文』の替え歌で貶される。 第1回(9月6日放送)• さくら家チーム• まる子• ヒロシ• お母さん• おばあちゃん• ゲストチーム• ハリセンボン(箕輪はるか、近藤春菜)• (、)• スペシャルゲスト• 第2回(11月8日放送)• さくら家チーム• まる子• ヒロシ• お母さん• 『』チーム(大塚以外は、いずれも当時フジテレビアナウンサー)• 高島彩• イニシャルワールド [ ] インチキおじさんと松尾アナ司会のコーナー。 賢者(出題者)が読み上げる文章の一部分がイニシャルになっており、それを何の単語かを当てる。 ヒントは3つまであり、それでも分からない場合はパスする事が出来る。 出題する賢者は3人の中から、挑戦者がルーレットを止めて決定する(カーテンが閉まっているため、登場するまで誰なのかは分からない。 制限時間60秒で、多くの得点を獲得したチーム・挑戦者が勝利となる。 勝利したチーム・挑戦者はボーナスゲームに挑戦し、同じイニシャルが書かれた金の箱と銀の箱が登場するのでどちらか1つを選ぶ。 1つは当たりの賞品、もう1つはハズレの賞品が入ってる(例として『 MT』の場合、当たりは( MATU TAKE)、ハズレは( MOKU TANN))。 挑戦者がハズレを引いた場合、当たりの賞品は視聴者プレゼントとなる。 第1回(9月13日放送)• さくら家チーム• まる子• ヒロシ• ゲストチーム• (、)• 賢者(出題者)• 小島よしお• 福井謙二 第2回(10月18日放送)• さくら家チーム• まる子• ヒロシ• お姉ちゃん• ゲストチーム• (、)• 賢者(出題者)• 小島よしお• 第3回(11月1日放送)• さくら家チーム• まる子• ヒロシ• お姉ちゃん• ゲストチーム• (、)• 賢者(出題者)• 小島よしお• (フジテレビアナウンサー) 第4回(11月29日放送)• さくら家チーム• まる子• ヒロシ• 小杉くん()• 『』チーム• 挑戦メンバー• まる子 第6回(1月17日放送)• 挑戦メンバー• ヒロシ クイズ 言われてみればそれ気になーる! [ ] 2007年12月13日放送分から2008年2月14日放送分まで実施。 まる子と福井謙二司会のクイズコーナー。 世の中の様々な雑学に関する2択クイズが出題される。 解答者は正解だと思う選択肢の鉛筆を模した置物を立てて解答する(通常は1個だが、より自身がある場合は2個立てる)。 解答者はさくら一家やインチキおじさんなどレギュラー出演者に加えて、、、などがゲスト出演した。 アニメ版との共通点 [ ]• オープニングテーマ曲がである。 5月10日まではキャスト紹介も含めて1番がフルで流れたが、翌週5月17日以降は冒頭での番組内容の予告や挿入曲として使われるのみとなった。 エンディングテーマ曲も with の『』だが、アニメ版とは異なる新しい振付で、レギュラー出演者がダンスする。 振付考案は、オリジナルと同じく。 初回の4月19日は鈴木が講師として登場し、3年4組の一同に振り付けの指導を行った。 ナレーションもアニメと同様、が担当。 備考 [ ]• 第4話『おかあさんの日』では番宣当時、まる子とお母さんがジェットコースターに乗るシーンが放送されていたが、5月5日にで事故が発生。 本放送時はカットされた。 本作放映時においては原作漫画の掲載誌『』及び、その増刊の『』においても本作のドラマ部分は取り上げられており、特に『あみーご! 』では全4冊出ている内の2冊は本作(アニメ、原作含む)の特集号である。 一夜限りの同窓会スペシャルで大人になった野口さんを演じた箕輪は、後に『』でも中学生の野口さんを演じている。 スタッフ [ ]• 原作・原案 - 『ちびまる子ちゃん』()• 企画 - (フジテレビ)• スーパーバイザー - 関卓也(フジテレビ)• 制作著作 - フジテレビ ドラマ [ ]• ナレーション -• 脚本 - 樫田正剛• 技術プロデューサー - 江花佳恵(フジテレビ)• SW - 白田龍夫• 撮影 - 福澤亮介(バスク)• 映像調整 - 青田保夫(バスク)• 音声 - 堀知也(バスク)• 照明 - 清水智()• 選曲 - 泉清二()• 音響効果 - 壁谷貴弘(SPOT)• VTR編集 - 杉山英希(バスク)• オフライン編集 - 落合真子()• HDエフェクト - 高岡直樹• MA - 上杉春奈(バスク)• 美術プロデューサー - 三竹寛典(フジテレビ)• 美術デザイン - 桐山三千代(フジテレビ)• 美術進行 - 久保典子()• アシスタントプロデューサー - 西澤桂• 演出 - (フジテレビ)、()、樹下直美• プロデューサー - 東康之(フジテレビ) バラエティ [ ]• ナレーション -• 構成 - 、、、、大井洋一、大悟法弘一• 技術プロデューサー - 高瀬義美()• SW - 長瀬正人(ニユーテレス)• CAM - 小池悟志(ニユーテレス)、永澤剛()• 映像調整 - 山下悠介(ニユーテレス)• 音声 - 篠良一(ニユーテレス)• 音響効果 - 高田智彰、山口将史()• VTR編集 - 武藤洋徳()• MA - 円城寺暁(IMAGICA)• 美術進行 - 村瀬大(フジアール)• アシスタントプロデューサー:水田さおり• ディレクター - 城間康男(グスク)、内山大輔(ゴシック)• 演出 - 中村肇(ビー・ブレーン)• プロデューサー - 菅野貴志(ビー・ブレーン)• 制作協力 - DVDソフト化 [ ] 「まるまるちびまる子ちゃん DVD-BOX」 2007年12月21日発売、ドラマをメインに収録。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 19:00 - 19:57枠 前番組 番組名 次番組.

次の

<10週連続ゲスト声優まつり>後半戦がスタート!今子供たちに大人気の佐藤二朗!!|最新情報|ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト

ちび まる子 ちゃん ゲスト

アンジャッシュ児嶋さんといえば、芸人さんですが俳優としてもマルチに活躍されてます。 『大島さん??』 『児嶋だよ!』のボケで有名ですよね~。 児嶋さんが登場するのは11月17日の夜6時から 【ヒロシ、アラスカに行きたいの巻】 あの、だらーんとした父親ヒロシの相手役。 (あ、しつれい!) そういえば、2013年のちびまる子ちゃんの実写版では、 児嶋さんはヒロシ役を担当されてました。 縁がありますよね~。 アニメの大島役のこの絵の感じ、髪型や眉毛のあたりはリアルな児嶋さんです。 その回の題名は「まる子たち、知らないおじさんと遊ぶ」。 その「知らないおじさん」役だよ。 ほぼ等身大で演じたよ。 個性派の俳優さん。 口もとや、目の感じ、言われなくても二朗さんだ!!!! 佐藤二郎さん、最近ではクイズ番組のMCもされてます 『クイズ99人の壁』面白いです。 タレントさんも参加されますが、 得意ジャンルをもつ素人さんがガチ参加するところ。 ある分野に特化してる人たち。 この前はサザエさんを一日12時間観てる女の子が参加されました。 子どものころって集中すると時間忘れちゃうもんね~にしても12時間はすごい!! 佐藤二朗さんは、24日の 【まる子たち、知らないおじさんと遊ぶの巻】 に登場されます。 『知らないおじさん』役で。 知らないおじさんと遊ぶ!!!! 今の時代はしらない人とは関わっちゃいけないなんて風潮もありますが、 まる子ちゃんの当時のころはそうでなかったという時代背景を感じます。 しかも、佐藤二朗さんですよ~。 ワタシ好きなんです。 彼がドラマにいると、なんというか和む。 笑っちゃう。 かっこつけない役が多いかな? 知ってますか?名ドラマの『 勇者ヨシヒコ』 主役は山田孝之さんで、なんというか、ドラゴンクエストと西遊記があわさったコメディのようなぶっとんだ内容なんです。 ムロツヨシさんや木南晴夏さんが仲間なんです。 佐藤二郎さんの配役は 『仏』 天上にいて、一癖もフタ癖もある配役でして、いつも笑っちゃってました。 あとはドラマ『今日から俺は!!』へ出演されてました。 賀来賢人さんと伊藤健太郎さんのツッパリドラマ。 賀来賢人さんの恋人のお父さん役で。 いい味出してました~。 あ、『勇者ヨシヒコ』つながりで、ムロツヨシさんも。 今ではいないような不良をすんごくデフォルメしてやりきっていたドラマ。 面白かったな~。 あ、佐藤二朗さんはまり役でした。 弱いけど、道場の師匠という配役だったかな。 映画化されるんですね、やったー!! もちろん佐藤二朗さんも出る?出てください!!! 佐藤二朗さんについて、熱くなっちゃいました。 スポンサーリンク アニメちびまる子ちゃんはただいま連続ゲスト声優祭りを開催中 ちびまる子ちゃんでは10月6日から素敵な企画がはじまってました。 『 10週連続ゲスト声優祭り』です。 10週連続で、ゲストの声優さんがアニメに参加します。 10月6日放送された 【まる子、さすらいのジャグラーに会うの巻】 では、BBクィーンズのお二人が参加しました。 たまたま見て知りました。 あ、『踊るぽんぽこりん』歌ってる人が出てる!って。 近藤房之介さんと坪倉唯子さんがアニメでジャグラー披露してましたよ。 10月13日の 【まる子、運動会が面倒くさいの巻】には、フジテレビのアナウンサーのお二人。 永島優美さん、久慈暁子さん。 10月20日の 【まる子、お茶会を楽しみの巻】では、ももいろクローバーZのメンバーが参戦。 わおー。 もう終わっちゃいましたが、そうそうたるメンバーです。 11月17日と24日は、忘れずに見なくっちゃ。 声優さんのお仕事は大変だけど、夢ある仕事 アニメが子供のころから好きです。 まる子ちゃんや、同級生の野口さんとか、 心の俳句の友蔵じいさん とか、あまりに個性的すぎて真似したくなりませんか? 声=キャラクター しかも、映像にあわせて話さないといけない。 一度だけチャレンジしたことがあるんです。 セリフをただ読むだけじゃなくて、感情や相手とのかけあい。 呼吸の仕方。 自然にやらないとおかしくなってくる。 とっても難しくてやりがいのあって、夢のあるお仕事。 児嶋さんも佐藤二朗さんも楽しみながらされてることだと思います。

次の

ちびまる子ちゃんの登場人物

ちび まる子 ちゃん ゲスト

概要 [ ] 今作は、まる子の住む町にある日、5か国から子供たちが訪れるところから始まり、海外の子供たちとまる子たちの友情を軸に描かれる。 また、初めて自分の住んでいるを離れ、やへ訪れる様子も描かれる。 の調査による初日満足度ランキングで第1位となった。 ゲスト声優 [ ] 2015年10月19日には、5か国からやってくる子供たちの声を、俳優の、「」で主演を務めた、タレントの、お笑いタレントの、「ちびまる子ちゃん」のエンディングで使用されていた「アララの呪文」で振り付けを担当したの5人が起用されることが発表された。 またこのときに映画のタイトルが『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』であることも明らかとなる。 2015年11月27日には、オープニング及び挿入歌を歌う、エンディング曲「おーい!! 」を歌うのメンバーの1人の、挿入歌「」の作曲を担当したが出演することが発表された。 2015年12月2日には、、、の3人が本人役、2006年のにおいてまる子を演じたがアンドレアの幼少期を演じることが発表された。 また、2006年にまる子の両親を演じた、が本作のを演じるほか、フジテレビアナウンサーの、、が本作の随所に出演するという。 スタッフ [ ] 監督はテレビシリーズの監督を務める が 、脚本は過去2作同様、原作者のが それぞれ担当。 主題歌 [ ] さくらのオファーで、オープニング及び挿入歌を、エンディングをが担当。 あらすじ [ ] 花輪家に、世界中から6人の少年少女がやってきた。 彼らは、をもっと知りたいということで、まる子たちの家にすることになった。 まる子の家には「アンドレア」という少年がホームステイする。 初めは嫌々だったまる子や家族も、彼と充実した日々を送っていくが、そんな中、彼には会いたい人がいることを知る。 3年4組 座席表 [ ] 今作に登場する3年4組の40人の生徒と6人の外国の子供たちの座席表。 この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 ネプ マーク アンドレア シンニー シン ジュリア 永沢くん 藤木くん 小杉くん 花輪くん まる子 たまちゃん ハマジ 野口さん 大野くん 杉山くん 内藤くん 山根くん 内田さん ブー太郎 長田くん 冬田さん たかしくん 高宮さん 関口くん ナベちゃん ヨリちゃん 山田くん 中島くん 沢井さん 若林くん 前田さん 小長谷さん 城ヶ崎さん とくちゃん かよちゃん 三沢くん マキちゃん 石原さん 笹山さん 長山くん とし子ちゃん 丸尾くん ケンタ みぎわさん えびすくん 教卓 キャスト [ ]• さくら家• まる子 -• お姉ちゃん -• お父さん -• お母さん -• おじいちゃん -• おばあちゃん -• 3年4組• たまちゃん -• 花輪和彦 -• 丸尾末男 -• 野口笑子 -• ハマジ -• ブー太郎 -• 小杉太 - 一龍斎貞友• 長山治 - 佐々木優子• 山田笑太 -• 永沢君男 -• 藤木茂 -• みぎわ花子 -• 山根強 -• 大野けんいち -• 杉山さとし -• 前田ひろみ -• 戸川先生 -• 3年4組の保護者• 穂波真太郎、浜崎辰五郎 - 飛田展男• はまじの母 - 山本圭子• ヒデじい - 茶風林• たまちゃんの母 - 中友子• 野口笑助 -• その他• マーク -• 隣のオヤジ -• たこ焼き屋のおじさん -• 若者 -• マルコ -• ナレーション - ゲスト声優• アンドレア(イタリアから来た男の子) - 、 (幼少期)• シン(インドから来た男の子) -• ネプ(ハワイから来た男の子) -• ジュリア(ブラジルから来た女の子) -• シンニー(香港から来た女の子) -• アンドレアのお母さん -• アンドレアのお父さん -• りょう(緑山良次) -• チエ -• 大阪のおっちゃん -• - 本人役• - 本人役• - 本人役 スタッフ [ ]• 製作:、石川和子、、桜井徹哉、中田安則• 制作管理:本橋寿一• 原作・脚本:• プロデューサー:、狩野雄太、井上孝史、田中伸明• キャラクターデザイン:• 美術監督:野村可南子• 音響監督:• 音楽:• 総作画監督:西山映一郎• 作画監督:荒牧園美、あべじゅんこ• 色彩設計:小森谷初• 音響効果:、神保直史• 録音:安藤徳哉• 編集:貴村純美• 演出:堂山卓見• 作画監督補佐:中山智香• 動画検査:矢地久子、大庭伸、江川陽司、西原沙紀• 色指定・検査:小森谷初、大野嘉代子• 美術監督補佐:須藤直美• 撮影協力:薮田順二• 3DCG:西山薫子• 編集助手:宮崎満里奈• スーパーバイザー:• アシスタントプロデューサー:山本秉碩• 制作担当:熊谷那美• 制作デスク:小林克規• 制作進行:山下裕文、田中里咲、樋田順一、前田薫平• 管理担当:田中真津美• 制作協力:さくらプロダクション(多田弘子、井下薫)• 監督:• 製作:、、、、、• アニメーション製作:日本アニメーション• 当初は関東ローカルであった が、のちに全国でも放送されることが発表された。 には『ちびまる子ちゃん〜ありがとう! アニメ25周年&映画公開記念さくらももこ原作1時間SP〜 』を放送。 原作作品のうちの2話をリメイク放送したほか、本作に登場するキャラクターがゲスト出演した。 漫画版 [ ] 『』10月号から1月号まで、本作の書き下ろしとなる漫画版が短期集中連載された。 『りぼん』での連載は2013年12月以来およそ2年ぶりとなる。 2015年12月25日、「ちびまる子ちゃん キミを忘れないよ」のタイトルで単行本として発売された。 の放映や、などに本作のキャラクターが登場するなど、様々な企画が行われる。 全国のにて2015年より、本作とのを発売。 全国の店舗で12月1日より「ちびまる子ちゃん だんらんパック」を発売。 全国587店の店頭に、まる子の等身大POPを設置。 配信のスマートフォンアプリ『乗換案内』に本作のキャラクターが登場。 静岡ぽっぽ 伊豆・村の駅で販売している静岡銘菓の「静岡ぽっぽ」と本作がタイアップしたテレビCMが限定で放送。 カフェコムサ 日本アニメーションとカフェコムサ渋谷店のタイアップにより、『ちびまる子ちゃん』のキャラクターをイメージしたタルトを販売。 の一部店舗などで、本作とのコラボ商品を販売。 フィギュアスケート 「第84回全日本フィギュアスケート選手権2015」とのコラボレーションにより、12月28日に放送予定の「オールジャパン メダリスト・オン・アイス2015」にまる子が登場。 映像ソフト化 [ ] にからBDとDVDでリリース。 テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 21:00 - 23:10 130分 8. 本編終了後にテレビアニメのエピソード「みんなでフランス料理を食べに行くの巻」 を放送。 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 産経ニュース. 2015年12月18日. 2015年12月18日閲覧。 allcinema(外部リンク)• 『 2017年3月下旬号』p. シネマトゥデイ 2015年7月10日. 2015年10月20日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年10月20日. 2015年10月20日閲覧。 ぴあ映画生活. 2015年12月28日. 2015年12月28日閲覧。 com. 2015年10月19日. 映画ナタリー. 2015年10月20日. 2015年10月20日閲覧。 マイナビニュース. 2015年11月27日. 2015年12月12日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年12月2日. 2015年12月12日閲覧。 KINENOTE(外部リンク)の解説• シネマトゥデイ 2015年11月8日. 2015年11月8日閲覧。 映画ナタリー. 2015年11月8日. 2015年11月8日閲覧。 コミックナタリー. 2015年9月28日. 2015年12月7日閲覧。 アニメイトTV. 2015年12月20日. 2015年12月23日閲覧。 映画ナタリー. 2015年12月2日. 2015年12月2日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年11月27日. 2015年11月27日閲覧。 映画ナタリー. 2015年11月27日. 2015年11月28日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年9月28日. 2015年9月28日閲覧。 マイナビニュース. 2015年12月4日. 2015年12月5日閲覧。 『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』公式サイト 2015年12月11日. 2015年12月15日閲覧。 cinemacafe. net. 2015年11月26日. 2015年11月27日閲覧。 コミックナタリー. 2015年12月25日. 2015年12月25日閲覧。 MANTANWEB. 2015年9月3日. 2015年10月20日閲覧。 マイナビニュース. 2015年11月5日. 2015年11月20日閲覧。 2015年11月20日閲覧。 アニメイトTV. 2015年11月19日. 2015年11月20日閲覧。 マイナビニュース. 2015年11月25日. 2015年11月27日閲覧。 産経ニュース. 2015年12月8日. 2015年12月9日閲覧。 PRWire. 2015年12月16日. 2015年12月19日閲覧。 CM JAPAN 2015年12月17日. 2015年12月17日閲覧。 navicon. 2015年12月18日. 2015年12月19日閲覧。 マイナビニュース. 2015年12月18日. 2015年12月19日閲覧。 アニメ! アニメ!. 2015年12月18日. 2015年12月20日閲覧。 アニメ! アニメ!. 2015年12月21日. 2015年12月22日閲覧。 TVLIFE. 2016年5月4日. 2016年5月5日閲覧。 産経ニュース 2018年9月10日. 2018年9月10日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の